LAPLAB:Laugh And Peace Laboratory:あなたのWEB/IT/AD担当にしてください。山形から全国まで。制作するだけは飽きたので面白い事したいです。

お知らせ

ブログ一覧

blog

AIをちょこちょこ使い始めてから、仕事のやり方が大きく変わっていくのを実感してます。今回はイラストレーターの仕事に関してです。

AI技術の進歩と普及で、さまざまな業界で仕事のやり方が大きく変わり始めてます。僕個人、AIを使い始めてからクリエイティブな分野でAIの影響が顕著に表れているのを感じていて、今回はイラストレーターの仕事について感じたことを。

イラストレーターへの依頼とコスト

イラストが得意ではない僕はこれまで、デザインにイラストや挿絵を取り入れる際、イラストが得意なスタッフやプロのイラストレーターに依頼することが多々ありました。しかし、プロに頼むにはもちろんコストがかかりますし、スタッフに頼んだとしても時間分の人件費はかかります。ですので、イラスト一枚あたり数千円から数万円といった費用が必要で、これは当然ながらクライアントのコストに反映されるので、クライアント側への請求費用が高くなります。

もう一つの方法は、フリー素材のサイトから適切なイラストを探して利用することです。しかし、適切なイラストや画像を探すには多くの時間がかかるので、その時間は他の作業に使えるはずの時間を消費することに。結果として、コストが増加するか、自分の時間を犠牲にするかの選択を迫られることになります。

画像生成AIの登場とその影響

ここで登場するのが画像生成AIです。この技術の進歩により、プロのイラストレーターに依頼する必要が少なくなりました。画像生成AIは、指定されたテイストや雰囲気に合わせてイラストを生成してくれるため、時間もコストも大幅に削減できます。AIに依頼する場合、費用はサブスク(月額定額制)であり、どれだけ依頼しても追加料金が発生しません。さらに、AIは迅速かつ正確に対応してくれるため、何パターンものイラストを依頼しても嫌な顔一つせず、しかも24時間いつでも即対応してくれます。

もちろんAIにも限界があります。細かい部分の描写や特定の表現が必要な場合には、プロのイラストレーターの技術が必要です。また、独自のアイデアや創造性を提供できるイラストレーターは、今後も重要な存在であり続けるでしょう。

イラストレーターの未来

では、AIの進化に伴いイラストレーターは不要になるのでしょうか?答えはNOです。前述したように、細かい部分や特殊な表現が必要な場合や細かい指定を盛り込みたい場合のイラストやキャラクターデザインの制作には、プロのイラストレーターが必要不可欠です。また、デザインやコピーライティング、撮影などなど、複数のスキルを持つマルチなイラストレーターは今後も需要が下がることは「今は」無いと思います。

しかし、中途半端なスキルや無駄なこだわりを持つイラストレーターの需要は減っていくと思います、というか確実に減少しています。AIが普及する中で、プロフェッショナルとしての価値を高めるためには、常に学び続け、これまで以上にスキルやアイデアを磨き続ける必要があると思います。

AIと共存するための戦略

それでは、イラストレーターがAIと共存し、今後も活躍し続けるためには、どうすれば良いか?

  1. 継続的な学習とスキルアップ
    これまでもそうでしたが、イラストレーターも新しい技術やツールを学び、自分のスキルを常にアップデートする必要があります。ただこれまでと違うのは、競い合う相手がこれまでの人だけではなく日々進化するAI技術も相手になりますが…。
  2. クリエイティビティと独自性の強化
    AIには真似できない独自のクリエイティビティやアイデアを持つことが重要です。オリジナリティを追求することで、プロとしての価値を高めることができます。ただAIの進化が早すぎるので今後はどうなるか…?
  3. 複数のスキルを持つマルチタスク型
    デザインやコピーライティング、写真撮影など、複数のスキルを持つことで、他のクリエイターとの差別化を図ることができます。多様なスキルを持つことで、より多くのクライアントのニーズに応えられるようになりますから。
  4. クライアントとのコミュニケーションの強化
    今のAIに絶対に勝てることあるとすれば、人付き合いです!クライアントとの良好なコミュニケーションは、信頼関係を築く上で非常に重要です。クライアントのニーズを正確に理解し、それに応じた提案を行うことができれば長期的な関係を築くことが出来ます!

結論

AI技術の進歩により、イラストレーターの仕事は大きく変化していますが、イラストレーターの存在が不要になるわけではありません。むしろ、AIと共存しながら、より高い価値を提供できるプロフェッショナルが求められています。イラストレーターは、継続的な学習とスキルアップ、クリエイティビティの強化、マルチタスク型のスキルセット、クライアントとのコミュニケーションの強化を通じて、AI時代においても活躍し続けることができるでしょう。

AIと共存する未来に向けて、僕たちもAIを受け入れ取り入れること、そして日々学び成長し続けることが求められています。そして、より良いサービスを提供するために考えることを惜しまず、クライアントとの信頼関係を築いていくことが大切だと思います!