カードローンの使い道は聞かれるの?

「カードローンに申込む時って使い道を聞かれるの?」
「使い道によって審査に落ちたりすることもあるの?」
と、気になってはいませんか?

カードローンによっては、申込時に使い道を入力する欄があります。
使い道が何かによって、審査の通過率が変わるのか気になりますよね。
また、使い道によっては利用できないカードローンもあるので注意が必要です。

ここでは、カードローンの使い道を聞かれるカードローンについてと、使い道によってカードローンの利用ができないケースについて解説します。
また、使い道が審査に与える影響についても考察していきます。

カードローンの使い道の制限は会社によって違う

申込の際に使い道を入力するかしないかは、カードローン会社によって異なります。
また、規定によって使い道が制限されている場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

申込時に使い道を聞かれるカードローン

まずはインターネットで申込をする際に、利用目的を聞かれるカードローンを見ていきましょう。

とにかく使い道を聞かれるのは避けたいという人は、使い道を聞かれないカードローンへ申し込むと良いでしょう。

消費者金融カードローン
アコム 聞かれない
プロミス 聞かれない
SMBCモビット 聞かれる
アイフル 聞かれる
レイクALSA 聞かれない
銀行カードローン
みずほ銀行カードローン 聞かれる
三井住友銀行カードローン 聞かれる
三菱UFJ銀行バンクイック 聞かれない

消費者金融の中では、SMBCモビットとアイフルに使い道を入力する欄があります。
それに対して銀行カードローンの場合は、メガバンクの中で聞かれないのは三菱UFJ銀行のバンクイックだけでした。

資金使途が限定されているカードローン

次に借りたお金の使い道を、規定によって限定されているカードローンを見ていきましょう。
申込時に聞かれるかどうかとは関係なく、資金の使い道が限定されている場合があります。

もし申込時に入力した使い道とは違う使い方をしたとしても、バレないかもしれません。
しかし、万が一禁止されている使用目的で借りたお金を使っていたことがバレた場合、その後の借入ができなくなる可能性もあるので注意してくださいね。

消費者金融カードローン
アコム 生計費に限る
(個人事業主は、生計費および事業費)
プロミス 生計費に限る
(個人事業主は、生計費および事業費)
SMBCモビット 原則自由
アイフル 原則自由
レイクALSA 原則自由
銀行カードローン
みずほ銀行カードローン 事業性資金不可
三井住友銀行カードローン 事業性資金不可
三菱UFJ銀行バンクイック 事業性資金不可

普段生活している上で必要なお金を借りる場合には、消費者金融でも銀行カードローンでも不自由はありません。
大きな違いは、事業性資金として使えるかどうかです。

もしあなたが事業を営んでいた場合、事業資金不可のカードローンで借りたお金で事業の不足分を補うのは、NGということになります。

お金の使い道の欄はどのように入力すればいい?

事業性資金ではなく、普段生活している中で私的に利用する場合には、どのカードローンを選んだとしても自由に利用することができます。

しかし、申込時に入力する使い道は、どのように入力すれば良いか迷いますよね。

そこで、実際にカードローンで借入をした人の借入目的の統計と、カードローン会社の人の立場から見た場合の考察を参考にしてみてください。

消費者金融利用者の利用目的ランキング

金融庁による調査により、消費者金融から借入をする目的は、どのようなものが多いかの統計が発表されています。

1位 生活費不足を補うため
2位 ほしいものがあったが手元のお金が足りなかったため
3位 遊ぶためのお金が足りなかったため
4位 クレジットカードの利用代金支払いの資金の不足を補うため
5位 ほかのカードローンの返済資金の不足を補うため
6位 医療費の支払いのため
7位 住宅ローンの支払資金の不足を補うため
8位 冠婚葬祭費の支払いのため

(参考:金融庁委託調査 貸金業利用者に関する調査・研究

この統計を見る限りでは、生活費の不足を補うためにカードローンを利用する人が一番多く、欲しいものを買ったり遊ぶために借りる人がその後に続いています。

この統計からは審査への通りやすさを計ることはできませんが、実際の借入をしている人の使い道の傾向を知ることができますね。

カードローン会社目線で使用目的別の審査への影響を考察

カードローン会社は、審査の基準を一切公開していません。
そのため、使用目的が審査にどれほどの影響を与えるかはわかりません。

しかし、審査をするカードローン会社の立場になって、どんな人にお金を貸したいか、またどんな人には貸したくないかを考えると、より良い回答が見えてきます。

完済できる見込みがないとNG。行き当たりばったりもダメ

カードローン会社は、お金を貸付けた後に返済をされて、初めて利益を得ることができます。
そのため、しっかり返済できる見込みがない人は審査に通しません。

つまり借りたお金の使用目的が、生活費や他の借金の補填、ギャンブルのためのお金という人は審査に通りにくいと考えられます。

一時的な借入の人は好印象

反対にカードローン会社が貸付けをしたいのは、計画性があり確実に返済をする人です。
例えば、急に冠婚葬祭の予定が入ってしまった時は、いくら計画的な人であってもお金が不足することはあり得ます。

また、今しか購入できない限定品を買いたい。友人と旅行に行きたいけど今は一時的にお金がない。という人も印象は悪くありません。

普段の生活には困っていないけれど、一時的にお金が必要という印象を与える使用目的を選ぶように心がけると良いでしょう。

カードローン会社別 資金使途の選択肢

ここまでは、借りたお金の使い道について、どのようなものを選ぶべきかについて解説しました。
しかし、カードローン会社によって用意されている選択肢は異なります。

ここからは、それぞれのカードローン会社にはどのような選択肢が用意されていて、どれを選ぶべきかについて説明します。

【カードローンの資金使途の選択肢】SMBCモビット

SMBCモビットの申込フォームで用意されている選択肢は以下の通りです。

  • 物品購入費
  • 飲食交際費
  • レジャー資金
  • 教育資金
  • 車の購入整備費
  • 冠婚葬祭費
  • 生活費(今後発生する生活費も含みます)
  • 入院治療費
  • 借入金返済資金
  • その他

この中であまり選ばないほうが良い選択肢は
飲食交際費、生活費、入院治療費、借入金返済資金
の4つです。

入院治療費は突発的なものなので不利にならないのでは?と思われるかもしれませんが、あなたが入院をした場合、その間の収入が途絶える可能性が高いので、あまり選ばないほうが良いでしょう。

物品購入費、レジャー資金、教育資金、車の購入整備費、冠婚葬祭費
であれば、審査に悪影響を与える可能性はないと考えられます。

ただし、子供がいないのに教育資金を選んだり、免許証を持っていないのに車の購入整備費を選ぶなどの虚偽申告は、すぐにバレてしまうので避けましょう。

【カードローンの資金使途の選択肢】アイフル

アイフルの申込フォームで用意されている選択肢は以下の通りです。

  • 生活費
  • レジャー
  • 冠婚葬祭
  • 物品購入
  • 旅行費用
  • 引越費用
  • 教育資金
  • 事業資金
  • 医療費用
  • 車両費用

アイフルの選択肢は端的でわかりやすいものが多く、審査に悪影響であろうギャンブル資金や借入金返済資金は最初から外されています。

アイフルの場合もSMBCモビット同様、レジャー、冠婚葬祭、物品購入、旅行費用、教育資金、車両費用などを選ぶと良いでしょう。

生活費、引越費用、医療費用はできれば避けたいところです。

引っ越しの際は何かと物入りのため、引越費用を使用目的としてカードローンを利用したい人は多いはずです。

ですが、もし引越し後に連絡がつかない場合、住所も申込時のものしかわからないため、「借入分を返済せずに逃げられてしまうと回収ができない」と、悪い印象を持たれる可能性もあります。

引越費用でカードローンの利用をしたい場合は、物品購入を利用目的とした方がいいでしょう。

【カードローンの資金使途の選択肢】みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの取引の目的の選択肢は次の通りです。

  • 貯蓄
  • 生活費決済
  • 給与・年金受取
  • 住宅・個人ローン
  • 投資
  • 外国為替取引
  • その他

みずほ銀行カードローンの選択肢は、ピンとくるものが少ないですよね。
「あえて言えば生活費決済かな。」
という人が多いですかね。

しかし、生活費決済は生活の余裕のなさが伝わってしまう可能性が高いです。
個人的なローンのために借りるので、「住宅・個人ローン」を選ぶのが無難でしょう。

【カードローンの資金使途の選択肢】三井住友銀行カードローン

三井住友銀行が用意している選択肢は以下の通りです。

  • 生活費
  • 飲食・交際費
  • ギャンブル資金
  • 冠婚葬祭費
  • 入院・治療費
  • 教育資金
  • 借入返済資金
  • 車の購入・整備費
  • レジャー資金
  • その他

この中にはNGな選択肢が多いので注意しましょう。
生活費、飲食・交際費、ギャンブル資金、入院・治療費、借入返済資金は選ばないようにしましょう。

冠婚葬祭費、教育資金、車の購入・整備費、レジャー資金を選ぶのがベターですね。


カードローンの使用目的は、事業性資金以外であれば基本的に自由です。
きちんと決められたお金を返済すれば、何も問題はありません。

使用目的の選択で、審査に不利にならないように気を付けましょう。
どうしても不安な人は、使い道を聞かれないカードローンを選ぶことをおすすめします。

関連記事

おすすめのカードローン・キャッシング比較

2017年6月23日

初めてお金を借りるならおすすめのカードローンと知っておきたい予備知識まとめ

2017年5月2日

ABOUTこの記事をかいた人