アイフルで10万円借りる場合の金利や返済方法

「アイフルで10万円借りたら金利はどうなるの?」
「アイフルの返済方法について詳しく知りたい!」
と悩んではいませんか?

アイフルのようなカードローンを利用したいと思っているけれど、テレビでよく見るような借金苦に陥ってしまうのではないかと、不安な人も多いでしょう。
確かに返済を長期化させると、なかなか返済が終わらず、苦しい思いをしてしまうかもしれません。

しかし、あらかじめ金利や返済のことを頭に入れておけば、あとで慌てるようなこともありませんよ。

ここでは、アイフルで10万円借入した場合の金利や返済について、具体的にわかりやすく解説していきます。

まずはアイフルの金利を把握しよう

まず、アイフルの金利について見ていきましょう。
公式サイトを見ると「金利は年3.0~18.0%」と記載があります。
でも、これだけではよくわからないですよね。

  • 年〇%ってどういうこと?
  • 3.0~18.0%って結局何%になるの?
これらの疑問に答えていきましょう。

「金利年〇%」の意味

最初に「金利年〇%」の意味を理解しておきましょう。
これは、1年間借入した時につく利息が〇%という意味です。

借入金額×年間金利=1年分の利息

1年でつく利息という言い方だと、1年間で1回だけ利息の支払いをすればいいように聞こえるかもしれませんが、実際は日割りで毎日加算されます。

1年分の利息÷365日(うるう年は366日)=1日分の利息

つまり、この金利が低ければ低い方が、毎日加算される利息が低いということですね。

10万円借入する場合の金利は18.0%が適用される

アイフルの金利は年3.0~18.0%の間で適用されますが、かなりアバウトな表記ですよね。
この範囲内で、実際に適用されるのは何%なのでしょうか。

このパーセンテージは、借入限度額に応じて異なります。
アイフルの借入限度額は、申込時の審査により1万円から800万円の間で決められますが、もし10万円借りるくらいの少額の限度額の場合は、年18.0%が適用されるでしょう。

3.0%のような低金利が適用されるのは、ごく一部の限度額が超高額な人たちに限られます。

年18.0%の金利で10万円借入した場合のシミュレーション

それでは、実際に年18%の金利で10万円を借りた場合の、支払利息はどのようになるか見ていきましょう。

具体的な金額を当てはめることで、返済のイメージがリアルになります。
あなたが実際に返済する時の参考にしてくださいね。

毎日約50円が加算される

まずは1年分の利息が、いくらになるのかを計算しましょう。
借入金額10万円に年間金利18%をかければ、1年分の利息がわかります。

10万円×18%=18,000円

次に、1年分の利息18,000円を1年の日数365(うるう年の場合は366)で割ると、1日分の利息がわかります。

18,000円÷365=49.3円

借入当初のまったく返済をしていない状態だと、毎日49.3円が加算されるということがわかりました。
1日あたりだとそれほど大きくありませんが、1ヶ月分だと・・・

49.3円×30日=1,479円

1,479円に膨れ上がるので、ちょっとツライですよね。

返済は早いほうが得!

利息が毎日加算されていくと聞いて不安になるかもしれませんが、利息は借入残高によって変化するため、返済が進めばそれに合わせて支払利息も減っていきます。

例えば元金が半分になれば、当然支払利息も半分になります。
返済期間が短ければ短いほど、支払総額も少なくなるということですね。

もし10万円借りて毎月の返済を4,000円にした場合、完済させるまでにかかる期間は、なんと32回です。
たった10万円の返済のために2年と8ヶ月も支払いを続けないといけないのです。
しかも最終的な支払総額は126,260円と、元金よりも26%も増えてしまいます。

一方、毎月返済額を1万円にした場合、支払期間は11か月。
支払総額は109,158円になり、利息が元金の10%を下回りました。

無理のない範囲で毎月の支払金額を増やし、できるだけ短期間での完済を目指しましょう。
月々の支払金額に応じた返済期間と支払総額は次の表を参考にしてください。

年18.0%の金利で10万円借入した場合の返済早見表

月々の返済額 返済回数 返済総額
4,000円 32回 126,260円
5,000円 24回 119,772円
8,000円 14回 111,565円
10,000円 11回 109,158円
14,000円 8回 106,585円
18,000円 6回 105,210円

※プロミスご返済シミュレーションにて計算

無利息期間を存分に活用しよう

返済は早ければ早いほうが有利ですが、特に最初の1ヶ月は可能な限り多く返済することをおすすめします。
アイフルには、契約日の翌日から30日間は無利息になる特典があるのです。

通常であれば、最初の1ヶ月で1,500円近くの利息を余分に支払わなくてはいけませんが、この期間内であれば一切の利息がかかりません。

つまり、この期間内にどれだけ多く返済ができるかによって、その後の返済の負担が大きく変わってくるのです。
ムダな利息を支払わなくて済むように、返済を最優先で計画を立ててくださいね。

返済方式は2種類から選べる

返済はできるだけ早くしたほうが良いのですが、返済の期日も考えながら計画を立てる必要があります。
アイフルでは次の2つから返済方式を選ぶことができます。

  • 約定日制
  • サイクル制

約定制は自由に設定可能。約定日の10日前から返済できる

まず約定日制は、毎月一定の支払日を決めて、その日までに返済をするという方式です。
返済期日は自由に設定することができます。

なお、返済期日までならいつでも返済できるわけではなく、返済期間は期日までの10日間と決まっているので注意しましょう。

例えば毎月25日を返済日に設定した場合は、その10日前である15日から25日までの間が返済期間です。

もし返済期間外に返済をした場合でも、その分残高は減りますが、その月の返済としてはカウントされないので気を付けてくださいね。

サイクル制ならいつでも返済可能

もう一つの返済方式がサイクル制です。

まず、最初の借入した日から35日後が初回の返済期日です。
約定日制とは違い、いつでも返済することが可能です。

2回目以降は前回の返済日から35日後が返済の期日となります。
お金に余裕ができたらその都度返済することができるので、積極的に返済したい人に向いています。

ただし、毎月一定の日が返済日ではないので、返済忘れがないように気を付けなければいけません。

返済は5種類の中から選べる

返済方法も、事前にチェックしておきたい重要なポイントです。
あなたの生活サイクルに合わせて選んでくださいね。

返済方法は次の5種類の中から選ぶことができます。

アイフルの返済方法
  • アイフル店舗
  • ATM
  • コンビニ
  • 振込
  • 口座振替

詳しく見ていきましょう。

アイフルの店舗なら手数料無料。完済もできる

アイフルの店舗に行って返済をすると、手数料が一切かからないのでオトクです。
また、店舗の場合は1円単位で返済ができるというのもメリットの一つです。

一番最後の返済は、どうしても1000円未満の端数がでてしまいます。
ATMの場合は硬貨の取り扱いができないので、完済させることができません。
完済させた後に解約手続きを同時にできるのも、手間が省けてうれしいですね。

ただし、店舗の営業時間は平日の10:00~18:00の間だけなので、日中仕事をしている人は利用しにくいですね。

ATMなら誰にもバレずに返済できる

カードローンの返済をするのは恥ずかしいから、誰にも会わずにしたいという人もいますよね。
そんな人はATMでの返済がおすすめです。

アイフル提携のATMは、全国のコンビニに設置してあるATMや三菱UFJ銀行などの一部の銀行で利用することができます。
コンビニATMを利用すれば、24時間いつでも返済できるので、仕事が遅い時間に終わる人でも無理なく返済できますね。

提携ATMの場合は取引金額に応じて次の通り手数料がかかるので注意しましょう。

取引金額 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

手数料をかけずにATMを利用したいという人は、アイフルのATMを利用しましょう。
営業時間が限られていますが、手数料は一切かかりません。
※アイフルATMの営業時間は店舗によって異なります。
(アイフルのATM検索:https://shop.aiful.co.jp/?_ga=2.88745560.230342223.1548644272-841680516.1547186125)

セブン銀行ATMならカードなしで返済もできる

アイフルのカードをいつも持ち歩いていないという人でも、セブン銀行ATMを利用すれば、カードなしで返済ができますよ。
アイフルのスマホアプリをダウンロードするだけで、ATMと連携ができます。
セブンイレブンは全国に2万店以上あるので、どこにいても返済ができて便利ですね。

コンビニ支払なら1円単位で支払できる

コンビニで支払する方法はATMだけではありません。
ローソンのLoppiやファミリーマートのFamiポートなどの端末を利用することで、レジで返済をすることができます。

この支払方法をするメリットは、1円単位で返済が可能ということです。
最後の支払いの際に端数が発生した時などは、この方法で完済させることができます。

ただし、レジでの支払いは7:00~23:30の間のみで、提携ATMと同じように手数料がかかるので注意してください。

振込返済をうまく活用すれば家でも返済できる

アイフルでは、指定口座への振込での返済も可能です。
もちろん銀行の窓口やATMから手続きすることも可能ですが、振込返済の一番便利な使い方はインターネットバンキングの活用です。

スマホやPCからの操作で、いつでもどこにいても返済の手続きをすることが可能です。
仕事で忙しい人や、外に出ることができない人でも手軽に返済ができますね。

ただし、振込手数料が別途かかります。
インターネットバンキングの契約方法も、それぞれの銀行によって異なるので、利用中の銀行に確認してみましょう。

口座振替なら返済忘れの心配なし

毎月の返済期限を忘れてしまいそうという人は、口座振替の利用も可能です。
ただし、振替日は自由に選ぶことができず、手続きの方法によって、次の通り限定されます。

郵送での手続き:毎月6日、23日、27日のいずれか
店頭、WEBでの手続き:毎月3日、26日、27日、28日のいずれか

また、振替金額も最低限の金額しか引き落とされません。
(10万円借入の場合、約定返済での最低返済額は4,000円です。)

早期返済をして支払総額を抑えたい人は、口座振替だけでなく、ほかの返済も併用することをおすすめします。


アイフルでは即日融資に対応していることもあり、急いでいる人がサッと借入できるので、とても手軽に借入ができますが、返済のことはつい後回しにしがちです。
損をしないためにも事前に返済計画を立てて、早期返済を心がけてくださいね。

関連記事

アイフルのカードローンで借り入れするときの申込審査の流れと特徴まとめ

2017年3月27日

アイフルで即日融資を受けるためのポイント

2017年10月31日

ABOUTこの記事をかいた人