SMBCモビットで10万円借りる場合の金利や返済方法

「SMBCモビットでお金を借りると、どれくらいの利息がつくの?」
「どんな返済方法があるの?」
というように、返済のことが不安で悩んではいませんか?

SMBCモビットは即日融資にも対応していますし、借りるまでのハードルは低いですが、実際に借入をする前に、返済についての知識もきちんとつけておきたいですね。
ここではSMBCモビットからお金を借りた場合の金利や返済方法について、10万円という具体的な金額を例に出して解説していきます。

SMBCモビットで10万円借りる場合の金利は?

SMBCモビットの金利は、年3.0~18.0%です。
これを聞いただけでは、なんのことかさっぱり分からないですよね。
まずは金利について、きちんと理解をしておきましょう。

「実質年利3.0~18.0%」ってどういう意味?

実質年利が3.0~18.0%の間で決まると言われても、「実質年利って何?」って思いますよね。
実質年利とは、1年間借入をした場合につく利息のことを言います。

借入した金額×実質年利=1年分の利息

この計算で1年分の利息を計算することができます。
実質年利が低ければ低い方が、支払う利息は少なくて済みます。

また、利息は1年に1回つくわけではありません。
1年分の利息が日割りで毎日加算されているんです。

1年分の利息÷365=1日の利息

元金が減ればその分利息も減りますが、借入残高がある限りは毎日利息が加算されているということを忘れてはいけません。

限度額10万円借入したら金利は年18.0%

もう一つの疑問が、「3.0~18.0%ってかなり幅が広いけど、結局いくらの金利が適用されるの?」ということではないでしょうか。

このパーセンテージは、借入限度額に応じて変動します。
SMBCモビットの最高借入限度額は800万円です。
限度額が高ければ高い方が金利も下がりますが、そう簡単に高額の限度額は適用されません。

もし借入限度額が10万円程度の少額であれば、最初に適用されるのは上限の18.0%でしょう。

年18.0%の金利で10万円借りると、支払う利息はいくら?

ここまで、金利の計算の仕方について説明しました。
でも具体的な金額を当てはめてみないと、実際にどれだけの金額を支払わなくてはいけないのかイメージがわきませんよね。

それでは、実際に18.0%の金利で10万円を借入した場合の、支払い利息を計算してみましょう。

年18%の金利で10万円借りた場合の利息は?

SMBCモビットから年18.0%の金利で10万円を借りた場合、1年分の利息は次の通りです。

10万円×18.0%=18,000円

この利息は毎日日割りで加算されているので、365(うるう年の場合は366)で割ってみましょう。

18,000円÷365日=49.3円

毎日49.3円加算されているということがわかりました。
1日あたりは小さい金額ですが、1ヶ月分まとまると1,479円になるので、意外に大きい金額になりますよね。

返済のペースで支払い総額はこんなに変わる

利息は毎日加算されるものですが、当然元金が減れば、それに応じて支払わなくてはいけない利息も減っていきます。
つまり、返済が早ければ早いほど、最終的に支払う総額も少なくて済むのです。

では、実際にSMBCモビットのシミュレーションを使って、毎月の返済金額によって支払い総額がどのように変わるか見ていきましょう。

最低限の4,000円を支払い続けた場合

まずは、必要最低限の金額を支払い続けた場合はどうでしょうか。
SMBCモビットでは、10万円借入した場合の最低返済額は4,000円です。
月々の支払い金額がこれだけ少なければ、あまり負担にならないですよね。

しかし、もし毎月4,000円だけを返済し続けたら、全てを完済するまでに32ヶ月かかってしまいます。
最終的な支払い総額は、なんと126,260円です。

たったの10万円の借入に2年と8ヶ月もかかり、返済総額は借りたお金の26%増しとなってしまいます。

それもそのはず、最初の返済では4,000円の返済のうち1,479円が利息の支払いにあてられているので、元金は2,521円しか減っていないのです。

毎月1万円返済を続けた場合

では、もし月々の返済金額を1万円に引き上げたら、支払い期間と総額はどのように変わるでしょうか。

シミュレーションをしてみると、11ヶ月で支払いが終わります。
しかも支払い総額は109,158円ということで、元金の9%増しにとどまっています。

4,000円の時と比べ21ヶ月も早く完済でき、支払総額も17,102円安く済む計算です。
その他、月々の返済金額によって支払い金額は次のように変化します。

毎月の返済金額 返済月数 返済総額
4,000円 32ヶ月 126,260円
5,000円 24ヶ月 119,772円
8,000円 14ヶ月 111,565円
10,000円 11ヶ月 109,158円
15,000円 8ヶ月 106,153円
20,000円 6ヶ月 104,750円

SMBCモビットの返済シミュレーションより

これを見ると、どれだけ返済スピードが重要かがわかりますね。

SMBCモビットの返済方法は3種類から選べる

返済スピードの重要性がわかったところで、次に返済方法について確認していきましょう。
SMBCモビットでは、3種類の返済方法が用意されています。

全国13万台の提携ATMで返済

SMBCモビットには自社のATMはありませんが、全国で13万台もの提携ATMで返済することが可能です。
返済が可能なATMには、次のようなものがあります。

銀行やプロミスのATM

全国の銀行ATMで返済が可能です。
三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行などの大手銀行の他にも、多くの地方銀行で利用することができます。
銀行ATMの中でも、三井住友銀行のATMは利用手数料がかからないのでお得ですよ。

またSMBCモビットと同じSMBCコンシューマーファイナンスが経営している、プロミスのATMでも利用可能です。

コンビニATM

コンビニに設置してあるATMでも利用可能です。
ローソン銀行、セブン銀行、イーネット、イオン銀行など、基本的にどのコンビニに行っても困ることはありません。

また、ファミリーマートに設置してあるFamiポートや、ローソン、ミニストップに設置してあるロッピーを使っても返済できます。

銀行振込でも返済可

SMBCモビットでは、指定の口座へ振込をすることで返済も可能です。
銀行の窓口やATMでももちろん可能ですが、もしインターネットバンキングを利用できるのであれば、家に居ながらでもいつでも返済ができるんです。

なかなか外へ出られない人や、仕事が忙しい人にオススメの返済方法です。

口座振替は指定の銀行で

返済をするのをつい忘れてしまいそう…という人には、口座振替の設定をお勧めします。
ただし、どの銀行でも登録できるわけではなく、今の所は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに限られます。

また口座振替を設定した場合、引き落としされるのは最低限の金額だけです。
もし多めに返済したいという場合は、ATMや振込で追加で返済する必要があるので注意してくださいね。

SMBCモビットの返済日と返済金額

ここまで返済方法について説明しましたが、次に返済日や返済金額などの細かい部分も確認していきましょう。

毎月の返済日は都合に合わせて選べる

月々の返済日は一定に決められますが、支払い期限は次の中から選択することができます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日

この支払い期日は口座振替とATM返済で、返済日の意味合いが変わるので注意しましょう。

口座振替の場合

口座振替を設定した場合は、あらかじめ設定した日に引き落とし処理が行われます。
給料日の直後に設定しておけば、口座の残高に余裕がある時に返済ができますね。

ATM、振込返済の場合

ATMや振込で返済をする場合は、約定返済日はあくまでも返済期限です。
末日に設定していたとしても、早めに返済手続きを行った場合はその月の支払いは完了し、次の支払い期限は翌月に繰り越されます。

そのため、給料日の直後に返済日を設定すると、かなりギリギリのタイミングで返済しなければいけないので、ある程度余裕を持って設定しておくといいでしょう。

10万円借りた場合の返済金額は4,000円から

SMBCモビットの返済は、借入後残高スライド元利定額返済方式といって、借入残高に応じて次のように毎月の返済額が変動します。

最終借入後残高 毎月の返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円

10万円以下の借入の場合は月々最低4,000円の返済でも良いのですが、10万円を少しでも超えると返済金額が8,000円に跳ね上がってしまいます。

積極的に多く返していくのなら問題ありませんが、余裕がなくて少しずつ返済したいという人は注意してくださいね。


SMBCモビットは、気軽に借入ができる優良消費者金融ですが、返済の計画を立てずに借入をすると、なかなか返済が終わらずに辛い思いをすることになります。
あらかじめシミュレーションをした上で、後悔のない借入をしてくださいね。

関連記事

SMBCモビット在籍確認は?電話連絡なしのWEB完結申込

2017年3月8日

SMBCモビット審査の営業時間は?何時までに申し込みすればいい?

2018年5月9日

ABOUTこの記事をかいた人