18歳、19歳の未成年がカードローンでお金を借りるには?

18歳、19歳といえば、いろいろなところで何かとお金が必要になる年頃ですね。

バイトなどで収入を増やすことで解決できればいいのですが、もし急にお金がいることになったらどうしますか?

まず親に借りる方法が頭に浮かびますが、

「あまり言いたくない」
「ちょっと頼みにくい」

と借りづらいという人も中にはいるでしょう!

そういう場合は別のお金を借りる方法もあります。

未成年でも貸してくれるの?

と思うかもしれませんが、18歳からでもお金が借りれるところがあるんです。

それがどこで、どうすれば借りれるのか、逆に借りれないのはどこなのか?!

今回は「18歳、19歳の未成年がカードローンでお金を借りるには?」をテーマにお伝えしていきます。

残念ながら18歳19歳ではカードローンは使えない!

冒頭で、お金を借りれるところ、借りれないところがあることをお伝えしました。

正直、18歳・19歳の未成年ではお金を借りれるところが極端に少ないです。
そして残念ですがカードローンの利用もできません。

カードローンは20歳以上からでないと使えないんです。

これは法律上の決まりでもありますし、18歳・19歳の未成年はアルバイトをしていたとしても収入が少なく、お金を貸しても返済する力が弱いと判断されていることも理由のひとつとされています。

いくつかの大手消費者金融のカードローン会社や銀行カードローンに問い合わせてみましたが、どこもNGの返事でした。

中小の消費者金融カードローンなら、もしかすると親の同意があれば借りれる所もあるかもしれませんが、お金のトラブルのリスクを考えると避けたほうがいいでしょうね。

それでも「お金を借りたい」「どうしてもお金がいるんだ!」という人には、次項で別の方法を紹介するので、それを参考にしてください。

ビジネス的に手続きできるところでお金を借りる

カードローン以外でお金を借りるとなると、一番手っ取り早いのは、親や友達にお願いする方法ですが、それだと借りる時も借りた後も色々と大変なことが出てきます。

まず、親に頼むとなるとお金の使い道やら理由やらを説明しないといけませんし、場合によっては怒られるだけで、貸してもらえないこともあるでしょう。

友達だと高い金額は借りにくいし、返す時に気軽に返すのもな・・と、気を使ったり、お金を借りることで、今までの関係に影響することがあるかもしれません。

そんなややこしいことを避けたいなら、やっぱり事務的に手続きが取れるところ、つまりお金を貸してくれる会社や組織を利用することです。

会社はビジネスとして対応してくれるので、叱られることもないですし、イヤな顔を一切せずに事務的に手続きをして、事務的にお金を貸してくれます。

その代わり、借りた側も事務的にキチンと返済する義務が発生するので、しっかりとお金を借りた後の返すことも考えて借りることが大切です。

ではどんな会社や組織がお金を貸してくれるのか、見ていきましょう。

18歳や19歳の未成年に、お金を貸してくれるところ

18歳や19歳の未成年に、お金を貸してくれるところは次の会社や組織です。

  • クレジットカード
  • 学生ローン
  • 銀行や労働金庫などの金融機関
  • 奨学金

どんなところなのかを詳しく説明しますね。

クレジットカード

これさえ持っていれば現金が無くても買い物ができるので、多くの人が活用しています。

そして手軽に買い物ができるだけでなく、現金を借りることもできるんです。
※ショッピング枠(買い物)とキャッシング枠(現金の借入)の2種類の利用枠が用意されています。

実はこのクレジットカード、18歳(高校生を除く)以上で、親の同意さえあれば誰でも契約できる優れものでもあるんです。

やっぱり親に言わなきゃいけないんだ・・・とガッカリしないでください。

最近はキャッシュレス時代なので親にお願いして作ってもらいやすい状況なんですよね。

現金お断りの店も出てきたので「買い物するためにクレジットカードを作りたい」そう言って親の同意を得てみましょう。

では、どういう手順でクレジットカードをGETするか説明しますね。

クレジットカード選び

まずは自分でインターネットで調べて、どれがいいか決めましょう。

JCBやVISA等の超大手の会社もあれば、楽天カードやdカードなど身近なクレジットカードもあります。

あなたが学生なら学生専用のものもあるので、しっかりと情報を集めましょう。

親に相談する

先ほどもお伝えしましたが、18歳・19歳の未成年の場合は親の同意が必要です。

どのクレジットカードを使うかを自分が決めたら、親と相談しましょう。

これからはキャッシュレス時代なので、それを理由に話しを進めるのがコツです。

申し込み~契約でカードGET

親の同意が得られれば、インターネットから申し込みをしましょう。
※申し込みの前にコールセンターに連絡しておく方がスムーズに手続きできます。

スマホから簡単に手続きが取れるので、画面の指示に従って間違えないようしっかりと入力していきましょう。

必要な書類は、運転免許証や保険証など本人が確認できるものと銀行口座(自分名義のもの)。
※クレジットカード会社によっては本人確認書類が不要なところもあり

担当者から電話が入る時もありますので、丁寧に答えてください。

カードが手元に届くまでの時間(日数)は、会社によって違うので、初めに確認しておきましょう。

クレジットカードが手元に届いたら、いつでも買い物やお金を借りることができますよ。

お金を借りるときは「キャッシング枠」を利用する

現金が必要になったらキャッシング枠を利用しましょう。

キャッシング枠とは現金を借りれる仕組みのことで、コンビニATMや銀行 ATMにカードを入れて暗証番号を入力すれば、その場で現金が出てきます。

ただし、お金を借り過ぎると買い物ができなくなったり、買い物しすぎると現金が借りれなくなったりするので気をつけてくださいね。

学生ローン

いま学生やってます!という人は、学生ローンでお金が借りれます。

学生ローンとは、学生(大学生や専門学校生など)を対象にお金を貸してくれる消費者金融のことです。

借りたお金はどんなことに使っても構いません。

それに親の同意や保証人も要りませんし、学生証と本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)があれば申し込み手続きが取れるんです。

ただし、アルバイトなどで収入を得ていることが必要

なのでアルバイトをスタートさせてから申し込むことをおススメします。

では、どうすれば使えるようになるのか、こちらもその手順を説明します。

学生ローン選び

インターネットで「学生ローン」で調べれば、複数の学生ローン情報が出てきます。

でも、利用するならインターネットで申し込みができて、さらに実績のある堅実なところを選びましょう。
※店舗に行って手続きするところもあります。

有名な会社をいくつか挙げるとすれば

  • カレッヂ
  • フレンド田(でん)
  • アミーゴ

ですね。

それぞれに特徴があるので、どれが自分にとって使いやすいかをよく考えて選んでいきましょう。

上記以外にも実績のある学生ローンの会社はあるので、他を利用するならしっかりと調べてから選んでくださいネ。

申し込み~契約でお金をGET

インターネット申込なら画面の指示に従って入力するだけです。

店舗に行って手続きする時は、担当者の話をしっかり聞いて申し込みをしましょう。

必要なものは基本的に

「学生証」「運転免許証などの本人確認書類」「銀行口座」

です。

審査を受け、通過すれば銀行口座にお金を振り込んでくれたり、カードを送付してくれたりします。

高田馬場の学生ローンどこがおすすめ?学生カードローンが便利でお得

2017年10月5日

奨学金

奨学金とは「経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう「貸与」または「給付」する制度」のこと。

日本学生支援機構など公的なところもあれば、民間企業が出しているものもあって、低い金利で貸してくれるところもあれば、利子がつかないものもあるんです。

ただし、奨学金をもらうにはいろいろな条件(勉強の成績など)をクリアする必要があるので、真剣に勉強したい!と思っている人が借りるとよいでしょう。

奨学金選び

上記でもお伝えしましたが、公的機関や民間企業が奨学金を出しています。

「奨学金」とインターネットで検索すると、複数の情報が出てきますので、しっかりと情報を集めて整理していきましょう。

そして前項でもお伝えしましたが、奨学金を借りるには厳しい条件も設定されています。

不安なら公的窓口に相談するのもいいですよ。

もちろん親とも相談してくださいね。

条件をクリアするための努力

先ほどもお伝えしましたが、奨学金をもらうには、それぞれに設定されている厳しい条件をクリアしなければいけません。

学校の成績、これからの明確な目標設定、経済的な事情など、それぞれの組織によって条件が異なってきます。
※返済不要の奨学金は、かなり高いハードルが設定されている

奨学金を使うなら、この条件をクリアするために、しっかりと準備や努力をしてください。

申し込み・審査・契約

奨学金は紙ベースでの申し込みが多いので、あらかじめ電話で問い合わせるのがベターです。
※民間企業や民間団体の場合はインターネットで手続き可能なところもあり

申し込みの後は書類審査に加えて面接があったりしますので、面接を受ける時はしっかりと受け答えができるようにしておきましょう。

審査を通過すれば次は契約です。

書類の内容をしっかり確認し、サインするようにしましょう。

なお奨学金の場合は、お金を借りる(給付金をもらう)までに時間がかかりますので、奨学金利用を決めたら、計画的に進めてください。

銀行や労働金庫などの金融機関

教育費用などの大金を借りる時は、銀行や労働金庫などの金融機関でお金が借りれます。

未成年が直接手続きを取ることはできないのですが、お金を借りるひとつの方法なので、念のためこちらもお伝えしておきます。

銀行の場合は親の名前で借りることになります。

また労働金庫は自分の名前で借りることはできるものの、親の同意が必要です。

まずは親と相談

学費は大きなお金を借りることになるので、まず親と相談することからのスタートです。

どれだけの学費が必要になるのかもしっかり調べていきましょう。

詳細を調べたら、どの金融機関で借りるかは親に任せるのが一番です。

お金の使い道で借りれるところは違ってくる

さて、どんなところでお金を借りれるのかが分かりましたよね。

では次は、利用目的に応じてどこでお金を借りるのがいいのか、を考えていきましょう。

何かにつけてお金が必要になる年齢ですので、パターン別で見ていきますね。

旅行や部活など一時的に少額のお金を借りたい場合

借りる先
  • 学生なら学生ローン または 奨学金
  • クレジットカードのキャッシング枠

大学や専門学校などに、実家から離れて通っている人の場合は、学生ローンや奨学金を利用しましょう。

学生ローンは使い途が自由ですし、奨学金は生活費に利用しても大丈夫だからです。

また、クレジットカードのキャッシング枠も使えますね。

ただ、クレジットカードの場合は金利が高めなので、生活費に使うにはおススメではありません。

使うときは利息を含めた返済のことも考えて利用することが重要です。

学費や教育費を借りたい場合

借りる先
  • 奨学金
  • 教育ローン

奨学金は先ほど説明した通りで、条件をクリアすれば、大きなお金を借りれます。

教育ローンは銀行や労働金庫で手続きしましょう。

ただし教育費以外に使うことは認められていないので、注意してくださいね。

尚、教育ローンは親の名義で借りますが、奨学金は自分の名前になります。

勉強を終えて社会人になってから返済が始まりますので、その点も計画に入れて行動するようにしてください。


18歳・19歳でお金を借りるには、残念ながらカードローンは使えませんが、その他の方法がいくつかあることをお伝えしました。

しかし、お金を借りるということは必ず返していかないといけません。

一回ぐらいどうってことないか・・と、遅延(約束日にお金を返せない)したり、返済しなかったりと無責任なことは決してしてはいけません。

無責任な行動は周りにも迷惑をかけますし、自分の生活にも悪い影響を及ぼしてしまうからです。

社会人になるための準備期間でもある年齢を自覚して、しっかりと考えて行動するようにしてくださいね。

学生でも借りられるカードローン一覧【親や学校にナイショで】お金を借りる方法

2019年10月28日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター