スマホでお金を借りる「WEB完結申込」のカードローンとは?

スマホを使ってインターネットで買い物はあたり前、そしてスマホでネットからお金を借りるのも普通になって本当に便利になりました。

窓口まで行ってお金を借りていた時代から自動契約機でカードを自動発行してもらった時代を経て、今はWEBでカードローンの申込みができます。

カードローンと呼ばれていても、カードを使わずにお金を借りれる時代。

いつでも、どこからでも、借りたり返したりと、自分スタイルに合わせた使い方ができるのが若い世代を中心に利用され、魅力になっています。

そんなカードローンのサイトでは「WEB申込」とか「WEB完結」という言葉が使われていますがお気づきでしょうか。

似たような響きのため、「同じもの?」と思いがちですが、よく確認してみると、ちょっと違う内容になっています。

ここを勘違いして申込むと「思ってたのと違う」と、自分の思い描いていた使い方ができないことも想定されます。

ミスマッチにならないためにも、カードローンを使う前にはしっかりと調べておきたいものです。

ということで、大手消費者金融と都市銀行カードローンを例に、スマホでお金を借りれるかどうか、借りれるのならその方法ついて詳しくお伝えします。

<目次>

どのカードローンでもスマホからの申込が可能

冒頭でもお伝えしましたが、今はお金を借りるためにスマホから申込みするのが当たり前になってきています。

ほとんどのカードローンがスマホ対応しているのには驚きです。

特に大手消費者金融や都市銀行のカードローンは、スマホを意識した仕組みづくりにも力を入れているようですね。

スマホで申込ができるカードローン

大手消費者金融 銀行(都市・地方)
プロミス バンクイック
アコム 三井住友銀行カードローン
アイフル みずほ銀行カードローン
レイクALSA りそなプレミアムカードローン
SMBCモビット  ー

※中小の消費者金融でもHPがあればほとんどがスマホで申込が可能です。
※地方銀行もスマホ対応可能なところ多数あります。

スマホから申込み手続きがとれるカードローンはここだけでなく、他にもたくさん存在します。

極論かもしれませんが、HPさえあれば、HPの申込画面から手続きをとればいいだけですから、スマホ申込みは可能と考えてよいでしょう。

ただ、問題はその後です。

申込み後、お金を借りるまでの手続きがスマホでできるかどうか、これが冒頭でお伝えした「WEB申込み」と「WEB完結」の分かれめになるんです。

次はその違いについて説明しましょう。

スマホでのWEB申込とWEB完結の違いとは

WEB申込とWEB完結の違い、それは申込後、引き続きスマホ操作をするのか、しないのかの違いになります。

一般的に言われている違いは次の通りです。

WEB完結 申込から契約、借入まですべてインターネット上で手続きできる仕組み
WEB申込 申込はインターネットで、契約手続きや借入はアナログで行う

WEB申込とWEB完結の違い

図を見ていただくとお分かりでしょうが、契約からふた手にわかれています。

別の言い方をすれば、WEB完結は来店不要でお金を借りれる、WEB申込みは来店してお金を借りる、ということです。

これがWEB申込とWEB完結の異なる点なので、覚えておいてください。

※郵送といった手段での申込も来店不要にはなりますが、WEB上での処理ではないためWEB完結からは外れます。

スマホでお金を借りれるWEB申込
スマホだけでお金を借りれるWEB完結

WEB申込とWEB完結の違いが分かったところで、次はどこならWEB申込ができて、どこならWEB完結が可能なのかを見ていきましょう。

スマホでお金を借りれるWEB申込ができるところ

まずはもう一度、申込から借入までの流れを振り返りましょう。

スマホからWEBでの申込

審査通過

来店して契約・カード発行(自動契約機・店舗)

ATMで借入

このスタイルは、カードローンのほとんどが取り入れていて、大手消費者金融や都市銀行は、申込方法のひとつとして必ず用意しています。

WEB申込ができるカードローン

大手消費者金融 銀行(都市・地方)
プロミス バンクイック
アコム 三井住友銀行カードローン
アイフル みずほ銀行カードローン
レイクALSA りそなプレミアムカードローン
SMBCモビット ※地方銀行

※中小でもWEB申込が可能なところは多数あり

スマホだけでお金を借りれるWEB完結ができるところ

大手消費者金融では対応可能ですが、銀行カードローンではWEB完結を利用するための一定の条件がありましたので、具体的に見てみましょう。

バンクイック(三菱UFJ銀行)

WEB完結の条件
WEB完結申込には、自行普通預金口座が必要
※銀行口座がない場合はWEB申込みとなります。
口座があれば、振込み融資を受けられるため来店不要のWEB完結申込が可能です。
口座がない場合は、ローンカード発行となるため来店する必要があります。
※郵送でのカード受取もできますが、借入まで時間がかかります。

三井住友銀行カードローン

WEB完結の条件
WEB完結申込には、自行普通預金口座が必要
※銀行口座がない場合はWEB申込みとなります。
口座がある場合は、手持ちのキャッシュカードがローンカードの代わりになるため来店不要で提携ATMからお金を引き出せます。
口座がなければ、ローンカードの発行となるため来店しなければいけません。
※郵送でのカード受取もできますが、借入まで時間がかかります。

みずほ銀行カードローン

WEB完結の条件
カードローン申込には、自行普通預金口座が必須
※カードローン利用には普通預金口座が必要となり、口座がない場合は、カードローン申し込みと同時に普通預金口座開設の手続きをしないといけません。
口座があればWEB完結申込も可能です。
WEB完結申込みでカードローンの手続きを取った場合は、手持ちのキャッシュカードをローンカードとして利用することになります。
※別途ローンカードを発行することも可能
尚、みずほダイレクトに加入していれば振込み融資も可能です。

りそなプレミアムカードローン

WEB完結の条件
カードローン申込には、自行普通預金口座が必須
※みずほ銀行と同様、カードローン利用には普通預金口座が必要となり、口座がない場合は、カードローン申し込みと同時に普通預金口座開設の手続きをしないといけません。
すでに口座があり、WEB完結申込をした場合は手持ちのキャッシュカードがローンカードの代わりになます。

大手消費者金融ならとことんスマホだけで借入できる

大手消費者金融でWEB完結申込する際には、銀行のような条件がないので、誰でもスマホひとつで借入ができます。

でももっとすごいのは、スマホ1台でとことんWEB完結ができるという点。

ローンカードも振込手続きも不要、スマホでATMからお金を借りられる「スマホATM取引」ができるんです。

スマホキャッシングの流れ

スマホがローンカードに変身する、これぞ究極のスマホでのWEB完結といっていいでしょう。

この方法が使えるのは、プロミス・アイフル・SMBCモビット・レイクALSA の4社。

この4社のカードローンなら、全国にあるセブン銀行ATMにスマホをかざしてQRコードを読み取れば、お金を借りれるんです。

ただし、ここで条件がひとつあります。

スマホでお金を引き出したい場合は、専用アプリを使って申込みをすることです!

ですので、申込み手続きの前にアプリをダウンロードしてくださいね。

結論!スマホでお金を借りる「WEB完結申込」のカードローンはどれ?

これまで説明してきた内容を、カードローン別にまとめてみましょう。

金融 カードローン会社 WEB申込 WEB完結(来店不要・郵送不要)
カードで借入 カードで借入 銀行振込で借入 スマホ借入
大手消費者金融 プロミス
※アプリ利用
アコム ×
アイフル
※アプリ利用
レイクALSA
※アプリ利用
SMBCモビット
※アプリ利用
銀行 バンクイック(三菱UFJ銀行) ×(カードの受取に店舗に出向く、もしくは郵送) 〇(自行口座があれば) ×
三井住友銀行カードローン △(自行口座があれば〇そうでなければ×) × ×
みずほ銀行カードローン △(自行口座があれば〇そうでなければ×) 〇(みずほダイレクトに加入していれば) ×
りそなプレミアムカードローン △(自行口座があれば〇そうでなければ×) × ×
※地方銀行は自行の口座が必要なところもあれば、他銀行でも振込OKのところあり

この表から考えると、スマホでWEB完結申込をするなら大手消費者金融が使いやすいといえますね。

大手消費者金融の方が銀行のような条件もないうえ、来店や書類の郵送も不要、忙しい人や効率的に手続きをしたい人にはピッタリのカードローンでしょう。

スマホでお金を借りるための特徴と申込手順について

さて、ここからはカードローンの特徴と、スマホからの申込手順について簡単に説明していきます。

消費者金融の特徴と5社の申込手順

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

大手消費者金融5社とも、スマホ1台あれば申込も借り入れもできる環境が整っています。

スマホで申込ができるのはあたり前、さらに審査時間も短く最短即日でお金を借りることもできます。

ただ金利は少々高めで、上限金利が18%平均。

とはいうものの、一定期間利息が0円の無利息サービスがあるので、使い方によってはお得になるでしょう。

ローン専用カードに対応しているATMは全国にあり、どこでもお金の借入ができますが、コンビニATMでの手数料は発生しますので、気を付けましょう。

プロミスの申し込み手順と必要書類

〇最短1時間融資
〇初めて利用の方なら30日間無利息
〇24時間振込み融資可能
〇アプリローンでスマホATM利用可能
申込手順
スマホでHP画面、もしくはアプリを使って申込

  • 必要書類をスキャナやスマートフォンのカメラなどで画像化のうえ送信


審査

  • 基本メールで回答


WEB上で契約

  • カードの有無を選択


借入

  • 会員画面から振込みキャッシング
  • アプリ利用ならセブン銀行ATMにてスマホATM利用
必要書類
運転免許証・パスポート・健康保険証と住民票・その他※1

アコムの申し込み手順と必要書類

〇初めての方なら30日間金利0円
〇最短30分で審査回答。さらに即日振込も可能

申込手順
スマホでHP画面から申込

  • 必要書類をスキャナやスマートフォンのカメラなどで画像化のうえ送信
  • 専用アプリでもアップロード可能


審査

  • 基本メールで回答


WEB上で契約

  • 受信した「契約手続きのお願い」メールから契約内容を確認


借入

  • 会員画面から振込みキャッシング

 ※アコムはスマホATM取引サービスがありません

必要書類
運転免許証・パスポート・個人番号カード・その他※1

アイフルの申し込み手順と必要書類

〇初めての方なら最大30日間利息0円
〇最短30分で審査回答。さらに即日振込も可能
〇急ぎ対応サービスあり
〇スマホアプリでスマホATM利用可能

申込手順
スマホでHP画面から申込、もしくはアプリを使って申込

審査

  • 必要書類をスマートフォンのカメラなどで画像化のうえ送信
  • 基本メールで回答


WEB上で契約

アイフルのアプリをダウンロード

借入

  • 会員画面から振込みキャッシング
  • セブン銀行ATMにてスマホATM利用
必要書類
運転免許証・パスポート・個人番号カードなど・その他※1

SMBCモビットの申し込み手順と必要書類

〇即日融資可能
〇郵送物なし 電話連絡なし
〇カードローン+クレジット+Tカード機能が1枚に集約
〇モビットアプリでスマホATM取引可能

申込手順
スマホでHP画面「WEB完結申込」から申込
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること+保険証を持っていることが必須

  • 必要書類をスマートフォンのカメラなどで画像化のうえ送信


審査

  • メールのみで回答


HPで入会手続き(入会完了メールが届き次第利用可能)

借入

  • 会員画面から振込み手続き
  • アプリ利用ならセブン銀行ATMにてキャッシング
必要書類
運転免許証・パスポート・個人番号カードなど・その他※1

レイクALSAの申し込み手順と必要書類

〇最短60分融資可能
〇初めてなら60日間利息0円
〇e-アルサ(アプリ)でスマホATM利用可能

申込手順
スマホでHP画面から申込

審査(画面上で表示される結果を確認)

WEB上で契約

  • 必要書類をスマートフォンのカメラなどで画像化のうえ送信
  • 振込先の登録


借入

  • 振込み
  • e-アルサを使ってセブン銀行ATMにてキャッシング
必要書類
運転免許証・健康保険証・パスポート・個人番号カード・その他※1

銀行カードローンの特徴と4行の申込手順

  • バンクイック(三菱UFJ銀行)
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • りそなプレミアムカードローン

銀行カードローンの大きな特徴はWEB完結を希望するのであれば普通預金口座が必要な点です。

さらに時間をかけて審査も行いますので、即日融資は期待できませんが、金利は消費者金融より3~4ポイント低いため、長期利用には向いています。

また、利用できるATMでは、銀行ATMをはじめコンビニATMでも手数料がかからないところが多く、無駄な出費をおさえることもできます。

※都市銀行のカードローンですが、総量規制対象外ではありますが、専業主婦の利用はかなり厳しい状況になっています。地方銀行であれば、専業主婦でも利用できるところは複数あります。

バンクイックの申し込み手順と必要書類

〇低金利で利用できる
〇スマホでのWEB申込が可能
〇口座があれば振込でWEB完結可能
〇ATMは手数料無料

申込手順
スマホでHP画面から申込

書類提出

  • 必要書類をスマートフォンのカメラなどで画像化のうえ提出


審査・契約

  • Eメールまたは電話にて審査結果・契約内容を回答


借入

  • 会員画面から振込み手続き
  • カードを使ってATMから
必要書類
運転免許証・健康保険証・パスポート・個人番号カード・その他※1

三井住友銀行カードローンの申し込み手順と必要書類

〇スマホでのWEB申込が可能
〇口座があればWEB完結可能
〇ATMは手数料無料
〇手持ちのキャッシュカードで借り入れ可能(ローンカード一体型)

申込手順
スマホからHP画面から申込(口座をお持ちの方からWEB完結での申込)

  • 口座あり 口座なしで申込手順が異なる


書類提出

  • 必要書類をスマートフォンのカメラなどでデータ化しWEBから提出


審査・契約

  • 基本的にメールで回答


借入

  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
必要書類
運転免許証・個人番号カード・パスポート・その他※1

みずほ銀行カードローンの申し込み手順と必要書類

〇口座があればWEB完結可能
〇ATMの手数料は無料
〇手持ちのキャッシュカードで借り入れ可能

申込手順
スマホからHP画面から申込
QRコードを読み込んで申込も可能

  • 口座ありは「キャッシュカード兼用型」のみが対象


審査

  • 基本的にメールで回答


契約

  • 別途案内の「必要書類登録用URL」送信メールに記載の手順に沿って書類を提出


借入

  • 手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能
  • 自宅住所に「契約内容確認書」を郵送
必要書類
運転免許証・パスポート・健康保険証・印鑑証明書・住民票など・その他※1

りそなプレミアムカードローンの申し込み手順と必要書類

〇口座があればWEB完結可能
〇ATMの手数料は無料
〇オートチャージ(自動融資)機能つき
〇住宅ローンや給与振込をご利用なら 年0.5%割引の金利特典あり

申込手順
スマホからHP画面から申込(口座をお持ちの方はこちらから)

  • 口座ありは「キャッシュカード兼用型」のみが対象


仮審査

  • 基本的にメールで回答


仮審査通過後 本審査

  • 「本申込み専用ページ」から、本申込み
  • WEBにて必要書類を提出
  • Eメールアドレス宛に本審査結果を連絡


契約

  • 契約内容の確認


借入

  • 利用開始の案内メールが届いたら手持ちのキャッシュカードで利用可能
必要書類
運転免許証・健康保険証・パスポート・その他※1
その他※1について
借入額が50万円を超えるもしくは、他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書類が必要

各カードローンの申し込み手順と必要書類、特徴のまとめ

その他詳細については一覧表にまとめましたので参照ください。

カードローン WEB
完結
金利 最大限度額 融資時間 在籍確認 必要書類 書類提出
方法
アプリ有無
プロミス
あり
4.5~17.8%
500万円
即日融資可能
(最短1時間)
基本電話 運転免許証
パスポート
健康保険証と住民票
その他※1
データをアップロード あり
スマホキャッシングに必要
アコム
あり
3.0~18.0%
800万円
即日融資可能
(最短1時間)
場合によっては書類での確認 運転免許証
パスポート
個人番号カード
その他※1
データをアップロード あり
アイフル
あり
3.0~18.0%
800万円
即日融資可能
基本電話 運転免許証
パスポート
個人番号カードなど
その他※1
データをアップロード あり
スマホキャッシングに必要
レイクALSA
あり
4.5%~18.0%
500万円
即日融資可能
(最短1時間)
電話 運転免許証
健康保険証
パスポート
個人番号カード
その他※1
データをアップロード あり
スマホキャッシングに必要
SMBCモビット
あり
3.0~18.0%
800万円
即日融資可能
書類での在籍確認 運転免許証
パスポート
健康保険証
その他※1
データをアップロード あり
スマホキャッシングに必要
バンクイック 三菱UFJ銀行の口座があれば可能
1.8~14.6%
500万円
翌営業日
電話 運転免許証
健康保険証
パスポート
個人番号カード
その他※1
データをアップロード あり
三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行の口座があれば可能
4.0~14.5%
800万円
翌営業日
電話 運転免許証
個人番号カード
パスポート
その他※1
データをアップロード あり
みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行の口座があれば可能
※みずほダイレクト加入であれば振込融資可能
年2.0~14.0%
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
800万円
電話 運転免許証
パスポート
健康保険証
印鑑証明書
住民票
データをアップロード あるがカードローン専用ではない
りそなプレミアム
カードローン
りそな銀行の口座があれば可能
3.5~12.475%
800万円
約5営業日~
1週間
電話 運転免許証
健康保険証
パスポート
その他※1
データをアップロード あるがカードローン専用ではない
その他※1について
借入額が50万円を超えるもしくは、他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書類が必要です。(収入証明書類とは源泉徴収票・確定申告書・給与明細書など必要書類は会社によって異なる)

スマホでお金を借りるメリット、デメリットとは

スマホでお金を借りるWEB完結や手順、各行の特徴をお伝えしてきましたが、実際にスマホでお金を借りる時、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット
  • いつでも、どこからでも申込やキャッシングができる
  • 書類のやり取りが簡単
  • 誰にも知られずにお金を借りることができる
  • カードの枚数が増えない
デメリット
  • 銀行カードローンの場合、自行の口座が必要となる
  • スマホキャッシング(スマホATM取引)はセブン銀行のみ、手数料も必要
  • 暗証番号の数が増える

メリット・デメリットはありますが、各カードローンともスマホ対応が充実しています。

ただ、スマホで手軽に借入ができるために、お金の管理がルーズになる人もいます。

簡単・便利だからこそ、しっかりと借入・返済の計画を立てて利用してください。

スマホでお金を借りれるところやその方法について詳しくお伝えしてきました。

最後にもう一度要点をまとめてみましょう。

  • WEB完結とは、来店不要、郵便物なしでインターネット上で全ての申込手続きが取れる
  • スマホでWEB完結申込をするなら、消費者金融が便利
  • スマホを使ってお金を引き出せるのは(スマホATM取引)今のところ消費者金融のみ
  • スマホATM取引をするなら専用アプリから申込をすること
  • 銀行カードローンでWEB完結申込をしたい場合は、銀行口座が必要
  • スマホでお金を借りるメリットは、いつでも・どこからでも簡単便利であること
  • 簡単・便利だからこそ、しっかりと借入・返済の計画を立てて利用することが大切

しばらくはスマホ時代が続くことでしょう。

その過程でスマホでのカードローン利用ももっと進化すると考えられます。

常に新しい情報を確認して、効率的にカードローンを利用するようにしていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター