大学生がキャッシングするのにおすすめの消費者金融は?

大学生にもなるとサークルや部活、ボランティアなどのいろんなところで、それなりに出費がかさむのではないですか?
それに加えて、友達との付き合いや先輩からのお誘い、さらに4年生にもなると就職活動にお金がかかって「ちょっとヤバイ!」なんて状態になることもあるでしょう。

「お金、何とかならないかな~」と思ったら、一時的なキャッシングの利用を考えてみませんか?

「学生になんて貸してくれないよ」と思ってしまうかもしれませんが、それは昔のことで、今は学生でも気軽にキャッシングできる時代になったんです。

でも、学生だったら誰でもお金が借りられるって訳ではありません。
それなりのルールや注意することを理解して利用することが大前提なんです。

今回は、大学生がキャッシングするのにおすすめの消費者金融と注意事項などをお伝えしますので、しっかり頭にインプットしてキャッシングに役立ててください。

大学生がキャッシングするなら消費者金融

キャッシングできる金融機関は、たくさんあります。
銀行にクレジットカード会社、学生のみが利用できる学生ローンなど、選択肢は色々です。

でも簡単に、誰にも気を使わずお金を借りるなら、消費者金融のカードローンがいいですね。
保証人も担保もいらないし、スマホで申し込みができるし、最短でも即日でキャッシングできて、とても便利なんです。

ひとことで消費者金融って言っても、大手もあれば、中小もあります。
でも、大学生が使うなら大手消費者金融を利用するといいでしょう。
なぜなら、銀行の傘下に入っていて経営が安定していて安心利用できるから。

最短即日でキャッシングできたり、柔軟な対応もしてくれますし、使って得するサービスもたくさんあります。
もちろん怖い取り立てなんかはありません。
大手消費者金融は、活動的な大学生にはピッタリです。

大学生でも安心して利用できる消費者金融については、こちらを参考にしてください。

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017年11月21日

大学生が消費者金融を申し込むうえでの注意点

大手消費者金融を使うとして、次に知っておいた方がいいのは、申し込むための注意点です。
冒頭でもお伝えしていますが、それなりのルールや注意事項があるので、しっかりと覚えてくださいね。

大学生でも未成年は使えない

大学生でも、キャッシングが利用できるのは20歳以上の人です。
19歳、つまり大学1年生(誕生月によっては2年生)はキャッシングに申し込むことすらできません。

各消費者金融はそれぞれ利用条件を設定していて、そこに「年齢が20歳以上」とハッキリと明記されているんです。
ウッカリ19歳で申し込み手続きをしても、必ず「利用できません」の連絡が入るので、気を付けましょう。

アルバイトをしていないと申し込めない

また、20歳だったら誰でも申し込みができるという訳ではありません。
20歳の大学生でも、アルバイトなどで収入を得ている人でないと、キャッシングを利用できないのです。

これは利用条件で「安定した収入のある方」と明記されているからです。
具体的に「アルバイト・パートの方も利用可能」と付け加えて説明しているところもあります。

「20歳以上でアルバイトをしていて安定収入がある人」でないと申し込めないことは、覚えておいてくださいね。

キャッシングするにはどんな手順や方法があるの?

申し込める条件はクリアしていても、どんな風に使っていけばいいのかイメージができないという人もいるでしょう。
大丈夫!スマホがあれば簡単に申し込めてキャッシングできます。
手順や方法は色々ありますが、学生向けのおすすめ方法をお教えしましょう。

【大学生向けのキャッシング方法】
1.スマホで申込んで銀行振込みしてもらう

スマホでHPの申し込み画面から申込み、お金は自分の銀行口座に振り込んでもらう方法です。
銀行振込みにするとキャッシュカードで引き出せるので、わざわざ専用ローンカードを作る手間がかかりません。
自動契約機への出入りを誰かに見られる心配もなく、安心です。

【大学生向けのキャッシング方法】
2.スマホアプリでスマホキャッシング

大手消費者金融では専用スマホアプリがあって、そこからキャッシングの申し込みが簡単にできます。
そしてそのアプリを利用すれば、スマホそのものでキャッシングできるスマホキャッシングが可能なんです。

キャッシングの利用はセブン銀行ATMに限られますが、スマホでQRコードを読み込み手続きすると、カードレスでキャッシングができます。
※2019年5月現在、アコムではスマホキャッシングの対応をしていません。

消費者金融のサービスと利用する時のポイント

さて、大学生でも消費者金融でキャッシングできることは分かりましたよね。
では次に、消費者金融のいろんなサービスについてお伝えしましょう。
代表的なものをいくつかご紹介しつつ、そのポイントも説明しますね。

大学生でも即日融資が可能

大手消費者金融では、即日融資が可能です。
朝申し込んで夕方にキャッシングできたら、急な飲み会にも間に合いますよね。
消費者金融によっては、最短1時間で融資可能なところもあれば、申し込み後に電話をしたら審査を早めてくれるところもありますよ。

利用する時のポイント
審査に通過しないとキャッシングできないので、できるだけ営業時間中(午前9時ごろから)の早めの時間帯に申し込みましょう。
審査の混み具合では時間がかかることも想定されるので、余裕をもって申し込むことがポイントです。

また銀行振込みにしてもらうなら、自分の銀行が24時間振込みOKかどうかも確認しておきましょう。
銀行によっては14時頃までしか振込手続きができないところがあって、申し込みのタイミングでは、その日のうちに振り込んでもらえない場合もありますから注意してください。

元金のみの返済でOKな無利息サービスを利用しよう

一時的なキャッシングですぐに返済できるようなら、無利息サービスを使いましょう。
無利息サービスとは、初回利用であれば一定期間金利がかからず、利息が発生しないものです。
借り入れ元金のみの返済でOKなので余分な出費が無く、とても助かりますよ。

利用する時のポイント
各社、無利息サービスの期間(日数)が異なりますので、サービス期間を確認してその期間内で完済できるかどうかをしっかりと考えて選びましょう。
またサービスの利用スタート日は、各消費者金融によって「契約の翌日から」や「初回利用の翌日から」などそれぞれ違うので、確認することも必要です。
サービス期間が終了すれば、通常の金利がかかってくるので気を付けてくださいね。

お金を借りることがバレない?在籍確認電話のサービス

キャッシングするには、審査を通過しないといけません。
その審査のひとつとして、アルバイト先への在籍確認電話があります。
「バイト先にバレちゃう!」という心配はいりません。
なぜなら会社名は名乗らず、担当者の個人名でかけてくれるからです。

それに、本人が出なくても大丈夫ですし、アルバイト先の人からいろいろ聞かれても上手くかわしてくれるプロが電話をするので安心です。

なお、SMBCモビットでは電話なしのサービスもあるので、どうしても在籍確認電話がダメな人は検討してみてもいいでしょう。
ただし、電話なしサービスを利用するにはいろいろな条件があるので、自分が利用できるかしっかりと確認してから申し込みましょう。

利用する時のポイント
在籍確認がどうしてもダメな場合は、一度オペレーターと相談してみましょう。
何らかの対処方法を教えてくれますよ。

就活中の大学生がキャッシングしても大丈夫?

就職活動中の大学生だと、キャッシングすることで自分の就職に影響がないか、気になりますよね。
でも、キャッシングするだけで就職に不利になったり、内定が取り消されることはまずありませんので安心してください。

ただ、借りたお金を滞納しているとか、返済を遅延しがちなど、ルール違反を起こしているとまずいですね。

特に、金融機関に就職を希望している人は気を付けてください。
金融機関の間では広大なネットワークがあって、キャッシング履歴はすぐに分かってしまいます。
その際に滞納や遅延をしていることがバレると、企業側も内定を敬遠する確率が高くなるはずです。
そうならないよう、優良利用者としてきちんとキャッシングしていきましょう。


いかがでしたか?
学生でお金が無くて困っている人、キャッシングの利用を検討している人にとって参考にしてもらえたらうれしいです。

キャッシングは生活するうえで、とても便利なツールです。
でも、借りたものはきちんと返す意識もしっかり持って、計画的に利用するようにしてください。
社会人になる準備としても、ケジメあるキャッシングを心がけてくださいね。

関連記事

学生が即日キャッシングをするときに覚えておきたいこと

2016年11月18日

親に内緒で借りられる学生向けカードローン

2016年11月18日

ABOUTこの記事をかいた人