銀行カードローンは即日融資できない!当日借りれるのはどこ?

「急いでお金を借りたいんだけど、どこで借りるのが一番早い?」
「やっぱり銀行のカードローンで借りた方が安心?」

急いで借入したいけれど、どこで借りるのが良いかわからず、迷ってはいませんか?
当日中に借入をするためには、即日融資対応のカードローンへ、正しい方法で申込する必要があります。

ここでは、即日融資を受けるために選ぶべきカードローン会社の紹介と、一番早く借入できる申込方法について解説します。

銀行カードローンは即日融資できない!消費者金融を選びましょう

「カードローンを選ぶなら、銀行カードローンじゃないと安心して借りられない!」
という人も多いですよね。
確かに、いつも利用していて馴染みのある銀行から借りた方が安心できますし、金利も低いので、お得に借入することもできます。

しかし、即日融資を希望するのなら、銀行カードローンを選んではいけません。
銀行カードローンは2018年から審査が厳格化され、今までよりも慎重に審査をするようになったのです。

そのため、早くても借入できるのは翌日。
遅い時では数日かかってしまう場合もあるんです。

そこで、おすすめするのは消費者金融のカードローンです。

【消費者金融のメリット】
1.即日融資に対応している

消費者金融の一番のメリットは、申込をしてから融資までのスピードが速いということです。
申込をする時間がよほど遅い時間でなければ、当日中に審査が完了し借入をすることができます。

混雑しているときは、それなりに時間がかかってしまうこともありますが、早ければ最短で30分で審査をしてくれますよ。

【消費者金融のメリット】
2.契約と借入の方法が豊富

早く借りたい人に銀行カードローンをおすすめできない理由の一つに、契約方法と借入方法のバリエーションが少ないということもあります。

例えばインターネット銀行の場合、申込はインターネットのみ。
カードの受取方法は郵送のみです。

そのほかの銀行については、申込からカード受取のバリエーションは多い傾向がありますが、その銀行の普通預金口座を持っていなければいけなかったり、インターネットでの取引は別途申込が必要だったりと、面倒なことが多いのです。

消費者金融のカードローンであれば、ライフスタイルに応じて、契約方法や借入方法を好きに選ぶことができるんです。

外出が難しい人なら、申込も契約も借入もインターネットで完結することもできますし、ATMでの借入をしたいなら、契約時に自動契約機でカード受取をすることも可能ですよ。

【消費者金融のメリット】
3.金利は高いが、銀行カードローンよりお得に借りられる

金利で比較すると、消費者金融よりも銀行カードローンのほうがオトクです。
消費者金融の多くが、上限の金利を18%に設定しているところが多いのに比べ、銀行カードローンは15%を下回るところがほとんどです。

返済に長期間かかる予定の人は、銀行カードローンで借りたほうが最終的に支払総額は少なくて済むでしょう。

しかし短期間の借入であれば、実は消費者金融のほうがオトクなんです。
消費者金融は金利が高い代わりに、30日間無利息の特典を付けているところがあります。
つまり、1ヶ月以内であれば、限度額内でいくら借入しても、利息が一切つかないのです。

多くの人が銀行カードローンよりも圧倒的にオトクに利用できますよね。

【消費者金融のメリット】
4.審査の通過率が高い

カードローンで借入をするためには、少なくとも審査に通過する必要があります。
もし審査に通らなければ、1円も借入することはできません。
そのため、審査の通過率は非常に大切なんです。

銀行カードローンは通過率が公表されていませんが、一般的に20~30%と言われています。
3人~5人に1人しか借入できないということですね。

それに対して、消費者金融各社の審査通過率は「新規貸付率」として公表されています。

アコム プロミス アイフル
新規貸付率 44.8% 45.6% 46.5%

※2018年3月のデータ
(※参考:2018年3月期決算|アコム株式会社、アイフル月次推移(2018年3月)、SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標(2018年3月))

審査の通過率は、どこも40%を超えています。
借りやすさの比較でも、消費者金融を選んだほうが良いことがわかりますね。

【消費者金融のメリット】
5.誰にもバレずに借入できる

お金を借りることは、家族に内緒にしたいという人も多いですよね。
内緒で借りたい人に対する配慮も、消費者金融の方が一歩進んでいます。
特に家族にバレる可能性が高いのはカードの受取時です。

銀行カードローンの場合は、カード受け取り方法が郵送に限定されている場合が多く、自動契約機で受取ができる場合でも、店舗の目立つ位置にあるブースに入らないといけないので、ハードルが高いです。

消費者金融であれば、カードの受け取り方法を自動契約機にすれば、郵送物ナシで借入できます。
また、カードローンによっては「カードなし」で借入することも可能ですよ。

即日融資可能なオススメ消費者金融カードローン

このように、銀行カードローンと比べると消費者金融は融資スピードが速い上に、様々なメリットがあることがわかります。

ここからは、おすすめの消費者金融4社を紹介し、それぞれのおすすめポイントについて解説します。

業界最大手!楽天銀行への振込が24時間可能なアコム

即日融資
審査受付 21:00まで
自動契約機 22:00まで
優先審査 不可
24時間振込可能な
金融機関
楽天銀行
カード発行なしでの利用 不可
金利 年3.0~18.0%
無利息期間 契約日の翌日から30日間

最初は銀行カードローンを利用したいと思っていた人の中には、会社の信頼度を重視している人が多いですよね。

できるだけ規模が大きく、信用できる会社から借入したいという人におすすめなのがアコムです。
アコムは消費者金融の中では最大手であり、貸付実績も最多です。

実績だけでなく、使い勝手も良いんです。
特に楽天銀行の口座を持っている人におすすめです。

インターネットの振込で借入をする場合、通常は平日の15:00までに手続きをしないと当日中に口座に反映されません。
しかし、アコムは楽天銀行への振込の場合、土日でも24時間借入することができるんです。

楽天銀行の口座を持っていてインターネット振込を便利に使いたいという人におすすめです。

アコムのカードローンの借り入れしたい人必見!審査・申込の流れ

2017.03.24

原則24時間振込が魅力のプロミス

即日融資
審査受付 21:00まで
自動契約機 22:00まで
優先審査 不可
24時間振込可能な
金融機関
一部を除いたすべての金融機関
カード発行なしでの利用
金利 年4.5~17.8%
無利息期間 初回借入日の翌日から30日間

プロミスは、振込融資が充実しています。
一部を除いたすべての金融機関で24時間いつでも借入できますよ。
時間を気にせず、いつでも振込での借入ができるのはうれしいですよね。

プロミス審査とカードローンの借り方を解説!申込の流れと特徴まとめ

2017.03.07

審査が混んでいる時でも安心のアイフル

即日融資
審査受付 21:00まで
自動契約機 21:45まで
優先審査
24時間振込可能な
金融機関
なし
カード発行なしでの利用
金利 年3.0~18.0%
無利息期間 契約日の翌日から30日間

ここで紹介している消費者金融は、すべて即日融資に対応していますが、申込をする時間帯が遅い時は、審査結果が翌日になってしまうこともあります。

また、連休前や年末年始などは審査が混みあうこともあり、時間がかかってしまう場合もあります。

とにかく融資のスピード重視という人にはアイフルがおすすめです。
アイフルは、インターネットで申込をした後に、フリーダイヤルに電話をかけ、急いでいると伝えると、ほかの人よりも優先して審査をしてくれるんです。

少しでも早く借りたい人はアイフルへ申込みましょう。

アイフルのカードローンで借り入れするときの申込審査の流れと特徴まとめ

2017.03.27

SMBCモビットのWEB完結はWEB上のやりとりだけでOK

即日融資
審査受付 21:00まで
自動契約機 場所によるが21:00までが多い
優先審査
24時間振込可能な
金融機関
なし
カード発行なしでの利用
金利 年3.0~18.0%
無利息期間 なし

カードローンは利用したいけど、審査の時に電話がかかってくるのは困るという人は、SMBCモビットのWEB完結がおすすめです。

インターネットだけで完結するWEB完結ができるカードローンは多いですが、SMBCモビットのWEB完結は、他社よりも徹底しています。

他社の場合は本人確認の電話がかかってきたり、会社への在籍を確認するための電話がかかってくることもありますので、一部電話でのやり取りが発生します。

しかし、SMBCモビットのWEB完結は、一切の電話連絡がありません。
在籍確認は会社への電話ではなく、健康保険証(社会保険証・組合保険証)や給与明細を提出すればOKです。

人と話をするのが苦手な人や、会社の人にも絶対バレずに借りたいという人におすすめです。

SMBCモビット在籍確認は?電話連絡なしのWEB完結申込

2017.03.08

確実に即日融資を受けるための注意点

上記で紹介したカードローンを利用すれば、申込をした当日中に借入をすることが可能です。

しかし、スムーズに借入をするためにはいくつか注意点があります。
即日融資を確実に受けるために、注意点を確認しておきましょう。

タイムリミットを確認しておく

即日融資を受けるためには、遅くとも審査の受付時間までに申し込みを完了させなければいけません。
また、混みあっている時期だと、遅い時間に申し込んだ場合は審査が翌日に持ち越される可能性もあります。

当日中に審査を完了させるためには、審査締め切りの2~3時間前に申込を完了させるのが理想です。

また、審査が完了していても、自動契約機の営業時間が過ぎていたり、インターネット振込の時間外の場合は借入ができません。

できるだけ時間に余裕を持って申込をしてくださいね。

申込方法はインターネットが最速

早く申込を完了させるためには、申込方法にもこだわったほうがいいでしょう。
カードローンの申し込み方法には、インターネット、電話、自動契約機の3種類があります。
この中で一番早くてスムーズに申込ができるのはインターネットです。

電話の場合は、申込が完了するまでに約20分かかります。
必要事項をすべて口頭で伝えなければいけないですし、個人情報を周囲に聞かれる心配がない場所で電話をかけなければいけません。

自動契約機の場合は、申込から契約まで1か所で完結しますが、審査の待ち時間が発生します。
その間時間の有効活用ができないので、あらかじめ申込だけはしておいたほうがスムーズです。

インターネットの申し込みであれば、5分~10分もあれば申込が完了します。
スマホを使えば場所を選ばず、電車の中などの移動時間や、トイレや喫煙所などの隙間時間を有効活用できますよ。

あらかじめ必要書類を用意しておく

カードローンで契約をする前に、必ず用意しておかなければいけない書類があります。
申込がスムーズでも、書類が揃っていなければ借入することができないので、早めに準備してください。

本人確認書類は必ず提出

本人確認書類は申込をする人全員が提出しなければいけません。
一番望ましいのは運転免許証です。
そのほか、パスポートや個人番号カード、健康保険証でもOKです。

ただし、健康保険証を提出する場合は顔写真がないので、もう1点用意しなければいけません。
住民票か公共料金の領収書も同時に提出する必要があるので、気を付けてくださいね。

借入金額によっては収入証明書類が必要

多くの人が本人確認書類だけ提出すればOKなのですが、もし次の条件のどちらかに当てはまっている場合は、収入を証明する書類が別途必要です。

  • 今回の希望限度額が50万円を超える
  • 他社の借入残高と、今回の希望限度額の合計が100万円を超える

上記のどちらかに該当する人は、収入証明書として次の中から1点用意しなければいけません。

いずれか1点必要
  • 源泉徴収票
  • 給与明細(2か月分+1年分の賞与明細)
  • 確定申告書
  • 税額通知書

審査の間、在籍確認の電話に注意

申込が完了すると、審査が行われます。
審査の間、あなたの勤め先に在籍を確認するための電話がかかってきます。

在籍確認で会社の人に、カードローンの利用がバレる心配はありません。
担当者は会社名を名乗らずに個人の名前でかかってきますし、カードローンについての説明をあなた以外にすることはありません。

しかし、この在籍確認の電話が完了しないと借入はできません。
例えば休業日や営業時間外のために、会社に誰もいない場合は、あなたが会社に行って対応しなければいけません。

どうしても電話の対応ができない場合は、カードローン会社に電話をして相談してみましょう。
健康保険証(社会保険証・組合保険証)や給与明細を提出すればOKの場合もありますよ。

契約方法はWEBか自動契約機で

審査に通過すれば、次は契約手続きです。
契約はインターネットでも自動契約機でもすることができますが、それぞれに注意点があります。

自動契約機でカード受取すればATMで借入できる

自動契約機で契約する場合は、契約後すぐにカードが発行されます。
そのカードを使えば、全国のATMで借入ができます。

自動契約機の中で必要書類の提出が必要になるので、忘れずに持って行ってくださいね。

インターネット契約をする場合、振込かセブン銀行で借入

インターネットで契約する場合は、契約完了後、インターネットの会員サイトにログインして手続きをすれば、振込で借入ができます。

また、プロミス、アイフル、SMBCモビットについては、セブン銀行のATMを利用すれば、スマホのアプリを使ってカードなしで借入が可能ですよ。

インターネット契約の場合は、書類をカメラで撮影したものをアップロードして提出します。
PCを使うよりもスマホのほうが、撮影からアップロードがスムーズに行えますよ。


「消費者金融」と聞くと、普段なじみがないので、申込するのが不安という人も多いですよね。
しかし、銀行カードローンよりもサービス面では進んでいますし、融資のスピードは格段に速いです。

どうしても今日中にお金を借りたいという人は、ぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017.11.21

消費者金融で申込24時間OKはどこ?審査営業時間は何時まで?

2017.05.01

ABOUTこの記事をかいた人