銀行口座不要の消費者金融とカードローンはどこ?

「カードローンを利用したいけど、銀行口座がないと使えないの?」
「カードローンのためにわざわざ口座開設なんてしたくない!」
と思ってはいませんか?

振込融資や口座振替で返済をするために、銀行口座がないと利用できないカードローンがあります。
しかし、口座開設をするのが面倒くさかったり、通帳に履歴が残るのが困るなどの理由で、銀行口座を使わずに借入をしたいという人も多いですよね。

実は消費者金融はもちろん、銀行カードローンでも口座不要で利用できるものがあります。
ここでは、口座不要のカードローンの紹介と、口座を開設しないための条件について解説していきます。

銀行口座不要のカードローン

カードローンを銀行口座なしで利用したい理由は、次のいずれかでしょう。

  • 新しく口座を作るのが面倒くさい
  • 通帳にカードローンの履歴が残って家族にバレるのが困る

あなたが銀行口座なしでカードローンを利用したい理由によって、選べる選択肢は異なります。

銀行口座に履歴を残したくない人は、銀行口座を一切使わないカードローンをおすすめします。
新たに口座を作る手間が嫌な人は、指定の銀行口座以外でもOKなカードローンも視野に入れて検討してみてください。

消費者金融は銀行口座なしで取引可能

カードローンには、大きく分けて消費者金融と銀行カードローンの2種類があります。
消費者金融は、借入方法や返済方法が豊富で使い勝手が良いのが魅力です。
次の大手消費者金融なら、ローンカードを使ってATMで借入や返済をする場合、銀行口座無しでも利用ができますよ。

また、口座振替やネット振込での借入をする場合も、新たに口座開設する必要はなく、あなたが既に持っている口座を利用することができます。

消費者金融名 口座無し 指定以外の口座登録
アコム
プロミス
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA

銀行カードローンはルールがバラバラ!あらかじめチェックが必要

消費者金融は銀行口座登録について自由度が高いですが、銀行カードローンの場合は、選ぶ銀行によってルールがバラバラです。
公式サイトでもわかりにくいケースがあるので、次の表を参考にして、あなたの希望に合うカードローンを選んでくださいね。

銀行カードローン名 口座無し 指定以外の口座登録
三井住友銀行カードローン ×
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック ×
みずほ銀行カードローン × ×
楽天銀行カードローン ×
オリックス銀行カードローン ×

この中で銀行口座が一切必要ない銀行カードローンは、三井住友銀行と三菱UFJ銀行のバンクイックだけです。
ただし、この2つの場合は他行の口座登録ができません。

新たな口座開設はしたくないけど、他の銀行の口座登録をしたいという人は、楽天銀行かオリックス銀行がおすすめです。

みずほ銀行カードローンは、金利が低いのが魅力ですが、みずほ銀行の口座がないと利用できないので注意しましょう。

カードローンを銀行口座なしで利用するための条件と注意点

ここまで説明したように、口座不要のカードローンを選べば、銀行口座を一切通さずに借入と返済をすることが可能です。
ただし、銀行口座なしで利用するということは、せっかくの便利な機能を犠牲にしなければいけないということを忘れてはいけません。

口座なしで利用するための条件と、注意点を見ていきましょう。

振込融資で借入をする場合は口座必須

最近のカードローンはインターネットを活用することで、家から出ずに借入をすることができるようになりました。
しかし、インターネットで借入をする際には銀行口座への振込で行います。

せっかくの便利なサービスですが、振込で借入をする場合は口座の登録をする必要があり、取引をすると通帳にその履歴が残ってしまいます。

口座なしで取引をする場合は、ATMか店舗窓口を利用する必要があるので、注意しましょう。

カードなしにすると口座登録が必要

消費者金融と契約をする際、カードなしで契約することも可能ですが、このサービスも口座の登録をしなければいけません。
カードなしで契約する場合は、基本的には振込での取引を利用することになります。
家族にバレないで借入したい人はカードがない方がバレにくいと考えがちですが、口座登録なしの条件を優先するなら、カードを受けとってATMでの借入をしましょう。

口座なしだと自動引落の返済ができない

カードなしのデメリットは、振込で借入をするときだけではありません。
返済をする際に、銀行口座を登録しない場合は自動引落の設定ができません。
ATMか店舗窓口で返済をしなければいけないので、忘れないように注意してくださいね。

家族や職場にバレずに借りるなら消費者金融のカードローンを利用する

口座なしで借入したい理由が、家族に知られたくないからという人は、口座の履歴以外にも気を配る必要があります。
また、カードローンの利用は家族だけでなく、職場の人にバレる可能性についても配慮しなければいけません。

誰にも知られずに借入をしたいという人は、銀行カードローンではなく、消費者金融を利用しましょう。
銀行口座が不要というだけではなく、消費者金融には次のようなメリットがあります。

自動契約機でカード受取ができ、郵送物なしにできる

カードローンの利用が家族にバレないようにするためには、郵送物に気をつけましょう。
特に、カード受取時に郵送物を見られてしまうケースが一番多いです。

実店舗がある銀行なら、店舗内に自動契約機が設置してある銀行も多く、郵送物を回避できる場合もありますが、ネット銀行のカードローンは、必ず郵送でカードが届きます。

また、実店舗内に自動契約機がある銀行の場合は、ブースへの出入りが周りから丸見えなので、こっそり契約をしたい人には不向きです。

消費者金融なら、国道沿いや街中の目立ちにくい場所に自動契約機が設置してあることが多いので、知り合いに目撃されるリスクを最低限に抑えることができますよ。
※ただし、SMBCモビットは自動契約機でカード受取をした後に確認書類が郵送されます。

在籍確認の際に銀行名を名乗られる

カードローンへの申込が完了すると審査に入りますが、その審査の間に会社へ在籍確認が行われます。
あなたの会社へ電話をすることで、本当にあなたが在籍しているかを調べられます。
全てのカードローンで行われるので、基本的に在籍確認を回避することはできません。

「電話がかかってきたら、会社の人にバレるんじゃないの?」と不安になりますよね。
でも、この電話の要件は、本当にあなたが会社に在籍していることを確認するだけなので、バレてしまうことはありません。

ただし、銀行カードローンと消費者金融では、名乗り方に若干の違いがあります。
銀行カードローンの場合は
「○○銀行の□□と申しますが・・・」というように、銀行名を名乗ります。
一方、消費者金融は
「□□と申しますが・・・」のように、担当者の個人名で電話がかかってくるのです。

どちらもカードローンとは一言も言いませんが、もし勘のいい人が会社にいた場合、銀行名を名乗った時点で感づかれてしまう可能性もあるので、消費者金融の方がより安全でしょう。

誰にも知られずに銀行口座を一切使わずにカードローンを利用する方法

ここまで、銀行口座不要でカードローンを使う注意点について説明しました。
口座なしで、しかも誰にも知られずに借入をするとなると、申込、契約、借入、返済など、多くのことに気を使わなくてはいけません。

ここからは、実際に申込をして利用するまでの流れを解説していきます。
手順を間違えると思わぬところでバレてしまう可能性が高くなるので、慎重に進めてくださいね。

消費者金融のカードローンへインターネットから申込む

誰にもバレずに利用するために、アコム、プロミス、アイフル、レイクALSAのいずれかの消費者金融へ申し込みましょう。

申込にはインターネット、電話、自動契約機などの方法がありますが、オススメはインターネットです。

電話だと周りに誰もいない場所で通話しなければいけませんし、全ての必要事項を口頭で伝えなければいけないので時間がかかります。
自動契約機で申込をすると、審査の待ち時間の間にその場から離れることができないので、知り合いに見られてしまう危険性が高まります。

インターネットなら、後ろから覗かれない限りバレる心配はありませんし、短時間で申込が完了しますよ。

審査の際に在籍確認の電話がかかってくるので慌てずに対応

申込が完了すると審査に入ります。
審査の間に、在籍確認のため勤務先などに電話がかかってくるので注意しましょう。

あなたがその場にいなくても、電話に出た人が「○○は席を外しています」と伝えてくれれば在籍確認は完了です。

あとで「あの電話誰から?」と聞かれるかもしれませんが、取り乱さないように、あらかじめ言い訳を考えておきましょう。
「クレジットカードを申し込んだ」とでも伝えておけば、それ以上追求されることはないでしょう。

契約手続きは自動契約機で

審査が完了し無事に通過すると、次は契約手続きに移ります。
インターネットで契約をすると、銀行口座が必須になったり、場合によっては自宅にカードが届いてしまう可能性があるので、必ず自動契約機で契約をしてください。

手続きの際に、必要書類として本人確認書類などの提出を求められるので、忘れずに持っていってくださいね。
限度額によっては、収入証明書類も求められる可能性もあります。

自動契約機のブースに入り、ガイダンスに従って手続きを進めれば、10分足らずで契約が完了し、カードが発行されます。

借入はATMを利用!利用明細はWEB明細で確認

受けとったカードを利用すれば、ATMで借入をすることができます。
一番早くて手数料がかからないのは、自動契約機に併設されている自社ATMです。
コンビニなどの提携ATMでも借入できますが、手数料がかかります。

また利用明細が発行できないATMを使う場合、後日利用明細が郵送されてくる恐れがあります。
そのようなことがないように、契約後すぐに会員ページへログインし、「WEB明細」を指定して郵送物を回避しましょう。

返済もATMを利用しよう。最後は店舗窓口で。

借入をした後は、毎月一定額以上の返済をしなければいけません。
返済をするときもATMを利用して返済をします。
返済の際も自社のATMなら手数料は無料ですよ。

注意が必要なのは、最後の返済の時です。
ATMでは千円未満のお金を取り扱うことができません。

口座不要で千円未満の金額を返済する場合は、店舗窓口に行って返済をしなければいけませんので、完済をさせる月は慌てないように、早めに準備をしておきましょう。

返済遅れはNG!郵送物が届く可能性あり

ここまでの流れを間違えることなく利用すれば、基本的には家族や職場の人にバレる心配はありません。
しかし、万が一返済が遅れるようなことがあったら、残念ですがバレてしまう可能性は一気に上がります。

延滞が続くと、督促の郵送物が自宅に届くこともあります。
万が一家族にこの郵送物を見られたら、言い逃れすることもできないので気をつけてくださいね。

どうしても遅れそうな場合は、事前に電話をしておきましょう。
事前にいつまでに返済をすると伝えた方が、何も伝えずに遅れるよりは良いでしょう。


カードローンは正しい手順で利用すれば、銀行口座なしで利用することは可能です。
家族にバレずに利用したいという人は、それ以外の部分にも十分に気をつけてくださいね。

関連記事

おすすめの消費者金融と銀行カードローン会社一覧

2017年1月13日

消費者金融で申込24時間OKはどこ?審査営業時間は何時まで?

2017年5月1日

ABOUTこの記事をかいた人