親に内緒で借りられる学生向けカードローン

遊びに勉強、学生でも急な出費でお金が必要になるときは多々あります。
「バイトの給料日まで何日もある…」そんなときは一時的にお金を借りることで、ピンチを乗り切ることができます。

学生だからお金が借りられない?

親にバレない?

学生でも「学生向けカードローン」を利用すれば、親にバレずにお金を借りることができます。ここでは親に内緒でお金を借りる方法について解説します。

20歳以上でアルバイトしていれば学生でもカードローンが利用できる

結論から書くと、20歳以上でアルバイトをしていれば、カードローンを利用できます。

ただし、未成年の場合はアルバイトをしていてもお金を借りることができません。

また、定期的な仕事をしていない場合も、「収入がない(もしくは不安定である)」理由から、お金を借りることができません。借りたお金は返す必要があります。その”アテ”がない場合は、お金を借りることができないのです。

カードローンは他人に内緒で借りられる

カードローンでお金を借りることは悪いことではありませんが、お金を借りる人の多くは、親や友人、学校の先生、アルバイト先の人などに、お金を借りることを知られたくはないと思います。

Web申込みなら他人に内緒で借りられる

お金を借りるには、インターネットや自動契約機から申し込む方法があります。
お金を借りるところを人に見られたくないときは、パソコンやスマートフォン(スマホ)を使って、インターネットから申し込むのがおすすめです。

学生カードローン会社によっては、審査のときに、自宅やアルバイトをしている職場に電話がいく場合があります。
しかし、その場合は必ず個人名でかかってくるので、誰かに知られることはありません。

親にだけは絶対にバレたくない!

実家に住んでいても、一人暮らしをしていても、親にだけは絶対にお金を借りることをバレたくないという方が多いと思います。
申込みのほか、特に親にバレやすい「契約時」「利用中」「延滞」には注意しましょう。

契約時、カードは郵送を選ばない

契約時、カードを郵送にすると、自宅にカードが届くため、親にバレやすくなります。
Webで申込みをしてから、自動契約機で契約することもできます。
こうすることでカードが郵送されることはありません。ただし、店舗や自動契約機に直接行くことになるので、注意しましょう。

利用明細はホームページで確認する

利用明細は各社のホームページから確認できます。利用明細の郵送をしないようにしましょう。

できるだけ延滞はしないようにする

延滞をすると、自宅に連絡が来ます。そのためできるだけ延滞をしないようにすることが大切です。

しかし、どうしても返済ができないときもあると思います。
その場合は、自分から先にカードローン会社に連絡を入れるようにしましょう。「いつまでに支払う」約束をすることで、自宅に連絡がくることはありません。

年収の3分の1まで借りられる

続いて、学生向けカードローンはいくら借りられるについて見ていきましょう。

学生向けカードローンには「総量規制」が適用されます。総量規制とは、個人の借入額の合計が「年収の3分の1を超えてはいけない」という規制です。

学生のアルバイトの場合、月の給与は3万〜15万円程度が多いと思います。年収に換算すると、36万〜180万円です。総量規制は年収の3分の1のため、12万〜60万円が借りられることになります。

ただし、借入額が50万円を超えるときは、本人確認書類のほかに「収入証明」を出す必要があります。収入証明は「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」などが該当します。
どれも書類を準備するのには時間や手間がかかるため、カードローンを利用するときは、50万円未満の金額を希望するようにしましょう。

即日借りられることもある

学生向けカードローン会社のなかには、即日融資可能なところもあります。
カードローン会社の営業時間以内にWeb申込みを完了させ、22時までにATMに行くことで即日融資を受けられます。
審査などでカードローン会社の営業時間を過ぎてしまうと翌営業日に融資されることになるので注意しましょう。

学生向けカードローンの審査

審査に必要な書類

学生向けカードローンの審査に必要な書類は、基本的に「本人確認書類」のみです。
本人確認書類には「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などがあります。
ただし、「健康保険証」の場合は、もう一点ほかに「住民票」などの書類の提出を求められることがあります。

もう一点注意したい点があります。それは、前述のように「50万円以上の借入」を希望する場合です。50万円以上の借入をする場合は、「本人確認書類」のほかに「収入証明」が必要になります。
また、「他社との借入額の合計が100万円を超える」場合も収入証明の提出が必要です。

「即日お金を借りたい」など、審査をすぐに終わらせたい場合や、収入証明を準備するのが面倒な場合は、50万円未満の金額を希望するようにしましょう。

審査落ちの理由(ケータイ代や仕事歴、仕事がないなど)

学生向けカードローンの審査の基準は明確にされていません。
しかし、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。
審査に落ちてしまう理由のひとつに、過去の「滞納」があげられます。滞納にはクレジットカードの支払いや携帯電話の支払いも含まれます。お金を滞納した情報は、一定期間「個人信用情報機関」に登録されます。
カードローン会社などは「個人信用情報機関」の情報を共有しているため、過去に延滞などのトラブルがある場合は、審査に通りにくくなるのです。

学生向けカードローンの審査に落ちてしまう、もうひとつの大きな理由は「仕事がない」ことがあげられます。前述のように、仕事がないと、お金を返すことができないため、審査に通りません。
これは学生向けカードローンに限らず、どの消費者金融のサービスでも共通します(専業主婦の「配偶者貸付」は除く)。

学生向けカードローンの上手な活用方法

学生向けカードローンなどの消費者金融のなかには、初回に限り、一定期間利息が無料で借りられるところがあります。
現在は、親の仕送りが減り、経済的な悩みを抱える学生が増えてきました。
生活面で一時的にお金に困ったときは、これらの「無利息サービス」を利用するのもおすすめです。
ただし、お金を借りたあとは返す必要があるため、計画的に借りるようにしましょう。

おすすめの学生向けカードローン

アコム

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
収入証明書 50万円まで不要*

※お借入れ総額により収入証明書が必要

初めての利用なら、最大30日間金利0円!

必要な本人確認書類

運転免許証・個人人番号カード・健康保険証等のいずれか
※顔写真がない書類、または書類の住所が現住所と違う場合は、現在お住いの住所が記載された以下のいずれかの書類が必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 納税証明書

※確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります。
※書類に個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地を隠す(塗りつぶす)など、写らない状態にしてご提出ください。

バレないために

  • WEBから申込をして、カードの受け取りは自動契約機(むじんくん)にて受け取る
  • 「電磁交付」に承諾して、アコムのホームページ上で利用明細を確認する
    ※あらかじめ承諾が必要。会員ログインをして、「書面の受取方法」メニューから手続きをする

→【アコムの公式サイトはこちら


プロミス

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
ご利用限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
収入証明書 50万円まで不要

プロミスを初めてご利用の方で、メールアドレスの登録とWEB明細の利用の場合、30日間金利0円!

必要な本人確認書類

運転免許証
お持ちでない方は、パスポート・健康保険証+住民票のいずれか
※上記書類に記載された住所と現在お住いの住所が異なる場合は、現在お住いの住所が記載されている以下のいずれかの書類のコピーが必要。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

※発行日から6ヵ月以内のもの

バレないために

  • WEBから申し込みでカードレスでWEB取引
    ※カードが必要な場合でも、WEB申込した後に自動契約機または店頭窓口にて受け取ることができます。
  • WEBから申し込みで口座振替での返済を選択すれば、郵送物なしでWEB完結
  • お申込み手続きの際に、利用明細書の受け取り方をWeb明細にする

→【プロミスの公式サイトはこちら


アイフル

アイフル

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 最高800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
収入証明書 50万円まで不要

初めてアイフルをご利用なら最大30日間金利0円!

必要な本人確認書類

運転免許証
お持ちでない方は、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなど
※上記の本人確認書類に記載の住所が現在お住いの住所と異なる場合や、顔写真のないものの場合は以下のいずれかの書類の原本も合わせて必要です。

  • 公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

バレないために

  • WEBから申し込みをして自動契約機にてカードを受け取る
  • 契約時に利用明細書の送付を希望しないを選択
    ※「送付希望なし」の場合、振込での融資不可。アコムATMまたは提携ATMでの融資のみ利用可能

→【アイフルの公式サイトはこちら

まとめ

親に内緒で借りられる学生向けカードローンについて解説してきました。学生でもアルバイトをしていれば、お金を借りることは可能です。
ただし、お金を借りすぎて返済ができなくならないように、計画的に利用することが大切です。最後に学生カードローン各社の情報をまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人