初めて消費者金融を申し込みするなら気を付けたいこと

消費者金融でお金を借りたいけれど、初めてで少し不安に感じていませんか?
「キャッシングしたいけれど、消費者金融は怖いイメージがあってなかなか勇気がでない」「消費者金融カードローンはたくさんありすぎて、どんな点に気をつけて選んだらいいかわからない」などと悩んでしまいますよね。

じつは、大手の消費者金融であれば銀行グループの会社も多く、法律をしっかりと守っているので、とても安心して借りられます。
また、大手消費者金融カードローンの場合、以下のようなメリットもあるんです。

  1. 最短即日融資が可能
  2. 初めての利用なら、無利息サービスあり
  3. webでカンタンに申込~借入、返済までできる
  4. 郵送物や電話連絡なしにできる会社もある

ただ、消費者金融を利用する前に”気をつけるべきポイント”を知っておかないと、利息が高くなったり、お金を借りたことがバレたりすることもあります。

そこで、ここでは消費者金融からお金を借りる前に知っておきたいポイントや、よりよい消費者金融の選び方などを紹介します。

初めて消費者金融に申し込む前に知っておくべきポイント5つ

初めて消費者金融カードローンからお金を借りるなら、消費者金融の特徴や利用できるサービスなど、以下の5つのポイントを知っておくと安心して申し込めます。

  1. まずは金利と無利息期間をチェックするのが大切
  2. 消費者金融から借りられるお金は基本的に「年収の3分の1まで」
  3. 必要書類は原則「身分証」のみ!ただし希望額が多いと「収入証明書」も必要になる
  4. 消費者金融への申込後の流れと審査の内容を知って対策しよう
  5. 「即日融資OK」にはタイムリミットがある

それぞれについて、くわしく説明していきますね。

【初めての消費者金融のポイント】
1.まずは金利と無利息期間をチェックするのが大切

初めて消費者金融でお金を借りる時に気になるのは、やはり金利ですよね。
大手の消費者金融の金利は、およそ4~18%と、上限が18%であることが一般的です。
では、上限金利18%の場合、どのくらいの利息になるのか、以下の計算式でシミュレーションしてみましょう。

【利息の計算式】
借入金額 × 金利(18%) ÷ 365日 × 利用日数 = 利息金額
借入額

 

借入日数

1万円 10万円
10日 49円 493円
30日 147円
無利息サービスなら0円
1,479円
無利息サービスなら0円

この表からもわかるように、借入金額や借入期間によって利息は異なりますが、大手の消費者金融の場合は利息がとても安いんです。
また、少額借入や早期返済の場合、利息負担は軽くなります。

さらに、大手消費者金融の中には、初めての人だけに一定期間無利息でお金を貸してくれる「無利息サービス」があるところもあり、期間中に完済すれば利息は0円です。
ただし、各カードローンによって無利息期間のスタート日が異なり、契約日からの場合と初めての借入日の場合があります。
無利息サービスを利用するときは、しっかりとスタート日を確認にするようにしてくださいね。

関連記事

金利0円で借りれる!おすすめ無利息カードローンを徹底比較

2017.07.21

【初めての消費者金融のポイント】
2.消費者金融から借りられるお金は基本的に「年収の3分の1まで」

消費者金融のような貸金業者は「貸金業法」という法律を守って営業しています。
その中の総量規制というルールでは「利用者の年収3分の1までしか融資してはいけない」となっています。
たとえば年収300万円の人でが申し込み時の希望借入額を100万円以上でお願いしても、借りることはできません。
ザックリと自分の年収がどれくらいか確かめてから、借りる額を考えましょう。

また念のために、各社の貸付条件も確認しておいたほうがいいでしょう。
貸付条件とは、金利はもちろん、利用できる対象者や返済方式など、お金を借りるにあたっての利用ルールが示されたものです。
自分がその条件に該当しているかどうかも、しっかりと確認しましょう。

【初めての消費者金融のポイント】
3.必要書類は原則「身分証」のみ!ただし希望額が多いと「収入証明書」も必要になる

申し込みの段階で提出する書類は、本人であることがわかる「身分証(本人確認書類)」だけでOKです。
一般的なカードローンで利用できる身分証は、以下のとおりです。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証

消費者金融によっては、健康保険証など顔写真のない書類を提出するときは、住民票などの別の書類も一緒に出す必要があったりします。

また、借入金額が50万円を超える時や、借入金額と他社での借入残高の合計が100万円を超える時は、次のような収入証明書類が必要です。

源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など

収入証明書についても、提出書類は各カードローンで若干の違いがあるので、事前にチェックしておきましょう。

【初めての消費者金融のポイント】
4.消費者金融への申込後の流れと審査の内容を知って対策しよう

消費者金融に申し込んでからお金を借りるまでの方法は、上のイラストのようにとてもカンタンです。

インターネット申込後、必要書類の写真をアップすれば、スグに審査に進みます。
審査では、本人確認や資産、勤め先の状況や在籍状況、さらには過去の借入や事故情報などから「返済能力の有無」を確認しているんです。
審査時間は最短であれば30分で完了するので、スグに契約手続きを行います。
契約手続きをする場合は、カードローンの無人契約機やインターネットから行い、カード受取をしてATMからお金を引き出したり、振込を依頼してお金を借りたりできます。

ただし、返済時に遅延や滞納をしてしまうと、その事実は信用情報機関に登録されて、今後の借入れができなくなる可能性があります。
信用情報機関とは、個人のクレジットやローンの契約状況や、借入金額、返済状況などの記録を管理するところです。
お金を借りるときは、返済までの計画もしっかりとたてるようにしてくださいね。

【初めての消費者金融のポイント】
5.「即日融資OK」にはタイムリミットがある

その日のうちにお金を借りたい時は、申込の時間を考えることが大切です。
インターネット申込は24時間いつでも可能ですが、審査やカード発行、振込は24時間対応ではありません。
すべての手続きを営業時間内に終わらせてはじめて、当日中にお金を借りられるため、即日融資を希望する場合は、できるだけ夜中や翌午前中に申込を済ませておきましょう。

関連記事

消費者金融で申込24時間OKはどこ?審査営業時間は何時まで?

2017.05.01

初めて利息無料&最短即日で申し込むときの消費者金融の選び方3つ

お金を借りる場合、便利でお得なものを使いたいと思うのはあたり前ですよね。
そこで、もっとも便利でお得に使える消費者金融の選び方について、以下のポイント3つを紹介しましょう。

  1. 金利よりも「無利息サービス」で選べば、よりオトクに利用できる
  2. 「自分に合ったバレないサービス」で選べば、家族バレ・職場バレの心配なし
  3. 「開設済みの銀行口座が有利になるカードローン」を選べば、最短即日融資が可能

これら3つのポイントについて、それぞれ説明しますね。

【消費者金融の選び方】
1.金利よりも「無利息サービス」で選べば、よりオトクに利用できる

じつは、大手消費者金融の上限金利は18%が一般的なので、金利で比較するのはムズカシイんです。
そのため、先ほども少しだけお話しした、大手消費者金融の「無利息サービス」を利用するのがオススメです。
このサービスはすべての消費者金融にあるわけではなく、一部の大手消費者金融のみで扱われているため、無利息サービスで選べばオトクに利用できますよ。

また「オトク」という視点では、消費者金融専用のATMを利用できるかどうかも重要です。
なぜなら、コンビニATMなどでは数百円の手数料が発生しても、専用ATMなら借入や返済での手数料は0円だからです。
そのため、近くに専用ATMがある消費者金融を選ぶと、もっとオトクに利用できますよ。

【消費者金融の選び方】
2.「自分に合ったバレないサービス」で選べば、家族バレ・職場バレの心配なし

大手の消費者金融では、利用者のプライバシーの関係で「誰にもバレない」ようにするために、以下のようなサービスを用意しています。

  • カードを作らず口座振り込みでお金を借りられる「WEB完結」
  • 人と会わずにカード発行できる「無人契約機」でのカード受け取り
  • カードを郵送する場合でも確実に自分で受け取れる「時間指定受け取り」

たとえば、近所の目が気になる人は、無人契約機に入っていくところを誰かに見られるのが心配ですよね。
その場合は、無人契約機にカードを受け取りに行かなくても、カードなし(カードレス)でもお金を銀行口座に振り込んでもらえる「WEB完結」を利用するのがいいでしょう。
また、反対に家族にいつも預金口座をチェックされているのであれば、カードとATMだけで借入・返済が済む「無人契約機」でカードを受け取ったほうがバレません。
さらに、振込も無人契約機もバレそうだと判断した場合は、自分が自宅にいる時間帯を指定してカードを「郵送」してもらったほうが安心ですよね。

ちなみに、勤務先への在籍確認の電話についても、消費者金融によっては電話連絡なしにすることができます。

このように、あなたの事情に合った、バレないためのサービスを実施している消費者金融を選べば、家族バレや職場バレの心配がなくなります。

【消費者金融の選び方】
3.「開設済みの銀行口座が有利になるカードローン」を選べば、最短即日融資が可能

大手消費者金融には、銀行のグループ会社だったり提携を組んでいたりするところがいくつかあります。
利用したいカードローンが、あなたがふだんから利用している銀行のグループ会社や提携先であれば、手数料無料やWEB完結可能などの多くの優遇を受けることができます。
たとえば、夕方からでも即日借入ができたり、手数料がかからなかったりなどの優遇です。
もし、どれにするか迷ったときは自分の銀行口座でカードローンを選んでみるのがオススメですよ。

関連記事

夕方以降や夜からカードローンで即日融資をうける方法

2017.09.12

今回は、初めて消費者金融でお金を借りるとき、気をつけたいことを紹介しました。
ここで紹介したポイントを参考に、あなたに合う消費者金融を選んでみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人