アイフルで土曜日日曜日でも即日融資する方法

「平日じゃなくても、アイフルで即日融資は受けられるの?」

大丈夫です。
アイフルは土日でも祝日でも即日融資を受けることができます。

ただし、確実にその日のうちに借入をしたいなら、正しい手順で申込をする必要があります。
ここでは、アイフルから土日に借入をするための注意点や必要な条件、申込の流れについて詳しく解説していきます。

アイフルで土日の即日融資を受けるための注意点

アイフルは土日でも即日融資をしてくれますが、誰でも無条件で借入ができるわけではありません。
まずは利用をするための注意点を、しっかり確認しておきましょう。

【アイフル土日利用の注意点】1.審査や契約のタイムリミットを過ぎていないか確認

即日融資を受けるためには、その日に融資を受けられるタイムリミットに間に合わせる必要があります。
アイフルは土曜日や日曜日でも21:00まで審査の受付をしています。

ただし審査の受付に間に合っても、その後の契約のタイムリミットにも気を付けなければいけないので注意しましょう。
カード発行をする人は、自動契約機の営業時間も確認しておきましょう。

自動契約機は夜10時まで営業している

自動契約機で契約とカード発行をする場合、夜10時までに手続きを完了させなければいけません。
閉店間際に行くと、先に契約をしている人がいた場合にあなたの契約ができない可能性もあるので、できるだけ早めに到着するようにしてくださいね。

自動契約機での契約に間に合えば、その場でローンカードが発行されます。
カードを使えば、併設されているアイフルのATMやコンビニATMなどを使って24時間借入ができますよ。

インターネットでの契約は要注意!

インターネットでの契約は24時間可能です。
しかしインターネットでの契約をする場合、借入はカードを利用した融資ではなく希望口座への振込融資となります。
平日であれば振込で融資が可能ですが、土日は金融機関が休業しており口座へ反映されません。

インターネット契約で土日の借入をするなら、アイフルのスマホアプリをインストールしましょう。

アプリを使えば、セブン銀行での取引がカードなしで可能です。
近くにセブンイレブンがある場合は、これで24時間借入が可能になりますよ。

【アイフル土日利用の注意点】2.在籍確認の電話に注意!

アイフルに限らず、カードローンへ申込をすると、本当に仕事をしていて収入があることを確認するために、職場に在籍確認の電話が入ります。

この電話はあくまであなたの在籍を確認するのが目的です。
アイフルとは名乗らずに担当者個人の名前で電話がかかってきますし、あなた以外の人が出てもカードローンの利用がばれるような会話をされる心配はありません。

その場にあなたがいなくても、電話に出た人が「〇〇は本日出勤しておりません」と答えてくれればOKです。

注意しなければいけないのは、土日が完全に休業の会社に勤めている場合です。
誰も電話に出なければ、あなたの在籍を確認することができません。

こんな時は、在籍確認のタイミングを見計らって会社に行って、自分で電話を受けましょう。
もし会社に入ることができないなら、申込完了後にアイフルへ電話をして在籍確認ができない旨を伝えましょう。
状況によっては、健康保険証や給与明細を提出することで、在籍確認をしてくれる可能性もあります。

アイフルで一番早く土日の融資を受ける手順

土日にアイフルから即日融資を受けるための注意点は、しっかり確認できましたか?
もし問題なければ、さっそく申込手続きを進めていきましょう。

手順を間違えると、その日のうちに借りられないこともありますので、一つずつ注意しながら申込を進めてくださいね。

アイフルのWEBサイトにある申込フォームから申込

申込方法はインターネット、来店(自動契約機)、電話の3種類が用意されていますが、インターネットでの申込が一番早くて簡単です。

来店での契約をする場合、土日はアイフルの店舗が開いていませんので、自動契約機で申込から契約手続きまでを行います。
この場合、審査が行われている間は自動契約機の周辺で時間を過ごさないといけないので、1時間程度のタイムロスが発生してしまいます。

電話での契約は、すべてを口頭で伝える必要があるので、騒がしいところや不特定多数の人に聞かれる可能性がある場所での申込はできません。
また時間も20分近くかかり、その間中断もできないのでお勧めできません。

インターネットであれば全ての情報を入力するのに10分もかかりませんし、スマホを使えばちょっとしたスキマ時間にも申込が可能で効率的です。

申込完了後、アイフルへ電話をかける

インターネットでの申込が完了したら、すぐにアイフルのフリーダイヤルへ電話をかけましょう。
「できるだけ早く借入をしたい」と伝えれば、他の人よりも優先して審査をしてくれます。

また、在籍確認の電話の対応が難しい場合も、このタイミングで伝えておきましょう。

審査が行われ、在籍確認の電話がある。

審査は最短で30分で完了します。
在籍確認が通常通り可能な場合は、このタイミングで職場に電話がかかってきます。

会社にアイフルの利用を知られたくない場合は、「クレジットカードを申し込んだ」と伝えておけば、それ以上追及されることはないでしょう。

可能であれば自動契約機(てまいらず)で契約

契約手続きはインターネットでもできますが、土日の契約は可能であれば自動契約機に行くことをおすすめします。

自動契約機で契約すれば、その場でカード発行

インターネットでの申込が完了し次第、自動契約機へ移動をすれば、タイムロスが少なくて済みますね。
自動契約機でのブース内で、スキャナに書類を読み込ませるので忘れずに持っていきましょう。
契約手続きが完了すれば、カードがその場で発行されます。

借入はコンビニのATMでも可能ですが、おすすめは自動契約機に併設されているアイフルのATMです。
コンビニだと手数料がかかってしまいますが、アイフルのATMなら手数料無料で借入できますよ。

インターネットで契約する場合、アプリをダウンロードしてセブン銀行へ

もし近くに自動契約機がない場合は、インターネットで契約をしてください。
インターネットでの契約時も、このタイミングで書類提出を求められます。
書類の写真を撮り、アップロードをすることで提出ができます。

契約が完了したら、アイフルのアプリをダウンロードしましょう。
アイフルのアプリがあれば、セブン銀行のATMで24時間借入することができますよ。

土日は振込での借入はできないので注意してください。

アイフルで即日融資を受けるための利用条件

アイフルに申し込むためには、基本的な利用条件にクリアしている必要があります。
ご自分が条件をクリアできているか、確認しておきましょう。

【アイフルの利用条件】1.申込条件を満たしていること

申込をするための最低限の条件を確認しましょう。
曜日に関係なく、次の2つの条件を満たしていなければ、アイフルから借入することはできません。

年齢が20歳以上69歳以下であること

アイフルに申し込むための条件の一つ目が年齢制限です。
20歳以上69歳以下の人でないと申込することができません。

また、現在は申込資格がある人でも、70歳の誕生日を迎えると追加で借入することができなくなってしまうので注意してくださいね。

安定した収入があること

もう一つの申込条件が、安定した収入があることです。
「自分はアルバイトだから、安定した収入とは言えないかなぁ」と心配な人もいらっしゃるでしょう。
でも、心配はいりません。

毎月コンスタントに収入が入っていれば、金額が少なくても申し込みをする資格はあります。
雇用形態についても、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員の人でも問題なく申込できますよ。

ただし、日雇いのバイトを不定期でしている人や、親からのお小遣いだけで生活している人は、安定した収入があるとは言えないので、申し込むことはできません。

【アイフルの利用条件】2.提出書類が全て準備できる

年齢制限と安定した収入の条件を満たしていれば、アイフルへの申込をすることができますが、土日に即日融資を受けるためには、その日のうちに必要書類を提出しなければいけません。

場合によっては、土日には用意できない書類もあります。
あらかじめ確認しておいてくださいね。

本人確認書類は全員必要

本人確認書類はアイフルへ申し込みをする人全員が提出しなければいけません。
以下のいずれかの書類を用意しましょう。

下記のどれかひとつを用意
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(指名・住所・生年月日あり)
  • 個人番号カード

上記の顔写真付きの証明書を提出する場合は1点だけでOKです。
現住所が違う場合は、次のいずれかを追加しなければいけません。

もし現住所が違う場合は、さらに下記のどれかひとつも必要
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本(抄本)
  • 国保被保険者資格証明書

もし顔写真付きのものがなければ、2点の次の組み合わせが必要です。

顔写真付きがない場合は下記を用意
  • (A)から2点
  • (A)から1点と(B)または現住所が違う場合の追加書類の中から1点
  • (B)から1点と、アイフルから簡易書留送付

(A)健康保険証、年金手帳、母子手帳
(B)戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書等

土日は役場が閉まっているので、(B)の書類は用意できませんよね。
なんとか(A)の中から2点提出できるように書類を用意してくださいね。

50万円以上借りたい人は収入証明書も必要

多くの人は本人確認書類があればOKですが、借入金額が高額になり、次のいずれかに当てはまる場合は収入を証明するための書類が必要です。

  • アイフルの希望限度額が50万円を超える
  • 他社からの借入残高とアイフルの希望限度額の合計が100万円を超える

また、就業状況の確認のために、上記に当てはまらない場合も提出を求められる場合もあります。

収入証明書類として認められるのは次の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2か月分と賞与明細1年分)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

自営業の人でなければ、源泉徴収票か給与明細の提出になりますね。
もし手元にない場合は、提出が不要な金額まで希望限度額を減らしましょう。


土日の場合は、平日と違っていくつか制約が増えますが、アイフルで即日融資で借入することは十分に可能です。
慌てずに申込を進めてくださいね。

関連記事

アイフルのカードローンで借り入れするときの申込審査の流れと特徴まとめ

2017年3月27日

アイフルで即日融資を受けるためのポイント

2017年10月31日

ABOUTこの記事をかいた人