アルバイトを掛け持ちしている場合のカードローンの勤務先と年収の記入法

複数のアルバイトを掛け持ちしているけど、どうも懐が寂しくてカードローンの申込を考えている…そんな人にとって、申込の時にお役に立つ情報をお伝えしましょう。

カードローンは複数の申込方法がありますが、その中でもインターネットからの利用が手っ取り早くて簡単です。

しかし申込入力画面をみると、あれ?と悩む箇所がいくつか出てきます。
複数のアルバイトをしている人なら、特に勤務先情報は記載に悩むところです。

アルバイトを掛け持ちしているために、どこの会社の情報を入力すればよいか、年収額はいくらで入力するのかなど、よくわからず手が止まることもあるのでは?

そんな状況で「まあ何とかなるでしょ!」と適当に申込情報を入力するのはNGです。
あとで後悔することになりかねませんよ。

そこでアルバイトを掛け持ちしている人が、申込申請をきちんとするためにはどうすればよいのかを調べてみましたので、その内容を共有させてもらいます。

申告の際の注意点や、どのカードローンが良いのかもお伝えしますので、参考にしてください。

アルバイトの掛け持ち 勤務先情報入力はどうすればよい?

カードローンの申込フォームにある「勤め先の情報」は、1社しか入力できない仕様になっています。

しかし、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合、どの勤務先の情報を入力すればよいか迷いますよね。
そこで、いくつかのカードローンに問い合わせをしてみました。

アルバイト掛け持ちの場合、メインの会社の情報を入力

勤務先については、どのカードローンも「メインのお勤め先を入力してください」という回答でした。

どの基準でメインと決めるのかも聞いてみると「勤務日数が多いご勤務先を」との回答が多かったです。

ただし、大手消費者金融のSMBCモビットは、会社名を入力する欄がなかったので確認すると、「お申し込み後、担当者から確認のお電話を入れさせてもらう」とのこと。
申込者の事情や要望について、営業担当者と相談で決めていくようでした。

年収は合算で入力、または合算せずに入力の2パターンある

年収入力については、大きく2つの回答に分かれました。
ひとつは、メインの企業の年収を入力するパターンです。
ほとんどの消費者金融では、申告した会社1社のみでの年収を入力するよう指示されました。

もうひとつは、複数のアルバイトすべての年収を合算して入力するパターンです。
大手消費者金融のプロミスは、入力する企業は1社でも、複数のアルバイトすべての年収を合算して入力するように、とのことでした。

年収は税込年収の金額を記入する

金額については、どのカードローンも税込年収を入力するようになっています。
つまり、支給額全額での年収金額ということですね。

例えば、ひと月の給料として10万円の支給があった場合、税金などが引かれて手取り額は10万円以下になりますよね。

しかしカードローンの申込時は、支給額である10万円が申告する金額となるんです。
ですので、年収は支給額×12か月の金額を入力するようにしてください。

借入額によって勤務情報をどれにするかの判断が必要

さて、入力画面で勤務先は1社入力、年収は合算もしくは合算なし、という状況が分かりました。

ここでひとつ注意してほしいことがあります。
借入金額によっては、勤務先情報の申告内容を慎重に判断してほしいのです。
なぜかというと、総量規制という法律が絡んでくるからです。

総量規制とは金融機関に課せられている法律で、利用者の年収3分の1以上の融資が禁止されています。
申込者の年収が120万円ならば、40万円以上は融資できないんです。

今、どうしても50万円が必要となれば、150万円の年収が必要となってくるので、借入の希望額によっては、勤務年数が長いメインの会社情報よりも、年収額の高い企業で申請した方が無難です。

なお、プロミスの場合は年収が合算申告でしたね。
そうなると年収額も高くなることから、多めの借り入れが期待できそうです。

カードローンの申込画面の構成

勤務先や年収の記入法や注意点が分かったところで、カードローンの申込画面の構成を見ていきましょう。
インターネットからの申込画面は項目数が多いものの、おおむね次の4種類に分けられます。

  1. 自分の情報
  2. 自宅の情報
  3. 勤め先の情報
  4. その他情報

それぞれを簡単に説明していきますね。

【カードローン申込画面の構成】
1.自分の情報

一般的には「お客様情報」と表記しているところが多いですね。
自分の名前や生年月日、独身か既婚か、家族構成まで質問するところもあります。

名前などは入力が必要ですが、その他はプルダウンで選択する項目も複数用意されているので操作は簡単です。

【カードローン申込画面の構成】
2.自宅の情報

住所はもちろんのことですが、戸建てかマンションか、誰の名義か、も質問項目として含まれます。

固定電話があるかないか、入居年月日はいつか、などの質問をしてくるカードローンもありますね。

【カードローン申込画面の構成】
3.勤め先の情報

アルバイト先の情報を入力する欄ですが、先ほどもご説明した通り、どのカードローンも1社しか入力できなくなっています。

質問項目としては、勤務先名や勤務先電話番号、雇用形態や職種など、細かいことまで入力しないといけません。

アルバイトを掛け持ちしている場合、この情報入力が大きなポイントとなってきますね。
前項を参考に、落ち着いて入力していきましょう。

【カードローン申込画面の構成】
4.その他情報

他社での借入はあるか、希望連絡方法はどうするか、契約方法はどうするか、などについての質問です。
手続きに必要なパスワードもここで設定するようになっているので、あらかじめ考えておいた方がいいですね。

アルバイトを掛け持ちしている人は消費者金融が利用しやすい

アルバイトを複数掛け持ちしていると、正社員に比べて年収や安定性が低いと判断されることが多く、その結果、審査が厳しくなってきます。

しかし、消費者金融はアルバイト勤務の方にも寛容で、柔軟に対応してくれるんです。
どんなところが利用しやすいのか、見ていきましょう。

【消費者金融が利用しやすい理由】
1.利用条件でアルバイトOK

カードローンを利用するときは、利用条件をクリアしないと申込すらできません。
一部の消費者金融では、アルバイト・パートでも申込可能なことを利用条件に明記しています。

もちろん、アルバイト・パートの表記がされていない消費者金融もありましたので、念のため電話で問い合わせもしてみると、「アルバイトでもOKです」との回答でした。

また、どのカードローンの申込画面にも、勤め先情報の欄にある雇用形態の選択肢には、【アルバイト】の項目があります。
「アルバイトでも審査上問題なければ融資しますよ」と言ってくれているようなものですね。

【消費者金融が利用しやすい理由】
2.新規での契約率が約50%弱

消費者金融はIR情報で新規成約率を公表していて、どのカードローンも成約率は45%前後となっています。
つまり、申し込み者の約2人に1人は審査に通過することになりますね。

銀行カードローンの場合は、新規成約率の公表はしていないですが、一般的に20~30%程度だといわれています。

アルバイトだからこそ、審査通過率が比較的良い消費者金融を選択したほうが、安心ともいえます。


複数アルバイトをしている人にとって、カードローンの利用はとても有効で、何かあった時にはとても力強い味方になるはずです。

アルバイト勤務の場合、申込が完了した時点で担当者から確認の電話が入ることが多いようなので、自分の事情を説明して最善の方法で利用ができるように相談してみてください。

消費者金融カードローンなら柔軟に対応してくれるはずです。
今後のことも考えて、利用を検討してみてくださいね。

関連記事

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017年11月21日

パート・アルバイトでもお金は借りれるの?注意点まとめ

2018年1月19日

ABOUTこの記事をかいた人