学生が即日キャッシングをするときに覚えておきたいこと

学生生活にはお金がかかります。「急な用事で出かけたいけれどお金がない…」「アルバイトの給料日までお金が足りない…」そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

急な出費を助けてくれる心強い味方がキャッシングです。
「キャッシング」と聞くと、なにやら不安なイメージを持つ方も多いかもしれませんが、学生の専用ローンである「学生ローン」も用意されています。

今回はそのなかでも、今すぐ「即日」お金を借りたい学生のためのキャッシングについて紹介します。

即日キャッシングをするための条件

即日キャッシングをするためには「年齢」や「仕事」などいくつかの条件があります。
まずは即日キャッシングに必要な条件をそれぞれ見ていきましょう。

年齢は満20歳以上であること

学生がキャッシングを利用するには、満20歳以上であることが必要です。20歳未満の高校生や大学生は、消費者金融を使ったキャッシングはできないので注意しましょう。

安定した仕事を持っていることが条件

学生がキャッシングをするためのもうひとつの条件に「安定した収入があること」があげられます。ただ、「安定した収入」といっても、会社員のようなものではなく、定期的なパート・アルバイトによる収入があれば問題ありません。

キャッシングの条件に「安定した収入」があるのは、返済のあてがあるという点があげられます。
また、「総量規制」の点からも収入が必要になります。総量規制とは、「(個人の場合)年収の3分の1以上のお金を借りることができない」という法律です。

借入金額は年収の3分の1が目安

大学生の1ヶ月の収入の平均を8万円とすると、年収は96万円になります。年収の3分の1は32万円になることから、大学生がキャッシングをするときの目安は20〜30万円といえるでしょう。

参考:ベネッセ教育総合研究所

Web申込み後、22時までにATMに行けばOK

即日キャッシングを行うためには、審査にかかる約30分間を含め、14時前後までに契約が完了している必要があります。
ただし、契約をする銀行や消費者金融のATMへ行くと、夕方以降でも即日キャッシングが可能なこともあります。
契約の審査が21時頃までの金融機関が多く、ATMが22時まで空いているのは一部です。

審査にかかる時間は、金融機関や人によって異なりますので、19時に契約の申し込みを行っても、即日キャッシングを利用することができないケースもあります。
即日融資を受けたい方は、もうし仕込みの時間に注意してくださいね。

キャッシングに必要な本人確認書類

キャッシングをするとき、身分を証明する「本人確認書類」が必要になります。本人確認書類には、運転免許証・パスポート・健康保険証などがあります。
健康保険証の場合、不正防止のためにもう一点、「住民票」などが必要になる場合もあります。

また、50万円以上のキャッシングを希望する場合、もしくは他社との借入額の合計が100万円を超える場合は、収入証明が必要になります。
収入を証明できる書類には、「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」などがあります。

キャッシング額が50万円以下の場合や、他社との借入額の合計が100万円未満のときは「収入証明」が不要なケースもあります。
収入証明を提出する時間がなかったり、面倒な方は、「借入希望額」を50万円未満にしましょう。

提出書類は、契約する金融機関によって異なりますので、きちんと確認をしましょう。

家族や学校にバレたりしない?

キャッシングをするときに気になることのひとつが、「家族」や「学校」にバレないかではないでしょうか。キャッシングはいけないことではありませんが、「恥ずかしい」と感じる人が多いと思います。

現在は、インターネットが普及したこともあり、郵便物が届くことなくキャッシングができるようになっています。また、学生ローンのキャッシング会社のなかには、職場に在籍確認の連絡をするところもありますが、その場合は必ず「個人名」「非通知」で電話がかかってくるので、職場にバレることもありません。

以上の点から、学生ローンを利用することによる、「家族バレ」や「職場バレ」を心配する必要はありません。

即日キャッシングの上手な使い方

無事にお金を借りられる予定ができた方は、今度はキャッシングの上手な使い方を見ていきましょう。

お金を借りたあとは、お金を返済する必要があります。学生ローンは最大年利18%の利息がかかってきます。そのため、お金を借りたあとはできるだけ速やかに返済できるように、返済計画を立てるようにしましょう。

学生ローンの月々の返済は、パソコンやスマートフォン(スマホ)、口座振替、ATMなどから返済できます。また、少しお金に余裕があるときは多めに返済すると(前述の方法でいつでも返済できます)、完済までの期間が短く、支払う利息も少なくなります。

一度お金を借りたあとに無計画にお金を借りると、借入金額が増え、借入金額が増えると利息による負担も大きくなってしまいます。
そのため、キャッシング枠があるからといって無計画にお金を借りることは控えましょう。

もし返済できないとどうなる?

万一、借りたお金を返済できない場合はどうなるのでしょうか。
毎月の返済期日までに一定のお金を返済できない場合は、「延滞」になります。延滞をすると延滞金(遅延損害金)が発生します。

また、「お金を返さなかった」ことが「個人信用情報機関」に一定期間記録されます。
個人信用情報機関に記録されると、新たにカードローン、自動車、家のローンなどが組めなくなるので、注意しましょう。

延滞だけでなく、どうしてもお金を返せなくなったときは「債務整理」になります。
よく耳にする「自己破産」も債務整理のうちのひとつの方法です。

延滞や債務整理に陥ることがないよう、お金を借りる前に返済計画をしっかりと立てましょう。
もしどうしてもお金を返せなくなりそうなときは、あらかじめ親や友人・知人に相談してみましょう。また、前もってカード会社から連絡が来る前に、自分から連絡をすることを心がけましょう。

学生が即日で借りられるカードローン

アコム

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
収入証明書 50万円まで不要*

※お借入れ総額により収入証明書が必要

即日で借りるには

WEBからの申し込みで最短30分で審査回答。即日振込もOK!

それよりも最短で借りるには

    1. ネットからお申込み(24時間365日受付)
    2. アコム店頭窓口または自動契約機(むじんくん)に来店でご契約
    3. その場でカード発行

※即日振込での融資を希望の方は14時までに必要書類を提出してください。

収入証明書が不要!

急ぎの場合は収入証明書不要で借りられる額にするのがポイント!

  • ご利用限度額が50万円まで
  • 他社との借入額の合計が100万円まで

→【アコムの公式サイトはこちら


プロミス

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
ご利用限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
収入証明書 50万円まで不要

即日で借りるには

WEBからの申込で最短1時間での融資も可能

それよりも最短で借りるには

  1. WEBで申し込み(フル入力)
    または
    WEBで申し込み(カンタン入力)※9:00~21:00の間にお電話いたします。
  2. プロミスの店舗または自動契約機にてカードを発行

収入証明書が不要!

急ぎの場合は収入証明書不要で借りられる額にするのがポイント!

  • ご利用限度額が50万円まで
  • 他社との借入額の合計が100万円まで

→【プロミスの公式サイトはこちら


アイフル

アイフル

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 最高800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
収入証明書 50万円まで不要

即日で借りるには

WEBからの申し込みで最短30分で審査完了。即日融資も可能!

それよりも最短で借りるには

  1. WEBからの申し込み
    ※21時以降にお申し込みされた場合は、翌日のご連絡となります。
  2. 申し込み完了後アイフルからのメールが届いたら、フリーダイヤルに電話
  3. WEBか電話で手続きして、振込予約での融資
    または
    無人契約でんわBOX「てまいらず」にてカード発行ですぐ利用可能。

収入証明書が不要!

急ぎの場合は収入証明書不要で借りられる額にするのがポイント!

  • ご利用限度額が50万円まで
  • 他社との借入額の合計が100万円まで

→【アイフルの公式サイトはこちら

まとめ

学生ローンを使った即日キャッシングについて見てきました。学生は急な出費があるものです。急な出費によってどうしても現金が必要なときは、学生ローンを上手に利用しましょう。
そして、学生ローンでお金を借りるときは、必ず計画的に借りることを心がけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人