プロミス審査とカードローンの借り方を解説!申込の流れと特徴まとめ

プロミスでお金を借りようかと迷っている人にとって、プロミスを利用するメリットとデメリットは気になりますよね。

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営しているサービスのひとつです。
また、このSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は大手銀行「三井住友銀行」のグループ会社なので、プロミスは安心して利用できるんです。

というわけで、今回はそんなプロミスのカードローンでお金を借りる方法やプロミスの特徴についてくわしく紹介します。

プロミスのカードローンでお金を借りるメリットは5つ

プロミスでお金を借りるメリットは5つあります。

  1. すべてインターネットだけで完了する「WEB完結」が利用できる
  2. 借入までのスピードが速く、即日融資OKで最短1時間で借りられる
  3. はじめての人は30日間も無利息で利用できる
  4. 使えるATMが多いので、借入も返済もスグにできる
  5. ポイントを貯めると手数料無料や無利息サービスが受けられる
それぞれのメリットについてくわしくお話しします。

【プロミスのカードローンのメリット】
1.すべてインターネットだけで完了する「WEB完結」が利用できる


プロミスのカードローンでは、来店や郵送が一切必要なく、すべてインターネットだけで完結できる「WEB完結」という申込方法が用意されています。
そのため、家から一歩も出ることなくお金を借りることができるんです。
なので、「来店したところを誰かに見られたらどうしよう」「郵便物が家族に見られたらどうしよう」などといった不安を一切感じずにすみます。

なお、プロミスの申込方法にはWEB以外にも電話や来店、郵送などの方法が用意されていますが、WEBだけは365日24時間の申込ができるんです。
曜日や時間を気にしないで、「お金が足らない!」と思ったときにスグに申し込めるので、急な出費のときにはとても頼りになりますね。

【プロミスのカードローンのメリット】
2.借入までのスピードが速く、即日融資OKで最短1時間で借りられる


プロミスは借入までのスピードがとても速いサービスのひとつで、即日どころか最短1時間で借りられるんです。
最短1時間で借りるには、自動契約機または店頭窓口に行く必要があります。
ただし、自動契約機や店頭窓口の場合は営業時間内に、契約手続きをすべて完了させなければなりません。

◆プロミスの契約場所とそれぞれの営業時間

契約場所 営業時間 営業日 最短融資のための契約手続き完了期限
自動契約機 プロミス自動契約機 9~22時
(契約機によって時間は異なります)
365日 営業時間内
三井住友銀行ローン契約機 9~21時 365日 営業時間内
店頭窓口 お客様サービスプラザ 10~18時 平日のみ 営業時間内

また営業時間内ギリギリに来店しても、契約が完了しないと融資は受けられないので、時間に余裕をもって期限の2時間前くらいには来店しましょう。

【プロミスのカードローンのメリット】
3.はじめての人は30日間も無利息で利用できる


プロミスをはじめて利用する人は、Eメールアドレスを登録し、利用明細書などをWEBにて確認できる「WEB明細」を利用すると、30日間も無利息で利用できます。
この無利息期間は、はじめての借入の翌日から30日間で、この期間内に返済すれば利息はタダでOKなんです。
そのため、「給料日前に生活費が・・・!」となってしまったときなどに、プロミスのカードローンはとても便利です。

また、30日間を超えてから返済する場合でも、利息は31日目から発生しはじめるので、30日間分の利息は払わなくてもいいんです。
できるだけ利息を抑えて消費者金融を利用したいなら、プロミスの30日間無利息サービスはとてもオススメですよ。

【プロミスのカードローンのメリット】
4.使えるATMが多いので、借入も返済もラク

プロミスは提携先のATMが豊富で、グループ会社の「三井住友銀行」はもちろん、「ゆうちょ銀行」「セブン銀行」「イーネット」「ローソンATM」で借入も返済もできます。
セブン銀行はセブンイレブンやイトーヨーカドー、イーネットはファミリーマートやスリーエフ、ローソンATMはローソンやナチュラルローソンに設置されているATMなので、日本全国どこでも便利に使えるんです。

【プロミスのカードローンのメリット】
5.ポイントを貯めると手数料無料や無利息サービスが受けられる

プロミスでは、インターネット会員になることでポイントが貯まるサービスを行っています。
このポイントは、ログインや収入証明書の提出などによって貯めることができ、貯まったポイントは提携ATMの手数料無料サービスや無利息サービスに利用できるんです。
また、ポイントサービスへの申込方法もとてもカンタンで、会員サービスページにログイン後、申し込みボタンをクリックするだけなんですよ。


ここまでお話ししてきたように、プロミスはとても手軽で便利でスピーディー、しかも無利息期間が30日もあるなどメリットが多いサービスです。

プロミスのカードローンでお金を借りるデメリットはふたつ

プロミスは消費者金融なので、消費者金融ならではのふたつのデメリットがあります。

【プロミスのカードローンのデメリット】
1.銀行のカードローンよりも利息率が高い


プロミスの借入利息は4.5~17.8%で、一般的な消費者金融の利息である3~18%前後の範囲内です。
ですが、銀行カードローンの中には上限金利が10%を下回るところもあるので、銀行と比べると利息率が高いんです。

ただし、借入額が10万円など少額の場合や、借入期間が数ヶ月など短期間の場合には、利息による影響はほとんどないため気にする必要はありません。

たとえば、10万円を借りて12ヶ月で返す場合、利息率17.8%なら利息額は9,894円ですが、利息率10%でも利息額は8,791円で、たった1,103円の差です。

【プロミスのカードローンのデメリット】
2.総量規制によって借りられる金額が限られてしまう

プロミスのカードローンは「総量規制」という“借りすぎや貸しすぎを防ぐための規制”の対象となります。
この総量規制では、すべての消費者金融から借りられる合計金額は「年収の1/3まで」と決められているんです。
そのため、たとえば年収が300万円の人がプロミスでお金を借りる場合、すべての消費者金融からの融資額をあわせて100万円までしか貸してくれません。

また、利用者本人にパート・アルバイトなどでもいいので、勤務による定期収入がないと、年収は0円となり1円も借りられないんです。
もし、専業主婦などで収入がなくてもお金を借りたいという人は、総量規制の対象外となる銀行のカードローンを利用することをオススメします。


ここまで、プロミスのメリットとデメリットを紹介しましたが、プロミスの特徴は分かりましたか?
続いては、プロミスのカードローンの全体像を確認していきましょう。

プロミスのカードローンは自分に合うキャッシングプランや申込方法が選べる

プロミスのカードローンでは、キャッシングプランや申込方法がいくつも用意されているので、自分に合うものを選べます。

プロミスのキャッシングプランは5つ


プロミスのカードローンには、以下の5つのキャッシングプランが用意されています。

【プロミスのキャッシングプラン】

1.フリーキャッシング

プロミスの代表的なカードローンのプランです。
4.5%~17.8%の金利で、総量規制の範囲内で500万円までのお金を借りられます。
5つのプランの中ではもっとも条件がゆるいプランで、20~69歳で本人に安定収入があれば、雇用形態にかかわらずに契約できます。
また、借入金額が50万円以下や、複数の消費者金融からの借入金額が100万円以下の場合は、収入証明書類を提出しなくていいので手軽なんです。
さらに、申し込みはインターネットからできるので、365日24時間いつでもお金に困ったらスグに申し込めるのも嬉しいですね。

2.レディースキャッシング

女性利用者のために用意されている女性専用プランで、プロミスとのやり取りを女性スタッフに限定してくれます。
女性利用者のキャッシングについて夫に相談できない状況や、家族に内緒で借りたいという気持ちを理解してくれるので、細かいことも相談しやすいです。
また、プロミスからの確認電話のときにも、女性からの電話であれば「友達かな?」と思われる程度で済むので、家族などから怪しまれにくいんです。

このレディースキャッシングの金利や融資額などの内容は、先ほど紹介したフリーキャッシングとまったく同じです。
こちらもインターネットで365日24時間、申し込めるようになっています。

3.おまとめローン

複数の消費者金融でお金を借りている人が、それらの返済目的でプロミスからまとめて借り入れることで、利息率を下げて返済をラクにするためのプランです。

ただし、金利が6.3~17.8%と消費者金融として一般的なため、このプランに移行してもあまり利息額を軽減できない可能性があります。
また、限度額が300万円までなので、複数のカードローンの合計が300万円を大きく上回っている場合は、このプランは適していません。
さらに、65歳以上は申し込めず、借入希望金額にかかわらず収入証明書が必要など、フリーキャッシングよりも条件が厳しくなっています。

そのため、複数のカードローンをまとめて返済をラクにしたいと考えている人は、金利が安く条件も少ない「銀行のカードローン」をオススメします。
オススメの銀行のカードローンについては、以前「おすすめの消費者金融と銀行カードローン会社一覧(https://lapl.jp/syouhisyakinyuu-ginkoucardloan-itiran/)」という記事で紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

4.自営者カードローン

自営業をしている人が、事業や生活のためにお金を借りることができるプランです。
自営業者はサラリーマンのような安定した給与所得がないため、確定申告の状況によっては審査が厳しいこともあるようです。
ですが、このプランは「自営業者専用」なので審査に通る可能性があるんです。

ただし、金利は6.3~17.8%とやや高めで、300万円までしか借りられません。
また、20~65歳以下で、前年分の確定申告書や青色申告決算書、営業許可証などを提出できる人のみ申し込めます。

なお、申込はインターネットでは行えず、自動契約機・電話・店頭窓口・郵送のいずれかとなっており、いつでも申し込めるわけではないので注意しましょう。

5.目的ローン

金利6.3~16.5%と、消費者金融の中では金利上限がとても安く、1~300万円までお金を借りられるプランです。

ただし、教育資金や結婚資金、車検費用などのように、お金の使い道を決めている人向けに用意されているプランなので、明確な目的がない人は契約できません。

なお、この目的ローンは「プロミスコール」か「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」からのみ申込でき、オペレーターか店頭スタッフに使い道を説明する必要があります。
また、返済方法が口座引落しのみなので、契約時に銀行の届出印が必要です。


ここまで、プロミスのキャッシングプランを5つ紹介しましたが、あなたに合うプランは見つかりましたか?

これらのプランの中でも、もっとも条件が少なく、多くの人が利用できるのが、「フリーキャッシング」です。
ただ、このフリーキャッシングでは、手続きを進めていく手段が豊富に用意されています。
たとえば、インターネットだけで手続きを進めたり、自動契約機に来店したり、電話や郵送を利用したりと、利用者の事情に合わせて様々な方法で契約できるんです。

このように、自分の状況に合わせて契約手段を選べるのは嬉しいですが、たくさん用意されていると、お金の借り方がよく分からなくなってしまう人もいますよね。

というわけで、続いてはプロミスのフリーキャッシングでのお金の借り方について紹介します。
申し込みからお金を手に入れるまでの方法をしっかりとチェックしていきましょう!

プロミスのフリーキャッシングの申込方法は5種類

プロミスのフリーキャッシングの申込方法には、以下の5種類があります。

  1. WEB(インターネット)からの申し込み
  2. 自動契約機(プロミス契約機、三井住友銀行ローン契約機)からの申し込み
  3. プロミスコール(フリーダイヤル)からの申し込み
  4. お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申し込み
  5. 郵送からの申し込み

それぞれについて、どのような流れで申し込み、契約できるのか、また借入までにどれくらいかかるのかを紹介しますね。

【プロミスの申込方法】

1.WEB(インターネット)からの申し込み


WEB申込は、インターネットさえ繋がれば、24時間365日いつでも申し込みができるので、もっとも手軽な方法です。
プロミスのサイトから入力フォームに必要事項を入力していくだけで申し込みが完了し、最短30分で審査してもらえます。

また、この入力の時点で、契約方法を「WEB」か「来店」のどちらかひとつを選びます。
ここでWEBを選んだ場合は、すべての手続きがWEBだけで完了し、指定口座にお金が振り込まれる「Web完結」が利用できるんです。
また、来店を選んだ場合は、その日のうちにカードを受け取ることで即日キャッシングが可能になります。

なお、この入力フォームは、パソコンやスマホでの入力が苦手な人のための「カンタン入力」と、入力が得意な人のための「フル入力」のいずれかを選べます。

カンタン入力

カンタン入力を選んだ場合は、最短3分で入力できる必要最低限の項目だけを入力すると、プロミスから電話で連絡がくるので、残りの情報を口頭で伝えます。
ただ、コールセンターは9~21時のみの営業なので、申し込み時間によっては翌営業日まで連絡がきません。
そのため、フル入力よりも申し込みに時間がかかってしまう場合があると覚えておきましょう。

このようにして、電話で必要事項をすべて伝えたら、WEB契約を選んだ人は必要書類をスマホカメラなどで撮影した写真をプロミスに送信して、申し込みは完了です。
審査結果を待ちましょう。

また来店契約を選んだ人は、電話で必要事項を伝えたら、ここでいったん申し込みは完了し、審査が出るのを待ちます。

フル入力

フル入力を選んだ場合は、すべての必要事項を入力フォームに入力するので、プロミスからの電話を待つ必要はありません。
入力が終わったら、WEB契約を選んだ人は必要書類の写真を送信して申し込みは完了するので、審査を待ちます。
また、来店契約を選んだ人は入力フォームを送信した時点で申し込みが完了し、審査待ちです。

ただし、入力内容に不備があった場合などは、プロミスから電話がかかってくることもあるので、電話には注意しておいてくださいね。


ここまでがWEB申し込みの審査待ちまでの流れです。
審査結果は、最短30分で指定した方法(メールまたは電話)にて伝えられます。

審査に通ったら、いよいよ契約手続きです。
契約手続きは、入力時に選んだ「WEB」か「来店」のいずれかで行います。

WEB申込からの契約|WEBで契約したいなら「WEB完結」がオススメ


WEBで契約を進めたい人にオススメなのが、WEB完結です。
すべての手続きをインターネット上で行うことができ、即日振込が可能だからなんです。
ただし、即日振込を希望する場合は、平日の14時までに以下の契約をすべて完了させる必要があります。

まず、返済方法に「口座振替」を選択し、希望の金融機関を登録します。
ただし、この金融機関はプロミスが定めている利用可能な金融機関のうち、「WEB完結可能」と書かれているものに限ります。
また、その金融機関において本人確認が完了していない場合は、WEB完結の契約はできないので注意が必要です。

次に、ATMからスグに現金を引き出せるプロミスのカードについて、「カード郵送希望なし」を選択します。

ここまでで、契約はすべて完了です。

つづいて、プロミスインターネット会員サービスの「瞬フリ(振込キャッシング)」から振込を依頼します。

なお、プロミスは一部の金融機関を除き、24時間いつでも最短10秒での振込みが可能です。
また、対象外の銀行であっても、平日9時~14時50分の間であれば、最短10秒で振込まれます。

WEB申込からの契約|来店すればATMからスグに引き出せる


カードを使ってスグにキャッシングしたい人や、口座振込は家族にバレるからイヤという人は、WEB申し込みのあとに来店契約することで、その日のうちにカードを受け取れます。

来店契約を希望した場合は、必要書類を持って、自動契約機(プロミス契約機、三井住友銀行ローン契約機)かお客様サービスプラザ(店頭窓口)へ行きます。
(近くの店舗検索はこちらから→http://as.chizumaru.com/promise/top?account=promise&accmd=0

タッチパネルや店頭スタッフの案内に従って契約手続きを行うと、プロミスのカードが発行されるので、スグにATMから引き出せるんです。

2.自動契約機(プロミス契約機、三井住友銀行ローン契約機)からの申し込み


続いては、申し込みから契約まで、すべて自動契約機で行う方法について紹介しますね。
まず、必要書類を持って、自動契約機(プロミス契約機、三井住友銀行ローン契約機)に行きましょう。
この自動契約機は、「プロミス」と書かれているタイプと、「三井住友銀行(SMBC)ローン」と書かれているタイプがあり、どちらでも同じように手続きできます。

そして、自動契約機のタッチパネルの案内に従って操作を行うと、その場で審査結果が分かり、契約とカード発行までスムーズに済みます。
そのため、この方法で申し込むと約30~40分で申込手続きは完了です。
このとき、事前に自宅などでWEBの「カンタン入力」だけでも済ませておくと、手続き時間をさらに短縮させられるのでオススメです。

その後、審査が終わりカードが発行されれば、スグにATMからお金を引き出すことができます。

3.プロミスコール(フリーダイヤル)からの申し込み


パソコンもスマホも入力が面倒という人は、電話からでも申し込みができます。
ただし、土日祝日を含む9~22時のみの受付となっているので、時間には注意しましょう。

プロミスコールに電話すると、審査に必要な情報をすべて聞かれるので、ただ質問に答えていくだけで申し込みは完了します。
電話の後、審査が行われるので、30分~1時間ほど結果の電話連絡を待ちましょう。

審査が通れば、契約方法を「来店」か「郵送」から選びます。

このように電話からの申込の場合は、受付時間が限られていたり、契約方法も来店か郵送から選ぶ必要があるため、少し時間がかかってしまう場合があるんです。
そのため、急ぎでお金が必要な人は、WEBのカンタン入力をオススメしています。

プロミスコール申込からの契約|来店なら即日キャッシングOK

契約方法に来店を選んだ場合は、審査が出たら必要書類を持って、近所の自動契約機か店頭窓口に行きましょう。
あとは、契約機のタッチパネルや店頭スタッフの指示どおりに手続きを進めていけば、その場で契約手続きが完了し、カードを受け取ることができます。

プロミスコール申込からの契約|郵送は時間がかかるけれど、WEBも来店も不要

契約方法に郵送を選んだ場合は、契約書類とカードが自宅まで簡易書留郵便にて送られてきます。
その契約書類に必要事項を記入して、必要書類のコピーとあわせて返送し、プロミスが書類を受け取った時点で、カードを使ってキャッシングできるんです。

なお、自宅に送られてくる書類の差出人名は「事務センター」と書かれているので、プロミスからの書類だと家族に知られることはありません。

ただ、この郵送による契約では、最低でも契約書類の往復日数分はキャッシングまでに時間がかかってしまうため、早くお金を借りたいという人にはオススメできません。

4.お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申し込み


申し込みから契約まで、お客様サービスプラザというプロミスの店頭で行うこともできます。

店頭申し込みでは、必要書類を持って店頭窓口へ行くと、スタッフから審査に必要な情報をすべて聞いてもらえるので、質問に答えていけば申し込みは完了です。
その後、スタッフが審査結果を教えてくれます。
審査に通ったら、スタッフからカードローンについての説明をうけ、カードを発行してもらいます。

ちなみに、店頭ではスタッフが丁寧にプランの説明をしてくれるので、自分に合うカードローンがよくわからないという人は、店頭で相談するのもオススメです。
ただし、受付時間が平日の10~18時までと短いので、この時間に仕事をしている人は来店がムズカシイかもしれません。
また、日中の時間帯なので、プロミスの店舗に入っていくところを知り合いに見られてしまう可能性もあり、注意が必要です。

もし、誰にもバレずに借りたいけれど初めてで不安なら、WEBのカンタン入力がおすすめです。
この方法なら、家のパソコンや自分のスマホから、誰にもバレることなく申込みができ、さらにプロミスに電話相談もできるんですよ。

5.郵送からの申し込み


申し込みから契約まで郵送で済ます方法もあります。

まず、申込書を用意します。
申込書は、プロミスコールから取り寄せたり、プロミスの店頭窓口に取りに行ったり、インターネットで資料請求することで手に入りますよ。

用意した申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーとあわせてプロミスに送付し、審査結果の電話連絡を待ちましょう。

審査に通ったら、契約書類とカードが簡易書留郵便にて送られてくるので、契約書類に必要事項を記入して返送します。
この契約書類がプロミスに届けば、カードでのキャッシングが利用できるようになります。

また、申し込みの際に口座振り込みを希望していた場合は、最短で契約書類が到着したその日に指定口座に振り込みが行われます。

この郵送による申込方法では、書類のやり取りに時間がかかるため、今すぐにお金が欲しいという人にはあまりオススメできません。
すべて家で完結したい人にはWEB申し込みによる「WEB完結」、インターネットが苦手なら「カンタン入力」などを利用してみることをオススメします。


ここまで、プロミス「フリーキャッシング」の申し込みから契約までの流れについて、5つのパターンを紹介しましたが、自分にあった方法は見つかりましたか?

続いては、どの申込方法にも登場していた「必要書類」について説明します。

プロミス「フリーキャッシング」の必要書類は、基本的には「本人確認書類」のみ


プロミスのフリーキャッシングに申し込むには、以下の本人確認書類のうちいずれかひとつの写しが必要ですが、基本的にはこれだけで審査を通ることが可能です。

いずれか1点必要
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証と住民票の写し(または公共料金の領収書)
また、本人確認書類以外が必要になるのは、以下のような人です。

1.本人確認書類に書かれている住所が実際の住所と異なる人

本人確認書類に書かれている住所が実際の住所と異なる場合は、さらに以下のいずれかの書類の写しもあわせて提出する必要があります。
なお、これらの書類は発行日から6ヶ月以内でなければなりません。

いずれか1点必要
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

2.借入金額が一定の水準を超えている人

希望の借入金額が50万円以上の人や、複数の消費者金融での借入合計金額が100万円を超えてしまう人の場合は、以下のような収入証明書類が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書。賞与がない人は直近2ヶ月の給与明細書のみ)

プロミスで申し込みたい!条件はあるの?


プロミスに申し込むには、最低でも以下のふたつの条件をクリアしている必要があります。

1.20~69歳であること
2.本人に安定した定期的な収入があること

そのため、雇用形態は正社員のほか、派遣社員・パート・アルバイトでも申し込みでき、主婦や学生でも大丈夫なんです。

ただ、主婦でパートをしている人の場合、本当に自分でも借りられるのか不安になりますよね。
そこで、オススメしたいのがプロミスが提供しているカンタンな「お借入診断」なんです。

たった3項目でOK!3秒で終わる「お借入診断」をやってみよう

プロミスのお借入診断は、たった3項目のカンタンな質問に答えるだけで、あなたに融資可能かどうかをチェックしてくれるサービスです。
もちろん、簡易チェックなので目安にすぎず、本審査の結果とは異なることもあります。
ですが、自分の希望借入金額と収入のバランスをチェックする意味でも、ぜひサクッと診断してみてるのもオススメですよ。

まとめ

プロミスの申し込みの流れや特徴について紹介してきました。
プロミスは手軽で便利でスピーディ-な上、30日間の無利息期間があるなど、利用者にとってメリットが多いです。
また、プロミスには利用者の都合に合わせた申込方法が豊富に用意されています。

ABOUTこの記事をかいた人