年収300万の人のカードローンの限度額は?いくらまで借りれるの?

「年収が300万円だけど、限度額はいくらで申し込めばいいのかわからないな。」
と迷ってはいませんか?

カードローン申込時の希望限度額の欄には、自由な金額を入力することができるので、いくらで入力すれば良いか迷ってしまいますよね。
一概に正解はありませんし、申し込むカードローンの種類によって借りられる上限額も異なります。

ここでは、年収300万円の人がカードローン申込の際に借りられる金額、申込むべきカードローンの種類や、審査に通過するためにできる対策について詳しく解説します。

消費者金融と銀行のカードローンで借りられる上限は違う

カードローンの限度額をいくらにしたら良いかは、あなたが申込むカードローンの種類によって異なります。
法的な上限にも注意を払わないといけないので、注意しましょう。

消費者金融は「総量規制」に注意!年収の3分の1まで

アコムやプロミスなどの消費者金融の場合、借入できる金額が法的に制限されています。
これは、貸金業法という法律の中の「総量規制」によって定められており、年収の3分の1までしか借入できないというものです。

年収が300万円の人の場合は、その3分の1の100万円が上限です。
それよりも高い金額は借りることができないので、注意してくださいね。

銀行カードローンは法的な制限なし

貸金業法が適用されるのは、消費者金融のような貸金業社のみです。
そのため銀行のカードローンには適用されず、法的には借入できる金額に制限はありません。

各銀行カードローンが定める利用限度額の範囲であれば、借入は可能という事になります。

消費者金融と比較すると金利も低い傾向があり、高額借入したい人にとっては銀行の方が魅力的ですよね。

銀行カードローンは上限はないが、3つのデメリットに注意

借入できる上限金額と金利だけを見ると、消費者金融よりも銀行カードローンの方が優れているように見えますが、実は必ずしもそうとも限りません。

銀行カードローンには大きな三つのデメリットがあるので、申込をする前に確認をしておいてくださいね。

審査は消費者金融より厳しめ

銀行カードローンは、借入できる限度額に法的な制限はありませんが、当然ですが利用する前に審査が行われます。
この審査に通過しなければ、借入することはできません。

それも、銀行カードローンの審査通過率は厳しく、データの公表はされていませんが20〜30%と言われています。

つまり10人審査を受けたら、その中で通過できるのは2〜3人ということです。
かなり厳しめですよね。

「ダメもとで審査を受けてみよう」と楽観的に考える人もいますが、審査を受けるのは慎重に考えてからにしてください。

カードローンの審査を受けたことや審査に落ちた履歴は、あなたの信用情報に載ってしまいます。
審査に落ちた履歴は、次に他社の審査を受ける際にマイナスに評価される可能性もありますよ。

即日融資は不可

カードローンでお金を借りたい人の多くは、できるだけ早く借入したいですよね。
申込をしてから借入をするまでに、何日もかかっていては困るという人が多いと思います。

しかし銀行カードローンの場合は、2018年から審査が厳格化されたことにより、申込をしたその日のうちに借入することができなくなってしまいました。

どんなに早くても借入できるのは申込をした次の日以降となってしまい、場合によっては3日以上かかることもあります。

家族に内緒で借入できない場合も

家庭を持っている人の多くは、カードローンの利用を家族に知られたくないですよね。
家族が「借金なんて…」という考え方だった場合、万が一バレたらあなたの家での立場が危うくなってしまいます。

消費者金融の場合は、家族にバレないような対策がしっかりしているところが多いですが、銀行カードローンの場合、その配慮はまだ十分ではありません。

特にネット系銀行の場合は、ローンカードの受け渡し手段が郵送しかありません。
自宅にローンカードが届いて、万が一家族が開封してしまったら、即バレてしまいますよね。

総量規制があっても消費者金融の方がオススメ

いくら総量規制の対象外で金利が低かったとしても、銀行カードローンはデメリットが多く、あまりおすすめできません。
年収の3分の1までしか借入はできませんが、消費者金融の方がメリットが多いですよ。

【消費者金融のメリット】
1.審査の通過率は40%超え

銀行カードローンの審査通過率が20~30%なのに比べ、大手消費者金融各社の通過率は40%を超えています。

アコム プロミス アイフル
新規貸付率 43.7% 46.4% 46.0%

※2018年8月のデータ
(※参考:2019年3月期決算|アコム株式会社SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標(2019年3月)アイフル月次推移(2019年3月)

限度額も気になりますが、まずは審査に通過しなければ借入することはできません。
消費者金融に申込み、できる限り審査に通過する確率を増やしてくださいね。

【消費者金融のメリット】
2.即日融資が魅力的

消費者金融のカードローンは、急いで借入したい人にもオススメです。
ほとんどの消費者金融で即日融資を受けることが可能ですよ。

インターネットでの申込や借入に力を入れており、忙しくて外出が難しい人でも無理なく利用できるのも魅力的ですね。

無利息期間があるのでお得感も銀行に劣らない

消費者金融のデメリットの一つに、金利の高さがあります。
金利は借入限度額によって変動しますが、上限の金利は年18%のところが多いです。
これは、年15%未満のところが多い銀行カードローンと比較すると、かなり高く感じますよね。

しかし、消費者金融にはこの金利の高さをカバーできる特典がつけられているところが多いです。
最初の30日間が無利息で借入できるので、その間に完済できれば一切の利息がかからずに借入ができるんです。

数ヶ月程度の短期間で返済ができる人なら、無理して金利の低い銀行カードローンから借入するよりも、無利息期間がついた消費者金融で借りた方がお得ですよ。

カードローンの審査に希望する限度額で通過するための対策

希望の限度額で確実に借入するためには、消費者金融を利用するというだけでは不十分です。
審査に備えて対策をして、できる限り通過できる確率を上げましょう。

既に借入が複数あるならできるだけまとめる

審査で重視されるポイントの一つに、他社からの借入残高と借入件数があります。
もしあなたが、既に他社から複数の借入がある場合は、可能な限りまとめて解約できるところを解約しておきましょう。

複数ある借入先のうち借入残高が一番低いところを見て、他の借入先の枠内で収まりそうであればその枠内で借入をして、残高が低いカードローンを完済させます。

また、完済させるだけでは借入件数は減らないので、完済させたところを解約しておくことを忘れないでくださいね。

借入残高を減らすことはすぐには難しいでしょうが、件数が減らせそうな人は1件でも減らしておいた方が良いでしょう。

限度額は欲張らず必要なだけ

借入限度額はできるだけ高くしておきたいところですよね。
年収300万円の人であれば、総量規制の範囲内で100万円は法的に借入できます。

しかし、審査に確実に通過することを考えるのであれば、希望借入限度額はできる限り少なくしておいた方が良いでしょう。

今必要なお金が10万なのであれば、希望限度額も10万円にしておきましょう。
審査ではあなたの収入に対して、希望借入限度額の釣り合いが取れているか見られています。

もしどうしても追加で借入が必要になった時は、後から増額の申請をすることも可能です。
無理して希望限度額を高くする必要はありませんよ。

同時に複数社に申込しない

カードローンで確実に審査に通過したいがために、同時に何社も申込をする人がいますが、これは逆効果です。
カードローンへ申込をした履歴や審査の結果は、あなたの信用情報に数ヶ月残ってしまいます。

何社も同時に審査を受けているということは、相当お金に困っているのだろうと判断され、審査の通過率を下げる要因にもなり得ます。

審査を受ける時は、一発勝負のつもりで受けてくださいね。

嘘はバレるので正直に記入する

少しでも審査を有利にしたいと思い、年収や他社の借入状況などを実際よりも少なく記入したりする人もいますが、これは絶対にやめましょう。

記入する項目によっては罪に問われる可能性もありますし、他社の借入情報については信用情報を確認すれば一目でバレてしまいます。

あなたの信用に関わることですので、正直に入力してくださいね。


カードローンの審査では、年収によって審査が通る金額は異なりますが、その基準は公表されていません。

希望限度額は可能な限り少なくした上で、まずは審査に通過することを最優先に考え、申込みしてみてくださいね。

関連記事

免許証だけでお金借りれる!給料明細なしでOKの即日カードローン

2016年11月18日

キャッシング審査基準徹底解説!即日で借入するなら知っておきたいこと

2016年11月18日

ABOUTこの記事をかいた人