アコムで土曜日日曜日でも即日融資する方法

「アコムは土日でも即日融資を受けることができる?」
「土日だと平日と何かちがうことがあるの?」
土日は営業していない金融機関が多く、お金を借りることができるか不安ですよね。

安心してください。
アコムは土日であっても即日融資を受けることが可能です。
ATMでの借入だけでなく、一部の金融機関では振込で借入することもできますよ。

ただし、土日の場合は平日と比べると注意しないといけないポイントが多いです。
ここでは、アコムから土日に即日融資を受けるための条件と、迷わずに素早く申込をする手順を詳しく解説します。

アコムから最速で土日融資を受けるための全手順

まずは実際に申込をしてから借入をするまでの具体的な手順を解説します。

インターネットでの申込方法を解説するので、スマホかパソコンを用意してくださいね。
手順を間違えると、その日のうちに借入をすることができないこともあるので、一つずつ順番に進めてください。

アコムで土日に即日融資を受ける申込方法

土日にアコムから即日融資を受けるための申込方法は、次の2つの方法があります。

  • インターネット
  • 自動契約機(むじんくん)

それぞれの特徴を見ていきましょう。

一番早くて便利なのはインターネットでの申込

インターネットでの申込の場合、審査結果の回答時間は21時頃までとなっています。
それまでに申込フォームへ入力が完了すれば即日融資が可能です。

あらかじめ入力内容を準備しておけば、5分~10分で申込が完了します。
審査には30分~1時間ほどかかるので、申込後の審査が行われている間にむじんくんまで移動すれば、時間の有効活用もできます。

申込フォームには、あなたの基本情報と会社の情報、他社からの借入状況、希望限度額などを入力します。
会社の情報入力が面倒ですが、電話番号を入力して「かんたん勤務先照会」を押すと、既に会社の登録があれば勝手にフォームに入力されますよ。

全て入力が完了したら申込は完了です。

遅くまで申込可能なのは自動契約機(むじんくん)

自動契約機のむじんくんを利用すれば、申込からカード受取までを1ヶ所で終わらせることができます。
むじんくんは22:00まで営業しており、21:30までに操作を始めれば即日融資を受けることが可能です。(審査時間が最短の30分で済んだ場合。長引く場合もあります)

ただし、むじんくんでの申込にもデメリットがあります。
21:30のタイムリミットぎりぎりに到着しても、その時点で他の人がブースの中にいる場合は当日の借入はできません。

また申込後に行われる審査の待ち時間に、その場から離れることができないので、時間の有効活用ができません。

申込は先にインターネットでしておいて、契約時にむじんくんへ行くのが効率的でおすすめです。

ネットでの申込後メールが届いたら書類を提出

インターネットでの申込が完了したら、すぐにアコムからメールが届きます。
そのメールに記載されているURLへアクセスし、ログインをしましょう。
そこで必要書類の提出を行います。

カメラで書類の撮影をして、アップロードすることで提出ができます。
撮影からアップロードの流れはパソコンよりもスマホの方がスムーズです。
書類の提出が完了したら審査が行われます。

審査が行われている間に行われる在籍確認とは

審査は最短30分で完了しますが、混み具合によっては、もっと長くかかることもあります。
また、過去に支払いの事故があった場合(クレジットカードや携帯電話の支払い遅延など)も、審査が長くなる傾向にあります。

審査の間には、会社への在籍確認が行われます。
あなたが本当に仕事をしているのか確認するために、会社へ電話をして確認をされるのです。

「会社の人にアコムへの申し込みがバレるのは嫌だな」という人も、心配はいりません。
アコムからの電話は担当者個人の名前でかかってきますし、あなた以外の人が電話に出てもカードローンについて話をされることはありません。

もしその場にあなたがいなかったとしても、電話に出た人が「○○は席を外しております」「本日は休暇をいただいております」などと答えてくれれば在籍確認は完了です。

もし、土日は職場に誰もいなくて在籍確認ができないという場合は、翌営業日に在籍確認が行われます。
在籍確認ができていない状況でも借入はできますが、場合によっては借入できる金額に制限がかかる可能性もあるので注意してください。

審査結果はメールで届くので、その場で即契約

審査の結果はメールで届きます。
無事審査に通過していれば、その場ですぐに契約手続きができます。
契約内容を確認して、22:00までに手続きを完了させれば、契約完了です。

返済方式を35日ごとにすれば30日間無利息の特典アリ

契約の際に返済方式の選択をします。
毎月決まった日に返済する方法か、35日ごとに返済をする方法の2種類を選ぶことができます。

ここでは、必ず「35日ごと」を選択してください。
アコムでは契約日の次の日から30日間無利息期間がつく特典があるのですが、毎月決まった日の返済だと、この特典が適用されません。

30日間無利息の有無で最終的な返済金額が大きく変わるので、必ず適用させてくださいね。

楽天銀行へ振込で借りるなら、そのまま振込の手続きを

もし手持ちの楽天銀行の口座への振込で借入したい場合は、契約手続きの時点で口座を登録し、振込の手続きをすることができます。
手続きが完了すれば、すぐに口座へ反映されますよ。

楽天銀行以外の人は、口座へ反映されるのが銀行の翌営業日になってしまうので、即日融資を希望するなら絶対に振込での借入は希望しないでくださいね。

ATMで借りるなら、むじんくんでカード受け取り

ATMで借入をする人は、契約完了後にむじんくんへ行ってカード受け取りをします。
契約手続きが終わったらすぐにむじんくんのブースに入れるよう、時間を合わせればタイムロスが少なくて済みますね。

カードの受取方法は郵送を選ぶこともできますが、カードが届くまで借入ができないので、選ばないよう注意してください。

借入・返済はアコムのATMを使えば手数料無料

カードが発行されたら、すぐにATMで借入することができます。
全国のコンビニATMでも借入ができますが、手数料がかかってしまいますので、あまり頻繁には使わない方が良いでしょう。

おすすめは、むじんくんに併設されているアコムのATMでの借入です。
むじんくんのブースを出てから一番早く借入ができますし、手数料も一切かかりませんよ。

アコムで土日融資を受けるための条件

まずは土日にアコムから融資を受けるための条件について説明します。
ここで説明する条件をクリアできない場合、あなたの希望通りの融資を受けることができない可能性もあります。
しっかり確認しておいてくださいね。

【土日融資の条件】1.申込条件を満たしていること

土日の融資だけでなく、アコムには申込をするための最低限の条件があります。
この条件を満たしていない場合は、平日であっても借入することができません。
次の2つの申込条件を満たしていますか?

  • 年齢が20歳以上、69歳以下である
  • 安定した収入と返済能力を有する

年齢制限は20歳以上69歳以下であること

アコムには年齢制限があります。
アコムの公式サイトには20歳以上であることと記載があります。
社会人やアルバイトで収入があったとしても、未成年の人は申込むことができません。

また公式サイトには記載がありませんが、実は上限の年齢も設定されています。
69歳以下の人でないと申込することができません。
年齢制限を満たせない人は残念ですが、アコムの利用をすることができないので注意しましょう。

安定した収入と返済能力を有すること

もう一つの申込条件が「安定した収入と返済能力を有すること」です。
この条件については、明確な基準の記載がないので、「どれくらい稼いでいればいいの?」と不安な人も多いですよね。

でも、収入が少なかったとしても、毎月安定して給料を貰っていれば問題ありません。
必ずしも正社員である必要はなく、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員の人であっても大丈夫です。

金額が少なくても申込をすることはできますが、収入に対して借入希望額が高額すぎると、返済能力があると認められず審査に通らない可能性もあるので、希望限度額は無理のない範囲に留めておきましょう。

【土日融資の条件】2.必要書類を用意することができること

申込条件を満たしていることが確認できたら、提出する書類を揃えましょう。
平日であれば大体の書類を用意することができますが、土日の場合は役場が閉まっているので、全ての書類を揃えられない可能性もあります。
書類は提出しなければ借入ができないので、必ず事前に確認しておきましょう。

本人確認書類は必ず提出

アコムに申し込む人全員が提出しなければいけないのが本人確認書類です。
本人確認書類として一番望ましいのは運転免許証です。
運転免許証を持っていない人は、個人番号カードや健康保険証でもOKです。

ただし、顔写真が入っていない健康保険証や、現住所と異なる住所が記載された書類を提出する場合は、別途次のいずれかの書類を提出しなければいけません。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)
    ※携帯電話料金はNG
  • 納税証明書

公共料金の領収書は本人名義のもののみ有効です。
また、住民票や納税証明書は平日に役場へ行かないと入手することができないので、注意してください。

高額融資には収入証明書が必要

ほとんどの人は本人確認書類だけを提出すればOKなのですが、もし次の条件に当てはまっている人は収入を証明するための書類も提出しなければいけません。

  • アコムからの借入限度額が50万円を超える
  • 他社からの借入残高とアコムからの借入限度額の合計が100万円を超える

収入証明書として認められる書類は次の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近のもの+賞与明細1年分)
  • 市民税、県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書、青色申告書、収支内訳書

ほとんどの人が、源泉徴収票か給与明細を提出することになります。
もしこれらの書類を会社で保管しているという人は、会社まで取りに行かないと高額の借入はできません。

どうしても提出できない場合は、希望限度額を必要最低限に抑えましょう。
もし後日追加で借入する必要があれば、その時に増額の申請をすることも可能ですよ。

【土日融資の条件】3.借入方法に注意

申込条件と必要書類をクリアできても、借入方法によっては土日の利用ができない場合もあります。
土日は平日と比べて条件が厳しくなるので注意しましょう。

現金で借入したいならアコムの自動契約機(むじんくん)に行くこと

ATMを利用して現金で借入したい人は、専用のカードを持っていなければいけません。
申込をしたその日のうちにカードを受取るためには、アコムの店舗か自動契約機(むじんくん)に行く必要があります。

ただし、アコムの店舗は土日の営業はしていませんので、むじんくんへ営業時間内(8:00~22:00)に行って、カードを受け取らないと当日の借入ができません。
あらかじめ最寄りのむじんくんの場所を確認しておきましょう。
>>アコムの自動契約機 むじんくんの場所検索はコチラ

土日に振込融資ができるのは楽天銀行のみ

アコムでは、インターネットで契約が完了したら、その時点であなたの口座に振込で借入することが可能です。
振込手数料もかからないので、自動契約機やATMまで行けないという人は、ぜひ活用したいですよね。

ただし、振込での借入は金融機関の営業時間に注意が必要です。
ほとんどの金融機関は、平日の15:00までしか営業していません。
営業時間外に振込手続きをしても、口座に反映するのが翌日の朝となるため、当日の借入ができないのです。

しかし、もしあなたが楽天銀行の口座を持っていれば、振込銀行口座を楽天銀行に指定することで、土日に申し込んだとしても24時間いつでも振込融資が受けられます。


アコムは消費者金融の中でも最大手であり、信頼できるカードローンです。
利用者の使いやすさに力を入れており、土日であっても即日融資を受けることが可能です。
遅い時間でも間に合うので、ぜひアコムへ申し込みを検討してみてくださいね。

関連記事

アコムのカードローンの借り入れしたい人必見!審査・申込の流れ

2017.03.24

アコムの金利0円って本当?30日間無利息の条件まとめ

2017.07.07

ABOUTこの記事をかいた人