アコムで10万円借りる場合の金利や返済方法

「アコムでお金を借りたいんだけど、返済が心配だなぁ」
「金利年3.0~18.0%って、結局どういうこと?」
とお悩みではないですか?

「金利年○%」と言われても、結局いくらの利息がつくか、よくわからないですよね。
また毎月いくら、どうやって返済するかもカードローンを利用する時の大切なポイントです。

ここでは、アコムで10万円借りた場合の金利や返済方法について、具体的に詳しく説明していきます。

アコムで10万円借りた場合の金利は年18.0%

アコムの貸付金利は、年3.0~18.0%です。
これだけ聞くと、ものすごく幅が広くてアバウトなので「結局何パーセントなの?」って思いますよね。

このパーセンテージは、借入限度額に応じて変わります。
借入限度額が1万円~99万円の間なら、7.7~18.0%が適用されます。(参考:貸付金利(実質年率)|アコム公式サイトより
10万円程度の少額の場合は、上限である18.0%になることがほとんどです。

年18%の金利で10万円借りた時の利息は1日約50円!

金利が年18.0%ということは、1年間で利息が元金の18%になるという意味です。
1年間という単位で説明するとピンときませんが、この利息は日割りで毎日加算されていきます。

実際に年18.0%の金利で10万円を借りた場合の、1日あたりの金額を計算してみましょう。
まずは1年間借入した際の利息を計算します。

10万円×18%=18,000円

これを365(うるう年なら366)で割った金額が1日あたりの利息です。

18,000円÷365日=49.3

返済をしないと、毎日49.3円ずつ増えてしまうということです。
1日あたりはそれほど大きい金額ではありませんが、1ヶ月経つと約1,500円近くに膨れ上がってしまうんです。

アコムで10万円借入した場合の月々の最低返済額は5,000円なのですが、5,000円のうち1,500円は利息の支払いに充てられます。
つまり、元金は3,500円しか減らないということです。

この調子で返済を続けると、完済するまでに24ヶ月。
たった10万円の借入で2年間もの間、支払いを続けないといけないのです。

返済は素早く!無利息期間を有効に使おう

返済はできるだけ早く済ませた方が、返済期間が短くなるだけでなく、最終的な返済総額も少なくて済むということになります。

しかも、アコムには最初の30日間は無利息になる特典が付いています。
この期間中に完済させることができたら、一切の利息を支払わなくて済むのです。

可能な限りこの期間内に返済をすませ、長期化しないよう計画を立てましょう。

アコムの返済サイクルは「毎月指定日」か「35日ごと」

アコムへの返済の期日は、2種類から選ぶことができます。
毎月決まった日までに支払いをする「毎月指定日」か、前の返済日から35日後までに次の返済をする「35日ごと」があります。

「毎月指定日」は無利息期間ナシなので注意

返済日を忘れないためには、「毎月指定日」のサイクルの方を選びたいという人が多いですよね。
給料日の直後に設定しておけば、余裕のある時に忘れずに返済できます。

しかし、残念ながら毎月指定日のサイクルを指定した場合、30日間無利息の特典が適用されません。
お得に借入するためにも、「毎月指定日」を選択するのはお勧めできません。

「35日ごと」で積極的に返済しよう

35日ごとの場合、最初の返済日は借入をした日から35日後が最初の支払期限です。
期限の日までの間なら、いつ返済してもOKです。
そして、その返済をした日から35日後が次の返済日となります。

30日無利息の特典をつけるためには、この35日ごとの返済を選ぶ必要があります。
「35日ごとなんて、いつ返済すればいいか忘れそうだなぁ」という人もいますよね。
しかし35日というのはあくまで期限であって、それより前に返済するのは全く問題ありません。

例えば、自分で「毎月25日に返済しよう」と決めてその通りに返済すれば、結局は「毎月指定日」と同じサイクルになりますよね。

また他にも、スマートフォンのリマインド機能を使うなどして、返済を忘れないようにちょっとした工夫をしてみましょう。

アコムではeメールサービスも利用できる

もし返済期日を忘れそうだという人は、アコムのeメールサービスを利用するのもおすすめです。
これは、返済期日が近づくと、メールでお知らせしてくれるサービスです。

〇お知らせメールが来るタイミング

  • 返済期日の3日前
  • 返済期日当日
  • 返済期日経過後
このサービスを設定しておけば、返済期日を忘れてしまうことを防ぐことができますね。

なお、返済期日経過後もメールで知らせてくれますが、返済は絶対に遅れてはいけません。
何の断りもなく遅れると、あなたの信頼を落とすことになり、今後増額の申請をしたり、新しくローンの審査を受ける際に、マイナスの評価をつけられてしまいます。

どうしても遅れそうな時は事前に電話をして、いつまでに返済できるかを伝えるようにしましょう。

返済方法は5種類!それぞれのメリット・デメリットを紹介

アコムへの返済は、5つの方法から選ぶことができます。

  • ATM返済
  • 店舗窓口返済
  • インターネット返済
  • 振込返済
  • 口座振替での返済

それぞれにメリットとデメリットがあるので、あなたにとって都合の良いものを選んで返済してくださいね。

ATM返済なら全国のコンビニでも利用可能

一番シンプルで手軽な返済方法は、ATMでの返済です。
コンビニなどの全国の提携ATMで、24時間返済手続きをすることができます。
ただし、提携ATMを利用する際は、手数料がかかってしまうので気をつけてくださいね。

提携ATM手数料

取扱金額 手数料
10,000円以下 108円
10,001円以上 216円

1回の金額は小さいですが、回数が重なると馬鹿にできない金額になってしまいます。
アコムのATMを利用すれば、手数料無料で返済できるのでおトクですよ。

また、ATMでの返済の際は硬貨を利用することができません。
1,000円以上の金額にしか対応していないので注意しましょう。
特に完済させる時は、1,000円未満の端数が発生する可能性がありますよ。

ATM返済のメリット
  • 全国のコンビニなどのATMで利用可能
  • コンビニATMなら24時間対応
  • アコムのATMなら手数料無料
ATM返済のデメリット
  • 提携ATMは手数料がかかる
  • 硬貨の取扱ができない

店舗窓口なら一括返済可能!

アコムの店舗に行っても、返済をすることが可能です。
有人の窓口で返済したいと伝えれば、手続きをしてくれます。

店舗なら一円単位での返済にも対応してくれるので、完済させる時などに利用することをお勧めします。
ただし、有人の店舗は平日の9:30~18:00の間でしか営業していないので、行く時間帯に注意してくださいね。

店舗窓口返済のメリット
  • 一円単位の取扱ができるので完済時の返済が可能
店舗窓口返済のデメリット
  • 営業時間が平日の9:30~18:00の間に限られている

インターネット返済は場所を選ばずスマホで返済できる

インターネット返済は、パソコンやスマホからの手続きだけで、24時間いつでも手数料無料で返済できるサービスです。
2019年1月の時点で、378の金融機関に対応しています。

アコムの会員サイトへログインして返済口座や金額を入力した後に、金融機関のインターネットバンキングで手続きを行います。

アコムと金融機関の両方にログインしないといけないのが少々面倒ですが、土日でも24時間対応しているうえ手数料も無料のため、かなり使い勝手の良いお得なサービスです。

一円単位での返済も可能なので、完済させる際も利用できますよ。

インターネット返済のメリット
  • 外出せずに手続き可能
  • 土日祝でも24時間返済できる
  • 手数料無料
  • 一円単位の取扱ができるので完済時も使える
インターネット返済のデメリット
  • 操作が少し複雑

通常の振込でも返済できる

インターネット返済に対応していない金融機関を利用中の人や、スマホやパソコンの操作が得意でない人は、通常の振込での返済をすることも可能です。
会員ページにログインすれば、振込先を確認できます。

ただし、通常の振込での返済は手数料を自分で負担する必要があるので、あまりオススメはできません。

振込返済のメリット
  • インターネットバンキングに対応していない金融機関からの返済に対応
  • スマホやパソコンの操作をしなくても利用できる
振込返済のデメリット
  • 手数料がかかる

35日ごとの返済では口座振替は不可

アコムでは、口座振替での返済をすることも可能ですが、残念ながら35日ごとの返済の場合は選ぶことができません。
無利息期間の特典をつけるためには、35日ごとの返済にすることが条件なので、口座振替は選ばない方が良いでしょう。

また、もし口座振替を選んだとしても、毎月自動的に引き落とされるのは最低限の金額だけです。
口座振替だけに頼って返済していると、いつまでたっても完済できずに、支払総額も増えてしまうので、無利息期間の特典を手放してまで手続きをするメリットはありません。

なお、どうしても口座振替にしたいという人は、利用中に返済期日の変更は可能なので、申込時には35日周期を選択しておき、無利息期間が終了してから毎月指定期日に変更するという方法もあります。


アコムで借入をする際は、必ず返済のことを確認してから利用しましょう。
利息がどのように加算されるかを知り、お得な返済方法で早めに完済させれば、支払総額をグッと抑えることができます。
ぜひ、後悔のない借入をしてくださいね。

関連記事

アコムのカードローンの借り入れしたい人必見!審査・申込の流れ

2017年3月24日

アコムの金利0円って本当?30日間無利息の条件まとめ

2017年7月7日

ABOUTこの記事をかいた人