キャッシング審査基準徹底解説!即日で借入するなら知っておきたいこと

消費者金融を利用するのは緊急の場合が多いですよね。
そんな時に審査に落ちれば時間をムダにしてしまいます。虚偽の報告は違反ですが、審査に通過できるように工夫したり、気をつけるべき点は留意することが可能です。

初めてお金を借りる方、借りたいけど審査に通らない方に、キャッシングの審査基準についてご紹介しますので参考になさってくださいね。

キャッシングの審査基準

審査基準は大きく分けると主に「属性審査」「信用情報審査」「書類確認」「在籍確認」の4項目です。申し込みをする前に、審査基準を詳しく見ながら、該当するものはないかよく確認をしておきましょう。

キャッシングの審査とは

まず、キャッシング審査の目的は「貸したお金がきちんと戻ってくること」です。
貸金業者や銀行は、お金を貸してその利子を受け取ることで利益を上げています。
その為、貸したお金が未回収にならないように、厳格な審査を行うのです。

属性審査

属性審査では、借りる人の「本人情報」「仕事の情報」「住居の情報」「借入れの情報」を確認します。

本人情報

「本人情報」は年齢、性別、家族構成、学歴、健康保険の種類などです。
家族構成では既婚よりも独身、子供がいるよりもいない方が、“生活費がかからないため返済能力が高い”と判断し評価が上がります。
また、親と同居していることもプラス評価につながります。

仕事の情報

「仕事の情報」では、年収、会社の規模、勤続年数、ポジション、雇用形態などが見られます。
安定して収入を得られているかが基準になるので、個人事業主よりも正社員、ベンチャー企業より大企業、また勤続年数も長い方が評価が上がります。

住居の情報

続いて「住居の情報」です。自己名義の持家が一番有利です。
ただし、多額のローンを毎月支払っている場合には、返済に充てる金額が低いと判断されてしまいます。住まいの情報では他に、「居住年数」も審査に影響するポイントです。
ただし、「持家じゃないと審査に通らない」というわけではありません。賃貸アパートでも問題ありません。

借り入れの情報

「借り入れの情報」は特に審査に影響する項目です。
「借り入れの情報」によって審査の通過が決まるといっても過言ではありません。
何社から借り入れがあるのか、合計するといくら借り入れているのかというところを確認します。

銀行は合計金額よりも「何社から借り入れを行っているのか」という方を重要視します。
すでに借り入れ会社が4件を超えている場合、審査の通過は厳しいケースが多くあります。
返済できるものは完済したり、まとめられるものはまとめて少しでも件数を減らす工夫をしましょう。

ただし、住宅ローンや自動車ローンなどは件数に含まれません。カウントされるのは無担保・無保証人のローンだけで、クレジットカードのショッピング枠もカウントされません。

信用情報審査・与信審査

信用情報審査では、銀行は信用情報機関を通して申込者のクレジットカードやローンの利用履歴情報を入手して審査を行います。信用調査は別名「与信審査」とも呼ばれます。

信用情報に登録される情報

信用情報機関には、現在の借り入れ件数、金額だけではなく、過去の返済状況も記録されています。いわゆる“ブラックリストに載る”というのは、返済が遅れたり滞納した事実がこの機関のデータに反映されるということです。

信用情報調査でみられるポイント

では信用情報審査では、過去の債務整理や代位弁済の有無そして返済を1ケ月以上滞納した履歴、借り入れの申請件数などを確認します。

気を付けたい複数申し込み

数日以内に複数の銀行に申請すると、怪しまれるケースもあり、それだけで信用情報審査を通過できない可能性があります。
時間に余裕がなくても、複数のサービスに同時に申し込まずに、少し期間を空けたほうが良いでしょう。

“お試し診断”や“3秒審査”などのサービスを使って仮審査をするのもお勧めです。
この場合、信用情報機関に履歴は残りませので、実際の審査結果と必ず同じになるとは限りませんが、判断材料の1つとして試してみるのも良いでしょう。

携帯電話の支払い履歴にも注意を

また、クレジットカードの支払い履歴だけではなく、携帯電話の支払い履歴も審査基準のひとつです。携帯電話本体の代金を分割で支払っている場合には、例え金額が少額だったとしても、これらの支払いの滞納は、履歴に傷をつけ信用度を下げる要因につながります。

信用情報に不安がある場合

滞納や債務整理、自己破産などの記録は一定期間が経過すると削除されます。
一生ローンが組めなくなるわけではないので安心してくださいね。信用情報がどうなっているか確かめたい場合には、信用調査情報を取り扱っている以下の3社で確認をすることができます。

開示請求は有料ですが、自分が気が付かなかった事故情報が見つかることもありますので、気になる方は是非開示をしてみてくださいね。

書類確認

キャッシングの審査では、本人確認書類として、運転免許証(ない場合は健康保険証かパスポート)と、収入証明書類(最新の源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)を提出します。
申し込み時に申告した内容に偽りがないかどうか、これらの書類と照らし合わせて確認します。

場合によっては、運転免許証のみで審査・融資を受けることができますが、借入の希望額が50万円未満の場合や、複数の企業で借入をしている場合は総計が100万円以下という定めがあり、企業によっては独自のルールを設けているケースもありますので注意が必要です。

在籍確認

「キャッシングを利用する」というのは、なるべく他人に知られたくないものですよね。
けれども在籍確認は、残念ながら避けて通ることはできません。

しかし、業者は利用者のプライバシーを守るために最大限の配慮をしてくれます。
その際にサービス名を名乗ることはまずありません。
事前に打ち合わせをすることで個人名等で対応をしてくれますし、本人以外が電話にでて要件を聞かれても、決してキャッシングの審査であるということは話しません。

電話は、簡単な本人確認をして終了です。
個人情報保護の厳格化で、問い合わせをしても会社で繋いでくれないケースもありますので、業者によっては収入証明書を提出することで、在籍確認を省略できることもあるようです。

その他注意するポイント

総量規制があるため、貸金業者の無担保・無保証人のローンは年収の1/3以上の借り入れはできません。

総量規制の対象になる方は、総量規制対象外の「銀行カードローン」を利用するのがおすすめです。

また、借入金の用途は「教育費」「冠婚葬祭費」「レジャー費」のいずれかにしておくのが良いでしょう。「生活費」と答えると生活が苦しく返済できないのではないか、と疑われる可能性がありますし、「他社への返済」も既に自分で返済できない状態を伝えることになりますので避けた方が無難です。

まとめ

キャッシングの審査を通過するために虚偽の申告はできません。

しかし、借入件数を減らす、短期間で複数の銀行に申し込まない、お試し診断を利用する、日常的にクレジットカードや携帯料金の滞納をしないなど、普段から気を付けることがあります。

キャッシングのご利用をお考えの方は、是非ご紹介したポイントを確認して、審査に挑戦してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人