学資保険のメリットとデメリットは?学資保険を選ぶポイント

子供ができると気になる「学資保険」ですが、実際に調べてみると、数が多すぎてどれを選べばいいのかわからず困ってしまいますよね。

また、「そもそも、学資保険はただの貯金と何が違うの?」「本当に入った方がいいの?」などと、学資保険に入るメリットがわからず困っている人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、学資保険に入るメリットとデメリットをはじめ、学資保険を選ぶポイントなどについて紹介します。

学資保険に加入するメリットは4つ

学資保険に加入するメリットは、以下の4つです。

  1. 契約者死亡時は保険料負担なしでサービスが受けられる“死亡保障がある”
  2. 学資保険は生命保険料控除対象なので“節税できる”
  3. 毎月一定額ずつ“強制的に貯蓄できる”
  4. 入学年度にまとまったお金が手に入るため“ライフプランを立てやすい”

それぞれについて、詳しくお話しますね。

【学資保険のメリット】
1.契約者死亡時は保険料負担なしでサービスが受けられる“死亡保障がある”

1つ目のメリットは、死亡保障があることです。

とても悲しいことですが、万が一、契約者が死亡してしまった場合、学資保険の支払いを続けるのは大変ですよね。

そんなとき、学資保険の死亡保障があれば“保険料払込免除” が適用され、保険料を支払わずに「祝い金」などのサービスを受けることができるので、とても安心なんです。

学資保険に入らずに定期預金にするか検討している場合、「契約者の死亡時でも定期預金を続けられるか」という点をしっかりと考える必要があります。
(ちなみに、この点に関して、当サイト宛てに以下のような体験談をいただきました)

【体験談】「学資保険への加入の決め手は“死亡保障”でした」
そもそも私は、「結局は、入学時期までにお金を貯めておけばよいのでしょ?」と感じていたため、学資保険に加入するつもりは全くありませんでした。
しかし、保険営業マンの「旦那様が亡くなってしまった場合はどうします?貯金できませんよね?」という言葉によって、学資保険の重要性がわかりました。
それまで私は自分自身が死ぬことを全く考えていませんでしたが、もし私が早く死んでしまい、子供が大学に行きたいにも関わらず、親の都合で行けないのはあまりにも不憫だと感じました。
やはり親として、大学卒業までは可能な限り面倒をみたいと考えていたため、学資保険に加入することに決めたんです。

【学資保険のメリット】
2. 学資保険は生命保険料控除対象なので“節税できる”

2つ目のメリットは、年末調整や確定申告のときに保険料控除が受けられる点です。

具体的には、学資保険料の支払いを行っている契約者が申告することで、「一般生命保険料控除」を以下の表の金額まで受けることができます。

平成24年1月1日以降に加入した学資保険の控除額
1年分の支払った保険料 控除額
2万円以下 支払った保険料すべて
2~4万円 (支払った保険料)÷2+1万円
4~8万円 (支払った保険料)÷4+2万円
8万円超 一律4万円

(※「支払った保険料」=「その年に支払った金額」―「その年に受けた剰余金や割戻金」)

【学資保険のメリット】
3. 毎月一定額ずつ“強制的に貯蓄できる”

3つ目のメリットには、毎月、強制的に貯蓄できることがあげられます。

学資保険は基本的には貯蓄性のある保険で、中学、高校、大学などへの入学のタイミングでまとまったお金を受け取れるようにできています。

そのため「それなら学資保険に入らなくても、貯金を続ければいいのでは?」と考える人もいるんです。

もちろん、意思が強い人や、ある程度家計が裕福な人の場合は、貯金を続けるだけでも問題ないのですが、貯金が苦手な人や家計が苦しい人の場合は、学資保険の方が有利です。

というのも、家計が苦しい月などには「今月は貯金にまわせなくても仕方ないかな・・・」という甘えが出てしまう可能性がありますよね。

そんなときでも、自動的に学資保険にお金が引き落とされるようにしておけば、どれだけ家計が苦しい月でも強制的に貯金することができるんです。

このように、毎月コツコツ貯金することが苦手な人にとって、学資保険には「貯蓄しやすい」という大きなメリットがあるんですね。

【学資保険のメリット】
4. 入学年度にまとまったお金が手に入るため“ライフプランを立てやすい”

4つ目のメリットは、ライフプランを立てやすいことです。

子供を育てていくということは、ある意味で「自分自身や家族が、どのような人生を歩んでいくのか?」をしっかりと考え、ライフプランニングを行うことでもありますよね。

例えば「5年後に一軒家を購入し、8年後にファミリーカーを購入し、15年後には自宅の修繕をする」というように、大まかに「まとまったお金が必要な時期」を見据えて、お金のやりくりをしていくんです。

学資保険は、子供が中学、高校、大学などに入学するという大金が必要になるタイミングに、まとまったお金を補てんしてくれるため、ゆとりのあるライフプランを立てやすくなります。(学資保険のプランにはいろいろなプランがあり、進学時に祝い金を受け取りたい場合は、そのような学資保険のプランに加入する必要があります。また学資金を大学受験に一括で受け取れるプランなども選択することができます)


このように、学資保険に加入すると死亡保障や節税など、たくさんのメリットがあります。

一方で、もちろんデメリットもあるので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

学資保険に入るデメリットは途中解約や特約などで損する可能性があること

学資保険に加入するデメリットは、以下の2つです。

  1. 途中解約をすると損になる場合が多い
  2. 契約状況によっては元本割れのリスクがある

それぞれについてカンタンに説明しますね。

【学資保険のデメリット】
1.途中解約をすると損になる場合が多い

基本的に、学資保険を途中解約すると損をしてしまいます。

具体的には、一般的な学資保険の場合、約7年が経過しないと解約返戻金が掛け金を超えません。

そのため、加入後、数年で解約してしまうと、大きく損してしまうので注意が必要です。

【学資保険のデメリット】
2.契約状況によっては元本割れのリスクがある

学資保険では、契約状況によっては「元本割れ」してしまうことがあり、元本割れとは支払ったお金よりも受け取れるお金が減ることで「多くの特約や他保証を付与したとき」に起こることを言います。

具体的には、学資保険に医療保障を付帯させた場合などに、医療保険分の支払いが多くなることで貯めていたお金を削ってしまい、元本割れを引き起こしてしまうんです。

そのため、学資保険に貯蓄目的で加入する場合は、むやみに特約を付けないようにすることが大切です。


ここまで、学資保険のメリットとデメリットを紹介しましたが、学資保険に入ってみたいと思いましたか?

というわけで、つづいては学資保険の選び方についてカンタンに説明しますね。

学資保険を選ぶときのポイント3つをチェックしよう

学資保険を選ぶには、以下の3点についてしっかりと検討することが大切です。

  1. 「貯蓄型」と「保障型」のどちらがいいか
  2. 保険内容は自分に合う内容か
  3. 「学資保険の代用品」の中に、もっと自分に合うものはないか

それぞれについて、詳しく説明しますね。

【学資保険選びのポイント】
1.「貯蓄型」と「保障型」のどちらがいいか

学資保険は、大きく2つのタイプ「貯蓄型」と「保障型」に分けることができます。

いずれもメリットとデメリットがあるため、これを見極めて選択していく必要があります。

種類 メリット デメリット
貯蓄型
  • 貯金が苦手でも強制的にお金を貯められる
  • 金利が固定の商品は元本が保証される
  • 金利変動タイプは元本割れするケースがある
保障型
  • 万が一のことがあったとき「育英年金」「死亡保険金」が受け取れる
  • 子ども自身の死亡保障、医療保障など様々なタイプの保険がある
  • 死亡保障や医療保障を付帯した場合、元本割れする

「どちらがよい」ということはないので、あなたの状況に合うほうを選択してくださいね。

【学資保険選びのポイント】
2.保険内容は自分に合う内容か

貯蓄型でも保障型でも、保険内容の項目はいくつかチェックしておく必要があります。

とくにチェックしておくべき項目は、学資保険の販売業者によって大きく異なる「祝い金」と「返戻率(へんれいりつ)」です。

祝い金

祝い金とは、入学のタイミングで、今まで支払った掛け金の中から一部返してもらうお金です。

商品によって、自分で祝い金の金額を設定できるものがあったり、20万円で固定だったりとさまざまです。

中には、「祝い金なし」という学資保険もあります。

ただし、祝い金がない分、ほかの部分でメリットがある保険もあるので、あなたの家庭状況に合ったものを選択する必要があります。

返戻率(へんれいりつ)

返戻率とは、満期になったときに「払った金額よりもどれくらい多く受け取れるか?」という値で、投資のような意味合いが強いです。

業者によって、105%と受け取り金額が払い込み金額よりも大きく増えたり、90%と受け取り金額が払い込み金額よりも少なくなってしまったりします。

ただ、返戻率が高ければよいというものではなく、返戻率が少ないものは保証が手厚いなどのメリットもあるため、返戻率だけではなくほかの項目とのバランスを見て決める必要があるんです。

【学資保険選びのポイント】
3.「学資保険の代用品」の中に、もっと自分に合うものはないか

学資保険に入るか、同じ金額を貯金にまわすか、もっと利回りのいい投資信託をするのか、などと学資保険の代用品と学資保険のどちらが自分に合うのかもチェックしましょう。

学資保険に入っても、人によっては「何だか違う」と目的を達することができないこともあるからです。

ということで、学資保険の代用となる「積立定期預金」「投資」「その他保険商品」それぞれについて、メリットとデメリットを紹介しますね。

種類 概要 メリット デメリット
積立定期預金 定期的(毎月)に一定の金額を預金する 普通預金よりも高い金利で貯金でき、元本割れのリスクがない 死亡保障がない
投資 株や不動産などを売買し差益を得る、また配当金などで利益を得る 学資保険よりも大きく増やせる可能性がある 元本割れするリスクが学資保険よりも大きい
その他保険商品 学資保険以外の貯蓄型保険や保障型保険 選択肢が広く様々な選び方ができる 選択肢が広い分、多くの知識を身に付けなければならない

それぞれのメリットとデメリットから、あなたの目的に合うものを選ぶようにしてくださいね。

学資保険は本当に必要?と悩んだら保険のプロに頼むのがオススメ

ここまで、学資保険選びのポイントについて紹介しましたが、やはりたくさんある学資保険の中から自分に合うものを探すのはムズカシイですよね・・・。

ですが、学資保険にも入らず問題を放置していれば、十数年後に痛い目にあうのはわかりきっていること。

また、たとえ毎月5千円の学資保険だったとしても、子供が大学に入るまでには100万円以上のお金を支払うことになります。

せっかく100万円を払うのに「面倒だから・・・」といって適当に選んでしまい、元本割れするものだったり、ほとんど増えないものだったりを選んでいたとすれば、とてももったいないと思いませんか?

そのため、「やっぱり学資保険選びはムズカシイからやめようかな」「もう面倒だから郵便局のでいっか」などと考えているなら、「マネードクター」を利用することをオススメします。

マネードクターとは、以下の記事でも紹介しましたが、ベテランのファイナンシャルプランナー(FP)があなたに最適な保険を“無料で”選んでくれるサービスです。

もちろん、保険契約手続きなどもすべて丸投げでよく、契約後も手数料などは一切かかりません。

ベテランのお金のプロが10社以上の保険から最適なものを選んでくれるので、あなたにとって失敗のないお得な保険選びができるんです。

学資保険選びがムズカシイなと考えているなら、ひとりでインターネット検索していても、学資保険の全体像をつかむのはとても大変なので、是非「マネードクター」などを利用してプロに相談してみてくださいね。

関連記事

マネードクターの評判口コミは?ぴったりな保険選びなら

2017年6月27日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター