アコムのカードローンの借り入れしたい人必見!審査・申込の流れ

カードローンでお金を借りたいと考えたとき、まず気になるのが“はじめてのアコム”で有名な消費者金融「アコム」ですよね。
そんなアコムは、じつは三菱東京UFJ銀行と同じ「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の連結子会社なんです。
そのため、安心して利用できる消費者金融のひとつといえます。

ただ、「申込の流れはカンタンなの?」「審査に通るの?」「アコムで借りるとどんなメリット・デメリットがあるの?」など心配になるポイントはたくさんありますよね。

そこで今回は、アコムの申込の流れや特徴について、くわしく解説していきます。

アコムのカードローンでお金を借りるメリット4つ

アコムのカードローンでお金を借入れるメリットは4つあります。

  1. はじめてなら最大30日間、金利が0円になる
  2. インターネットだけで申込から借入までできる
  3. 審査時間は最短30分&最短で即日振込OK
  4. はじめてでも審査に通りやすい

それぞれについて、説明していきますね。

はじめてなら最大30日間、金利が0円になる


アコムをはじめて利用する人は、最大で30日間も金利がタダになるんです。
そのため、急な出費でお金を借りることになってしまった場合でも、次の給料日にまとめて返してしまえば、金利を支払わなくて済みます。
また、30日以内に全額返せなかった場合でも、残高分だけに金利が発生するので、金利分の支払いを少額に抑えることができるんです。

なお、この金利0円の条件は以下のふたつだけです。

  • アコムでの契約がはじめてであること
  • 返済期日に「1回の支払につき35日以内」を選ぶこと

ただし、金利が0円の期間は「借入れ」ではなく「契約」した日の翌日からスタートするため、契約日にスグお金を借りることができない場合、金利0円の期間が短くなってしまいます。
また、アコムには「借換えローン」や「クレジットカード」などのプランが用意されていますが、これらは30日間無利息の対象外となるので、注意しましょう。

インターネットだけで申込から借入までできる


アコムには自動契約機「むじんくん」がありますが、じつは契約機に来店しなくても、インターネットだけで申込~借入まですべてを終わらせることができるんです。
そのため、「自動契約機に入るのは抵抗があるな・・・」「忙しくて来店できない!」という人でも安心してお金を借りられます。

審査時間は最短30分&最短で即日振込も可能

アコムは急ぎの申込にも対応しているので、「今すぐお金が欲しい!」という人にとてもオススメです。
具体的には、最短の場合30分で審査を終わらせ、その日のうちにお金を貸してくれます。
さらに、来店するかどうかが選べて、借入方法がとてもカンタンなのも嬉しいポイントです。

はじめてでも審査に通りやすい


冒頭でもお話ししたとおり、アコムの親会社は三菱UFJフィナンシャル・グループなので、資本力があります。
そのため、はじめて借りる人であっても比較的審査に通りやすいんです。
実際、アコムに新規で申し込んだ人のうち、47.9%という半分近くの人が審査に通っているんです。(2016年3月時点)

ただ、「半分くらいしか審査に通らないの?」と思う人もいますよね。

じつは、半分近くの人が審査に通るのはとてもスゴイことなんです。
たとえば、同じカードローンでも新生銀行レイクでは新規で申し込んだ人のうち、30.0%しか審査に通っていません。(2016年1月時点)

そのため、「はじめての借入だから審査が不安だな」という人に、アコムはとてもオススメなんです。


ここまでお話ししてきたように、アコムには利息を抑えてカンタンに早くお金を借りることができるというメリットがあります。
ただし、デメリットがあることも知っておきましょう。

アコムのカードローンのデメリットは総量規制の対象になることと金利が高いこと


アコムは消費者金融です。
そのため、アコムでお金を借りると以下のふたつような“消費者金融ならではのデメリット”があるんです。

  • 「総量規制」によって借りられる金額が制限される
  • 金利が3.00%~18.00%と高め

それぞれについてお話ししますね。

1.「総量規制」によって借りられる金額が制限される

ひとつめのデメリットは、「総量規制」の対象になってしまうことです。
総量規制とは、借りすぎや貸しすぎを防ぐための規制のことで、「原則として年収の3分の1までしかお金を借りられない」という決まりになっています。

そのため、年収が180万円の人の場合、すべての消費者金融から借りられる金額の合計は60万円までと制限されてしまうんです。
また、契約者本人の年収である必要があるので、とくに働いていない専業主婦は1円もお金を借りられません。
もし、パートなどをしていないけれどお金が必要という専業主婦の人の場合は、総量規制の対象外となる銀行カードローンをオススメします。
(関連記事:https://lapl.jp/sengyousyufu-syouhisyakinyuu/ )

2.金利が3~18%と高め

ふたつめのデメリットは、金利が3~18%と高めに設定されていることです。
ただ、消費者金融の一般的な金利も3~18%前後なので、アコムだけに限ったことではありません。

また、借りる金額が少額の場合、金利が高めであっても利息額に大きな影響はありません。
たとえば、10万円を借りて12ヶ月で返すとき、金利が18%の場合の利息額は9,860円、15%の場合の利息額は8,180円なので、年間でたった1680円しか変わらないんです。

そのため、「今月ピンチだから、生活費のためにちょっと借りたい」などの場合には、金利の高さはそれほど気にしなくてもいいでしょう。


ここまで、アコムのメリットとデメリットを紹介しましたが、アコムの特徴はイメージできましたか?
では、実際にアコムでお金の借りたい人のために、アコムのカードローンの種類と内容についてチェックしていきましょう。

アコムのカードローンは4種類!


アコムのカードローンには、以下の4つのプランがあります。

  1. キャッシング専用「アコムカード」によるカードローン
  2. 「ACマスターカード」というクレジットカード
  3. ビジネスサポートカードローン
  4. おまとめローン(貸金業法に基づく借り換え専用ローン)

それぞれについて紹介しますね。

1.キャッシング専用「アコムカード」によるカードローン

「アコムカード」によるカードローンは、もっとも一般的なアコムのカードローンです。
来店や郵送によって受け取ったカードを使って、近くのコンビニATMなどからお金を借りることができます。
また、カードの受け取りをしたくない人は、振込によってお金を借りることができます。

金利は以下の表のようになっていますが、このプランでは、先ほどお話しした「30日間金利0円」のサービスが適用されます。

契約する金額 金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

また、申込方法はカンタンで都合に合わせて自由にに選べるので、人気のプランとなっています。
(申込方法や流れについては、後ほどくわしく説明しますね)

2.「ACマスターカード」というクレジットカード

アコムでは「ACマスターカード」という年会費無料のクレジットカードを発行していて、MasterCardの取り扱い加盟店であればどこでもショッピングに使えます。
ショッピングの利用限度は最高300万円、金利は10~14.6%です。

このクレジットカードには、カードローンの機能をつけることもできるので、ショッピング以外に現金の調達もできます。
ただし、この現金の借入は、先ほどお話しした「1.キャッシング専用カードローン」と同じ金利が適用されるので3~18%です。

なお、このクレジットカードには「30日間金利0円」のサービスが適用されません。

また、申し込みはインターネットから行い、必要書類提出もインターネットまたはFAXなどから行えます。

3.ビジネスサポートカードローン

ビジネスサポートカードローンは個人事業主のためのカードローンで、年収の3分の1を超えた借入ができます。
ただし、上限は300万円までで、金利は12~18%と最低金利が高く設定されています。
また、申込方法は電話のみとなっており、収受日付印のある直近1期分の「確定申告書B(第一表)」の写しが必要など、他のプランよりも厳しい条件になっています。

4.おまとめローン(貸金業法に基づく借り換え専用ローン)

アコムには、他社で借りたお金をアコムでまとめて借りることで金利を安くする、おまとめローンが用意されています。
ただし、先ほどもお話ししたようにアコムの金利は高めに設定されており、「30日間金利0円」のサービスも適用されないので、おまとめローン向きではありません。


ここまでお話ししてきたように、アコムには4つのカードローンプランがありますが、一番のオススメは30日間金利0円となる「1.キャッシング専用カードローン」です。
というわけで、キャッシング専用カードローンについて、くわしく解説していきます。

アコムのカードローンの申込条件は、基本的に20~69歳で収入があればOK


アコムのカードローンに申し込むには、以下の条件をクリアしているだけでOKなんです。

  1. 20~69歳であること
  2. 利用者本人に安定した収入と返済能力があること

そのため、正社員・派遣社員・パート・アルバイトなどどんな雇用形態であっても、毎月安定して収入があれば申込めます。

あなたはこの条件に当てはまりましたか?
当てはまったら、申込に必要な書類をチェックしましょう。

アコムのカードローンに必要なのは、基本的に「運転免許証」のみ

アコムのカードローンに申込む場合、本人確認書類を用意しますが、いかのうちいずれかがあればいいんです。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証

ただし、以下の条件に当てはまる人は、本人確認書類以外が必要になるのでチェックしておきましょう。

1.本人確認書類に顔写真がない人や、書かれている住所が実際の住所と異なる人

健康保険証など本人確認書類に顔写真がない場合や、本人確認書類の住所が実際の住所と異なる場合は、以下のいずれかの書類も併せて用意しましょう。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、固定電話会社、NHK発行のもの)
  • 納税証明書

これらはすべて、発行日または領収日から6ヵ月以内のものが有効です。

2.借入金額が一定の水準を超えている人

いくつかの消費者金融で借り入れしている総額が100万円を超えてしまう場合や、アコムで50万円以上の借入を希望している場合は、以下のような収入証明書が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書

必要書類は用意できそうですか?

続いては、いよいよカードローンの申込から契約までの流れについて説明しますね。

アコムのカードローンでは4つの方法で申込・契約できます


アコムのカードローンでは、インターネット、電話、来店、郵送の4つから申込・契約方法を自由に選べるんです。
そこで、これら4つの方法についてくわしく紹介していきます。

1.インターネットでの申込・契約はスピーディーでカンタン

もっともカンタンで早い方法が、インターネットからの申込・契約です。
本人確認書類などの必要書類の写真をアップし、入力フォームに勤務先などの必要事項を記入するだけで申込は完了し、審査待ちとなります。

このとき、フォームに入力する前に必要書類の写真をアップすることで、入力内容をグッと減らすことができるのでとてもカンタンなんです。

審査は早ければ30分で完了し、「契約手続きのお願い」メールが送られてきます。
そして、このメールの契約内容に同意すれば契約完了です。

申込は24時間OKですが、審査の回答時間が9~21時なので、早く審査結果が知りたい人はこの時間内のできるだけ早い時間に申し込むことをオススメします。

2.電話での申込・契約は、簡易審査は早いけれど書類提出がやや面倒

アコムでは24時間365日つながるフリーコールから申し込めます。
ただし、カードを使ってATMから引き出したい場合、契約のときに来店または郵送の必要があります。
そのため、カード利用を希望する人で、8~22時に自動契約機に来店するのがムズカシイ人や、郵送によって家族にバレたり時間がかかるのが困る人にはオススメできません。

具体的には、フリーコールへ電話をし必要事項を伝えると、その場で簡易審査が受けられます。
簡易審査に通ったら、必要書類を持ってアコムに来店するか、申込用紙を郵送してもらい、カードを受け取ります。

また、ATMからの引き出しではなく、口座にお金を振り込んで欲しい人の場合は、電話での簡易審査後にFAXで契約することができます。
このFAX専用用紙はアコムのホームページからダウンロードして印刷するか、コンビニのコピー機から取り出す必要があります。

3.窓口・むじんくんに来店での申込・契約は、手軽な反面、時間ロスの可能性もある

アコムには店頭窓口とむじんくんの2種類の店舗があり、ここに来店すると申込から契約まで行うことができます。

来店すればすべて済むのでとても手軽ですが、時間をロスしてしまう可能性もあるので注意が必要です。
たとえば、審査に通るかわからない状態で来店するため、来店後に審査落ちになってしまって完全にムダ足になる可能性があります。
また、必要書類が足らなかった場合は、何度か往復することになってしまいます。
さらに、審査の混み具合によっては、申込からカード受取までは時間がかかることもあり、その間ずっと店舗の中で待つ必要があります。

なお、営業時間は以下のとおりです。

  • 店頭窓口
    営業時間:平日9:30~18:000/土・日・祝日休業
  • むじんくん(自動契約機)
    営業時間:8:00~22:00/年中無休(年末年始は除く)

時間に余裕をもって、店舗の閉店時間より2時間前くらいを目安に入店することをオススメします。

4.郵送での申込・契約は、じっくり検討できるけれどとても時間がかかる

じっくり検討してから申し込みたいという人向けに、郵送による申込・契約方法も用意されています。
申込書類の取り寄せ~審査、契約~カード送付まで数日~1週間かかるので、急いでいる人にはオススメできません。

具体的には、フリーコールで申込書類を請求し、送られてきた書類に記入して証明書などを同封して返送します。
その後、審査結果の電話連絡があり、契約書類とカードが届きます。


ここまで、申込から契約までの方法を紹介してきましたが、あなたに合う方法は見つかりましたか?
契約まで完了すると、いよいよお金を借りることができるようになります。
続いては、アコムでのお金の借り方を説明しますね。

アコムでのお金の借り方は「ATMからの引出し」と「口座への振込」のふたつ


アコムは利用者のニーズに合わせて、以下のふたつの方法でお金を貸してくれます。

  1. アコムカードを使ってATMから現金を引き出す
  2. 利用者の銀行口座へ振込む

それぞれの方法の流れとメリット・デメリットについて、紹介しますね。

1.アコムカードを使ってATMから現金を引き出す

アコムカードを使うことで、全国のATMから現金を引き出すことができます。
このアコムカードを手に入れるには、窓口や自動契約機に来店するか、郵送してもらう必要があります。

また、アコムカードが使えるATMには、アコムATMはもちろん、以下のような銀行・コンビニATMが挙げられます。

三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
セブン銀行(セブンイレブン)
イーネット(ファミリーマート・ミニストップなど)
ローソンATM(ローソン)
ゼロバンク
熊本銀行
親和銀行
第三銀行
東京スター銀行
西日本シティ銀行
八十二銀行
広島銀行
福岡銀行
北海道銀行
北陸銀行

以上のことから、アコムカードを使ってATMから現金を引き出す方法には以下のようなメリットがあります。

  • 現金を直接手に入れられるので、自分の銀行口座に取引が記録されない
  • 近くのコンビニなどでスグに引き出せるので、急いでいるときに便利
  • ATMが稼働していれば引出せるので、夜間・早朝でもお金を借りられる

一方で、カードを使うことで以下のようなデメリットもあるんです。

  • カードを手に入れるときに来店か郵送の必要があるので、家族や知人の目が気になる
  • アコムATM以外の場合、1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料がかかる

もちろん、アコムからの郵送物はきちんと配慮されているので、差出人名は「ACサービスセンター」となっておりスグに気がつかれることはありません。

2.利用者の銀行口座へ振込む

アコムには、利用者の銀行ATMに直接振り込んでお金を貸してくれるサービスもあります。
振込を利用すると、最短1分で振込が完了するので、「口座にお金が足らなくて家賃の引き落としができない!」などの場合でもスグに対応できるんです。

ただし、1分程度で振込みが完了するのは、以下の時間帯です。

  • 楽天銀行
    月曜~日曜・祝日 0:10~23:50
  • 銀行・信用金庫(ゆうちょ銀行を除く)
    月曜~金曜 9:00~14:30

また、ゆうちょ銀行の場合は、0:10~14:00に申し込めば当日中に振り込まれますが、最短1分ではありません。
なお、上記の時間以外の場合は、いずれの銀行も翌営業日扱いとなります。

さらに、利用明細は「郵送」と「ホームページで確認」から選べるので、明細が家に届く心配もありません。

以上のことから、振込によってアコムからお金を借りる方法には、以下のようなメリットがあります。

  • 自宅にいながらにして口座にお金が入るので、引落しなどのときに便利
  • 楽天銀行なら24時間ほぼいつでも1分で振込まれる
  • 振込の手数料はいつでも無料

ただし、以下のようなデメリットもあります。

  • 口座に取引履歴が残るので、誰かに通帳を見られるとカードローンがバレる可能性がある

もちろん、振込名義人を「ACサービスセンター」としてくれるので、スグにバレることはありませんが、なるべく通帳は家族にも見られないよう管理することをオススメします。


ここまで、アコムでお金を借りるふたつの方法について紹介しましたが、あなたの希望に合う方法は見つかりましたか?
また、申込から実際にお金を手にするまでのルートはたくさんあり、かなり融通がききましたね。
そのため、「逆にどれが一番いいのかよくわからない」という人もいるのではないでしょうか?

そこで、「借入までの最速ルート」を紹介します。

アコムの最速借入ルートをチェックしよう!


「とにかく早くお金を借りたい!」という人は、ぜひ以下の方法を試してみてください。

1.まずは必要書類を用意して、インターネットで申し込む

まずは必要書類を用意してから、インターネットで申し込みます。
必要書類の写真のアップロードと申込フォームへの入力を同時に行うことで、記入箇所がグッと減るのでスピーディーに申込が完了します。

また、即日振込を希望している場合は、14時までに必要書類を提出する必要があるので注意しましょう。

2.カード受取希望なら自動契約機へ来店、振込希望なら審査後のメールに同意

現金を引き出すためのカードを受け取りたい場合は、審査結果を聞いてから来店し、スグにカードを発行してもらいましょう。

また、振込を希望している場合は、審査完了後に送られてくる「契約手続きのお願い」メールに同意すれば、スグに振込依頼ができます。


ここまで、アコムでお金を借りるための最速ルートを紹介しましたが、イメージはわきましたか?

今すぐお金が欲しいからアコムで借りたいけれど、審査に通るか不安という人は、最後にたった3秒でわかる借入診断をやってみましょう。

審査が不安なら「3秒診断」で借入可能かチェックしよう!

アコムには、借入可能かどうかをスグにチェックしてくれる「3秒診断」というサービスがあります。
カンタンな診断なので、実際の結果と異なることもありますが、審査に通るか不安という人はサクッとチェックしてみるのもオススメですよ。

まとめ

今回は、アコムの申込の流れや特徴について紹介しました。
アコムははじめての人でもスムーズに借入できるような、わかりやすく便利なサービスです。
また、30日間の金利が0円になったり、即日でお金を借りられたりするなど、とても手軽に利用できます。

→【アコムの公式サイトはこちら

ABOUTこの記事をかいた人