給料前借りに手数料はかかる?前払いできる?実際の頼み方と言い訳理由

あなたはお金が足らなくて、会社に給料を前借りしようか迷っていませんか?
ただ、給料の前借りが違法だったり、前借りすることで何かデメリットがあったりすると、とても困りますよね。
じつは、給料日より前に会社からお金を受け取ることは、まったく違法ではありません。

ただ、いろいろな条件があり、給料日前にお金を受け取るのは少しハードルが高いんです。
さらに、上司からの評価が下がったり、余分に利息を取られたりなど、気をつけるべき点がたくさんあります。

そこでここでは、給料の前借りについて、労働基準法やメリット・デメリットと絡めて、くわしく説明しますね。

給料の「前払い」と「前借り」はまったく違う!

じつは、給料の「前払い」と「前借り」は、まったくの別モノなんです。
前払いは、すでに働いた日数分の給料を、給料日前でも渡してもらえる制度のことです。

一方、前借りは、まだ働いていない分の給料も含めて、会社からお金を借りることをいいます。
では、それぞれの特徴について、具体的にお話ししていきますね。

給料の「前払い」は労働基準法で認められている”非常時の対応”のこと

給料の前払いについては、労働基準法の第25条でキチンと認められている「働く人」が持つ権利です。

この法律では、労働者が「給料を前払いしてほしい」とお願いした場合、雇用主は、給料を前倒しで支払うことが義務付けられています。
そして、それが給料支払日の前でも、前回の給料支払い分以降に労働者が働いた分の給料を支払います。

ただし、これは労働者やその妻・子供が出産・病気・災害などの非常事態になった時にのみ有効なので、「飲み会が多くて金欠」などの理由では認めてもらえません。

前払いのメリットは、正社員以外でも適用されて利息がないこと

給料前払いのメリットは、以下のふたつです。

  • 前払いは「働いた分」の給料を先に支払ってもらうだけなので、返済や利息の必要がない
  • 正社員以外の、契約社員・派遣社員、パートやアルバイトでも前払いをしてもらえる

前払いのデメリットは、会社に家計状況がバレたり必要額に足らない可能性があること

前払いしてもらうデメリットは、以下のふたつです。

  • お金に困っている事実や非常用の蓄えがないことが、会社にバレてしまい、「お金の使い方に問題があるのでは?」と評価が下がる可能性がある
  • 「すでに働いた分だけ」の支払いなので、給料日からあまり日数が経過していない場合など、必要な金額に達しない場合もあります。

給料前払いサービスを導入する企業は増えている

最近では、給料の前払いサービスを導入する企業は増えています。
このサービスを採用している企業であれば、非常時ではなくても従業員がすぐに現金を受け取れます。
また、申請書を提出したり、口座を作ったりする必要がないうえに、最短即日でお金を手にすることができるんです。

ただし、サービスを利用するには手数料がかかるのが一般的で、中には手数料が非常に高いものも存在します。
給料前払いサービスを利用する前には、かならず手数料をチェックしてくださいね。


ここまで、給料の「前払い」について説明しましたが、イメージはできましたか?
つづいては、給料の「前借り」について説明しますね。

給料の「前借り」は会社が任意で行う”貸付”のこと

「前払い」は働いた分を給料前に支払ってもらうことでしたが、「前借り」は働いていない給料を借りる、つまりは借金することなんです。
つまり、翌月分以降の給料を先にもらおうと、申請できるんです。

ただ、前借の場合はあくまでも借金なので、会社側としては法律で定められた前払いのような義務はありません。
会社によっては「請求に応じる必要はない」と考えるところもあります。

前借りのメリットは必要額を借りられる可能性があること

前借りのメリットは、働いていない分のお金も借りられるわけですから、前払いと比べると多くのお金を手に入れられる場合があることです。
また、前払いのように法律で定められた緊急時以外にも、お金を借りることができます。

前借りのデメリットは会社からの信用を失うだけで1円も借りられない可能性があること

前借りのデメリットは利息が発生することで、消費者金融と同じくらいの利率で利息が発生します。
また、前払いと同様にお金に困っていることがバレてしまい、さらに緊急事態でもない場合は信用を失ってしまう可能性もあります。

さらに、会社によっては、まったく貸してくれない可能性もあります。
消費者金融と同じ利息が発生する可能性があるのに、信用だけ失って1円も借りられないのは、とても残念ですよね。


ここまで、給料の「前払い」と「前借り」について、メリット・デメリットなどの特徴を説明しました。
最後に、実際に「前払い」「前借り」をするときの、会社への頼み方を紹介しましょう。

給料日前に会社からお金を借りるための具体的な頼み方

給料日前に、会社からお金を借りるための頼み方は、前借りと前払いとで異なります。
それぞれについて、具体的に紹介しますね。

【会社への頼み方・言い訳・理由】
給料前払いの場合

お願いするときのコツは、非常時であることをキチンと伝えるのが効果的です。

【例1】
「お姑さんが体調を崩して緊急入院することになり、自分がしばらく面倒を見ないといけなくなりました。
万が一のことも考えて費用の準備もしておきたいと思っているので、念のため□□円を前払いしていただけないでしょうか。
お休みを頂く上に厚かましいお願いとは重々わかっておりますが、何とかご理解いただけないでしょうか」
【例2】
「夫(妻)が急に体調をくずし、しばらく仕事ができなくなりました。収入も減るうえに、医療費が結構かかってしまって。
申し訳ないですが、一時的に前払いしていただくことはできませんでしょうか」

なお、誰にお願いするかは、決裁権のある人に頼むのが一番早いです。
しかし、「自分の立場では直接頼めない」という場合もありますよね。

そんな時は下記を参考に、まずは相談レベルでお願いしてみましょう。
その後、誰に申請をだすか、誰に直接おねがいするか、の指示があるはずなので、それ従って担当者にお願いしてみてください。

  • 正社員:直属の上司に相談
  • 契約社員:直属の上司に相談
  • パート・アルバイト:仕事を教えてくれている正社員(店長など含む)にまずは相談
  • 派遣社員:派遣先を指示してくれる営業、もしくはチーム長に相談

【会社への頼み方・言い訳・理由】
給料前借りの場合

こちらは前払いとは違い、非常時での話はできませんので、なるべく低姿勢でお願いしましょう。

【例1】
「事情で体の不自由なお姑さん(家族)を引き取って家で面倒を見ることになりました。家財道具など調達するのに、手元資金が足りていません。申し訳ないですが、給料を前借りさせていただけないでしょうか。」
【例2】
「実家が老朽化で屋根の一部が抜け落ちてしまいました。(もしくは床が抜けてしまった)母親(父親)の一人住まいで危険なので親族でお金を出し合ってリフォームすることになったのですが、手持ちの金額では負担金額に足りません。恐縮ですが〇〇円を前借りさせてもらいたいのです」

このお願いはできれば社長や経理の役職の人に直接お願いするのが良いのですが、立場上それが無理なら、信頼できる上司にお願いしてみましょう。

  • 正社員:直属の上司、もしくは経理担当
  • 契約社員:直属の上司、もしくは経理担当
  • パート・アルバイト:仕事を教えてくれている正社員(店長含む)
  • 派遣社員:派遣先を指示してくれる営業、もしくは事務の窓口担当

今回は、給料の前払いや前借りについて説明しましたが、これらの違いや特徴はつかめましたか?
今すぐお金が必要でも、会社からの信頼がなくなる危険性や、借りられる額が限られていることなど、しっかりと考えたうえで行動に移してくださいね。

関連記事

どうしてもお金が必要でピンチ!大至急お金を作る方法

2017.10.05

初めてお金を借りるならおすすめのカードローンと知っておきたい予備知識まとめ

2017.05.02
 

ABOUTこの記事をかいた人