カードローンの返済方式の種類は?残高スライド・リボ払い等を徹底解説

カードローンでお金を借りたいけれど、利息や返済の仕組みがよくわからなくて不安に感じていませんか?

カードローンの公式サイトを見ると、「残高スライド」「リボルビング払い」「元利」「元金」「定額」「定率」など聞きなれない言葉だらけですよね。
これらは「返済方式」と呼ばれていて、利息の支払い総額を決める重要な仕組みです。
そのため、返済方式が異なると、毎月の返済金額が大きく異なったり、金利が同じでも利息を余分に払う必要がでてきてしまったりするんです。

こうした返済方式は、カードローンごとに違いがあるため、自分の都合に合う返済方式を採用しているカードローンを選ぶのがオススメです。
そこでここでは、ややこしくてわかりにくいカードローンの返済方式について、わかりやすくカンタンに説明します。

気になるカードローンの返済方式の種類をチェックしてみましょう

まずは、有名なカードローンの返済方式名をチェックしてみましょう。

カードローン 返済方式
消費者金融 アコム (借入後残高スライド)定率リボルビング方式
プロミス (借入後残高スライド)定率リボルビング方式**
アイフル 借入後残高スライド元利定額リボルビング
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額(リボルビング)方式
銀行 バンクイック 残高スライド(リボルビング)方式*
みずほ銀行カードローン 残高スライド方式*
三井住友銀行カードローン 残高スライド(リボルビング)方式*
オリックス銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
横浜銀行カードローン 残高スライド(リボルビング)方式*

※この表では、公式サイトでは省略して書かれている部分もカッコ書きですべて表記しています。
*前回または今回の約定返済時の残高に応じてスライド
**公式サイトには「残高スライド元利定額方式」と記載されているが、実際はアコムの「定率リボルビング方式」ほぼ同じ

表では「借入後残高スライドリボルビング方式」や「定率リボルビング方式」など、似たような少しずつ異なる言葉が並んでいますね。
じつは、これら返済方式は以下のように分解することができ、「借入後」や「定率」などは”残高スライドリボルビング方式のオプション”だと考えられます。

というわけで、実際にこうした返済方式がどのようなものなのかを、具体例をあげて説明していきます。
そこで、先ほどの表でもたくさん採用されていた「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」について解説しながら、ほかの返済方式についてもわかりやすく説明しますね。
この記事の最後には、すべての返済方式の意味がしっかりと理解でき、「返済方式ってカンタンなんだ」と思えますよ。

「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」を分解して意味を確認しましょう

先ほどもお話ししたように、借入後残高スライド元利定額リボルビング方式は、以下のように分解できます。

「借入後」+「残高スライド」+「元利定額」+「リボルビング方式」

そして、「残高スライド」と「リボルビング方式」は基本的には共通部分として設定されています。
そこでまずは、「残高スライド」とそのオプションである「借入後」などについて説明しますね。

「残高スライド」は借入残高によって返済額を調整するもの

「残高」とは未返済分の借入金額のことです。
残高スライドとは、この残高の金額によって、月々の返済額が変わる(スライドする)返済方式のことです。
基本的に、銀行カードローンはこの残高スライド方式を採用しているため、返済によって残高が減っていくと、自動的に返済額がスライドして少額になっていきます。

残高スライド方式では、利用残高が多いときは返済額が高く返済が大変ですが、返済が進めば残高も減り、毎月の返済額もラクになっていきます。

では、残高スライド方式のオプションである「借入後」とはどのような意味をもつのでしょうか?

「借入後」は残高スライドのタイミングを指定するためのオプション

「借入後」というオプションは、残高スライド方式の返済額がスライドするタイミングについて、「借入直後のみ」と指定することができるものです。

具体的に説明するために、以下のような状況を考えてみましょう。
カードローンでは、利用限度額内であれば何度でも追加借入れができるため、利用限度額が30万円の人の場合、以下のような借り方が可能ですよね。

  1. 20万円借りる
  2. コツコツ返済していき、5万円まで残高が減る
  3. 追加で5万円借りて、残高が10万円まで増える

一般的な残高スライド方式であれば、5万円まで残高を減らしていくと、それに伴って徐々に返済額も少なくなりますよね。
一方、「借入後」のオプションを付けると、借入を行うまでは残高スライドを行わないため、返済額は初回の借入時からずっと一定なんです。
そのため、今回の具体例の場合、初回借入(残高20万円)のときの返済額が1万円とすると、返済を続けて残高が5万円になるまで、返済額はずっと1万円のままです。

しかし、返済中に再度借入を行うと、その時点で残高スライドが行われるため、返済額が切り替わります。
つまり今回の例の場合、追加で5万円を借りて残高が10万円になったとき、返済額は残高10万円に対する金額(たとえば5,000円)に変更となるんです。
そして、次に借入を行わない限り、5,000円の返済額をずっと支払い続けることになります。

返済方式 メリット デメリット
残高スライド 返済が進むほど、返済負担が減りラクになる 返済期間が長びく
『借入後』
残高スライド
追加借入をしない限り早く返済が終わるので、利息が少なくてすむ 返済が進んでも返済額が変わらないので、返済がラクにならない

ここまで、「残高スライド」と「借入後残高スライド」について説明しましたが、イメージはできましたか?
続いては、もうひとつの共通部分である「リボルビング方式」について説明しますね。

「リボルビング」は最低支払額を決めて返済回数は決めない支払方法

「リボルビング払い(リボ払い)」とは、「最低支払額だけを決めて、支払い回数を決めない」支払い方法のことです。
最低支払額の返済を優先しているので、回数は返済額によって長くなったり短くなったりします。
また、最低返済額を決めているだけなので、それ以上の金額であればいくら返済してもよく、1回で返済してしまうことも可能です。
さらに、追加借入をした場合でも、借入残高が増えるだけで最低返済額は変わりません。
(ただし、先ほどもお話ししたように、借入後残高スライドの場合は借入したタイミングで最低返済額が変わるので注意してくださいね)

一方、リボルビンクに対して「分割」という言葉がありますが、これは「何回で返済するか」を先に決め、その回数で残高をわり算して返済額を求める方法です。
返済回数を優先しているので、返済額は回数によって増えたり減ったりします。
また、追加借り入れを行うと、その借入を分割した分が足されるので、月々の返済額はいっきに膨らみます。

返済方式 メリット デメリット
リボルビング 追加借入しても返済額が一定で毎月の返済額が明瞭なので、返済計画が立てやすい 最低返済額で支払い続けると、返済期間が長くなるため、利息が増えてしまう
分割
  • 回数を少なくすれば利息も少なくてすむ。
  • 「●ヶ月後に完済」というように返済の見通しが立つ
追加借入した場合、返済額もその分増えるので、返済負担が大きくなる

ここまで、「残高スライド」「リボルビング方式」について、以下のように説明しましたがイメージできましたか?

【残高スライドリボルビング方式】とは・・・

  • 残高スライド:返済額が残高によって変化する
  • リボルビング方式:どれだけ借りても最低支払額だけ払えばいい

→「利用残高によって返済額は多少変わるものの、決められた最低支払額のみを支払い続けるだけでいい、とても手軽な返済方式」のこと。

続いては、ふたつめのオプションである、「(元利)定額」と「定率」について説明しますね。

「定額」や「定率」のオプションは毎月のカードローン返済額を決定するもの

「定額」は文字通り、「ずっと変わらず一定の金額で返済する」という意味です。
そのため、このオプションをつけると、追加の借入を行っても返済額は一定となります。
(ただし、「定額」オプションが付く「残高スライドリボルビング方式」は、借入残高によって返済額が変わるため、この定額オプションはあまり意味をなしません)

一方、「定額」に対して「定率」という方式もあり、これは「残高の一定割合の金額を返済する」ものです。
以下のイメージのように、借入時利用残高の30%を返済する場合、追加で借入を行うと、返済額も一気に膨れ上がります。

返済方式 メリット デメリット
定額 返済額が一定なので、返済計画が立てやすい 返済が進んでも返済負担が減らない一方、利用残高が増えたときには返済が長期化する
定率 返済が進むと返済がラクになる 返済が進むと返済が長期化しやすい一方、利用残高が増えると返済負担が増える

このように、残高スライドリボルビング方式には、返済額を決めるための「定額」「定率」オプションが存在します。
返済額が決まると、次に問題になるのは「利息を返済額に含めるかどうか」です。
というわけで、つづいては利息を返済額に含めるかどうかのオプション「元利(がんり)」「元金(がんきん)」について説明します。

返済額に利息を含むのは「元利(がんり)」、含まないのは「元金(がんきん)」

「元利(がんり)」とは、返済額に利息を含める返済方式のことです。
一方、「元金(がんきん)」とは、返済額に利息を含めない返済方式です。
たとえば、金利18%で10万円借りたときの返済額が1万円の場合、以下のように考えます。

元利:返済額1万円に利息が含まれるので、1,500円が利息に、残り8,500円が返済に充てられる。
元金:返済額1万円に利息1,500円をプラスするので、支払う金額は11,500円。

元利(がんり)の場合、はじめのうちは返済額のうち利息が占める割合が大きいため、返済に充てる金額が小さくなり、返済期間が長引き利息総額が多くなってしまいます。
一方、元金(がんきん)の場合、返済はスムーズに終わるものの、はじめのうちは返済額が多いため返済負担が大きいのが難点です。

返済方式 メリット デメリット
元利
(がんり)
毎月の返済額が一定なので返済計画が立てやすい 返済が長引き利息の支払いが多くなる
元金
(がんきん)
  • 毎月コンスタントに残高が減るので、利息総額が少額
  • 支払いがどんどんラクになっていく
はじめの返済のうちは支払いが大変

ここまで、残高スライドリボルビング方式のオプションについて、返済額を指定する「定額」「定率」や、利息を返済額に含めるかを指定する「元利」「元金」を紹介しました。
このように、長くてわかりにくい返済方式でも、言葉をひとつずつ分解すればムズカシイものではありませんでしたね。

各カードローンの返済方式とその特徴をまとめてチェックしておこう

最後に、それぞれの返済方式の特徴と具体的なカードローン名を紹介するので、参考にしてくださいね。

返済方式 特徴
残高スライド(元利定額)リボルビング方式 返済・借入時の残高に応じて、返済額が再設定され変動する方式。返済が進むと返済額が減り、返済額には利息が含まれるため、返済が長期化し利息が高くなる傾向あり。
    【100万円を最低返済額で返済する場合(年利14.6%)】

  • 返済回数:126回
  • 利息額の合計:738,273円
  • (※みずほ銀行のローン返済シミュレーションにて計算)

【例】
バンクイック・みずほ銀行カードローン・三井住友銀行カードローン・オリックス銀行カードローン・横浜銀行カードローン
借入後残高スライド元利定額リボルビング方式 返済額が「借入直後の残高のみ」によって再設定され変動する方式。返済が進んでも返済額は変わらないので、返済はスムーズ。
【100万円を最低返済額で返済する場合(年利18%)】

  • 返済回数:58回
  • 利息額の合計:502,157円

(※アイフルの返済シミュレーションにて計算)

【例】
アイフル・モビット
借入後残高スライド定率リボルビング方式 返済額が「借入直後の残高のみ」によって再設定され変動する方式。返済額は借入額に一定の割合をかけ算した金額となるため、細かく返済額を調整できる。
【100万円を最低返済額で返済する場合(年利17.8%)】

  • 返済回数:58回
  • 利息額の合計:492,368円

(※プロミスの返済シミュレーションにて計算)

【例】
アコム・プロミス

このように、返済方式によって、返済期間や利息額には大きな違いが現れます。
できるだけ返済期間や利息額を減らしてオトクに返済したいのであれば、返済方式だけではなく、返済の日程にも注目しましょう。

カードローンでは約定返済(やくじょうへんさい)以外の「任意返済」が大切

カードローンでは、毎月一定の日を返済の締切日に設定しており、この日を「約定返済日」と呼んでいます。
カードローン会社によっては、約定返済日を自由に決められるところもあるので、給料日の直後など返済しやすい日に設定するのがオススメです。
そんな毎月の約定返済日には、ここまで説明した最低返済額だけを支払えば、まったく問題ありません。

【参考:各カードローンの約定返済日と10万円・50万円借入時の最低返済額】
カードローン 約定返済日 最低返済額
10万円 50万円
アコム 35日ごとor希望の毎月指定日 5,000円 15,000円
プロミス 毎月5、15、25日、末日から選択 4,000円 13,000円
アイフル 希望の毎月指定日 4,000円 13,000円
SMBCモビット 毎月5、15、25日、末日から選択 4,000円 13,000円
バンクイック 35日ごとor希望の毎月指定日 2,000円 10,000円
みずほ銀行カードローン 毎月10日(自動引落し) 10,000円 10,000円
三井住友銀行カードローン 毎月5、15、25日、末日から選択 2,000円 2,000円
オリックス銀行カードローン 毎月10日、末日から選択 7,000円 10,000円
横浜銀行カードローン 毎月11日(自動引落し) 2,000円 10,000円

ただし、上記の表のように「最低返済額を約定返済日に支払う」という方法で返済を続けると、返済期間が長引いたり利息額が増えてしまったりするデメリットがあります。

そこで、できるだけ返済期間や利息を減らしたいのであれば、「任意返済(繰り上げ返済)」をしましょう。
任意返済とは、毎月の最低返済額以上を支払ったり、約定返済日以外に追加で返済をしたりする方法で、返済期間を短くし利息を減らすことが可能です。
任意返済するための方法は、各カードローンによって方法が異なりますが、基本的には好きなタイミングで行えるので、ぜひ積極的に任意返済をしてくださいね。


今回はカードローンの返済方式について説明しましたが、理解はすすみましたか?
自分に合う返済方式からカードローンを選んだり、任意返済(繰り上げ返済)を活用したりして、できるだけオトクに返済を行いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人