カードレスで借りれる?カードなしで借入するキャッシング方法

カードローンを利用したいあなたは、カードの発行なし(カードレス)でお金を借りたいと考えていませんか?
カードローンとは、そもそも専用のカードを作って利用する個人向けの無担保ローンなので、基本的にカードの発行は必須です。

しかし、カード発行がなければ、発行の手間がない分、借入までの時間がかからずスグにお金を借りられます。
また、カードを財布に入れておく必要がないため、「家族に財布を見られてキャッシング利用がバレてしまった!」といったリスクが減らせるんです。

ただし、「カードレス」と広告しているカードローンの中には、”書類の郵送”が必要なものもあるので注意が必要です。
というのも、郵送が必要なカードローンでは、借入に時間がかかったり、郵便物を見られてキャッシングがバレたりする可能性があるんです。

そこでここでは、郵送物がなくインターネットだけで完結する、スピーディーでバレない「本当のカードレスなカードローン」のみを紹介します。
また、カード発行なしでキャッシングする方法についても、くわしく説明しますね。

カードレスならカード発行なし・郵便物なしでスピード借入が可能

カードレスの場合、専用カードでお金を引き出すのではなく、お金は銀行口座に振り込まれ、キャッシュカードでお金を引き出す方法になっています。

先ほどお話ししたように、もともとカードローンは、専用カードを使ってお金をかりることから「カードローン」という総称で呼ばれていました。
しかし、カードを作るとなると、どうしても時間がかかってしまいこの時代になじみません。
そこで、時間をかけずにお金を借りる方法として、「カードレスなカードローン」という仕組みが取り入れられました。

カードレスの特徴は、以下のとおりです。

  • カードの発行がない
  • 郵便物なしで即日キャッシングできる
  • スマートフォンからインターネットや電話だけで借入できる

上記のような特徴をもつカードレスなカードローンで借入をすると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
つづいては、カードレスで借入するメリットとデメリットを紹介します。

カードレスで借入するメリット5つ

カードレスで借入するメリットは、5つあります。

借入れまでの時間が短縮される
口座振込は瞬時なので、カードを作る時間が短縮されます。
楽でカンタン
スマートフォンから手続きが取れるので時間も気にせず楽に簡単手続きできます。
財布の中もすっきり
カードレスだと、カードで財布が太くなる・・ことが軽減されます。
カードを紛失する心配がゼロ
カードをなくしてしまって悪用される、という心配はありません。
身内にばれにくい
そもそもカードが無いので家族や友人などにバレる可能性はかなり低いです。

カードレスで借入するデメリットは「銀行口座が必要なこと」

カードレスでのデメリットをあえてあげれば、「銀行口座が必要」という点でしょう。
カードレスの場合、カード会社指定の口座の利用が条件となっているところがあります。
指定口座がない場合は口座開設が必要となり、手間も時間もかかるのが難点です。


ここまで、カードレスなカードローンの特徴やメリット・デメリットについて紹介しましたが、イメージは沸きましたか?

ただ、具体的にどのカードローンがカードレスなのか・・・をまだお伝えしていませんよね。
というわけで、つづいてはカードレスなカードローン名を具体的に紹介しますね。

カード発行なし・郵便物なしで借入できるカードレスなローンは3つ

「カードの発行や郵便物がなく、スマートフォンからインターネットや電話だけで借入できる」
こうしたカードレスの特徴をもつカードローンは、以下の2つです。

1.SMBCモビット 2.プロミス
カード発行 なし なし
(あとから発行も可能)
郵送物 なし
申込・契約方法 WEB(インターネット)
借入・返済方法 口座振込・口座振替
(インターネットでカンタン設定)
勤務先への電話連絡 なし あり。相談によっては「なし」
審査スピード 即時
(自動審査)
最短30分
融資スピード 最短即日* 最短1時間も可能

*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

それぞれのカードローンについて、カンタンに説明しますね。

【カードレス借入】
1.SMBCモビットのWEB完結は郵送物・電話連絡なし

モビットのWEB完結の特徴は、「電話連絡なし・郵送物なし」という点です。
手続きはすべてWEBで行い、在籍確認などは書類で実施されます。

このWEB完結を利用するにあたっては、満年齢20才~69才の安定した収入のある人が条件となります。
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能ですよ。
さらにカードレスで利用するためには、この条件に加え次の条件もクリアする必要があります。

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行の口座があること
  • 社会保険証もしくは組合員証をもっていること
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか)、収入証明書類(源泉徴収票・所得証明書・給与明細書・確定申告書・税額通知書のいずれか)を用意すること

これらの準備が整ったら、いざ申込みです。

SMBCモビットからカードレスで借入する具体的な流れ

申込はモビットの公式サイトから行いましょう。
必要事項を入力し、書類も画像でアップします。

あとは審査結果をまって、OKなら契約書類もWEBでチェック。
すべての手続きが済めば、まずは入会手続きをしましょう。
入会完了のメールが届いたら、カードローン利用可能となります。
さっそくお金を借りましょう。

【カードレス借入】
2.プロミスのWEB完結は30日間無利息

プロミスのWEB完結は、モビットと特徴が少し異なります。
特徴のひとつが「瞬フリ」というサービスです。
口座への融資金の振り込みが超早く、手続きをとってから最短10秒で振り込まれます。

さらに、提出書類は社会保険でなくてもOKなところも違いますね。
また、プロミスの在籍確認は原則電話で行いますが、事情によっては電話以外の方法で実施してくれます。
電話連絡を避けたい場合は、申込んだらすぐにオペレーターに相談しましょう。

そして、とくに嬉しいのが、「30日間無利息」のサービスがあることです。
初回利用の人に限られますが、30日間の借り入れについては金利ゼロ、利息が一切ありません。
短期間で返済可能な場合は、このサービスを使うとオトクになりますよ。

さて、プロミスをカードレスで利用するためには、次の点を注意してください。

  • 自分名義の銀行口座を用意すること
     ※利用できない金融機関もあるので注意してください。ただし、都市銀行の口座であれば大丈夫です。
  • 契約時に返済方法を口座振替にすること
  • 契約時にカード不要を選択すること
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートのいずれか、または健康保険証と住民票)を用意すること
  • 50万円以上を希望の場合は、収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)を用意すること

プロミスからカードレスで借入する具体的な流れ

申込は、プロミスの公式サイトから行います。
必要事項を入力し、書類も画像をWEBアップでOKです。
あとは審査結果をまって、OKなら契約書類もWEBでチェック。
この時に返済方法を「口座振替」で契約し、カード不要を選択しましょう。

契約が完了したら入会手続きをして、瞬フリを選択しましょう。
あっという間にお金が借りられますよ。


今回は、完全にカードレスで借りられるカードローン2つについて紹介しました。
モビット・プロミスは、必要書類さえ用意すれば、カードはもちろん、郵送物なしで借りることができます。
とてもスピーディーなうえ、誰かにバレるリスクも低くなるので、ぜひ活用してみてくださいね。

SMBCモビット プロミス
カード・郵送物 なし
勤務先への電話連絡 なし あり。
相談によっては「なし」
必要な本人名義の銀行口座 三井住友銀行
または
三菱UFJ銀行
三井住友
ジャパンネット
みずほ
三菱UFJ銀行
ゆうちょ
地方銀行*
のいずれか
提出書類
(※必須)
  • 本人確認書類※
  • 社会保険証・組合員証※
  • 収入証明書類※
  • 本人確認書類※
  • 収入証明書類
    (50万円以上の借入時)

*利用できない銀行や信用金庫もあるので、公式サイトで確認してくださいね。

関連記事

SMBCモビットの即日融資を受ける方法は「WEB完結」と「カード」の2種類

2017.10.31

プロミスで即日融資を受けるためのポイント

2017.10.31

ABOUTこの記事をかいた人