カードローンは同時に申込したら審査に影響するの?ポイントと注意点

まとまったお金が必要になった、確実にお金を借りたい、などさまざまな理由から同時に複数のカードローンに申込する方がいます。

その結果はというとお金を借りることに成功した人もいれば、借入れに失敗しているケースも多くあるようです。

なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

その要因がわかれば、借入に失敗することも無くなるはず。

カードローンの同時申込に関連する審査やカードローン会社の動きをみてみましょう。

カードローン2枚以上の同時申込は危険がともなう?

同時に2社以上のカードローンに申込んだものの、借入に失敗したという人はたくさんいます。

一度に複数社申込しておけば、どこかは審査に通過するだろうという考えの人が実際多いようですね。

でも、これは逆効果だということ、ご存じでしょうか。

利用者としては効率的に・確実に、との思いでとった行動も、融資する側としてはそれを「危険」とみなすからです。

なぜ、「危険」とされるのかを順次読み解いていきましょう。

カードローンでお金を借りるには返済能力が必要!

そもそもカードローンでお金を借りるときには審査があって、それに通過しないと借り入れできないことは、おわかりですね。

そして金融機関が審査をする最大の理由は、貸したお金を返してもらいたいから!

利息も含めてお金を返してもらえないと、収益が減り会社の存続に大きく影響するからです。

さらに多重債務者を増やさないことも、審査をする大きな理由でもあります。

そのために、カードローン会社としては申込者の家族構成や年収、持ち家かどうかなど様々な情報を読み解いて、お金を返す能力がある人かどうかを見極めるているんです。

返済能力の見極めに、個人信用情報機関で情報をチェックしている

金融機関が個人に融資するうえでの重要ポイントは返済能力、そして多重債務者を増やさないことです。

そのため他社で多額の借金は無いか、複数のカードローンの利用は無いかを調べる必要があるのですが、本人の申告だけでは確かな情報とは言えません。

ではどのように調査をしているのか、というと、個人信用情報機関を利用して情報をチェックしているんです。

個人信用情報機関とは

個人信用情報機関とは

「加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支えています。消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断する材料の一つとして信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。」

株式会社日本信用情報機構HPより

国が指定した個人情報機関は次の3組織となり、個人のお金に関する情報を一手に集約・管理しています。

なぜ個人信用情報機関が必要なのか

実はカードローン会社などの貸金業者は、多重債務者防止のために指定個人信用情報機関で申込者の情報を確認するよう法律で義務付けられています。

そのため、申込者個人のお金に関する情報を個人情報機関に届け出をしないといけませんし、信用機関はそれをデータとして管理・蓄積する義務があるんです。

次の図を見て下さい。

信用機関との関係図
引用元:JICCの公式ページ

これは先ほどご紹介した信用情報機関のひとつJICCのHPで説明されていた関係図です。
※この関係性は他の信用情報機関にも該当

この図から、申込者(消費者)とカードローン(会員会社)、信用情報機関3者の関わり方や果たすべき責任が理解いただけるのではないでしょうか。

この関係性をもとに、カードローン会社は借入の申込があった個人が今どのような状況なのかを照会し、その情報を審査対象としてチェックしていきます。

現在、多額の借金は無いか、他社との借入の借金総額はいくらか 滞納状況はないか、などを見ることで返済能力の根拠としているんです。

カードローンの同時申込・複数申込の借入れに失敗する要因は

今は多くの情報がインターネットを通じて瞬時にやり取りされている時代です。

もちろん金融機関も同様で、取引はインターネットで行うことが当たり前となっています。

先ほど、3者の関係図を見て頂きましたが、利用者の申込情報もすぐに信用情報機関に送られるので、同時に複数のカードローンに申込んでいれば、スグに分かってしまうんです。

例えば、年収350万円のひとがA社、B社、C社の3社に同時に申込み、審査待ちの状況があったとしましょう。

申し込みの情報は信用情報機関に記録として残されます。

そしてA社、B社、C社とも、その人の照会を行えば同時申込の事実も明らかになりますよね。

そうなると、当社だけでなくなぜ複数のカードローンに申込んだのか・・を疑問視します。

複数社借りたとしても返せるのか?それとも返済しないことを前提に申込んでいるのか?と、さまざまな憶測やリスクを考えます。

その結果、本人に確認を入れることも考えられるでしょうし、場合によっては「危険がある人物」として判断される可能性も高くなるんです。

一度疑問視されると審査が厳しくなる、これが同時申込・複数申込での借入れに失敗する要因と考えてよいでしょう。

確実にお金を借りるためのポイント

さて、カードローンの同時申し込みや複数申込は借入れ失敗の可能性が高くなることはお分かりいただけたでしょうか。

とは言え、どうしてもお金が必要な時もありますから、次は確実に借入するためにはどのようにすればいいのかをお伝えしていきましょう。

申込先は1社に絞る

先ほどから複数社の申込では借入を失敗する可能性が高いことをお伝えしています。

結論としては、カードローンでお金を借りたいなら1社だけに申込むようにしてください。

初めてカードローンを利用される人はできるだけ申込は1社に絞る

初めてカードローンを使う場合、たとえ1社だけの申込であっても審査ハードルは高くなります。

カードローン会社での利用実績がないため、返済能力の見極めが難しいためです。

この現状を考えると、複数申込はかなりのリスクを負うことになりますので、できるだけ申込先は1社に絞るようにしてください。

ちなみに、カードローン初心者の場合は融資金額もそんなにたくさんは期待できません。

申込の時は、できるだけ希望借入金額を低く提示するのも、確実に借入するためのコツですね。

利用スタート時は低い金額しか借りれなかったとしても、しっかり実績を作れば融資額も上がってきます。

はじめは焦らず、地道に利用することを考えてください。

カードローン利用経験者も1社に絞るのが無難、さらに虚偽なく現状申告を

これまでにカードローンを利用した経験がある、もしくは今も他社を利用している人も、できる限り申込は1社に絞る方が得策です。

特に過去に遅延や滞納実績があれば返済能力が低いとみなされますので、なおさらです。

また、申込み時点で今の状況を正しく伝えることも大切。

前項でもお伝えしていますが、利用状況はすぐに判明してしまいます。

ウソをついてもすぐにバレますし、ウソをつくことで「融資するには危険」のレッテルも付けらかねません。

申込項目には正直に情報を入力してください。

総量規制を意識する

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に対して利用者の3分の1以上の融資を禁じた法律です。

つまり年収300万円のひとは100万円以上の借入ができません。

自分の年収を確認し、希望借入額が3分の1以上になっていないか、他社との借入総額が規定を超えていないかどうかを意識して下さい。

尚、収入証明書類の提出が求められる場合もありますので、こちらも意識するようにしましょう。

収入証明書類が必要な条件
貸金業者から50万円を超えて借入れる場合
他の貸金業者から借入れている分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合

どうしても2社以上のカードローンで同時申込・同時審査を受けたい場合は

極論から言うと、「返済能力さえ認められれば借入は可能」です。
しかし審査が厳しくなることは否めません。
ではどのようにすれば借入できる確率が上がるのか確認してみましょう。

申込の社数を少なくする

同時申込の社数をできるだけ少なくする、できれば2社にとどめておくことをおススメします。

これは先ほどお伝えした総量規制に関わってくるからです。

2社で申込む場合は年収の3分の1を超えないよう特に注意してください。

そして希望借入額もできるだけ低く設定するようにしてください。

使っていないカードローン、クレジットは解約する

現在使用していないカードローンやクレジットカードはありますか?
もしあるなら契約解除することをおススメします。

実質利用していなくても、信用情報の記録では契約継続となっていることから、複数利用している・・との印象を持たれてしまうためです。

使用していないものはすべて解約し、個人信用情報での複数利用の数を減らしていきましょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローンとの組合せパターンにしてみる

同時申込に有効かどうかは正直定かではありませんが、消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つで同時申込をする方法です。

銀行カードローンは総量規制の対象ではないので、その枠組みでの影響はありません。

ただし、最近は銀行カードローンでの多重債務問題で、どの銀行も審査を厳しく設定しているようですので、しっかりと返済能力をアピールする努力は必要でしょう。

うまくいけば、借入成功につながる可能性もありますので、どの会社に申込むか検討してください。

カードローン同時申込でお金を借りることに失敗しないためのまとめ

さて、冒頭でお金を借りることに成功した人もいれば、借入れに失敗する人の分かれ目は「返済能力」ということがわかりました。

これからカードローンでお金を借りるためにも、返済能力が無いと判断される要素をクリアしながら手続きしてください。

希望借入額が大きい(消費者金融は総量規制を基準とする)
→希望借入額をできるだけ低く設定する。10万円までにするのがベター。
現在多数のカードローン利用をしている
→使用していないカードローンは解約する。利用中の場合は、1社にまとめてしまう(おまとめ可能なカードローンに切り替える)
過去に遅延・滞納の実績が信用情報に残っている
→直近では遅延や滞納がないことをしっかりアピールする
収入よりも支出額の比率が高い
→できるだけ出費をへらす。(住宅ローンや自動車ローンなど新しい契約は控える)
状況を詐称している
→必ず現状を正直に申告する
現在多額の借金がある
→できるだけ返済してから申し込むようにする。

今の自分の状況はどうですか?

もし、どれかの要素が引っかかるのであれば、できるだけ改善・解消するよう心がけましょう。

もしそれが厳しければカードローン同時申込・同時審査は避けるようにしてくださいね。

今回は複数のカードローンに申込することに焦点を当てましたが、1社だけ申込む時でも考え方は同じです。

どれだけのカードローンを使うかはあなた次第、上手に活用するも、借金を増やしてしまうのも自分です。

慎重に賢明に行動することはとても重要です。

関連記事

カードローン3社目以上の借入の際気をつけたいこと

2019年6月2日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター