実家住まいでも親にバレずにカードローンは利用できる?

成人を過ぎても、自宅で親と同居している人ってわりと多いんですね。
学生、社会人とも未婚者であれば、親との同居率は男性で70%近く、女性で77%程度になっていたのでちょっとびっくりしました。(参考:国立社会保障・人口問題研究所HPより

親と同居していれば精神面や生活面で何かと安心ですが、金銭面で100%頼るわけにもいきませんよね。

学生でも社会人でも、人との付き合いや物品の購入など、急にお金が必要となることもあるはずです。
そんな時に親に頼ってばかりでは、それこそ「何に使うの!」「これ以上は出せないよ!」と言われ、行き詰まってしまう事になりかねません。

そうならないためにはどうするか、それがカードローンの活用です。

でも、実家住まいのためにカードローンが親にバレるかも・・・と心配になるのもあたり前。
そこで、今回は親にバレることなく、カードローンの申込ができる方法や利用中の対策についてお伝えします。

親バレしない申し込み方法は大きく2つ

いろんなサイトや書き込み情報を分析してみると、バレにくいポイントが見えてきました。
それが次の2つです。

  1. スマホから申込手続きを取ること
  2. 電話や郵送物がないカードローンを選ぶこと
それぞれを細かく説明しましょう。

1.スマホからカードローンを申込む

今は、誰もがスマホをもっている時代です。
インターネット社会の進化にカードローン会社もしっかり対応していて、ほとんどインターネットから申し込みができるようになっています。

スマホを操作するだけで申し込みができるので、人から見ればカードローンに申し込んでいるなどとは分かりません。
最近はスマホアプリを使って簡単に申し込めるようなサービスも増えて、申し込み時間も短縮しています。
短時間で申し込み手続きも完了するので、この時点で親にバレる可能性はかなり低いですね。

では、スマホでの申し込み手続きにはどんなものがあるのか紹介しましょう。

【親バレしない申し込み】WEB完結

大手消費者金融で用意されている申し込み方法です。
スマホから申し込み、審査結果をメールで受け、契約もスマホの画面上で済ませて銀行口座にお金を振り込んでもらう。これがWEB完結です。

全て自分の手の中のスマホで出来てしまうので、親にもバレにくい安心の方法です。
※カードローンによってはWEB完結と表現していないところもありますが、スマホ申し込みからキャッシングまで、すべてをインターネット上でできる仕組みは用意されています。

【親バレしない申し込み】無人契約機

スマホから申込み手続きを終えてから、専用カードを無人契約機まで取りに行くやり方です。

申込みから審査結果受け取りまではWEB完結と同様ですが、その後に専用カードを契約機で発行してもらうところが異なります。

正直、無人契約機の店舗への出入りを見られる可能性もあり、WEB完結より少々リスクはあります。
しかし専用カードがあれば、近くのコンビニATMや銀行ATMで簡単に借入・返済ができるので利用するには便利です。

電話なし郵送物なしのカードローンを選ぶ

もうひとつの方法としては、証拠に残るような電話や郵送物がないカードローンを選ぶことです。

インターネットの普及で消費者金融カードローンでは郵送物なしのサービス展開をしているところが増えました。
では、どこがそのサービスをしているのか紹介しますね。

WEB完結で電話なし郵送物なしのカードローン

WEB完結で電話無し郵便物なしのサービスを行っているのは、SMBCモビットです。
審査結果の連絡はメールのみ、契約書類はネット交付となっています。
「WEB完結で申し込めば電話なし・郵送物なし」とHPでもハッキリ明記しています。

ただ申込み条件として、指定銀行口座を持っているかどうかなど細かく設定されているので、利用するときはその条件に自分が該当するかどうかを確認しましょう。

郵送物なしのカードローンも選択肢の中に

SMBCモビットに限らず他社のカードローンについても、インターネットで契約やキャッシング手続きが取れるようになったので、紙ベースの書類が減ってきています。

親バレする原因のひとつにカードローンからの郵送物が挙げられていますが、裏を返せば郵送物がなければ親にもバレにくいということ。
SMBCモビット以外でも、郵送物の無いカードローンも選択肢に入れましょう。

カードローン利用が親バレしやすい状況とその対策

さて、そもそもなぜ親にバレるのかですが、その原因はさまざまです。
書き込みを調べただけでも、10種類以上はありました。

その中でも、多く見受けられた3つを見ていきましょう。
また、それを回避するための方法も合わせてお伝えしますね。

【親バレの原因】
1.郵送物が家に届いてしまった

郵送物のことは前項でも述べましたが、これが原因で親にバレることが多いようです。
ただ、カードローン会社としてもそれなりの配慮はしていて、郵送元の名称は会社名を伏せて送ってくれます。
〇〇センターという感じですね。具体的には、次のようになっています。

カードローン名 郵送物の差出人名
アコム ACカードセンター
アイフル AIセンター
プロミス 事務センター
SMBCモビット MCセンター

なのに、なぜバレるのか・・・親がウッカリ郵送物を開封してしまったり、見慣れない郵送元の名称に疑問をもって、問い詰められたり・・と言う現状があるようです。

郵便物が届かないようにする対策方法

先ほどもお伝えしましたが、回避方法としては郵送物なしのカードローンを選ぶことです。
ただ、郵送物は契約書だけではありません。

利用明細書や督促状、電話連絡が取れない場合は、はがきや封書が送られてきます。
それにもひとつひとつの対策が必要です。

郵送物に関する対策
●利用明細書
利用明細書に関しては、WEB上での確認も可能となっているので、そのサービスを利用しましょう。

●返済に関する督促の連絡
督促の場合は郵送物だけではなく、自宅に電話が入ることも考えられます。
そもそもきちんと返済するのが、社会人としてあたりまえのことです。
督促されないよう、しっかり自己管理・返済をしてください。

●担当者からの連絡
電話連絡が取れない場合も、郵送物が送られてきますので、担当者から電話連絡が入ったらできるだけ早めに対応するようにしましょう。
目新しい電話番号からの電話に出るのが嫌なら、留守番電話設定にしておけばいいですね。
なんらかのメッセージを残してくれるはずですので、折り返し電話をすれば郵送物も回避されます。

【親バレの原因】
2.専用カードやスマホの画面を見られた

ウッカリと専用カードを置きっぱなしにしていたり、スマホ画面をのぞき見されたりしてバレることもあります。

専用カードやスマホを見られないための対策方法

専用カードは置きっぱなしにしないことです。
家の中だから、自分の部屋だから、と気を許してしまうと親にバレてしまいます。

スマホも同様ですね。
後ろに親が立っていないか、スマホの暗証番号を解除したまま置きっぱなしにしていないか、しっかり意識してください。

【親バレの原因】
3.無人契約機や専用ATMの利用

先ほども少し触れましたが、無人契約機BOXの出入り、専用ATMがある店舗の出入りを見られることもあります。

店舗への出入りを見られないための対策方法

まず、生活圏内の無人契約機やATMは利用しないようにしましょう。
家や職場から近いところは、親以外にも知人や友人がいる可能性が高く、誰に見られるかわかりません。

直接親に見つからなくても、見た人が親に伝えることも考えられます。
行動を起こすときは慎重に動いてください。

カードローンを使うときの心構え

学生でも社会人でもお金を借りるうえでは、それなりの責任が発生します。
何にお金を使うかは自由ですが、借りたものは期限内に必ず返す、これが当たり前の意識です。

親がカードローンについて怒ったり、文句を言うのは、我が子がお金に甘えて身を持ち崩さないか、借金で苦労しないか、を心配してのこと。
自己管理をしっかりして、キチンとお金を管理し、健全にカードローンを使っていれば、たとえ親にバレたとしても大きな問題にはならないはずです。

カードローンを使うときは、自分自身の心構えをしっかりもって利用しましょう。


いかがでしたか?
親にバレにくい申し込み方法や、利用中のバレない対策、お解りいただけましたでしょうか。

利用中にバレる原因として、家での行動が挙動不審だったり、これまでと違う行動するのも良くありません。
家庭内での自然な振る舞いもバレないコツになりますね。

カードローンは、いざという時にとても役立つツールです。
最短即日でお金が借りられたり、無利息のサービスがあったりと、何かと便利なものでもあります。

親にバレない工夫も大切ですが、利用するなら親に心配をかけないようしっかりと使いこなすようにしてくださいね。

関連記事

会社にバレずにお金を借りれるカードローンは?在籍確認でバレない方法

2017年9月11日

誰にもバレずに内緒でお金を借りる方法!家族や会社に知られず借りたい

2017年10月5日

ABOUTこの記事をかいた人