レオパレス21の株主優待はグアムや国内ホテルの宿泊費がお得!

マンスリーマンション等の賃貸経営で知られるレオパレス21。
10万円の予算で株を保有できます。

このレオパレス21は、株主優待、配当金の二重取りができるお得な株です。
株主優待は海外のホテルの宿泊券もあり人気となっています。

レオパレス21の株主優待は、グアムと国内ホテルの宿泊券!

レオパレス21は、賃貸マンションで有名な企業です。

一般的な賃貸契約のほか、マンスリープランと呼ばれるマンスリーマンションの賃貸、短期プランと呼ばれる賃貸も行っているので、家族が単身赴任をした時や、受験で一週間ほど上京したことがある人にもおなじみの企業かもしれません。

このレオパレス21の株には株主優待があり、グアムと国内ホテルの宿泊券がもらえます。

レオパレス21の株主優待がお得!グアムのレオパレスリゾート宿泊券の内容

レオパレス21の株主優待制度は、9月30日、3月31日に100株以上保有の株主が対象です。
レオパレスリゾートグアム宿泊無料券と国内レオパレスホテル50%宿泊割引券が株の保有数と保有期間に応じてもらうことができます。優待券1枚で1室1泊の利用が可能になります。 

年に2度、以下の枚数の宿泊券がもらえます。

レオパレスリゾートグアム宿泊無料券 国内レオパレスホテル50%宿泊割引券
3年未満 3年以上 3年未満 3年以上
100~999株 2枚 3枚 2枚 3枚
1000株以上 2枚 3枚 8枚 12枚

ただし、利用には以下の条件があります。

  • ハイシーズンは利用日制限がある
  • 航空券はなし 
  • 割引対象は宿泊料金のみ(飲食、ゴルフプレー料金は割引対象外)
  • 利用時には予約時に株主優待を利用すると伝える必要があり、チェックイン時にフロントに提示

なお利用期間にも期限があり、例えば2017年度に配布された優待券だと「2017年9月1日~2018年2月28日」と半年間の期間で、12月28日~1月3日は除くと記されていました。

有効期限が長いと2枚株主優待券×2回(年間分)を一度に利用できるのですが、そういうわけにはいかないようです。

レオパレス21の国内ホテルの宿泊券の内容

国内レオパレスホテル50%宿泊割引券は、100株以上保有で3年未満は2枚、3年以上は3枚もらえますが、1000株保有で3年未満だと8枚、3年以上だと12枚と大幅にもらえる枚数が増えます。

もし、国内出張が多く、レオパレスホテルによく泊まるなら買いましもお得ですね。

レオパレスホテルは、全国に4か所あります。

  • ホテルレオパレス札幌 
  • ホテルレオパレス仙台
  • ホテルレオパレス名古屋
  • ホテルレオパレス博多

例えば、ホテルレオパレス博多のシングルルームは1泊12,000円程度なので6,000円ほどに、ホテルレオパレス名古屋のシングルルームは1泊10000円程度なので5,000円で宿泊できます。
ビジネスホテルと同額の金額で、かなりお得に宿泊ができますね。

また、ホテルレオパレス札幌には6名まで利用できるフォースルームという部屋があるので、ビジネスだけでなく家族でのおでかけに利用できそうです。

宿泊券だけじゃない!賃貸物件の入居費用や建築請負工事費用の割引も。

レオパレス21の株主優待券は、何といってもホテルの宿泊券が魅力ですが、他にも株式の保有数300株で次のような優待があります。

  • 賃貸管理物件、入居時費用割引 
  • (株)レオパレス21、(株)もりぞう 建築請負工事の時の費用割引

レオパレス物件に入居を予定している人や建築予定の人は、300株の株主優待もメリットがあるかもしれませんね。

レオパレス21の株主優待を受けるには

レオパレス21の株主優待を受けるにはどうすればいいのでしょうか。
また、いくらくらいの予算が必要なのでしょうか。

どれくらいレオパレス21の株を保有すればいいのか。その値段は?

2018年5月現在、レオパレス21の株価は1株963円となっています。
100株単位で購入するとして96,300円。証券会社によっては手数料を払うので約10万円の予算と計算していいでしょう。

10万円で「レオパレスリゾートグアム宿泊無料券」と「国内レオパレスホテル宿泊50%割引券」がもらえます。

もし、300株で「賃貸管理物件、入居時費用割引」と「(株)レオパレス21、(株)もりぞう 建築請負工事の時の費用割引」を受けたいのなら、10万円予算×3で30万円ほどあれば保有できる計算です。

権利確定は3月末日、9月末日の2回。
株では、権利が確定する直前に保有したとしても株主優待を受けられます。
例えば、3月初旬に100株を保有したとしても権利を受けられる計算です。

ただ、権利確定月はどうしても高値掴みをしやすいので、欲しいと思っているのなら株価をチェックして、お手頃な時に保有する方が良いでしょう。

レオパレス21には配当金も出ます。
2018年3月期の配当金は1株当たり22円(うち中間配当金10円)でした。

100株を96,300円で保有したとして、年間2,200円の配当金が出ると計算すると

2,200÷96,300×100=2.28

となり、2.28%の利益と同じ計算になります。

株価は変動するものの長期保有をするとして、毎年配当金が出るなら2.28%の利子がついているということになりますね。
株主優待を利用せずともお得なわけです。

株主優待の宿泊券を使ってお得に旅行をするには

レオパレスリゾートグアム宿泊無料券が一体、いくらくらいの価値があるのか気になるところですよね。

グアム旅行がどれくらいお得になるのか、調べてみました。

レオパレスリゾート宿泊券+LCC利用でグアム旅行が格安に!

レオパレスリゾートグアム公式サイトでクエストタワーツインルームの5~7月のお得なプランでの宿泊料金を検索してみました。

3泊以上の宿泊のお客様限定プランなので、1泊だけで計算すると高くなってしまうかもしれませんが、一覧では97ドル、税込み107.67ドルでした。

日本円にすると、1万円ほど。2枚株主優待券がもらえたら2万円ほどの金額相当分という計算ですね。優待券1枚につき1泊分が無料になります。

グアム行きの6月の往復直行便のフライトを見てみると以下のような金額になっています。

  • 成田発グアム着
    • ユナイテッド航空 平日発86,570円~ 祝前日発97,870円~
    • 日本航空 平日発 62,370円~ 祝前日発90,870円~
  • 関空発グアム着
    • ユナイテッド航空 87,000円~
    • ティーウェイ航空 140ドル~
  • 中部国際空港発グアム着
    • ユナイテッド航空 86,530円~
  • 福岡発グアム着
    • ユナイテッド航空 101,530円~

航空券を購入するとパッケージツアーより高く感じるのですが、関西国際空港からLCCのティーウェイ航空グアム便を利用すると、閑散期の場合は往復20,000円が最低水準ですので、かなり安くグアムに行けることになります。

大人2名でレオパレス21の株主優待券を利用した、一番安いグアム旅行の旅費を計算すると、

往復の飛行機代(10,000円×2)+1泊のグアム宿泊(株主優待券で無料)=20,000円

と、2万円で旅行に行けることになります。(なお、航空利用料などの手数料は含んでいません。)

なお、家族4人(大人2人、子供2人)で宿泊するなら大人2人の1泊の宿泊代が無料になり、子供の宿泊費用は追加になります。
小さい子供でベッドが不要なら無料になることもあります。

また、大人3人なら1泊40ドル+税でエキストラベッドを用意してくれます。
送迎に関しても1名ごとに往復35ドルの追加が必要になります。


配当金を計算しても、銀行に預けるよりお得なレオパレス21の株。
また株主優待を活用することで海外旅行も安く楽しめる、お得な株となっています。

海外旅行は高くてなかなか行きづらいと思っている人も、繁忙期を避ければ株主優待券を利用して格安で行けるかもしれませんよ。
ぜひ、検討してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人