マイナンバーを会社に伝えたら…カードローン利用がバレてしまうの?

平成28年1月より始まったマイナンバー制度。
新しい公的な制度として開始されましたが、まだまだ分からないことも多く、特に個人情報がどのように扱われるのか不安な方も多いかと思います。
特にカードローンを利用している、またこれから利用したいと思っている場合、会社にバレてしまうのではないかと心配ですよね。
そんなマイナンバーとカードローン利用について、詳しく調べてみました。

マイナンバー制度と会社の関係性

マイナンバー制度が導入され始めた頃、会社側から「マイナンバーを提出して下さい」と依頼されたかと思います。

言われるがままにマイナンバーを提出したものの、一部ではプライバシーの侵害や個人情報が流出する可能性もあるなどとも言われており、躊躇をした方も多かったのではないでしょうか。

また、預貯金や借金などのお金の流れも、公になってしまう可能性があるという話すらありました。
カードローンの利用を秘密にしておきたい人にとっては死活問題。
ということで、真相を掴むべくマイナンバー制度と会社の関係性について説明をしてきます。

どうして会社は社員のマイナンバーを収集するのか?

そもそも会社はどうして社員のマイナンバーを収集するのか?を知らなければなりません。
理由は至極単純で「必要」だからです。

給与を払うためにマイナンバーは必須の情報となっているため、社員に対して提出をするように求められているわけです。

収集したマイナンバーはどのように扱われる?

給与を支払うためにマイナンバーが必要と先程触れましたが、もっと具体的に言うと、年金や保険を始め税金関係の事務手続きを行うときに必要になってくるということです。

納税や年金、雇用保険など国に納めるお金は全てマイナンバーに紐付けられており、一括管理されています。
会社側は、この事務手続き以外でマイナンバーを利用することはできません。

とはいえ、中には「やはり会社といえ自身の大切な情報を伝えるのは怖い」と感じる人もいるのではないでしょうか。
残念ながら従業員は、マイナンバーの提出を拒否することはできません。
ただ、2018年2月現在、拒否し提出をしなかったとしても法的な罰則はありません。

このような状況でもあるため、会社によっては独自の社内規定を作り、提出を拒否した場合に罰則を与えるケースもあることは、頭に入れておきたいところです。

マイナンバー提出でカードローン利用がバレる!?

本題の「マイナンバー提出でカードローン利用がバレるのか?」という点ですが、結論から言えばバレません。

先程記載した通り、会社側は税金、保険、年金などの事務手続きでマイナンバーを使うだけとなっています。
カードローンを利用しているのか?自動車ローンを利用しているのか?そもそも借金はどれくらいあるのか?という情報を得ることはできないわけです。

バレてしまうときはどんなとき?

繰り返しになりますが、2018年4月現在でマイナンバーからカードローン利用状況がバレることはありません。
したがって「バレるときはどんなとき?」と質問されれば、答えは「バレません。バレるときはありません。」となります。

まだ発展途上の制度のため注視する必要あり!

ここまでの説明で、会社にマイナンバーを伝えないといけないこと、そしてバレることもないことを理解して頂けたかと思います。
しかし、念頭に置いておいて欲しいのは、このマイナンバーはまだまだ発展途上の制度であって、右にも左にも行く状態だということです。

今後、税金対策などさらに簡略化をするために銀行口座とマイナンバーを紐付けするという話が上がっています。

マイナンバー法の改正より、平成30年1月より預貯金口座付番制度が開始されます。
参考:マイナンバー制度 預貯金口座付番制度開始のお知らせ|東京UFJ銀行

そこで、今後のマイナンバーの動向でカードローンサービスを利用していることが会社にバレてしまうのか?にも焦点を合わせてお話していきたいと思います。

借金返済をするための副業について

カードローンを利用するということは、収入が足りず生活費に充てるという人が多いです。
つまり収入を増やすために、副業をする可能性も高いということが言えます。

会社側が税金の計算をしているときに、やたら住民税が高いなと感じた場合、銀行口座を調べることになり入出金の履歴を見られてしまい、副業やカードローンの利用がバレてしまうということが考えられるわけです。

基本的には「銀行口座の取引情報は基本的に閲覧することができない」ということが大前提となっています。
人のプライバシーの部分になるため閲覧できなくて当然です。

しかし、しっかりと納税をしているのかどうか、未納の場合は直ぐに口座凍結をして差し押さえをしないといけないという観点でモノを言えば、口座番号とマイナンバーが紐付けされていれば、効率的に無駄なく差し押さえができるケースもあると考えられます。

カードローンの返済をするために副業をして、税金を未納状態にしてしまえば、給与差し押さえで簡単にバレてしまう可能性があるということです。

正直なところ、マイナンバー制度が導入されていなくとも同様の状態にはなりますが、事がよりスピーディに進むことになるため、バレる頻度が高くなる可能性を秘めていることになるわけです。

カードローン以外の部分で「知られたくない情報」が見られてしまう?

会社にマイナンバーを提出することで、個人情報の漏洩のリスクがどうしても高くなってしまうのは火を見るよりも明らかです。

そして紐付けされる情報が多くなれば、それに比例してそのリスクが大きくなることにも繋がってきます。

もし個人情報の漏洩があった場合、漏洩先でカードローン以外の部分でも人に知られたくないような情報を知られてしまう可能性を秘めているということです。

例えば、ローン関連の情報が紐付けされていれば、住宅ローン、自動車ローンはもちろんのこと、整形のローンサービスのような人には知られたくないものまで漏洩してしまうかもしれません。

また考えたくはありませんが、その気になれば会社自体も社員の情報を簡単に調べることができてしまう可能性もあります。


マイナンバーとそのリスクについてお話してきました。

国側も当然、これまで説明してきたようなリスクについては理解しているため、必ず何かしらの対策はしてくれるはずです。

まだ開始されて間がない制度ですので、制度の見直しや変更、またそれに伴う法改正なども今後行われていくと思いますが、自分自身で情報を収集することが大切です。

少しでもリスクを減らせるよう、常に新しい情報にアンテナを張るようにして行きたいものです。

関連記事

誰にもバレずに内緒でお金を借りる方法!家族や会社に知られず借りたい

2017.10.05

会社にバレずにお金を借りれるカードローンは?在籍確認でバレない方法

2017.09.11

ABOUTこの記事をかいた人