銀行カードローンを低金利で借りるために知っておきたいポイントとは

銀行のカードローンを利用してお金を借りる時、「なるべく低い金利で借りたい」というのは、誰もが考えることだと思います。

今回は「低金利」の基準と、どんな金利が低金利といえるのかをまとめてみました。
末尾に銀行カードローンの比較もご紹介していますので、最後までお読みください。

低金利はどのくらいか

銀行カードローンは、法律によって金利の上限が定められています。

金利の上限は利息制限法で決まっている

利息制限法では、金利の上限を定めています。

第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。

一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

(出典:利息制限法第1条)

キャッシングを利用する際には、上記の利息が年利の上限となっています。カードローンの利用には、上記の利息以外に年会費や入会費などの諸経費が掛かる場合があります。

また、金利だけではなく、返済の際の手数料も気にしておきたいポイントのひとつです。

低金利とは

低金利とは、前述した金利上限よりも低い金利のことを指します。
つまり、元本の金額が10万円未満では年に20%以下、10万円〜100万円未満の場合には年に18%以下、100万円以上の場合には年に15%以下が低金利といえます。

銀行カードローンの審査

銀行カードローンでは、信用情報調査を行い借入の限度額や利息、借入の有無などが審査されます。

信用情報調査とは

信用情報調査は、銀行や消費者金融などと借入契約を行った際の情報を集約し、お金の貸し借りに関して個人の情報を紐付けして管理している調査機関が行っている調査のことです。
日本では以下の3社が信用情報調査を行っています。

この3社の間では一部個人情報や延滞記録などの共有を行っており、借りすぎや貸し過ぎをを防ぐよう配慮されています。

各社に登録された信用情報は、開示請求を行うことで、有料で確認することができます。
個人情報のほか、銀行ローンやキャッシングの申し込み履歴、利用したローンの最終返済日なども確認することができます。

銀行カードローンの審査のポイント

銀行カードローンではキャッシング審査同様に、勤務先や居住地そして他社借入などをもとに審査を行います。

  • 定期的な年収がある
  • 年齢が20歳以上〜65歳未満
  • 複数の他社借入がない

借入の審査では、特に上記のポイントが大切です。

低金利の銀行カードローンを選ぶポイント

低金利の銀行カードローンを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

返済/引き出し手数料

銀行カードローンでは、ATMで24時間返済や借入をできることを謳い文句にしているケースが多いですが、注意したいのが返済や引き出しに掛かる手数料です。
毎月の返済や繰上げ返済の度に手数料が掛かってしまうと、いくら金利が安くても結果として出費が増えてしまうこともあります。

無利息期間の罠

無利息期間を売りにしている銀行カードローンでは、無利息期間が終わると金利が他の銀行カードローンよりも高いケースがあります。
無利息期間は金利がゼロなので魅力に感じるかもしれませんが、無利息期間が終わった後の金利にも注意するように心がけましょう。
短期間で返済を行う場合には、無利息期間がある所を利用し、長期間で計画的に返済を行う場合には、金利が低い所を選ぶのがおすすめです。

おわりに

銀行カードローンを低金利で借りるために、知っておきたいポイントをご紹介しました。
以下にご紹介している銀行カードローンは、低金利というだけではなく様々な特徴があります。ご利用を検討中の方は是非参考になさってくださいね。




ABOUTこの記事をかいた人