イオンの株主優待がすごい!キャッシュバックやラウンジ利用がお得!

イオンの株主優待は、幅広い人に人気です。
日々のお買い物で利用できるキャッシュバック制度や、コーヒー休憩ができるイオンラウンジの利用、お客様感謝デーの割引ダブル取りの裏技もできます。
生活に密着したお得な株主優待のあるイオン株について、詳しく見ていきましょう!

イオン(AEON)株について知ろう

まずは、イオンという企業について知っておきましょう。

イオンは日本最大の流通グループ

 

イオンは日本国内にイオンモールをはじめとした施設を展開し、現在は中国やインドネシア、ベトナムに海外店を新規オープンしています。

現在イオングループは、イオン株式会社を中心に、イオンリテール株式会社をはじめ国内外300社以上で構成されている大手の流通企業グループとなっています。

総合スーパーのイオン・イオンスタイルをはじめとして、ピーコックストア、いちまる、ダイエー、マックスバリュといった中規模のスーパー、そしてホームセンターのサンデー、ホームワイド、ジョイ、ディスカウントストアのアコレやザ・ビッグ、コンビニエンスストアのミニストップもイオン系列です。

私たちが生活している身近なところに、イオン系の様々な店舗があります。
そんなイオンには、株主優待が受けられる株があるのです。

イオン株の価格はいくらぐらい?

イオン株式会社は「8267小売業」の株で、2018年8月7日現在の株価は2283円です。
単元株数は100株なので、2283×100株=228,300円となり、手数料を合わせると約23万円ほどの予算で購入できます。

株価は日々変化しますので、おおよその金額として参考にしてください。

株主優待を効率よく受けるための株の買い時は?

2017年の8月のイオンの株価は日によって1600円台だったこともあり、そこから順調に上がっています。
2018年6月後半には、2400円台になっていたこともあります。
長期保有をするなら株価が安く、自分が買い時だと思ったタイミングが一番です。

もし株主優待を受ける目的で買うなら、権利確定月の直前に購入して権利が確定した後にすぐ売ってしまうこともできます。

イオンの権利確定月はいつ?

イオン株式会社の権利確定月は2月末日、8月末日の2回となっています。
一般的に、企業の株は3月末日と9月末日の権利確定が多いので、珍しいです。

株主優待を受けるための条件

株を保有するには、権利確定日の時点で株主名簿に名前があることが条件です。
株主になるには、株を購入してから3営業日の期間が必要です。

例として、2018年8月末日で株主名簿に名前があるには、どうすればいいのか考えてみます。

8月の末日は31日ですので、その3営業日前となると権利付き最終日が28日になります。
28日までに株を購入・保有しておかなくてはいけないということですね。

8月は31日が金曜日でしたが、権利確定日前後に週末があたる場合があります。
土日など株式市場が開いていない日は非営業日となり日数には含まないことも考慮して、カレンダーをしっかりとチェックした上で購入するようにしましょう。

イオンの株主優待がすごい!

イオンの株主優待は、キャッシュバックやお買い物時の割引など、イオン系のお店を利用する方に嬉しい特典がいっぱいです。
1つずつ詳しくご説明しますね。

株主ご優待カード(オーナーズカード)で3~7%のキャッシュバック

イオン株式会社の株主優待がすごいのは、日々の食品や洋服、日用品のお買い物に直結してお得を実感することができるからです。

株主になる条件は、100株以上を保有していること。
100株以上保有している株主に対して、イオンオーナーズカードという専用のカードがもらえます。

半期ごとにお買い上げ金額に応じて、返金率でキャッシュバックができます。
キャッシュバック率は以下のようになっています。

保有株数 キャッシュバック率
100株~499株 3%
500株~999株 4%
1000株~2999株 5%
3000株以上 7%以上

例えば、イオンの食料品売り場で半年で10万円分を購入していて、3%のキャッシュバックが見込めるのなら、

100,000円×3%=3000円

となり、3000円がキャッシュバックされます。

キャッシュバックの適用店舗でのお買い物時にオーナーズカードを提示すると、自分が利用した金額の返金率分が登録され、半年ごとに合算して返金されるのです。

返金の方法は、4月と10月に利用金額が記載された明細と返金引換証が送られてくるので、それらをサービスカウンターに持参することで、キャッシュバック分を現金で返金してくれます。

大型のイオンでは食料品をはじめとして、子供服、大人用の洋服、靴下や下着、家電、ティッシペーパーなどの日用品、医薬品が購入できます。

利用可能店舗であれば適用でき、食料品横のパン屋などでもオーナーズカードが利用できることがあるため、キャッシュバック対象は幅広いです。

オーナーズカードはいつ届く?

新規で株を保有した時、オーナーズカードが届くまでには手続きが必要です。
2月、8月に株主の権利を受けたら、その後1~2ヶ月ほどで「ご案内書」が届きます。
手続きをするとその後1ヶ月ほどでオーナーズカードが届きます。

最短で手続きをすると

2月に権利確定、3月末頃に「ご案内書」が届く→手続きをして4月末~5月にオーナーズカードがもらえる
8月に権利確定、9月末頃に「ご案内書」が届く→手続きをして10月末~11月にオーナーズカードがもらえる

と、約3ヶ月後から使えるようになります。

新規の場合は初回ということで手続きがあり、継続の場合は保有しているカードをずっと使い続けることができます。

株を購入してすぐにオーナーズカードがもらえるわけではありませんので、ご注意ください。

お客様感謝デーでさらに5%の割引特典が!

イオンのオーナーズカードは、毎月20日、30日に開催されるお客様感謝デーで更にお得になります。
提示すると支払い時に5%オフの特典があるのです。

イオンのクレジットカード、WAONカード、WAONポイントカードでも5%になるため、別にイオンのオーナーズカードのメリットを見いだせないかもしれません。

しかし、イオンのオーナーズカードでは、お客様感謝デーの5%割引のほか、株主優待制度を適用できます。

毎月20日、30日にあるお客様感謝デーでの割引率は下のようになっています。

保有株数 割引率
100株~499株 5%割引+3%キャッシュバック割引
500株~999株 5%割引+4%キャッシュバック割引
1000株~2999株 5%割引+5%キャッシュバック割引
3000株以上 5%割引+7%キャッシュバック割引

保有株数に応じて3%、4%、5%、7%のキャッシュバックが適用され、お得さを2倍取りできます。

お客様感謝デーの5%割引は当日レシート金額から割引され、オーナーズカードは金額を累積して半期に1度キャッシュバックされます。

お客様感謝デーに利用すると、見た目としては5%割引のみが適用されている気分ですが、半年後にはキャッシュバックされるので二重でお得になってるのです。

キャッシュバックやお客様感謝デーの割引は、特に毎日のようにイオン系列のスーパーでお買い物をする主婦にとっては、見逃せない株主優待ではないでしょうか。

配当金も見逃せない

イオンでは、株主に対する配当金もあります。
営業利益を株主に還元する配当金は、2018年2月は中間15円、期末15円、年間30円でした。2019年2月は予想だと中間17円、期末17円、年間34円。

100株を保有している人が受け取る金額は、
2019年2月の予想ですと

中間17円×100=1700円、期末17円×100=1700、年間だと34円×100=3400円

となり、ここから国税や復興特別所得税などを引いて、年間で約2700円がもらえます。

購入時の株価が23万円と仮定して計算すると、1.17%です。
株としては高い配当金ではないものの、株主優待のほかに配当金ももらえることがメリットと言えます。

現在のゆうちょ銀行の定期預金では、金利が年0.010%の金利ですので、仮に1.17%だとするとかなりお得ですね。(参考:ゆうちょ銀行金利一覧

最近では、リスクはあるものの配当金をもらう方が得なため、まとまった金額を銀行に預けておくより、株主へ配当金が出る企業へ株式投資をしているという人も増えています。

1000株以上を長期保有するとギフトカード進呈

1000株以上を保有している株主に対しては、長期保有優待特典としてイオンギフトカードももらえます。
条件は2月末時点で3年以上継続して保有している人です。

保有株数 ギフトカードの金額
1000株~1999株 2000円分
2000株~2999株 4000円分
3000株~4999株 6000円分
5000株以上 10000円分

1000株以上であれば、キャッシュバック+割引特典、配当金、ギフトカードと3つの特典があるので、保有メリットも多くなりますね。

株主特典のイオンラウンジ利用とは

ご存知の方は少ないかもしれませんが、大型イオンモールにはイオンの株主だけが利用できるラウンジが用意されています。

お買い物の休憩などでカフェ代わりに利用できるため、見逃せませんよ

イオンラウンジとは?

イオンのオーナーズカードを保有していることで、全国の大型イオンモールにあるイオンラウンジを無料で利用することができます。

イオンラウンジとは、買い物の合間にくつろぎの時間を持てるスペースのことで、お菓子や飲み物が無料提供されています。

イオンのプライベートブランド商品であるトップバリュ製品のお菓子や、同じくイオンで売られているコーヒー豆を使ったコーヒー、プライベートブランド商品のお茶、スポーツドリンク、野菜ジュースなどが常に用意されているのです。

イオンラウンジの利用方法と利用時間

全国187店舗にあり、1組あたり4席まで利用することができます。
利用者が多い土日などは、1人1回30分以内の利用が目安です。

利用時間は10時30分~19時。店舗によって異なることがあります。
受付は利用終了時間の30分前までとなっています。

イオンラウンジ設置店舗

イオンラウンジは北海道から沖縄まで、各都道府県の大型イオンモールにあります。

東京都では、南砂店、東雲店、品川シーサイド店、板橋店をはじめとして10店舗にイオンラウンジがあります。

自分が住んでいる近くにイオンラウンジがあるかどうかは、こちらを参考にしてみてください。

>>全国187店舗のイオンラウンジ一覧

まとめ

イオンの株は、よくイオンで食料品を購入している主婦をはじめとして、休日はイオンに行ってお買い物をすることが多い人にぴったりの株主優待です。

半年に一度のキャッシュバックでお買い物金額に応じてお金が「戻ってくる」ので、そのお金でランチに行ったり貯金をしたり、利用方法を考えるだけでも楽しいですよね。

配当金も高くイオンラウンジも利用できるなど、得られるメリットが多い株なので、株式投資が初心者の人にもおすすめです。

これから株を始めようかな。と考えている方は、イオン株の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

株式投資は危険って本当?株のリスクと安全に運用するコツ

2017.11.21

すかいらーくの株主優待券の使い方!ガストをお得に利用しよう

2018.07.02

ABOUTこの記事をかいた人