ご祝儀が払えない!披露宴の招待を断るのは一般常識的に大丈夫なの?

あなたは、大切な人の結婚式に呼ばれたけれど、ご祝儀が払えなくて困っていませんか?
どうしても出席したい結婚式でも、一度に3万円以上の出費はつらいものです。
ただ、お金がないという理由で披露宴の招待を断ってもいいのか、もう「出席する」と返事をしたのにキャンセルできるのか、など気になりますよね。

一方で、ご祝儀が払えないのにタダで披露宴に出席したり、1万円や5千円などの少額を包んで出席するのも、マナー違反にならないか心配ですね。

結婚式や披露宴は、人生で一度の晴れ舞台とも言われており、ここで関係がこじれるとこの先もずっと関係性が悪いままになってしまう危険性があります。
大切な人だからこそ、お金がなくても披露宴に行きたくて悩んでいるのに、そんなことになっては本末転倒です。

そこでここでは、ご祝儀が払えない場合の対処方法について、くわしく説明します。

ご祝儀の相場はやっぱり3万円なの?

ご祝儀というのは、結婚式の主役2人に「おめでとう」の気持ちを込めて贈るものです。
しかし、結婚式・披露宴にはそれなりの費用がかかっているのも事実ですし、日本での慣例もあって、親戚・友人・会社関係者・年代など様々条件がご祝儀費用に影響してきます。
相場では3万円といわれていますが、果たしてどうなのでしょう。

調べてみると、3万円で許されるのは

ゲスト20歳代での友人・いとこ・兄弟・会社の上司
ゲスト30歳代での友人・いとこ・会社の同僚や部下など

が該当するようです。

また、昔は奇数でのご祝儀でないとダメでしたが、最近では「ペア」という意味で2万円という偶数額でもOKみたいですね。

しかし、これらの金額はあくまでも相場なので、自分はどうなのかを確認して、お祝いの気持ちプラス相手の負担にならないように配慮したご祝儀額を渡しましょう。

ご祝儀が払えないときの対処法7つ

お祝いをしたい気持ちがあっても、どうしても金欠でご祝儀を捻出することができない場合、相手に不快な思いをさせずに対処をしたいですよね。
万が一ご祝儀が払えないときにどうすればいいか、対処法をまとめました。

【ご祝儀が払えない対処法】
1.披露宴の招待を断る(欠席する)

「結婚式」は冠婚葬祭でのお祝い事ですよね。
招待状が送られてくるということは、その人に「お礼」も含め、「自分たちの決意や門出を見てほしい」という気持ちが込められています。
そのために主催側はそれなりの費用をかけて結婚式や披露宴を用意しているんです。

そのことを踏まえて考えたとき、できる限り「欠席」は避けるべきでしょう。

しかし、タイミング的にお祝いをするにも経済的に厳しい現状があることも事実です。
欠席をする際は、「どうしても外せない仕事」など、相手を気遣った理由で断るようにしてください。
そしてご祝儀はできるだけ渡すよう心がけましょう。

出欠ハガキを出す前や後、また当日に欠席を告げるなど、タイミングによって金額は考えたほうが良いですね。
欠席することでキャンセル料が発生するようなタイミングであれば、お詫びの気持ちも含め、相場相当の金額を渡しましょう。
主催者側に負担をかけさせない気遣いが大切です。

【ご祝儀が払えない対処法】
2.相場以下のご祝儀を払う

最近では、相場以下でのご祝儀を払っている人もいるようですが、今の日本の一般常識から考えると、相場以下でのご祝儀は失礼とされています。
といっても、「相場」の金額はいわゆる標準価格なので、必ずこの金額でなければならない・・という訳ではありません。

ただ、主賓二人に心からお祝いするのであれば、相場の金額を参考にしてお祝いの心を形にすることも大切でしょうね。

【ご祝儀が払えない対処法】
3.挙式や2次会のみ参加する

「結婚式の挙式や二次会だけ参加する」という方法もないことはありません。
ただ、この場合は主催側に相談するのが良いでしょうね。

先ほども明記しましたが、結婚式はゲスト客にこれまでのお礼も含め、自分たちの決意や門出を見てほしい気持ちがあります。
そのため、主催者側としては披露宴でおもてなしすることも大切なのです。
そういう状況を理解したうえで、自分の事情を説明して了解を得ておきましょう。
そしてご祝儀もできるだけ渡すようにしてください。

挙式だけの参加の場合、挙式前に相場相当額を渡したほうが良いでしょう。
結婚式を欠席し2次会だけの参加であれば、欠席したお詫びも込めて1万円程度のご祝儀と2次会の参加費用を用意してください。
お金がむりなら、何か品物をプレゼントしてご祝儀分をカバーしましょう。

【ご祝儀が払えない対処法】
4.相場以下のご祝儀+プレゼントにする

相場以下のご祝儀は失礼に当たることはお伝えしました。では相場以下のご祝儀に加えプレゼントならどうでしょうか。
気持ちを伝えるうえでは、この方法は「あり」でしょう。

まずはご祝儀ですが、披露宴のお料理代や引き出物のことも考えて、1万円は包んでください。
プレゼントは「結婚祝」として用意するとしても、5,000円~1万円程度のもの、それも主賓にとって喜んでもらえるものを用意したほうが無難です。
もらう側にとってうれしいものであれば、多少金額が低くても、送る側の気持ちを察してくれるでしょう。

【ご祝儀が払えない対処法】
5.ご祝儀は後日渡すと伝える

この場合は、ご祝儀として相場相当分を後日に渡してください。
本来なら、結婚式当日に渡すべきものを先延ばしさせてもらっているわけですから、相場以下の金額は失礼にあたります。

できるなら、ご祝儀に加え、遅れたお詫びとして何か品物をプレゼントしましょう。
そうすることで、自分の気持ちが相手に伝わるはずですよ。

【ご祝儀が払えない対処法】
6.ご祝儀のために稼いだり不用品を売ったりする

やはり何とかしてご祝儀を用意したいというとき、時間にある程度余裕がある場合は
単発のアルバイトなどで稼いだり、身の回りの物を売ってお金を作るという方法があります。

これらについては、以前詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

どうしてもお金が必要でピンチ!大至急お金を作る方法

2017.10.05

【ご祝儀が払えない対処法】
7.誰かにお金を借りる

会社関係で急に披露宴に出席しないといけないなど、突発的にご祝儀を用意しないといけないこともあります。
そんなとき「ご祝儀が払えないので欠席します。」とは言えないですよね。

こういうときは、最終手段として誰かにお金を借りるという方法をとるしかないでしょう。

家族や友達、同僚に借りる

最も借りやすいのは、親や配偶者などの家族ですね。
また、同じ結婚式に出席する友達や同僚などに相談して、一時的にお金を借りるという事もできるでしょう。

ご祝儀のお金は数十万円などのような大きな金額ではないので、比較的お願いしやすいといえます。
ですが、やはり理由を話してお金を借りるのは、精神的に大きな負担がかかるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

多くのクレジットカードには、買い物に利用する以外に「キャッシング枠」というものが付いています。
カードを申し込む際に、キャッシング枠の利用も同時に申し込みしていれば、必要な時にATMから現金を引き出せます。
キャッシング枠の金利や手数料はかかりますが、急な出費でお金が必要になったときにすぐお金が引き出せるので便利です。

銀行や消費者金融のカードローンで借りる

家族や同僚などに頼らずお金を用意したいという場合は、銀行や消費者金融のカードローンで借りるという手もあります。

特に消費者金融のカードローンは、申込時間が早ければ当日中に借入も可能で、急いでお金を借りたいときにありがたい存在です。

カードローンの申し込みは、PCやスマホなどで24時間いつでもでき、担保も保証人も必要ありません。
また初めての利用の場合、30日間の無利息期間の特典がある会社が多いため、少額を短期間だけ借りるなら金利を気にせずにお金を借りることができます。

初めての消費者金融の借り方・申し込みの注意点

2017.11.21

今回はご祝儀が払えないときの対処について、7つの方法をご紹介しました。
いい人間関係を保ちつつ、ピンチを乗り切る方法は見つかりましたか?
結婚式や披露宴は、その方の一生一度の大切なイベントです。
気持ちよくお祝いができるように、あなたに合った方法を選んでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人