プロミスで土曜日日曜日でも即日融資する方法

土日だと多くの金融機関が休業になっており、月曜日にならないとお金を借りることができないと思っていませんか?

プロミスなら土日でも審査をしてくれるので、即日融資を受けることはできますよ。
ただし、土日に即日融資を受けるためにはいくつかの条件があります。
平日とは勝手が違う部分もあるので要注意です。

ここでは、土曜日曜にプロミスから即日融資を受けるための注意点や、実際に申し込みをするための手順をわかりやすく解説していきます。

プロミスから土日の即日融資を受けるための注意点

プロミスは土日であっても即日融資をしてくれる消費者金融ですが、その日のうちに借入するためには、いくつかの条件と注意点があります。
まずは、最低限クリアしておくべきポイントを確認しておきましょう。

審査のタイムリミットは21時

プロミスは審査の受付を21:00まで行っています。
このタイムリミットは平日でも土日でも変わりません。

もし21:00を過ぎてしまった場合は、その日のうちに借入することはできません。
ただ、申込自体は24時間受け付けているので、夜のうちに申込を済ませておけば、翌日の早い時間帯で審査を受けることができますよ。

申し込み方法はインターネットが一番早い

初めてプロミスから借入をする場合、次のような手順を踏まないといけません。

申込⇒審査⇒契約⇒借入

一番最初の申込方法には、インターネット、電話、自動契約機などの方法がありますが、借入までのスピードを重視するのであればインターネットでの申込がおすすめです。

電話の場合は必要事項を全て口頭で伝えるので、時間がかかる上に、静かでプライバシーが確保できる場所から電話をかけなければいけません。

自動契約機での申込は、一箇所で全ての手続きが完結するので、シンプルで簡単なイメージがありますが、申込後の審査の時間(30分~1時間程度。人によってはそれ以上の事も)を自動契約機の近くで何もせずに過ごすことになるので、ムダな待ち時間がかなりあります。

インターネットでの申込であれば、入力内容が決まっていれば5分~10分で全ての入力が完了します。
カードでの借入を希望する場合でも、まずインターネットで申し込んだ後、審査をしている間に自動契約機に向かえば、効率的に時間を使えますよ。

契約方法と借入方法が最重要ポイント

申込方法以上に注意しなければいけないのが契約方法です。
あなたの今の状況や、希望する借入方法によって最適な方法で契約を選ばないといけません。

ATMで借入したいなら自動契約機で契約とカード受取が必要

プロミスのATMやコンビニなどの提携ATMで即日融資をしたいなら、カードの受取が必要です。
カードの受取をその日のうちにするためには、自動契約機で受取をしなければいけません。
(プロミスの店舗もありますが、一部店舗を除いて土日は営業していません。)

少しでも早く借入がしたいなら、インターネットでの申込が完了した時点で自動契約機まで移動しておきましょう。

振込での借入は三井住友銀行かジャパンネット銀行口座のみOK

プロミスでは、あなたの銀行口座へ振込で借入することも可能です。
振込で借入する場合は審査完了後に、引き続きインターネットで契約手続きをすることができます。

ただし、注意しなければいけないのは、金融機関の営業時間です。
通常の銀行は平日の15:00までしか営業しておらず、土日に振込が行われた場合、口座に反映されるのは翌営業日となってしまいます。
ほとんどの場合、土日は振込融資を受けることができません。

ただし、もしあなたが三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば大丈夫です。
これらの口座は「瞬フリ」というサービスの対象となっており、土日でも24時間振込で借入することができるんです。

外出することができない人や、近くにプロミスの自動契約機がない場合に使うと便利ですよ。

セブン銀行ならカードなしで借入も可能

通常、ATMで借入する場合は自動契約機でカード受取をしないと借入ができません。
しかし、インターネットでの契約をして、プロミスのスマホアプリがあれば、なんとセブン銀行でカードなしで借入をすることができるんです。

「アプリローン」「スマホATM取引」というサービスなのですが、セブン銀行ATMに表示されるQRコードをスマホで読み込んで、アプリに表示される暗証番号などの入力を行えば、借入はもちろん返済も可能です。

セブンイレブンであれば、日本全国どの都道府県に行ってもあるので、土日にカード受取ができない人には嬉しいサービスですね。

在籍確認の電話が意外な落とし穴

土日の融資で一番の難関が「在籍確認の電話」です。
あなたが勤務先に在籍していることを確認するために、勤務先にかかってくる電話のことです。
土日の在籍確認は平日よりもハードルが高いので、対応ができるか確認しておきましょう。

あなたが出勤していなくてもOK。バレる心配もなし!

「土日は出勤していないから在籍の確認は取れないよ。」と心配している人も多いですよね。
しかし、あなたが出勤していなくても、誰かが電話に出られれば問題ありません。

在籍確認の電話は「プロミス」とは名乗らずに、担当者個人の名前で
「○○と申しますが、□□様はいらっしゃいますか?」
という内容の電話がかかってきます。

あなたが居なかったとしても、電話に出た人が「□□は本日出勤しておりません」と回答してくれれば、在籍確認は完了です。
会社の人にプロミスの利用がバレる心配もありませんね。

会社に誰もいないときは事前の対策が必要

ただし、土曜日と日曜日は会社が休業していて、誰も居ないという場合は事前に対策が必要です。
在籍確認のタイミングであなたが会社まで行って、電話に出なくてはいけません。

もし会社の鍵を持っていなくて、休日は会社に入れないという場合は、申込完了後すぐにプロミスへ電話をかけましょう。
健康保険証や給与明細を提出することで、在籍確認の代わりにしてくれる場合もあります。

何かしらの方法で在籍確認ができないと、借入することはできないので注意してくださいね。

提出書類を揃える

カードローンへ申し込みをすると、契約の段階で書類提出を求められます。
せっかく審査が完了したとしても、最後に書類の提出ができなかったら即日融資を受けることはできません。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(高額の場合)

これらを揃えられるか、早めに確認しておきましょう。

本人確認書類は申し込みの際に必須

本人確認書類は、プロミスと契約する人全員が提出しなければいけません。
次のいずれかの書類を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など住所がわかるもの

健康保険証は顔写真が入って居ないので、もう一点、住民票などの書類が必要です。
住民票以外には、公共料金、社会保険料、国税や地方税の領収書などがあります。
申込者の本人名義でないと認められないので、注意してくださいね。

高額借入をしたいなら収入証明書類も

多くの人が本人確認書類だけを提出すればOKなのですが、高額の借入を希望する人は、収入証明書類の提出が求められます。
次のどちらかの条件に当てはまっている人が対象です。

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 他社からの借入残高と今回の借入希望額の合計が100万円を超える

収入証明書として認められる書類は次の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細)

給与明細も源泉徴収票も会社に置きっぱなしで手元にないという人は、最初は希望額を少額にしておきましょう。
あとから増額の申請をすることもできますし、限度額が少額の方が審査に通りやすい傾向がありますよ。

プロミスから土日でも即日融資を受けるための全手順

ここまで、土日にプロミスから即日融資を受けるための注意点について説明しました。
次に、実際に即日融資を受けるための具体的な手順を解説しますね。
インターネットから申込をするので、スマホかパソコンを用意してください。

スマートフォンかPCから「フル入力」で申込みをする

まずはプロミスのサイトにアクセスして、申込をします。
申込方法には「カンタン入力」と「フル入力」があります。

カンタン入力は、最低限の情報だけ入力をして、あとは電話でオペレーターに伝える方法です。
フル入力は全ての情報をフォームに入力します。

どちらを選ぶか迷うところですが、フル入力での申込の方がおすすめです。
入力する項目は多いですが、あとから電話でオペレーターに伝える手間を考えると、一度に全てを入力してしまった方が時間が短くて済みます。
実際に入力する項目は次の通りです。

カンタン入力 フル入力
  • 氏名
  • 氏名(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号(携帯・PHS)
  • 自宅電話の有無 
  • 自宅電話番号(ある場合のみ)
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 勤務先電話番号
  • 雇用形態
  • 税込年収
  • 希望の契約方法
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 書面の受取方法
  • 希望連絡先
  • 希望連絡時間
  • 氏名
  • 氏名(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号(携帯・PHS)
  • 自宅電話の有無
  • 自宅電話番号(ある場合のみ)
  • 運転免許証交付の有無
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 自宅住所(フリガナ)
  • 住まいの種類
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 勤務先名(フリガナ)
  • 郵便番号
  • 勤務先住所(フリガナ)
  • 所属部署
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込み年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 希望の契約方法
  • 現在の他社借入状況
  • 今回の借入希望額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法
  • アンケート(よく見る広告)

どれも基本的な情報ばかりなので、フル入力でも10分もかからずに全て入力できるはずですよ。

在籍確認の電話ができなければ、申込完了の時点で電話する

申込が完了すると、審査に移ります。
在籍確認もこの審査の過程で行われます。

もし会社にだれもいなくて、在籍確認ができないという人は、申込が完了した時点でプロミスへ電話をして、「会社が休業日で在籍確認ができません。どうしても今日中にお金を借りたいのですが。」と相談をしてしてくださいね。

審査完了の連絡が来たら契約手続き

審査が完了すると、電話かメールで結果の連絡が入ります。
無事通過していたら、次は契約手続きを行います。

自動契約機での契約は指示に従って

自動契約機で契約する人は、インターネットでの申込が完了したら、審査が行われている間に移動しておくとスムーズです。

自動契約機のブース内に設置してあるスキャナを使って必要書類の提出をするので、忘れずに持って行ってください。
ブース内での手続きは、ガイダンスに従って進めていけば迷うことはありません。

契約が完了したら、その場でカードが発行されます。
ブースに併設されているATMを使えば手数料無料で借入ができますよ。

またプロミスの場合、三井住友銀行のATMを利用しても手数料はかかりません。
コンビニなど、その他の提携ATMは手数料が別途かかってしまうので注意してくださいね。

インターネット契約の場合、返済方法は「口座振替」で

インターネットで契約をする場合は、引き続きスマホかPCを使って手続きを行います。
書類提出は、書類の写真を撮ってアップロードすることで行います。

インターネットでの契約時に注意しなければいけないのが、返済方法の選択です。
カードなしで振込融資を受けられるWEB完結取引は、口座振替での返済が必須です。

後日カードを自宅に届くようにもできますが、家族に内緒で取引したい人は「カードなし」を選択すると、郵送物が届かないですよ。

契約が終わったら、会員専用ページにログインすることで借入の手続きをすることができます。
三井住友銀行かジャパンネット銀行以外は、土日の振込融資ができないので注意してくださいね。

プロミスは土日でも振込融資に対応している銀行があり、他の消費者金融と比べても使い勝手が良いカードローンです。
休日にお金が必要になった時は、諦めずにプロミスへの申込を検討してみてくださいね。

関連記事

プロミス審査とカードローンの借り方を解説!申込の流れと特徴まとめ

2017.03.07

プロミスで即日融資を受けるためのポイント

2017.10.31

ABOUTこの記事をかいた人