お金が足りない時はどうする?今日中にお金を借りるには

給料日前でお金が足りない、急にお金が必要になったけど手持ちがない・・・、そんな時あなたはどうしていますか?
「友達との約束、断っちゃった」「妻にお願いして小遣い前借りした」と、つらい状況になっているのではないでしょうか。

でもこの状況、解決できる方法があるんですよ。
キーワードは「今日中にお金を借りる」。
そう、お金がない!と気づいてからでも、その日の内にお金を借りればいいんです。

スマホからササっと手続きが取れて、誰にもバレずにアッという間にお金がGETできる、そんな方法、知りたくないですか?

今回はお金が足りない時はどうする?をテーマに、今日中にお金を借りる方法をご紹介します。
注意点も合わせてお伝えするので、参考にしてくださいね。

お金が足りない!急ぎの時は消費者金融

どうしても急ぐ必要があり今日中にお金を借りるなら、消費者金融カードローンを使いましょう。

どうせ借りるなら銀行のカードローンでと思われるかもしれませんが、銀行カードローンは即日融資に対応していないため、申込の当日にお金を借りることはできません。
急いでお金を借りたいなら、消費者金融のカードローンを選びましょう。

たくさんある消費者金融の中でも、オススメは知名度のある大手です。
大手なら銀行のグループに属しているため経営も安定していますし、何よりも法律をしっかり守っていますから、闇金のような脅迫まがいの取り立てもありません。

また今日中にお金を借りられる以外にも、利用者が使いやすくお得感たっぷりのサービスも充実しています。
特に無利息サービスは、その名のごとく一定期間の借入に対して利息が発生しません。

さらに、超急ぎでお金を借りたい時はオペレーターに事情を説明すれば、できるだけ早く対処するよう手配してくれます。
ですので、急ぎお金を用意したければ、大手消費者金融をチョイスしてみましょう。
有名なところは次の5社です。

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

消費者金融で今日中にお金を借りる方法

サービスが充実していて、今日中にお金が借りられる消費者金融。
お金を借りるには何をどうすればいいのか、それを説明していきますね。

まずはスマホを用意してください。
今はインターネットで簡単にお金も借りられますので、スマホから申込み手続きを取るのが一番手っ取り早くて楽です。

それにスマホからなら誰かにバレる可能性も低く、そのうえ処理スピードも速いので、早ければ今日中に借りることもできます。
では、今日中にお金を借りるための具体的方法をいくつかご紹介しましょう。

スマホから申込をして銀行振込みにしてもらう

申込みから契約まですべてスマホですませ、借りるお金は自分の銀行口座に振り込んでもらう方法です。

申込み画面の入力も選択式になっているものが多いので、手間も時間もかかりません。
審査に通過すれば、契約書類をスマホで確認し振込み手続きをとって完了です。

あとは、銀行キャッシュカードでお金を引き出すだけ。
キャッシュカードを使用するのでお金を借りているとは思われませんし、銀行ATMやコンビニATMで引き出すことができるので、すぐに現金が手に入りますよ。

スマホから申込をしてスマホで借りる(スマホキャッシング)

消費者金融ではスマホアプリも用意しているので、それをダウンロードすればもっと簡単にお金が借りられます。

特に、アイフル、プロミス、SMBCモビットは、セブン銀行と提携して、キャッシュカードが無くてもお金が借りられる【スマホキャッシングサービス】も展開中です。

契約を終えてから近くのセブン銀行ATMに行って、スマホをかざして出金の処理をするだけの簡単操作でお金が借りられます。
もちろんセブン銀行の口座も不必要なので、気軽に利用できますよ。

スマホから申込をして専用カードを発行してもらう

スマホから申込手続きをとって、後で専用カードをもらいに行く方法です。
こちらは、自動契約機を使ってカードを発行してもらうので、近くに自動契約機の店舗があることが条件になりますね。

自動契約機は、駅の近くや幹線道路沿いにたくさんあるので、各消費者金融のHPなどでチェックすれば、どこに設置されているのかスグにわかります。
カードが手に入れば、コンビニATMなどでいつでも借りたり返したりが可能です。

今日中にスマホ以外で申し込むには

今日中にスマホ以外の方法で申し込むとすれば、自動契約機で申込みからカード発行を行う、電話で申込むなどの方法があります。

ただ、この場合は審査の間の待ち時間にその場で待機しないといけないなど、時間的拘束が余儀なくされますので、時間に余裕がある場合に使われると良いでしょう。
どうしてもスマホが苦手、という人はこれらの方法も検討してみてくださいね。

お金が足りない時に、今日中に借りるためのポイント

スマホを使えば簡単に早くお金が借りられることをお伝えしましたが、今日中に借りるにはいくつかのポイントがあります。
説明しますね。

申込みのタイミングを考える

各カードローンは、スマホを使ったインターネットからの申込であれば、24時間受け付けています。
しかし、お金を借りるには審査に通過する必要があり、残念ながら審査については消費者金融も24時間は行っていません。

深夜2時にお金が必要!となっても、審査をしてもらえるのは営業が開始されてから(朝9時ごろから)なので、お金を借りられるのは早くてもその日の午前中になります。
どんな時間でも急にお金が必要になる時はありますが、審査の時間を考慮し消費者金融の営業時間内に、早めに申込むように工夫しましょう。

24時間対応で銀行振込みしてくれるところを探す

先ほど、借りたお金を銀行振込みにしてもらう方法をお伝えしました。
消費者金融は多くの銀行と提携を結んでいるので、最近は地方銀行の口座にでも振り込んでもらえます。

ただ、そうなると手続き完了のタイムリミットが発生するんです。
当日振込を希望するなら、銀行の営業時間終了までに手続きを済ませる必要があります。
振込手続きが夕方以降になってしまうと、銀行口座への入金が翌日となるため、今日中にお金を借りられなくなる可能性が出てきます。

そうならないよう、24時間振込み可能な銀行と提携している消費者金融を選ぶこともポイントです。
銀行振込を希望する場合は、消費者金融HPでご自身の銀行口座の振込対応時間をチェックしてくださいね。

希望借入額を低くする

審査にスムーズに通り、素早くキャッシングを利用したいなら、とにかく借りるお金を必要最低限におさえることです。

審査通過率を上げるためでもありますが、消費者金融で50万円以上のお金を借りるとなると、本人確認書類に加えて収入証明書類も提出する必要が出てきます。

そうなるとそれらの書類を用意するだけでも時間がかかってしまい、今日中に借入まで完了!という訳にはいかなくなります。
収入証明書類の準備が必要ない、必要最小限の希望借入額で申し込むようにしましょう。

急ぎの意志を伝える

消費者金融によっては、最短1時間融資をウリにしているところがありますが、それを打ち出していないところでも、オペレーターに相談することで早めの処理をしてくれます。
まずはフリーダイヤルに電話をして、事情を説明しましょう。

これだけは覚悟しよう。在籍確認電話

お金を借りるには審査を通過しないといけませんが、その審査には在籍確認電話が含まれています。
申込者が会社に在籍していることは、返済能力を判断する上で必要な要素だからです。
これは誰もが乗り越えなければならないハードルで、急ぎお金を借りたい人も同様です。

「えっそれはマズいな・・・」と思われる方もいるでしょうが、心配ご無用です。
担当者が在籍確認電話をかけるときは「消費者金融です」とは名乗りません。
個人名で電話をかけてきてくれますし、しつこく用件を聞かれてもうまくかわしてくれます。

また、本人が必ず電話に出る必要もなく、「〇〇はただいま外出していまして」の一言があれば在籍確認は完了し、会社にバレる可能性は至って低いので安心してくださいね。

なお、在籍確認の電話は審査中に行われます。
休日や職場の営業時間外にカードローンの申し込みをする場合は、注意が必要です。
在籍確認が終わるまでは審査がストップしてしまうため、当日中にお金を借りることができません。

自分で会社に行って電話を取れるならいいですが、そうでない場合は別途書類を提出することで在籍確認に変えてくれる場合もありますので、オペレーターに相談してみましょう。

今日中にお金を借りる具体的な申込み手順

スマホから申込みをする場合はいたって簡単です。

申し込み画面の必要事項を入力
審査(在籍確認を含む)
審査通過後、契約手続き
銀行のカードやスマホアプリを利用してATMでお金を引き出す

とにかく画面の指示に従って処理していけば大丈夫ですし、分からないことがあればフリーダイヤルに問い合わせれば、オペレーターが丁寧に説明してくれますよ。


いかがでしたでしょうか。
お金が足りない時の解決策、ご理解いただけましたか?

お金を借りることは、今や当たり前の時代になっています。
だからこそ消費者金融も、利用者の使いやすいサービスをたくさん用意しているんです。
今日中にお金が必要であれば、ぜひ消費者金融を利用してみてください。

関連記事

初めての消費者金融の借り方・申し込みの注意点

2017年11月21日

消費者金融で申込24時間OKはどこ?審査営業時間は何時まで?

2017年5月1日

ABOUTこの記事をかいた人