5万円借りる場合におすすめのカードローンはどこ?

「5万円くらいの少額借入がしたいけど、どのカードローンで借りたらいいの?」
と迷ってはいませんか?

給料日まであとちょっとだけお金が足りなかったり、少し背伸びすれば欲しいものが買えるときなど、少額の借入ができれば助かることはよくありますよね。

でも、ほんの少しの借入に利息がかかるのは抵抗がありますし、申込や審査に手間や時間がかかるのも避けたいところです。
カードローン会社はたくさんあり、どこで借入したらいいか判断がとても難しいですね。

ここでは、少額借入の際にオススメのカードローンを紹介し、カードローンを選ぶ時や利用する時に注意しなければいけないことについて解説します。

少額借入の際におすすめの優良カードローン4選

まずは、消費者金融の即日融資を受ける効率的な流れを確認しておきましょう。
主な流れは2種類です。

インターネットで申し込み、審査を受けるところまでは同じですが、そのままWEBで契約し銀行振込で借りるのか、自動契約機で専用カードを発行してATMで現金を借りるのか。という違いがあります。

銀行振込の場合は、15時頃までに契約と振込設定が完了していれば、手持ちの銀行口座への振込融資が可能です。
それ以降に契約する場合は、各消費者金融によって振込可能な銀行が違いますので、確認してくださいね。

自動契約機でカード発行する場合は、21時頃までに審査を通過しておいて営業の終了時間である22時までにカード発行を行えば、当日中に借入が可能です。

5万円借りる際にオススメなカードローンは次の4社です。
それぞれに特徴があるので、今のあなたの状況や希望に合わせて利用を検討してみてくださいね。

アコム プロミス アイフル SMBC
モビット
金利(年) 3.0~18.0% 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0%
即日融資
無利息期間
郵送物無し
カード無し 不可
振込融資24h 楽天銀行
※一部を除く
優先審査 不可 不可

アコムは店舗数も実績もNo.1!

アコムは消費者金融のカードローンの中では貸付実績も店舗数もナンバーワンです。
できるだけ信用できる大きいところから借入したいという希望がある人は、迷わずアコムを選ぶと良いでしょう。

自動契約機や提携ATMが多いため、他社に比べてどこにいてもカード発行がしやすく、即日融資が受けられやすい環境だといえます。

またアコムでは、楽天銀行の口座を持って入れば、土日でも関係なく24時間借入が可能です。
楽天銀行の口座を持っていて、振込融資を使いたい人にもオススメです。

アコムのカードローンの借り入れしたい人必見!審査・申込の流れ

2017.03.24

無利息期間をムダなく使いたいならプロミス!

アコム、プロミス、アイフルの3社は30日間の無利息期間があるので、期間中であれば限度額内でいくら借入しても利息がつきません。

アコムやアイフルの場合は、「契約日の翌日から30日間」が無利息の期間です。
そのため、契約をしてからすぐに借入をしないと、無利息期間をムダに消費してしまいます。

しかし、プロミスの無利息期間は「初回借入日の翌日から30日間」です。
とりあえず契約をしておいて、本当に必要な時に使い始めたとしても、無利息期間は30日ムダなく使えます。
今すぐに借りるわけではない人にもオススメですよ。

また、原則24時間振込可能なのも魅力ですね。

プロミス審査とカードローンの借り方を解説!申込の流れと特徴まとめ

2017.03.07

アイフルは審査が混み合っている時でもスピード審査してくれる

少額の借入をしたい多くの人が、急いで借入をしたいと思っていますよね。
しかし、週末や連休の前日などは審査が混雑することが多く、借入できるまでにかなり時間がかかってしまうことがあります。

とにかく急ぎという人は、アイフルへ申し込むことをおすすめします。
アイフルはインターネットで申し込みをした後に、電話で急いでいると伝えれば、他の人よりも優先して審査をしてくれます。

他社でもその日のうちに借入できる即日融資には対応していますが、審査の受付時間ギリギリになってしまったり、混雑していそうな時に申込む場合はアイフルに申し込むといいですね。

アイフルのカードローンで借り入れするときの申込審査の流れと特徴まとめ

2017.03.27

電話連絡一切なしが魅力のSMBCモビットのWEB完結

カードローンへ申し込むのに抵抗がある人の中には、家族や会社の人にバレるのが心配という人も多いですよね。
そんな人はSMBCモビットのWEB完結契約がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結は、電話連絡が一切ありません。
他社でもWEB完結で契約することは可能ですが、本人確認の電話やあなたが働いていることを確認するための在籍確認の電話が会社にかかってきます。

SMBCモビットのWEB完結なら、誰とも会わず誰とも電話をすることもなく契約が可能です。

家族や会社の人にバレるリスクを最小限に抑えたいという人や、人と話をするのが苦手という人におすすめです。

SMBCモビット在籍確認は?電話連絡なしのWEB完結申込

2017.03.08

銀行カードローンがおすすめできない理由

ここでおすすめしたものは、すべて消費者金融のカードローンで、銀行カードローンは含まれていません。
なぜなら、5万円くらいの少額の借入をする人に、銀行カードローンは適さないからです。

消費者金融と銀行を比べたら、普段から利用している銀行のカードローンのほうが安心できますし、金利も低いです。
それでも銀行カードローンがオススメできないのには、次のような理由があります。

  1. 即日融資に対応していない
  2. 無利息期間がない
  3. 審査が厳しい
  4. 指定の普通預金口座が必要
  5. 家族にバレやすい

詳しく見ていきましょう。

【銀行カードローンが少額借入に向かない理由】
1.即日融資に対応していない

消費者金融は、各社即日融資を売りにしています。
申込をしたその日のうちに審査が完了し、借入ができます。

反対に、銀行カードローンは審査が厳格化された影響で、当日中の借入ができなくなってしまいました。
早くても翌日。場合によっては2日以上かかる場合もあります。

高額借入する場合であれば、腰を落ち着けてじっくり借入を検討する人が多いですが、少額の場合は、今日中に今すぐに借りたいと思っている人が大半ですよね。
早く借りたい人は、消費者金融を選ぶ方がよいでしょう。

【銀行カードローンが少額借入に向かない理由】
2.無利息期間がない

銀行カードローンは金利が低いのが魅力です。
消費者金融の上限の金利が年18%なのに対し、銀行カードローンは年15%未満に設定されているところがほとんどです。
長期間借入するのであれば、金利は低ければ低い方がお得ですね。

しかし、短期間の借入の場合は、そのメリットを発揮できません。
5万円くらいの借入であれば、返済に何ヶ月もかけることなく、早ければ次の給料日にまとめて返済ができてしまいますよね。

消費者金融の多くは、初回利用の際に30日間の無利息期間を設けています。
5万円などの少額の場合、30日間以内であれば多くの人が完済可能でしょう。

無利息で借入できるので、銀行カードローンよりも消費者金融の方がお得に借りられるのです。

【銀行カードローンが少額借入に向かない理由】
3.審査が厳しい

銀行カードローンは消費者金融と比較して審査が厳しいというのも難点です。
審査の通過率は20〜30%と言われています。
それに対し、消費者金融は各社40%を超えており、審査に通る確率は銀行よりもずっと高いです。

アコム プロミス アイフル
新規貸付率 44.8% 45.6% 46.5%

※2018年3月のデータ
(参考:2018年3月期決算|アコム株式会社、アイフル月次推移(2018年3月)、SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標(2018年3月))

審査を受けて万が一通らなかったら、その記録はあなたの信用情報に残ってしまいます。
できる限り審査の通過確率が高いカードローンの審査を受け、確実に通過することをおすすめします。

【銀行カードローンが少額借入に向かない理由】
4.指定の普通預金口座が必要

使い勝手の面でも、銀行カードローンより消費者金融の方が優れています。

多くの銀行カードローンは、利用する条件として、その銀行の普通預金口座を作らないといけない場合が多いです。
返済方法についても、口座振替での返済が必要な場合もあります。

その銀行の口座を既に持っていれば手間はかかりませんが、新たに口座を作る場合は、面倒な上に使用できるまでの日数もかかってしまいます。

【銀行カードローンが少額借入に向かない理由】
5.家族にバレやすい

カードローンの利用は、できる限り家族には知られたくないですよね。
家族が借金に対して嫌悪感を持っている場合は、家庭内であなたの信用を失うことになりかねません。

家族にカードローンの利用がバレる原因のトップは郵送物です。
消費者金融の場合は、郵送物を完全になしにすることができるところがほとんどです。

しかし、銀行カードローンは郵送物が必ず届くところが多くなっています。
特にネットバンクのカードローンは店舗がないので、郵送以外にカード受け渡しの方法がありません。
郵送物なしの消費者金融を選んでおいた方が無難ですね。

消費者金融で5万円を借りる場合の返済シミュレーション

カードローンの返済は、毎月決められた金額以上のお金を返済していきます。
5万円借入した場合の、各社の最低返済額は次の通りです。

アコム プロミス アイフル SMBC
モビット
最低返済額 3,000円 2,000円 4,000円※ 4,000円

※返済方法が約定日制の場合の金額です。

1ヶ月あたりの負担はとても少なくて済むので、返済はそれほど大変でなさそうに見えますよね。

しかし毎月、最低限の返済だけをし続けるだけでは、いつまでも完済できないということになりかねません。

例えばプロミスから年17.8%の金利で5万円を借入し、毎月2,000円を返済し続けたとしたら、返済期間と支払い総額は以下のようになります。

返済期間 32ヶ月
支払総額 62,923円

せっかく1ヶ月分の利息がゼロ円になったとしても、返済に32ヶ月もかかっていたら、お得感は全くなくなってしまいますね。
また、元金より約26%も上乗せした金額を支払わなくてはいけません。

毎月の返済額によって、支払総額にかなり違いが出てきます。
プロミスで5万円借りた場合の支払総額を返済金額別で表にしましたので、確認してみてください。

月々返済額 支払回数 支払総額
2000円 32回 62,923円
5000円 11回 54,521円
1万円 6回 52,345円
2万円 3回 51,362円

※プロミスの返済シミュレーションで算出した数値です。
※30日の無利息期間は計算に含まれていません。

支払回数が増えれば増えるほど、金利が膨れ上がることが分かりますね。

5万円くらいの金額であれば、がんばって借入をした次の月に完済させてしまいましょう。
無利息期間を有効に使えば、利息を支払う必要は一切ありません。

消費者金融で5万円借りる時の注意点

ここまではおすすめのカードローンについて解説しました。
借りるところが決まったら、すぐにでも申込みたいと思いますが、最後に注意点だけ確認しておいてください。

希望限度額は必要最小限の5万円にする

申込時に希望借入限度額を入力する欄があります。
本当の希望額よりも余裕を持って、高い金額を入れる人が多いですが、希望限度額はできるだけ少なくしておきましょう。

カードローンを申込むのに希望金額が5万円だと少ないかな?と心配になるかもしれませんが、
大手消費者金融の借入は1万円から申請できることがほとんどですので、それ以上の金額であれば何も問題ありません。

審査の際には、あなたの年収と希望限度額の釣り合いが取れているかを重視されます。
そのため、あまり高額な希望限度額を申請すると、審査に通らない可能性が出てくるのです。

今後、いざという時のために多めの枠を持っていたい気持ちもあると思いますが、もし限度額以上のお金を借りたいときは、その時に増額申請することも可能です。
まずは、審査に通過することを最優先で考えてくださいね。

少額でも返済遅れで信用情報に傷がつく

返済はできる限りスピーディーにするのが大切ですが、万が一返済が遅れてしまったらどうなるでしょうか。
「5万円くらいだったら、少しくらい待ってくれるかな」なんて考えている人は要注意ですよ。

返済が遅れると、あなたの信用情報に傷がついてしまうのです。
信用情報は審査の際に参考にされるもので、あなたの過去の借入の状況がすべて記録されているのです。

金額はわずかかもしれませんが、返済遅れの記録は、次にローン契約をする際にマイナスの判断材料となってしまいます。

またそれだけではなく、あなたの家に催促の郵送物が送られてくる可能性もあります。
家族に内緒で借りている人は、せっかく郵送物なしで借入できたとしても、この郵送物でカードローンの利用がバレてしまいます。
さらに、開封されたら支払いを滞納しているという事実も伝わってしまいますね。

家庭内の平和のためにも、返済の期限は必ず守るようにしましょう。


5万円くらいの少額を借りる場合は、手続きが簡単で早くお得に借りられるカードローンを利用したいですよね。

手続きは本当に簡単に終わるので、ぜひ利用してみてくださいね。

関連記事

消費者金融で申込24時間OKはどこ?審査営業時間は何時まで?

2017.05.01

初めての消費者金融の借り方・申し込みの注意点

2017.11.21

ABOUTこの記事をかいた人