明日までにお金が必要!?急にお金がいるならカードローンがおすすめ

あなたは、今すぐお金が必要なのに手元にお金がなくて困っていませんか?
できれば今日中、ムリでも明日までにお金を用意したい人も多いですよね。
明日までにお金を用意する方法は、「売る・稼ぐ・借りる」の3つしかありません。

ただ、明日までに確実に必要な金額が用意できる可能性が高い方法は、これらのうちごくわずかです。
そこでここでは、明日までに確実にお金を用意する方法について、カンタンに説明します。

今お金がなくても明日までにお金を用意する方法は3つ

お金を用意する方法としては「売る」「稼ぐ」「借りる」の3つです。
身の回りで使わないもの、高く売るものがある人はリサイクルショップや質屋に行ってお金に替えましょう。

少し時間に余裕がある人は単発や日雇いバイトで稼いでみてもいいですね。
ただし、「売るものもなく時間もない、でも明日までにまお金が必要・・・」という場合は「借りる」がもっとも確実にお金を手に入れる方法です。

借りる場合、知り合いや家族からお金を借りる方法が、利息がつかないのでもっともオススメです。
ただ、人によっては知り合いや家族からお金を借りるのがムズカシイこともありますよね。
そうした場合は、カードローンの利用をオススメします。

その日のうちにお金を借りることもできるので、「明日までに確実に」お金を手にすることができますよ。

ちなみに、お金を用意する3つの方法については、「どうしてもお金が必要でピンチ!大至急お金を作る方法」で具体的に説明しています。

明日までにお金を借りるなら消費者金融カードローンがオススメ

「カードローンって何?」という方もいることを考えて、まずは「カードローン」がどういったものなのかをご説明します。

カードローンとは、個人向けのローンの総称で、銀行や信販、消費者金融が出している商品で、無担保、保証人なしで、お金が借りられます。
手続きといってもWEBから申し込み可能で、スマートフォンがあれば、いつもで簡単に申し込みができるんです。

金利は、銀行カードローンの方が比較的低く、消費者金融は高めに設定されています。
ただ、消費者金融のカードローンには「無利息サービス」もあるので、返済期間によっては消費者金融のほうがオトクに借りられます。
(参考:「金利0円で借りれる!おすすめ無利息カードローンを徹底比較」)

また、「即日融資」は消費者金融の特徴なので、「明日までにお金が必要」という場合は強い味方となります。
さらに、消費者金融の場合は「最短30分」などで審査結果がでるところが多いです。

もし30分で審査に通れば、あとは契約と振込予約だけなので、タイミングが良ければ、明日といわず、当日中にもお金を借りることができますよ。

【補足】銀行カードローンの自主規制で「総量規制対象外」「即日融資」はもう不可能!?

じつは、銀行カードローンではこれまで多重債務の問題で多く取り上げられてきました。
そして、2018年1月からこれらの問題を解決するひとつの方法として「即日融資を停止」にする方向性が示されました。
産経ニュースには「即日融資の取りやめは、(中略)運用が始まれば、融資審査には数日かかるようになるという。」と書かれています。
(参考:http://www.sankei.com/economy/news/170915/ecn1709150041-n1.html

多重債務者を減らす取り組みは10年以上前から始まっていて、消費者金融はすでにその取り組みを実行しています。
規制を守りつつ「最短30分審査」「最短即日融資」ができる仕組みを作り上げてきました。

また、「消費者金融」というと「サラ金」「マチ金」といった悪いイメージを持つ人も多いのですが、大手を選べば安心して利用できるんです。
というのも、以下の表のように大手消費者金融はどこも、有名な銀行のグループ会社として営業をしているところが多いからです。

グループ会社 無利息 スピード
アコム 三菱UFJ銀行 30日間金利0% 最短30分で審査回答、即日振込可能
プロミス 三井住友銀行 30日間金利0% 最短30分で審査回答、即日融資可能
アイフル なし 30日間金利0% 最短30分で審査、即日融資
モビット 三井住友銀行 最短3分で振込融資、即日融資可能

今回は、明日までにお金が必要な人のために、お金を用意する方法のひとつとしてカードローンについての説明をしました。
とくに、急いでお金を用意したいと考えているのであれば、消費者金融カードローンを利用するのがオススメですよ。

関連記事

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017.11.21

即日キャッシングをするときに知っておきたいこと

2016.11.18

ABOUTこの記事をかいた人