口座開設不要の銀行カードローンは?銀行口座なしでも借りられる!

口座開設不要の銀行カードローンを探しているあなたは、以下のように困っていませんか?
「○○銀行カードローンを使ってみたいけど、やっぱり○○銀行に口座がないと借りられないのかな?他の銀行口座は利用できないの?」
「銀行口座に振り込んでもらうと、通帳に履歴が印刷されちゃうのが困るな」

じつは、銀行カードローンでも、その銀行の口座を開設する必要がないものは存在します。

また、こうした銀行カードローンは口座を開設する必要がないため、借入までの時間を短縮でき、スグにお金を借りることができるんです。

ちなみに、口座開設が必要ない銀行カードローンの中には、他の銀行口座にお金を振り込む形で融資してくれるところもあります。

ただ、銀行口座に振り込んでもらうと、どうしても通帳に履歴が残ってしまいますよね。
そのため、通帳を家族に管理されている人の場合は、キャッシングのことがバレてしまう可能性があるんです。

また、口座引き落としで返済する場合、毎月カードローン会社が決めた日にしか返済できません。
もし給料日前と返済日が重なってしまったら、ますます生活が苦しくなってしまうかもしれませんね。

そのため、新たに口座開設をしたくない人はもちろん、ほかの銀行口座がある人でも、なるべく銀行口座を利用せずにお金を借りるのがオススメです。

そこでここでは、銀行口座を一切必要としない銀行カードローンやメリット・デメリットを紹介します!

口座開設不要の銀行カードローンのメリットは3つ

口座開設の必要がない銀行カードローンには、以下の3つのメリットがあります。

  1. 申し込みから借入までが早い
  2. ATMで返済ができる
  3. 家族にバレにくい

それぞれカンタンに説明しますね。

【口座開設不要のメリット】1.申し込みから借入までが早い

銀行口座の開設が必要なカードローンを利用する場合、口座開設が完了してからようやくお金を借りられます。
ただ、口座開設手続きのひとつ”通帳とキャッシュカードの受け取り”には、1~3週間もの時間がかかることが多いです。
そのため、カードローンの審査自体はスムーズに進んでも、実際にお金を借りられるまでに1ヶ月近くかかってしまうこともあるんです。

一方、口座開設が不要なカードローンであれば、キャッシュカードが手元に届くのを待つ必要がありません。
審査結果が出たら、銀行に設置してある自動契約機で契約とローンカードの受け取りを済ませれば、スグに借入ができます。
店舗がないネットバンクのカードローンの場合、郵送でのカード受取が必要ですが、口座を作成する行程がなければ、通常2~3日で届きます。

【口座開設不要のメリット】2.ATMで返済ができる

口座開設が必要な銀行カードローンは、月々の返済が「自動引き落とし」と決まっていることが多いんです。
しかも、引き落とし日は銀行が指定するため、ただでさえ苦しい給料日前に引き落とし日が重なると、返済が苦しくなる可能性があります。
そんなことにならないためにも、できれば自分の都合で返済日を調整したいですよね。

その点、口座開設が不要な銀行カードローンなら、返済をATMで行うことができます。
ATM返済なら、たとえば「毎月1日から15日のあいだ」のように、返済日の調整が可能なので、無理なく給料日に合わせて返済できるんです。

【口座開設不要のメリット】3.家族にバレにくい

カードローンの利用を家族に内緒にしたい人は多いですよね。
銀行の口座が必要なカードローンは、返済の履歴が通帳に記録されてしまいます。
そのため、もし奥さん(旦那さん)が通帳を管理しているなら、カードローンの利用がスグにバレてしまいます。

一方、口座不要のカードローンなら、借入も返済もATMで済ませることができるため、通帳に一切の履歴を残さず、家族にバレにくいんです。

口座開設不要の銀行カードローンがオススメできる人

これらのメリットを踏まえると、口座開設不要のカードローンは以下のような人にオススメです。

  • できるだけ早く借入したい人
  • 自分の都合で返済日を調整したい人
  • 通帳に履歴が残ると困る人

ここまで、口座開設不要の銀行カードローンのメリットについて説明しましたが、当然デメリットもあります。
後悔をしないよう、デメリットもきちんと確認しておきましょう。

口座開設不要の銀行カードローンのデメリットはふたつ

口座開設の必要がない銀行カードローンには、以下のふたつのデメリットがあります。

  1. ローンカードが必須なのでカードの発行と取扱いに注意が必要
  2. 借入も返済も現金を用意しなければいけない

【口座開設不要のデメリット】
1.ローンカードが必須なのでカードの発行と取扱いに注意が必要

銀行口座を利用しない場合、ATMを使って借入や返済をするしか方法がないので、ローンカードを受け取る必要があります。
カードを受け取るときは、自動契約機に行くか郵送でのやり取りを行いますが、この際、家族や近所の人に見つからないように注意が必要です。
ただ、銀行カードローンなら、銀行内に自動契約機が設置されていたり、郵送物の送り主が銀行名だったりと、バレないように工夫されています。
そのため、家族に管理されている通帳に記帳されるよりも、リスクはずっと低いですよね。

また、カードを財布などに入れて管理する場合、家族などに財布を見られてカードローンを利用していることがバレてしまう可能性があります。
そのため、カードを保管する場合は、財布の目立たないポケットに入れて、財布を使っているときにチラっと見えないように気をつけてくださいね。

ちなみに、よくCMで見かける「WEB完結」という取引は、とても魅力的に感じますが、これは銀行口座への振り込みでお金を借りるものです。
口座不要の取引をしたいという場合は、WEB完結の取引は利用できないので注意しましょう。

【口座開設不要のデメリット】
2.借入も返済も現金を用意しなければいけない

銀行口座を通さずに、ATMで取引をするということは、借入をする時も返済をする時も現金のやり取りをしなければいけません。
少額を借りたり返したりする場合は、それほど気になりませんが、高額の現金を一度に出し入れする場合は、持ち運びするときに注意が必要です。

口座開設不要の銀行カードローンがオススメできない人

上記のデメリットを踏まえると、口座開設不要の銀行カードローンは、次のような人にはオススメできません。

  • ローンカードを持ちたくない人
  • ローンカードの発行が面倒な人
  • 高額の現金を持ち歩くのが不安な人

ここまで、口座開設が不要の銀行カードローンのメリットとデメリットを紹介しましたが、イメージはできましたか?
つづいては、実際に口座開設が不要の銀行カードローンからお金を借りるための、具体的な方法について説明しますね。

銀行口座なしでもカードローンでお金を借りる方法(申込~借入の流れ)

銀行ごとに若干の違いはありますが、申込から借入までの大まかな流れは以下の通りです。

1.インターネット申し込み

まずはインターネットで公式サイトへアクセスし、申し込み手続きを行います。
申込フォームには、あなたの氏名や住所などの基本情報や、勤め先の住所や年収などを入力します。

2.審査

申込が完了すると審査が行われ、審査結果の連絡がメールか電話で来ます。

3.自動契約機で契約&カード受け取り

無事審査に通過したら、契約とカードの受け取りを行います。
もっとも早くカードの受け取りができるのは、「自動契約機」を使う方法です。
ただし、一部の銀行カードローンでは、契約とカード受け取りを「郵送のみ」としていることがあるため、借入までに数日かかることに注意しましょう。

4.ATMで借入

カードを受け取ったら、銀行ATMやコンビニATMなどの提携ATMで借入ができます。


銀行口座なしでお金を借りるための具体的な方法は、イメージできましたか?
さっそく申込をしたくても、どこの銀行を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。
というわけで、つづいては口座開設不要な有名銀行カードローンを紹介します。

口座開設不要な有名カードローン

有名な口座開設が不要の銀行カードローンには、以下のようなものが挙げられます。

  1. 新生銀行カードローン レイク
  2. オリックス銀行カードローン
  3. バンクイック
  4. 三井住友銀行カードローン

それぞれの銀行カードローンについて、カンタンに説明しますね。

「新生銀行カードローン レイク」は無利息サービスでお得に使える

金利 4.5~18%(無利息サービスあり)
上限限度額 500万円
自動契約機台数 798*
自動契約機の営業時間 7:30~24:00(日曜日は22時まで)
特徴
  • 全国に自動契約機があるので地方の人でもOK
  • 郵送物なし
  • 「全額分30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の無利息サービスあり

(*新生銀行2017年度第1四半期データブック(http://www.shinseibank.com/corporate/ir/quarterly_results/quarterly_results_2017/pdf/1qfy17databook170802je.pdf)より。2017年6月時点)

上限金利で比較すると、他行のカードローンよりもレイクの方が高いため、損であるように感じますよね。
しかし、レイクにはその金利の高さをカバーしてくれる”ふたつの無利息サービス”があるんです。

  • 全額分30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

上記のうち、よりオトクになるほうを選べるので、金利が低い他行よりも利息額を抑えて借入できます。

関連記事

金利の安いカードローンは?利息が低いカードローン比較

2017.10.05

金利0円で借りれる!おすすめ無利息カードローンを徹底比較

2017.07.21

「オリックス銀行カードローン」は高額借入時の利息が安い

金利 1.7~17.8%
上限限度額 800万円
自動契約機台数 なし
自動契約機の営業時間 なし
特徴
  • 他行と比較して、最高限度額が高く、最低金利が低いので高額借入に向いている
  • ネット銀行なので店舗がない
  • カード受け取り方法は郵送のみ

オリックス銀行カードローンは、上限金利が高めですが、他行と比較して下限金利は低く、借入限度額は高いです。
一番安い金利は1.7%に設定されており、上限金利は800万円で、他行と比べても高い水準です。
ただし、ネット銀行で店舗でのカード受け取りができないので、郵送でのやり取りは必須です。

「三井住友銀行カードローン」は金利低めで全国どこでも借りやすい

金利 4.0~14.5%
上限限度額 800万円
自動契約機台数 2505*
自動契約機の営業時間 9:00~21:00(例外あり)
特徴
  • 全国に自動契約機が多数あるので地方在住の人でも手続きしやすい
  • 郵送物なし
  • 上限限度額が高い

(*三井住友銀行カードローン公式サイトのローン契約機検索機能(https://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=smbcbank)より算出。2017年10月24日時点)

三井住友銀行カードローンの自動契約機は、日本全国どの都道府県に行ってもあるので、地方でも自動契約機でカード発行できます。
また、金利が低く上限限度額は高いので、高額の借入を検討している人でも安心です。

「バンクイック」は都市圏でもっとも便利に使えるカードローン

金利 1.8~14.6%
上限限度額 500万円
自動契約機台数 627*
自動契約機の営業時間 9:00~18:00(祝日は10時から。日曜日は休業)
特徴
  • 都市部住んでいる人は店舗数が多いので便利
  • 郵送物なし

(*バンクイック公式サイトのテレビ窓口検索機能(http://map.bk.mufg.jp/b/bk_mufg/count/?contact_tv=%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E7%AA%93%E5%8F%A3)より。2017年10月24日時点)

三菱東京UFJ銀行のカードローン バンクイックは、店内に設置してある「テレビ窓口」で契約とカード受け取りをします。
ただ、店舗は都市部に集中しているため、地方在住の人よりも東京や大阪などの都市部在住の人向けのカードローンです。

口座開設なしで即日融資を希望するなら消費者金融がオススメ

これらの口座開設不要の銀行カードローンの中で、あなたが申し込みたいものは見つかりましたか?

ここまでは「銀行カードローン」についてのみお話ししましたが、もし今日中に借りたいのであれば、「消費者金融カードローン」がオススメです。
というのも、消費者金融カードローンは銀行口座の開設が不要で、大手の場合は「無利息サービス」があり、最短即日で借入可能なんです。

消費者金融というと、金利が高いイメージがあり、あまり魅力的に感じない人も多いかもしれませんね。
しかし、新生銀行カードローンレイクのところでもお話ししたように、金利が多少高くても無利息サービスがある方が、利息額が安くなることもあります。

口座開設不要でより早く、よりオトクにお金を借りたいのであれば、消費者金融も検討してみるのがオススメですよ。

関連記事

おすすめの消費者金融と銀行カードローン会社一覧

2017.01.13

「銀行カードローンは口座開設する必要がある」という先入観がある人は多いですが、じつは口座を作らなくても使えるものはたくさんあります。
さらに消費者金融も合わせて検討し、あなたにピッタリのカードローンへ申し込んでくださいね。

関連記事

金利の安いカードローンは?利息が低いカードローン比較

2017.10.05

金利0円で借りれる!おすすめ無利息カードローンを徹底比較

2017.07.21

ABOUTこの記事をかいた人