一人暮らしだとキャッシングでお金借りてもバレないの?

気楽なひとり人暮らし、自分だけの空間が持てるのはうれしいですよね。
でも、費用面ではどうでしょうか。

家賃や光熱費に加えて、人との付き合いもあって、手元のお金がなくなってしまう・・・と、いつもドキドキしている人も多いのではありませんか?
そんな時はカードローンでのキャッシングでその場を乗り越えてはいかがでしょう。

「え、でも友達や家族にばれない?」「人に知られるとまずいんだよね」
そんな心配をされるのも当然のこと。
しかし、消費者金融のキャッシングなら、バレにくいように配慮されているので大丈夫です。

とはいえ、何がどう大丈夫なのかが分からないと不安の解消にはならないので、具体的にお話していきましょう。

一人暮らしのキャッシングは消費者金融ならバレにくい

冒頭でもお伝えしましたが、消費者金融でのキャッシングはバレにくい配慮がされています。
なぜバレにくいのか・・・それはバレてしまう原因をしっかり把握してそれをカバーする対応をとっているからです。
具体的にバレる原因は何か、それをカバーしてくれる対応(サービス)は何かを見ていきましょう。

【一人暮らしでバレる原因】
誰かに見られること

タイトルの通り、誰かに見られてしまうからバレてしまうんですよね。
申込みしている姿や、店舗への出入りなどをしていると、たとえ1人暮らしでも、家族や恋人、会社の人に見られる可能性が100%ないとは言えません。
であるなら、どうするか・・・それをお伝えしていきましょう。

誰かに見られない対策は

消費者金融では、誰かに見られることなく申込みやキャッシングできるサービスがあります。
それが次の2つです。

  • スマホで申込みできる
  • お金は銀行振込みにしてくれる
どういうサービスか、細かく見ていきましょう。

【消費者金融がバレにくい理由】
スマホで申込みできる

キャッシングの申込みは、インターネットが主流です。
スマホやPCがあれば時間を気にせずに申込みできますが、PCだと家に置きっぱなしになるため、履歴を調べられると危険。
一人暮らしだとは言え、親や兄弟、恋人や友人などが遊びに来ている時に、見られないとも限りません。
ですので、いつも持ち歩いているスマホから申込むのが得策です。

スマホなら時間や場所を限定されませんし、スマホを触っている姿だけでは、誰もキャッシングしている・・なんて思いません。
簡単で便利、さらにキャッシングしているように見えない点は大きいですね。

【消費者金融がバレにくい理由】
お金は銀行に振込んでくれる

かつてキャッシングは、専用カードを使ってATMからお金を引き出す方法でした。
しかし、今は自分の銀行口座にお金を振り込んでくれるようになっています。

専用カードを利用していると、カードそのものが人に見られてしまう可能性が高まりますよね。
でも、銀行口座振込なら銀行キャッシュカードでお金を引き出すため、「お金を借りている」とは思われません。

また自分でも「ちょっと銀行でお金を引き出してくるわ」と言えますので、プレッシャーを感じずに済みますね。

【一人暮らしでバレる原因】
在籍確認電話や証拠品が残ること

見られてしまう事以外にバレる原因としては、在籍確認電話や証拠品(専用カードや契約書、利用明細書など)が残ることです。

在籍確認の電話が会社にかかってくることで、勤務先にバレるのでは?と心配な方もいらっしゃるでしょう。

また、一人暮らしでも家族や恋人がいつでも出入りできるように、カギを渡している人もいますよね。
テーブルに明細書や専用カードを置き忘れ、自分のいない間に家族や恋人が入ってきたら・・・。
あとで追及される羽目になります。
これらについても、対策を考えていきましょう。

在籍確認電話や証拠品が残らない対策は

消費者金融は、在籍確認電話での配慮や証拠品(専用カードや契約書、利用明細書など)が見つからないためのサービス展開もしています。
次の3つです。

  • 電話での在籍確認は個人名で実施している
  • 場合によっては在籍確認を書類にしているところもあり
  • 郵送物がない
それぞれ詳しく見ていきましょう。

電話での在籍確認は個人名で実施している

キャッシングを利用するには審査通過が必須。
その審査のひとつとして会社への在籍確認電話があります。

しかし安心してください。
在籍確認の際はオペレーターや担当者は、ちゃんと配慮してくれているんです。
会社名を名乗らず、個人名で電話をかけますし「ご用件承ります」「どんなご用ですか?」としつこく聞かれても、うまくかわしてくれます。

場合によっては在籍確認を書類にしているところもあり

在籍確認電話がどうしても不安なら、一度オペレーターに相談してみてください。
会社によっては、電話を書類に切り替えてくれるところもあります。

その場合、会社に在籍していることが証明できる書類をいくつか提出しないといけませんが、何が必要かは各社異なりますので、しっかりと教えてもらうようにしてください。
手間はかかりますが、安心が手に入りますよ。

郵送物がない

契約書に専用カード、利用明細書など、キャッシングにまつわる郵送物は色々あります。
でも、インターネットが進化してからは、契約書や利用明細書は電子化されてインターネット上で確認できますし、専用カードなしでお金も借りられるようになりました。
モノとしての証拠品がないことは、大きな安心につながりますね。

【一人暮らしでバレる原因】
自分の行動

自分の行動もバレる原因になります。
証拠品がない、キャッシングしている姿を直接見られないとしても、挙動不審だったりお金遣いが急に派手になるなど、いつもと違う雰囲気や行動から「あれ?おかしいぞ」と思われることも。

そこから噂になり「キャッシングしてるんじゃない?」言われバレてしまう、そんな例もいくつかあります。

お金遣いが派手になる

これまで、買い物や外食が少なかった人が、急に高級店に食事に行きだしたり、高価な買い物をしたりするのは怪しまれます。
特にいつも身近にいる恋人や家族は、このような変化にはとても敏感です。

「こんな高価なプレゼントどうしたんだろう」「親孝行はうれしいけど急にどうしたのかしら」など、不安に感じさせてしまう要因にもなりかねません。

また、大金を使うことに慣れてしまうと、複数の会社からキャッシングして大きな借金を抱えることにもなりかねません。
キャッシングするにしても、節度ある使い方をするよう自己管理をしてください。

なお、消費者金融の場合、他社との借入が年収の3分の1を超えるようなら、新規借り入れができなくなります。
その点でも、アラートを出してくれる消費者金融の利用はメリットがありますよ。

挙動不審になる

人によっては、恋人や会社の人にキャッシングしていることがバレるんじゃないかと緊張して、落ち着きがなくなったり、変な発言をしてしまう人もいるようですね。
そうなると「なんか変」と察知されてしまう可能性は高くなります。

こればかりは、消費者金融のサービスでも対応できません。
キャッシングは悪いことではないので、いつも通りに接するように努力してください。

実家へ連絡がいくことはないの?

実家から遠く離れて暮らしている場合でも、もし利用しているキャッシング会社から連絡されたら・・・と心配ですよね。

キャッシングは申込み者と会社との個人的な契約で成り立っているビジネスです。
保証人も不要ですし、実家の電話や住所を申請する義務はありません。

申し込みの際はもちろん、万が一返済が遅れて延滞することがあっても、物理的に実家には連絡が取れないので、安心してもいいでしょう。


一人暮らしでもバレにくいキャッシングについてお伝えしてきました。
消費者金融のサービスは使いやすさを追求しているだけでなく、利用する人が安心して使えるような工夫もされています。
誰にもバレずに利用できるのも、そのサービスがあるからこそです。

今ではキャッシングすることがフツーになりました。
一人暮らしだからこそ賢く使えば、力強いパートナーになってくれます。
利用するなら、しっかりと返済計画を立てて使ってみてくださいね。

関連記事

会社にバレずにお金を借りれるカードローンは?在籍確認でバレない方法

2017年9月11日

初めての消費者金融の借り方・申し込みの注意点

2017年11月21日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター