医療保険とは?その必要性と種類、選び方

たとえ年齢が若くても、思いがけない大病を患ってしまうリスクは常にあります。
また健康体だったとしても、交通事故など予知できない大怪我をしてしまい、入院するという可能性もありますよね。

入院や手術をするとなると、ある程度まとまった金額が必要となりますが、いざという時にそのお金を準備できるか、またその間の生活費は大丈夫かと不安になったりしませんか?

そんな時に頼りになるのが医療保険です。
ただ、加入したいと思っても、保険会社も保障内容も種類が多く複雑で、何をどう選んだらよいのかわかりにくいのが正直なところです。

今回は、そんな医療保険の選び方などについてお話していきます。

民間の医療保険は本当に必要?医療保険加入前に知っておきたいこと

国民のすべてが加入している公的医療保険とは?

私たちが暮らす日本には「国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)」があります。

これは、すべての国民が何らかの公的医療保険に加入し、お互いの医療費を支え合うという制度です。
この公的医療保険は国民健康保険などの社会保障や、健康保険組合など職場の保障のことを言います。

病院にかかった時に窓口で支払う金額は、小学生から70歳は3割負担です。(市町村などで受けられる医療費の助成分は除きます。)

例えば820円支払った場合、この820円は全額のうちの3割なので、全額は2,730円です。公的な医療保険で、1,910円を負担してもらっていることになります。

これとは別に高額療養費制度があります。
これは、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1ヶ月(各月1日から末日)で上限を超えた場合、超えた額を支給してもらえる制度です。上限額は年齢や所得で異なりますが、以下は例です。

69歳以下、年収370万円〜770万円の場合:大体80,000円程度
年収が370万円以下の場合:57,600円
※参考:高額療養費制度を利用される皆さまへ|厚生労働省

これだけ聞けば、「じゃあ民間の医療保険はいらないよね!」と思われるかもしれませんが、入院時にかかる出費は医療費だけではありません。
入院をすると、医療費以外にかかる出費が意外と多いのです。

医療費以外に食事代や入院する部屋のランクによっても費用がかかってくる場合がありますし、その他の入院にかかる様々な経費までは、公的な医療保険ではカバー仕切れない事が多いのです。

また高額療養費制度は、月をまたぐと意外と大きな出費となる場合もあります。
1ヶ月のうちに入院して退院すれば約8万円の自己負担で済みますが、2ヶ月にまたがった場合、各月それぞれで上限額があるので、16万円を自己負担する必要が出てきます。

こうしてみると、公的な医療保険だけでは急な入院時の出費全てには、対応できない部分が多いということがわかりますね。
そこで必要となるのが、民間の医療保険です。

民間の医療保険に加入する前に知っておきたいこと

手軽な掛け金で加入できる民間の医療保険ですが、加入する前に知っておきたいことがいくつかあります。

  • 保険の保障には、限度日数がある
  • 保障内容の詳細をきちんと把握しておこう
  • 充分な貯蓄がある場合は、加入しなくても大丈夫?

保険の保障には、限度日数がある

保険会社やそれぞれの商品により、支払い限度日数が定められていることです。
例えば長期的な入院をした場合、保険で全ての日数分の保障がされるわけではなく、その日数は限られています。

これは1入院あたりの限度日数だけでなく、通算での限度日数も定められていますので、約款(保険会社が定めた契約内容)で必ず確認してくださいね。

保障内容の詳細をきちんと把握しておこう

民間の医療保険は、その対象になる項目が商品によってかなり変わってきます。
手術を受けた場合、それは支払い対象の手術なのかどうか。
自分が心配している病気が、保険の対象になっているのかどうか。
また入院給付金の対象は入院の何日目からなのかなど、細かい内容をキチンと把握しておきましょう。

すでに民間の医療保険に入っている方は、証書や保険会社のウェブページなどで一度調べておくと安心ですね。

充分な貯蓄がある場合は、加入しなくても大丈夫?

多くの場合には掛け捨てとなる民間の医療保険ですが、十分な貯蓄があれば加入する必要はないと考える人もいます。

よく150万円の蓄えがあれば大丈夫と言われます。自営業の方はプラスで生活費も必要になりますね。

確かに、充分な貯蓄がある場合は加入の必要はないかもしれませんが、民間の医療保険は安心費と考えることもできますので、よく検討してみることをオススメします。

医療保険の種類は定期型と終身型の2種類。それぞれの特徴とは

医療保険には定期型と終身型があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、以下にまとめてみました。

定期型 終身型
期間 一定期間 一生涯
保険料 安い 高い
メリット 見直しがしやすいので、最新の医療に対応する 保険料が一定
デメリット 更新のたびに保険料が上がる 見直しが無いので最新の医療に対応できない

定期型の医療保険の特徴

多くの民間の医療保険は、この定期型です。何より保険料が安いのが魅力です。
特徴としては、以下の5つが挙げられます。

  • 保障される期間が決まっている
  • 最低限の保障を、比較的安い保険料で準備できる
  • 保険の見直しがしやすい
  • 更新のたびに保険料が上がる
  • 高齢になると制限が設けられるものもある

終身型の医療保険の特徴

一生涯保障される終身型は若いうちに加入すると、一生涯安い保険料なのが魅力です。
特徴は下の4つが挙げられます。

  • 一生涯保障される
  • 保険料は高い
  • ずっと保険料は変わらないので、想定外に上がって家計を圧迫することがない
  • 若ければ、有期払い(60歳で支払い終了など)にすれば支払いが終わっても一生涯保障が続く

定期型と終身型、どちらの医療保険が自分に向いているのか、よく検討したうえで加入するようにしましょう。

医療保険の選び方のポイント

では、定期型と終身型それぞれの医療保険の特徴を踏まえて、実際に選ぶ時のポイントを見ていきましょう。

【医療保険を選ぶポイント】1.期間で選ぶ

高齢になるほど必要なのが医療保険なので、保険料の安い若いうちに初めから終身型に加入するのもいいですよね。

また、まだあまり必要性を感じなかったり、家計を圧迫させたくないなど、年齢やライフステージで今は定期型という選び方もあります。

【医療保険を選ぶポイント】2.日額で選ぶ

日額の給付金をいくらに設定するかで決めるのもいいでしょう。よくあるパターンが、日額5,000円や10,000円が支払われる保険です。

例えば、保険に使える毎月の予算が10,000円の場合、公的の医療保険を考慮して日額5,000円支払われる医療保険に加入し、残りの予算をいざという時のための貯蓄に回すという方法もあります。

また自営業などの場合、会社員などの健康保険にはある傷病手当金(給与の3分の2が支給される制度)がありませんので、収入の補填も合わせて日額10,000円の給付がある医療保険に加入しておくと安心ですね。

【医療保険を選ぶポイント】3.日数で選ぶ

医療保険の主な支払い限度日数のパターンは、60日型と120日型です。

一般的な平均入院日数は以下の表を参考にしてください。

~65歳 65歳以上 75歳以上
24.4日 41.7日 47.6日

※参考:平成26年患者調査の概況|厚生労働省

これからもわかるように、65歳以下の若い世代では多くの場合入院日数は少ないですが、高齢になると日数が長くなります。

特に血管性及び詳細不明の認知症だと、376.5日という統計もありますので、年齢が高くなり不安であれば120日型という選択がいいでしょう。

日本は誰もが平等に公的の健康保険で保障を受けることができます。これは素晴らしい制度ですよね。

しかし、万が一病気で入院したりケガをした時には、支払いを気にすることなく安心して治療を受けたいところです。

そのために、事前にしっかりと検討したうえで上手に民間の健康保険を利用したいものですね。

ABOUTこの記事をかいた人