プロミスで即日融資を受けるためのポイント

「プロミスから今日中にオトクにお金を借りたい!」と考えていませんか?

プロミスは最短即日融資に対応しているので、急いでいる人にはピッタリです。

しかし、プロミスの即日融資を受けるには、いくつかのポイントをおさえる必要があります。

そこでここでは、プロミスで今日中に融資を受けるためのポイントと、便利にプロミスを使いこなすためのコツについて説明します。

プロミスから即日融資を受けるタイムリミットを知っておこう

プロミスから即日融資を受けるには、タイムリミットがあります。

また、このタイムリミットはお金を貸してもらう方法が、「振込キャッシング」か「ATM借入」のどちらなのかで異なります。

振込キャッシングは、自分の銀行口座にプロミスからお金を振り込んでもらう方法です。

カードを必要としない場合、郵便物がなくインターネットだけで済むので「WEB完結」と呼ばれています。

というわけで、それぞれについて順に説明しますね。

【プロミス即日融資のタイムリミット】
1.WEB完結の「振込キャッシング」でお金を借りる場合

振込キャッシングで融資を受けるときは、銀行などの振込先金融機関の営業時間に注意が必要です。

通常、平日の15時を過ぎると金融機関の振込受付が終了してしまうため、平日14時50分までに振込依頼を完了させる必要があります。

振込依頼の完了までには、申込や審査、契約手続きなどがあるため、午前中に申し込みするのが一番ですが、遅くとも14時までには申し込みを開始する必要があります。

ただしプロミスの場合、一部の金融機関を除きほぼ24時間利用可能な「瞬フリ」というサービスが利用できます。

この場合、21時までの審査結果連絡に間にあえば、即日融資が可能です。

【プロミス即日融資の「振込キャッシング」タイムリミット】
振込先金融機関名 WEB申込完了 振込依頼完了
一部を除いたすべての金融機関 21時前 24時間対応
(月~日)
対象外の銀行など 14時前 14時50分
(平日)

※審査状況によっては審査時間が1時間以上かかることもあるため、余裕を持って申込するのがオススメです。

【プロミス即日融資のタイムリミット】
2.「ATM借入」でお金を借りる場合

ATMからお金を引き出してプロミスから借りる場合は、ATMで使うカードを発行してもらう必要があります。

このカードはプロミスの自動契約機で発行されるため、即日融資を受けるためには自動契約機の営業時間がポイントです。

自動契約機であれば土日、祝日でも開いており、22時と夜遅い時間まで営業しているので、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座がない人には、こちらの方法がオススメです。

審査結果が出るのが営業時間に間に合うよう、余裕をもって1時間前には申し込みを済ませておきましょう。

【プロミス即日融資の「ATM借入」タイムリミット】
WEB申込完了 自動契約機営業終了 ATM営業時間
21時前 22時
(月~日)
24時間
(月~日)

最速でプロミスからお金を借りて即日融資を受ける方法

最速でプロミスからお金を借りて即日融資を受けるなら、以下の流れに沿って手続きをしましょう。

STEP1:インターネット申込
STEP2:審査を待つ
STEP3:「インターネット契約で振込依頼する」か「無人契約機でカード受取する」
STEP4:「振込キャッシング」か「ATM借入」でお金を借りる

それぞれのステップにおいて、即日融資のために注意が必要なポイントについて説明します。

【プロミスから即日融資を受ける方法】
STEP1:インターネット申込

プロミスのインターネット申込では、以下のポイントに注意しましょう。

入力方法では「フル入力」を選ぶ

「カンタン入力」では、フォーム送信後にオペレーターと話をしながら申込を進める必要があるため、ひとりですべての申込手続きが完了する「フル入力」を選びます。

申込フォームに必要事項を記入して送信する

申込フォームには、氏名や生年月日、住所などの基本情報を入力します。

また、勤務先名・所属部署・最終学歴・年収なども入力しますが、見栄を張って嘘をつくとバレて借りられなくなるので、かならず本当のことだけを入力しましょう。


この申込時点で契約方法をインターネットか自動契約機か選びますが、インターネット契約(振込キャッシング)を希望する人は、申込完了後に必要書類をアップロードします。
(必要書類については、のちほど紹介しますね)

【プロミスから即日融資を受ける方法】
STEP2:審査を待つ

インターネット申込が完了したら、あなたの入力情報がプロミスの審査にかけられます。

その際、勤務先で本当に働いているかどうかを確認するための「在籍確認」があります。

即日融資を受けるには在籍確認がスムーズに完了する必要があるため、申込日が休日などで在籍確認がムズカシイ場合は、申込が完了した時点でプロミスに電話で相談しましょう。

このあと、最短30分で審査結果の連絡があります。

【プロミスから即日融資を受ける方法】
STEP3:「インターネット契約で振込依頼する」か「無人契約機でカード受取する」

審査に通過したら、契約手続きをしましょう。

契約手続きは、「インターネットで振込依頼する」か「無人契約機でカード受取する」のどちらかを選びます。

インターネット契約で振込依頼する

インターネットで振込依頼する場合は、審査結果の連絡メールの案内に従って、限度額や契約日などの契約内容を確認し、振込依頼をしましょう。

タイムリミットのところでもお話ししたように、24時間振込融資の対象金融機関以外への振込依頼は14時50分までに完了させる必要があります。

無人契約機でカード受取する

無人契約機でカード受取する場合は、審査結果の連絡待ちのあいだに必要書類を持って自動契約機に移動しておくと、タイムロスが少なくてすみます。

契約機内では、必要書類をスキャナーで読み取ってもらい、契約書の確認をしてからカードを受け取ります。

タイムリミットのところでもお話ししたように、ここまでの手続きを契約機の営業時間22時までに完了させる必要があります。

【プロミスから即日融資を受ける方法】
STEP4:「振込キャッシング」か「ATM借入」でお金を借りる

契約が完了したら、「振込キャッシング」か「ATM借入」でプロミスからお金を借りることができます。

振込キャッシングの場合、タイムリミットまでに契約完了時に振込依頼をした時点で、即日融資は完了します。

また、ATM借入の場合、タイムリミットまでに無人契約機でカード発行できたら、24時までにプロミスATMやコンビニATMなどからお金を引き出せば即日融資は完了です。

なお、プロミスATMは手数料無料ですが、コンビニATMは以下の手数料がかかります。

借入金額 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

ここまで、プロミスから即日融資をうける具体的な手順を紹介しましたが、イメージはできましたか?

これらの手順でミスなく手続きをすれば即日融資も可能ですが、必要書類をしっかりと揃えておかないと、即日融資がうけられなくなってしまうんです。

そこで最後に、プロミス即日融資のための必要書類を紹介するので、きちんと準備しておきましょう。

プロミス即日融資に必要な書類は基本的に「本人確認書類」のみ

プロミスの即日融資に必要な書類は、基本的には「本人確認書類」のみです。

本人確認書類とは、申し込みしたのが本当にあなた自身かどうかを確認するための書類です。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証と住民票の両方

ただし、希望借入額が50万円超だったり、他社からの借入残高とプロミスの希望借入額の合計が100万円超だったりする場合は、「収入証明書類」の提出も必要です。

収入証明書類とは、あなたの収入を確認するための書類です。

【収入証明書類】

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)

このように、プロミスではさまざまな申込方法や借入方法があるので、あなたのライフスタイルに合わせて使いやすい方法で利用できます。

タイムリミットから考えて、今日中に借入ができるよう急いでくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター