新生銀行カードローンレイクの特徴と審査・申込の流れを解説

新生銀行カードローンレイクでお金を借りたいけれど、本当にレイクでいいのか悩んでいたり、具体的な申込手順などがわからず心配だったりしませんか?
レイクは、選べるふたつの無利息プランがあったり、ATM手数料無料だったりと、とにかくリーズナブルに借り入れできます。
しかも、新生銀行が運営しているカードローンなので、安心感もありますよね。
ただし、しっかりと知っておきたいデメリットも存在します。
そこで、ここでは新生銀行カードローンレイクについて、メリットとデメリットや、申込の流れなどを紹介します。

新生銀行カードローンレイクでお金を借りるメリットは3つ

「本当にレイクに申し込んで大丈夫?」と不安に思っている人は、他社のカードローンと比べた時のメリットとデメリットを確認しましょう。
新生銀行カードローンレイクには、以下の3つのメリットがあります。

【新生銀行カードローンレイクのメリット】

  1. 「30日間無利息」か「5万円まで180日間無利息」のどちらかを選べる
  2. 提携ATMの利用手数料が無料
  3. 在籍確認や郵送物で職場や家族にバレにくい

それぞれについて、ひとつずつカンタンにお話ししますね。

【レイクのメリット】
1.30日間無利息か5万円まで180日間無利息のどちらかを選べる

レイクの一番大きい特徴は、無利息で借入できる期間があるということです。
しかも、「30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」の2種類のプランから選ぶことができるので、あなたの借入額や返済ペースに合わせてオトクな方を選べます。
なお、このふたつの無利息プランについては、のちほどくわしく説明しますね。
 

【レイクのメリット】
2.提携ATMの利用手数料が無料

カードローンでお金を借りる時は、一度に高額の借入をしてしまうと、その分利息が多くかかってしまいます。
利息を抑えるためには、必要な時に必要な金額だけ借入したほうがいいのですが、一般的なカードローンではATMを利用するたびに、以下の利用手数料がかかってしまいます。

取引金額 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

(参考:利息制限法施行令)
 
1度や2度であれば大した負担ではありませんが、何度も繰り返し利用すればかなりの金額を損してしまいますよね。

一方、レイクの場合、コンビニなどの提携ATMの利用手数料はずっと0円です。
そのため、手数料を気にせずに何度も少額借入や返済ができ、利息を安くおさえられますよ。

【レイクのメリット】
3.在籍確認や郵送物で職場や家族にバレにくい

お金を借りるなら、誰にも知られたくありませんよね。
レイクなら、カードローン利用がバレやすいシーンへの配慮が行き届いているので、安心して借りられるんです。
このカードローン利用がバレやすいシーンとは、「在籍確認」と「郵送物」です。
そこでそれぞれのシーンについて、レイクではどのような配慮がされているのか、カンタンに紹介しますね。

在籍確認の電話は個人名か銀行名でかかってくるから会社にバレない

在籍確認とは、あなたが申告した職場に本当に在籍しているのかを、確認するための作業です。
具体的にはあなたの職場にレイクの担当者から「○○様はいらっしゃいますか?」と電話がかかってきます。
そこで「レイクの者ですが・・・」とかかってきたら、その時点でレイクに申し込んだということがバレてしまいますよね。

レイクでは職場の人に利用がバレないための配慮として、「私、佐藤と申しますが」などのように“担当者の個人名”で電話をしてくれます。
また、申込後にレイクに電話で希望すれば「新生銀行ですが」と名乗ってもらえるため、「子どもの教育ローンのことで」「マイカーローンで」などと言い訳することができるんです。
(参考記事:会社にバレずにお金を借りれるカードローンは?在籍確認でバレない方法

郵送物なしにできるから家族にバレない

銀行カードローンでは、一般的にカードが必要で、受け取り方法には郵送などがあります。
この郵送物が家に届くと、家族から「カードローンでお金をかりているんだ!」と思われてしまいますよね。
しかしレイクでは、カードを郵送ではなく自動契約機で発行してくれるので、家族にバレることなくカードを手に入れることができるんです。
さらにカード発行自体がなく、振込のみで借りられる「カードレス」なら、カード受取のために自動契約機に行く必要さえありません。
また、利用明細などの郵送物も「なし」に設定できるので、とにかく安心して利用できるのが嬉しいですね。

【補足】滞納時には郵便物は届いてしまうので注意!

レイクでは郵送物が届かないよう配慮されていますが、返済期日に遅れてしまった場合は督促状などの郵便物が届く可能性があります。
期日内に返済を続けていれば、郵便物の心配はいらないので、返済はかならず期日までに行いましょう。

 
ここまでレイクのメリット3つを紹介してきましたが、デメリットについてもチェックしておきましょう。

新生銀行カードローンレイクのデメリットは金利が高めなこと

レイクのデメリットは、他社の銀行系カードローンと比較すると、4.5~18.0%と高めに設定されている点です。
高いほうの金利を比較すると、多くの銀行系カードローンは15%前後であることが多いので、レイクはやや金利が高めと言えるんです。

ただし、「レイクでの借入は損」というわけではありません。
というのも、金利は高めでも、レイクのように無利息期間があるほうがオトクなこともあるからなんです。
(参考:「金利0円で借りれる!おすすめ無利息カードローンを徹底比較(https://lapl.jp/kinri0-murisoku-cardloan/)」)
 というわけで、つづいてはレイクの選べる2つの無利息プランについて、くわしく説明しますね。

レイクの無利息プランは「全額30日間」と「5万円まで180日間」から選べる

レイクの無利息サービスは、「全額30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」のふたつからオトクなほうを選ぶことができます。
どちらがオトクになるかは、借入額や返済期間によって異なるため、以下の表をチェックしてどちらがあなたの希望に合っているかチェックしてみましょう。

利息の支払い総額
借入額 10万円 20万円 30万円
無利息
プラン

返済
期間

(全額分)
30日間無利息
5万円まで
180日間無利息
(全額分)
30日間無利息
5万円まで
180日間無利息
(全額分)
30日間無利息
5万円まで
180日間無利息
1ヶ月 0円 739円 0円 2,219円 0円 3,698円
3ヶ月 1,463円 986円 2,927円 3,722円 4,347円 6,665円
半年 3,542円 1,500円 7,315円 6,172円 11,087円 11,256円
1年 7,779円 4,998円 15,562円 15,036円 23,861円 24,043円
2年 17,356円 14,340円 34,724円 32,873円 52,091円 52,314円

この表からわかるように、ふたつの無利息プランは以下のように使い分けるのがオススメです。

  • 高額借入や短期返済なら「(全額分)30日間無利息」
  • 少額借入か長期返済なら「5万円まで180日間無利息」

それぞれについて、カンタンにお話ししますね。 

高額借入や短期返済なら「(全額分)30日間無利息」がオススメ

30日間無利息プランとは、借入金額にかかわらず、契約日の翌日から30日間は利息が0円になるものです。
たとえば、10万円を金利18%で30日借りる場合、通常なら1,479円の利息が発生しますが、30日間無利息プランなら利息は0円です。

こんな人にオススメ

  • 高額の借入を検討している人
  • 短期間で返済が可能な人

少額借入や長期返済なら「5万円まで180日間無利息」がオススメ

5万円まで180日間無利息プランは、5万円までの上限はありますが180日間の利息が0円になるものです。
たとえば、10万円を金利18%で180日借りる場合、通常なら8,876円の利息が発生しますが、5万円まで180日間無利息プランなら利息は半額の4,438円ですみます。

こんな人にオススメ

  • 借入額が少ない人
  • 長期間かけて返済をしたい人

ここまで、レイクのふたつの無利息プランについて説明しましたが、どちらの無利息プランがあなたに合っているかわかりましたか?
希望の無利息プランでスムーズに申し込めるよう、つづいては、レイクの申し込み手続きについて確認しておきましょう。

レイクの申込条件と必要書類を確認しよう

レイクに申し込むには、申込条件を満たしつつ、決められた書類を提出する必要があります。
そこで、申込条件と必要書類を紹介しますね。

レイクの申込条件は20~70歳で安定した収入があること

レイクへの申し込み条件は以下のとおりです。

  1. 年齢が満20歳以上70歳以下であること
  2. 安定した収入があること

「安定した収入」とは、正社員以外のバイト学生、パート主婦、フリーターなどでもいいので、毎月一定金額の収入があることです。
毎月の収入額が「30万円→0円→50万円→5万円・・・」などのように一定ではない場合は、レイクからの借入はできません。

レイクの必要書類は基本的には「本人確認書類」のみ

申し込み時には、全員が「本人確認書類」を提出する必要があるので、忘れずに用意してください。

【本人確認書類】

  • 以下のうちいずれかひとつ:運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書
  • 自動契約機で「健康保険証」を提出する場合、以下のうちいずれかひとつも必要:公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑登録証明書

レイクへの申し込み方法は3種類

申込み条件の確認と必要書類の用意ができたら、いよいよ申込手続きをしましょう。
レイクの申込方法には「インターネット」「電話」「自動契約機」の3種類があります。
もっとも手軽で早いのは「インターネット」申込ですが、それぞれの方法についてもカンタンに説明しますね。

【レイクの申込方法】「インターネット」は手軽で早いのでオススメ

一番のオススメは、インターネットでの申し込みです。
スマホやPCから公式サイトにアクセスして、必要事項をフォームに入力するだけで完了します。
電車の中や仕事のスキマ時間などにサッと申し込みできるので、忙しい人でも無理なく申し込みができますよ。

【レイクの申込方法】「電話」はカンタンだが申込を中断できない

レイクのフリーダイヤルから電話申込をする場合は、オペレーターからの質問に口頭で答えれば申込は完了します。
聞かれることに答えるだけなのですが、一度通話を始めてしまうと中断することができません。
そのため、会社の従業員数や自宅のローン状況など申込に必要な情報がわからない場合、再度調べてから電話をかけなおす必要がでてくる可能性があり、やや面倒なんです。
また、通話中の会話を誰かに聞かれてしまうと、レイクを利用しようとしているのがバレてしまう可能性があるので、電話申込を希望する場合は十分に注意してくださいね。

【レイクの申込方法】「自動契約機」は1ヶ所で完結するが拘束時間が長い

レイクの自動契約機から申し込む場合、申込から借入まで1カ所で完結することができます。
しかし、すべての行程が完了するまで約1時間以上かかることもあり、その間自動契約機から離れられないというのが難点です。
また、審査に通過できなかった場合は、自動契約機内での待ち時間がすべてムダになったり、必要書類が足らない場合は、再度来店して初めから手続きする必要があったりするんです。
そのため、自動契約機で申込をしたい場合は、時間がムダになってしまう可能性も頭の片隅においておき、必要書類に不備がないようにしっかりと準備をして来店してくださいね。


申込方法3つについてお話ししましたが、あなたに合う方法は見つかりましたか?
ここでは、もっとも早く手軽な「インターネット申込」でお金を借りる方法について、具体的に説明しますね。
手続きでミスをして借入までのスピードが遅くなってしまわないように、しっかりと確認しておいてくださいね。

レイクから最速で借りるためのインターネット申込の流れ

レイクから“最速”で申込から借入までを終わらせるには、以下のような2パターンの方法があります。

大まかには「申込 → 審査 → 契約 → 借入」という流れで進み、借入方法(STEP4)が「振込キャッシング」か「ATM借入」かによって契約方法(STEP3)が異なります。

レイクの申込フォームに入力する内容をチェックしておこう

まず申込では、公式サイトの申込フォームに以下の内容を入力します。

あなたについて 名前、生年月日、性別・独身/既婚、メールアドレス、利用希望金額
住居について 自宅住所、居住形態、居住年数、家賃または住宅ローン(月額)、同居人数、自宅固定電話の有無(ありの場合は電話番号入力)、携帯電話番号、家族承知の有無
勤務先について 有職/無職、勤務形態、勤め先名、業種、職種、勤め先電話番号、従業員数、保険種別、勤続年数、給料日、月収(手取り)、年収(税込み)
借り入れ状況について 他社借入件数、他社借入金額
本人確認書類について 運転免許証有無、その他の本人確認書類

入力内容はとくにムズカシイ内容はないので、迷わずに進めることができますよ。
すべての入力が完了したら、審査の結果がスグに表示され、契約手続きに移ります。

レイクの契約方法は「インターネット」か「自動契約機」から選ぶ

審査結果が出たら契約手続きを行いますが、先ほどお話ししたように契約方法と借入方法を以下の2パターンから選びます。

  1. インターネット契約で振込キャッシング
  2. 自動契約機でカード受取してATM借入

それぞれの契約方法について、カンタンに説明しますね。

【レイク契約方法】
1.インターネット契約で振込依頼

インターネット契約は、必要書類の写真をアップロードし、インターネット上で契約内容の確認と振込依頼をすれば完了します。
基本的に、インターネット契約で振込キャッシングをする場合は、カード発行はありませんが、カードを希望する人には郵送で自宅に届きます。
そのため、カードは必要だけれど郵便物は困るという人は、次に説明する「自動契約機でカード受取」をするのがオススメです。

【レイク契約方法】
2.自動契約機でカード受取

自動契約機でカード受取をする場合は、審査結果が出たらレイクの自動契約機まで、必要書類を持って行きます。
自動契約機のブース内にはスキャナが設置されているので、必要書類を読み込ませて「契約内容確認書」に署名をすれば、カードが発行されます。
カードを利用すれば、コンビニATMなどからも24時間お金を借りることができるのでとても便利ですよ。


レイクの選べる無利息期間の特典を上手に使えば、他社カードローンよりもオトクに借入をすることができます。
利息の支払を最小限に抑えたいという人は、あらかじめ無利息期間のシミュレーションをしたうえで、あなたに適した方法で借入をしてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人