みずほ銀行カードローンの審査・金利・申込の流れ

3大メガバンクの中でも、みずほ銀行は「親しみやすい・使いやすい」と人気の銀行です。
そんなみずほ銀行も個人向けのローンとして、カードローンを取り扱っています。

今回はみずほ銀行カードローンについて、具体的にどんな商品なのかをお伝えしていきます。

長所・短所、申し込み方法・返済額(返し方)なども解説させてもらいますね。

みずほ銀行カードローンとは?

みずほ銀行が出している無担保・保証人なし、使用用途何でもOKの個人向けローンです。
年利2.0%~14.0%と低金利、最大限度額も800万円と高めの設定で、銀行カードローンならではの商品です。

顧客満足優先のみずほ銀行の商品なので、利用者が使いやすいような仕組みや取り組みがされていますね。
例えば、みずほ銀行で住宅ローンを利用されている方には「カードローンの年金利を0.5%引き下げる」のもそのサービスのひとつといえるでしょう。

どんな人が申し込みできるの?

カードローンには必ず「利用条件」として、申し込むときの基準が設けられています。
みずほの場合は以下のふたつです。

  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方

つまり、パート・アルバイト(20歳以上の学生含む)、契約・派遣社員でも安定収入があれば申し込みが可能ということです。

みずほ銀行の特徴とは

銀行カードローンの特徴をいかしつつ、みずほオリジナルの特徴もいくつかあります。
長所・短所にわけてみていきましょう。

みずほ銀行カードローンの長所

1)低金利

先ほどもお伝えしましたが金利は2.0%~14.0%で、上限金利18%台の消費者金融カードローンと比べると、結構低めの設定です。

なお初めて利用される場合、ほとんどの人が2.0%ではなく14%が割り当てられますが、それでも低金利で借りれるのは助かりますね。

2)限度額が高めの設定

こちらも先ほどお伝えした通り、最高限度額は800万円です。
しかし、誰もが800万円かりられるわけではありません。

借りられる金額は審査内容によって、「利用限度額」として個々人それぞれに設定されます。
初回利用の場合は、利用限度額は低めに設定されますのでご注意ください。

3)WEB完結での申し込みが可能

パソコンやスマートフォンから申し込みができて書類提出もWEB上、連絡もメール、と手続きで来店する必要がありません。
WEBなので、いつでも申し込み可能です。

4)みずほ銀行口座(キャッシュカード)があればすぐに利用OK

すでにみずほ銀行普通預金の口座を持っていれば、手続き後に手持ちのキャッシュカードで借り入れができるようになります。
わざわざ専用カードを作る必要はありません。

5)住宅ローンを利用していると、年金利0.5%引き下げ

「みずほ銀行カードローンとは?」でもお伝えしましたが、みずほ銀行の住宅ローンを使われている場合、カードローンの年金利が0.5%引き下げられます。
つまり、通常14%の場合は13.5%の金利となります。

みずほ銀行カードローンの短所

1)即時融資不可

残念ながら、即日でお金を借りることはできません。
最短で翌営業日の借り入れとなります。

2)みずほ銀行の口座が必要

カードローンを利用するのに、みずほ銀行の普通預金口座が必要です。
口座がない人は、あらためて開設する必要があります。
※カードローン申し込み時に、口座の申し込みも可能です。

3)ATM手数料がかかる

ATMをご利用する時間帯や取り扱い金額によって、108円もしくは216円の手数料がかかります。

4)借入方法・返済方法が少ない

借入方法は、「みずほダイレクト」「ATM利用」のふたつ、返済方法は「みずほダイレクト」「自動引落」「ATM利用」の3種類と、他のカードローンと比べると少なめです。

どうやって申し込めばいいの?

申し込みは次の4つの方法から選べます。

  1. パソコン・スマートフォン(WEB完結)
  2. 郵送(メールオーダー)
  3. 電話
  4. 店頭

ただし、先ほどもお伝えしましたが、みずほ銀行普通預金口座が必須です。
口座の無い人は、カードローンの申し込みと同時に口座も申し込みむか、早めに口座開設をしておきましょう。

【申し込み方法と手順】1. パソコン・スマートフォン

WEB完結:すでに口座がある人のみ可能

【HPから申し込み】
  ▼
【審査】
審査を請け負っているのはオリエントコーポレーションで、その会社の営業時間内での審査になるようです。(オペレーター談)
  ▼
【審査結果がメールで届く】
  ▼
【本人確認書類をWEB上にアップ】
  ▼
【カードローン口座開設完了メールが届く】
  ▼
【借り入れ】
WEB完結だと、最短で翌営業日にはお金を借りることができます。
手持ちの「キャッシュカードで借り入れ可能です。

WEB申し込みで口座開設、もしくは専用カード発行

【HPから申し込み】
  ▼
【審査】
審査を請け負っているのはオリエントコーポレーションで、その会社の営業時間内での審査になるようです。(オペレーター談)
  ▼
【審査結果がメールで届く】
  ▼
【口座開設の手続き】
まずは通帳が送られてきます。
通帳の受け取り確認後、カードローン口座が開設されキャッシュカードも送付されます。
  ▼
【契約】
契約書が送付されるので返送しましょう。
  ▼
【借り入れ】
契約完了後、キャッシュカード兼用型ならすぐに借り入れできます。
専用カードの場合は、契約完了後にカードが発送されます。1~2週間で届くようです。

【申し込み方法と手順】2. 郵送(メールオーダー)

みずほ銀行に備え付けのメールオーダーにより、郵送で申し込みます。
こちらも、みずほ銀行の普通預金口座を持っていることが条件です。

【必要書類を送る】
  ▼
【書類到着後、審査】
  ▼
【審査通過・契約完了の連絡が郵送される】
  ▼
【借り入れ】
連絡後キャッシュカードでに借り入れできます。

【申し込み方法と手順】3. 電話

専用のフリーダイヤル(0120-324-555)から申し込みます。
受付時間は月曜日~金曜日 9時00分~20時00分です。

【電話をする】
  ▼
【審査】
  ▼
【電話にて審査結果連絡が入る】
  ▼
【契約】
すでに口座がある場合は、契約書が送られてきます。
口座がない場合は、HPか来店で口座開設の手続きが必要です。
  ▼
【借り入れ】
契約書返送後電話にて契約完了連絡が入る
連絡後キャッシュカードでに借り入れが可能です。
※口座がない場合は、口座開設後に契約手続きとなります。

【申し込み方法と手順】4. 店頭窓口

みずほ銀行の窓口で申し込みをしましょう。
預金口座を持っていない場合は、口座開設の手続きを先に済ませます。
必要書類(印鑑・本人確認書類のコピー・本人の年収を確認できる書類のコピー)や印鑑をもって行ってください。

【窓口で申し込み】
  ▼
【審査】
郵送で審査通過の連絡がきます。
  ▼
【契約】
契約書類のやり取りは郵送となります。
  ▼
【借り入れ】
契約完了後手持ちのキャッシュカードで借り入れでき、口座がない場合は、口座開設が完了してからの利用となります。

返済方法と返済額

さて、みずほ銀行カードローンでお金を借りることができれば、あとはキチンと返済していくのみです。

みずほ銀行カードローンは1万円以上50万円以下の借り入れの場合、最小返済額が10,000円となるため、それ以上の金額であれば15,000円でも20,000円でも、いくらでも返済OKのスライド方式です。

できるだけ利息負担を減らしたい場合は、返済回数を減らして月々の返済額をアップさせる方が良いでしょうね。

どれだけ利息負担が膨らむのかを年利14.0%で50万円かりたとして、シミュレーションしてみました。

返済回数 返済金額 利息総額
毎月15,000円返済 43回 636,860円 136,860円
毎月20,000円返済 30回 594,604円 94,604円
毎月最小返済額で返済 76回 754,720円 254,720円

見ていただけばわかる通り、15,000円で返済すると43回(3年7カ月)かかって136.860円の利息、15,000円で返済すると30回(2年6カ月)94,604円の利息になります。
試しに、最小返済額の10,000円で計算すると、なんと6年4カ月の返済期間で利息も
254,720円に膨らみます。
これではいくら低金利でも、負担が大きくなりますよね。

できる限り、短期間で返済していくように頑張ってください。


みずほ銀行カードローン、いかがでしたでしょうか。

すでに普通預金口座を持っている人にとっては、安心して利用できるツールのひとつになるでしょう。

ただ、即日融資が厳しいのはちょっと残念ではありますが、借入に急がない人にとっては丁度良いカードローンではないでしょうか。

検討される余地はおおいにあると思いますので、カードローンの利用を考えるうえで視野に入れてみてくださいネ。

>>みずほ銀行カードローンの詳細、お申込みはコチラ

ABOUTこの記事をかいた人