プロミス審査の営業時間は?何時までに申込すればいい?

すぐにお金が必要で借り入れをご検討されている場合、プロミスは即日融資に対応しており、遅い時間まで審査を受け付けています。
仕事が終わる時間が遅い人でも、21:00よりも前であれば、まだ間に合うかもしれません。

しかし、申込方法も借入方法も様々な方法があるので、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。
ここでは、今日中にプロミスから借入したい人のために、最短で借入をする方法を解説します。

プロミスの申込は24時間受付。ただし即日融資にはタイムリミットが

プロミスから借入するには、下の2種類の方法があります。

  • ATMでの借入
  • 振込での借入

WEBでの申込は24時間いつでも受け付けており、どちらでも即日融資を受けることは可能なのですが、当日借入するためには、申込方法の注意点とタイムリミットがあります。

【借入方法】1.自動契約機でカードを受取りATMで借入

一つ目は、ATMで借入をする方法です。
ATMを利用するためにはカードが必要なので、自動契約機の営業時間終了までにカードの受け取りができれば借入が可能です。

プロミスの自動契約機は、日本中どこの都道府県に行っても見つけることができます。
夜22:00まで開いているので、仕事が終わるのが遅い人でも安心ですね。

審査が間に合うよう21:00前までにネット申込を完了させましょう

ただし、22:00ギリギリに自動契約機に滑り込んだとしても、申込⇒審査⇒契約の手続きをしていなければ、カードの受け取りはできません。
審査には時間がかかるので、事前にインターネットでの申込を済ませておくことをオススメします。

余裕を持って21:00前までに申し込みを完了させ、22:00までに自動契約機でカード受け取りを完了させれば、併設のATMや全国のコンビニATMで借入することができますよ。

【借入方法】2.14:00前までにWEB完結申込完了で当日振込融資

なかなか外出ができない事情がある人なら、振込で融資を受けることもできます。
本日中に振込での融資を受けるためには、「WEB完結」での取引を行います。
WEB完結は申込から借入の手続きを全てインターネット上で行う方法です。

ただし、振込口座である銀行など金融機関の営業時間は、平日の15:00までであることが多いです。
本日中(平日に限る)にWEB完結で借りたいなら、審査の時間も考慮して14:00前までには申込を完了させ、14:50までに振込の手続きを済ませる必要があります。

三井住友銀行とジャパンネット銀行なら21:00前までにWEB完結可能

通常の金融機関は、平日の14:00前までに申込手続きを済ませないと当日借入はできません。
しかしプロミスの場合、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っている人なら、21:00前までに申込を済ませれば本日中に借入ができます。
平日に限らず土日祝日でも審査は可能で、振込手続きは24時間いつでもOKです。

今日中にプロミスから借入をする方法

それでは、本日中にプロミスから借入をする最速の方法を順番に説明していきます。
タイムリミットに間に合いそうな人は、早速読み進めてくださいね。
申込には、お手持ちのスマホかパソコンを使用します。

【今日中に借入する方法】1.申込条件の確認

実際に申し込みを開始する前に、あなたが申込できる条件を満たしていなければ借入はできません。
プロミスに申込をするための条件は以下の2つです。

  • 年齢の条件を満たしている
  • 安定した収入がある

申込条件 1.年齢の条件を満たしている

一つ目の申し込み条件は年齢制限です。
プロミスに申し込みをするためには、年齢が20歳~69歳まででなければいけません。
未成年の人や、70歳に達している人は申込をすることができないので注意してください。

申込条件2.安定した収入がある

二つ目の条件は、安定した収入があるということです。
定職についておらず、コンスタントに収入が入っていないという人は申込むことができません。

しかし、「安定した収入」を得ている人というのは、正社員でなければいけないわけではありません。
契約社員、派遣社員、パート、アルバイトの人でも毎月給料が発生していれば、申込は可能です。

【今日中に借入する方法】2.必要書類を用意

申し込み条件を満たしていることを確認できたら、次は必要書類を用意しましょう。
以下の書類が必要になります。
WEB完結の場合は、申し込みの直後に提出しなければいけませんし、カード受け取りに行く場合も自動契約機の中で提出することになります。
申し込みの際は忘れないように、準備しておきましょう。

必要書類 1.本人確認書類

まず、必ず用意しなければいけないのが「本人確認書類」です。
これは、申し込みを行っているのがあなた自身であることを証明するための書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

記載されている住所と現住所が異なる場合は、さらに以下のいずれかの書類を加える必要があります。

  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力、水道、ガス、NHK)
  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書

必要書類 2.収入証明書類(該当者のみ)

借入する金額によってはあなたの収入を証明するための書類を提出する必要があります。
あなたは次のいずれかの条件に当てはまっていませんか?

  • 希望借入限度額が50万円を超える
  • 希望借入限度額と、他社からの借入残高の合計が100万円を超える

当てはまっている場合は、収入証明書類として、以下の書類のうち1点を用意しなければいけません。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

【今日中に借入する方法】3.インターネットから申込を行う

申込条件と必要書類の部分がクリアできたら、スマホかパソコンを使用し、プロミスの申込を進めていきましょう。
プロミスの申込はこちらからどうぞ。

「カンタン入力」ではなく、「フル入力」がオススメ

入力方法は2種類あります。
入力内容が少ないのが「カンタン入力」。
審査に必要な全ての情報を入力するのが「フル入力」です。

一見、カンタン入力のほうが手間が少ないように思われますが、後から残りの情報を電話で伝える必要があります。
最初からフル入力を選択した方が、結局は手間が少なくて済むでしょう。

フォームに必要事項を入力

フル入力を選択したとしても、あなた自身のことなので、入力に困ることは少ないでしょう。
迷わずに入力を進めたいという人は、以下の情報をあらかじめ用意しておくと、ノンストップで最後まで入力できますよ。

  • 勤務先の住所
  • 社員数
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 他社からの借入件数と残高

WEB完結を選択した場合は、申込後に必要書類を提出

申込フォーム内に、希望の契約方法を入力する箇所があります。
ここでWEBを選択した人は、申し込み直後に必要書類の提出を行います。

プロミスからアップロード用のURLが記載されたメールが届くので、そこに必要書類の写真をアップロードします。
この作業は、写真を撮ってスグにアップロードができるスマホの方がスムーズにできますよ。

【今日中に借入する方法】4.職場に「在籍確認」の電話がかかってくる

申込が完了すると、次は審査が行われます。
あなたが入力した内容や個人の信用情報を元に、貸出ができるかどうかを判断されるのですが、その過程であなたの職場に在籍確認の電話がかかってきます。

在籍確認の目的は、入力された会社の情報がいつわりではないことを確認することです。
職場の人にプロミスからの借入を知られたくないという人も多いですが、心配はいりません。

電話をしてくる担当者は「プロミス」とは名乗らず、個人名で電話をかけてくるからです。
カードローンについての話は一切ありませんので、プロミスを利用していると知られることもありません。

【今日中に借入する方法】5.審査に通過したら契約手続きを行う

審査の結果は、あなたが選んだ方法(メール・携帯電話・自宅電話・勤務先電話のいずれか)で連絡があります。
無事審査に通過したら、次は契約手続きを行いましょう。

カード受け取りを希望する人は審査中に移動しておこう

カードを受け取りを希望する人は、必要書類を持って自動契約機に向かいましょう。
審査結果が出る前に近くまで行っておけば、タイムロスが少なくて済みますよ。

自動契約機の中に入ったら、ガイダンスに従って契約手続きを進めます。
持参した必要書類は、ブース内に備え付けられているスキャナーを使用して読み取ります。

無事契約が完了すればカードがその場で発行されます。

WEB完結の人は引き続きスマホかPCで契約手続き

WEB完結を選択した人は、再度インターネットを使用して契約手続きを行います。
返済方法やカード発行の有無を選択するなどの簡単な手続きで完了します。

【今日中に借入する方法】6.借入をする

契約が完了すれば、スグに借入ができます。ATMと振込の借入方法は次の通りです。

自動契約機の人は併設されているATMで借入できる

契約時に受け取ったカードを使って一番早く借入ができるのが、自動契約機に併設されているプロミスのATMです。
営業時間は7:00~24:00なので、22:00までに契約が完了すれば、余裕を持って借入ができます。手数料もかからないので、今日中に借入をしたい人にオススメです。

その他、全国の提携ATMやコンビニATMでも借入可能です。

  • 三井住友銀行ATM(手数料無料)
  • ゆうちょ銀行ATM
  • Enet
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM

コンビニATMでは24時間借り入れが可能です。
なお三井住友銀行ATM以外の提携ATMでは、以下の手数料がかかってしまうのでご注意ください。

取引額 借入時 返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

WEB完結の人は会員ページで振込手続きを行う

WEBで契約が完了すると、会員ページにログインすることができるようになります。
限度額内で振込手続きを行えば、あなたの口座にお金が振り込まれます。
時間内であれば約10秒で口座に反映されますよ。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は、土日祝日関係なく24時間振込が可能です。

その他の金融機関の場合は、平日の9:00~14:50の間に振込手続きをしてください。
9:00より前に振込手続きを行うと、口座に反映されるのが9:30頃になってしまいます。
早すぎもNGなので注意が必要です。


以上でプロミスからの借入は完了です。

急いでいる人は「今日中に借入をするのは無理だぁ!」と諦めでください。
タイムリミットを過ぎていないなら、プロミスで借入できるチャンスは十分にありますよ!
早速手順通りに申し込みを始めてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人