プロミスweb完結・電話連絡なしで在籍確認する方法

プロミスで借入を希望しているあなたは、会社への在籍確認の電話がイヤで、申込を迷っていませんか?
また、プロミスの「web完結」という申込方法なら、電話がなくなるかもしれないと考えたことはありますか?

プロミスのweb完結なら、申込から借入、返済までのすべての手続きをwebで完結させることができるので、自分のスマホからどこでも手続きができます。

また、会社へ電話連絡をなしにして、社員証などの書類で在籍確認としてくれるケースもあるんです。
ただ、web完結や電話連絡なしにすることは、誰でもできるわけではありません。

そこで、ここではプロミスのweb完結や在籍確認について、くわしく紹介します。

プロミスweb完結や電話連絡なしのメリットは3つ

「やっぱりプロミス!」のキャッチコピーで有名な大手消費者金融のプロミス。
大手カードローン会社のプロミスだからこそできるサービスは、たくさんあります。
その中でも注目なのが、「web完結」と「電話連絡なし」のサービスです。
これらを使うメリットは、次の3つです。

  1. web完結なら申込~借入~返済すべてネットでできるからバレにくい
  2. web完結に使える銀行の数が多いので今すぐ利用できる
  3. 電話連絡なしにすれば土日祝など勤務先が休みでも審査OK

では、ひとつずつ説明していきましょう。

【プロミスのメリット】
1.Web完結なら申込~借入~返済すべてネットでできるからバレにくい

web完結とは、申し込み手続きをWEB上だけで完了できるサービスです。
スマートフォンがあれば、いつでもどこでも申し込みができるので、時間や場所にしばられずラクに手続きが取れます。

また、スマートフォンを触っている人はたくさんいるので、あなたがカードローンの申し込みをしているとは誰も気がつきません。

さらに、契約書類はWEB上で確認し、お金は口座振り込みでカードレス(カード発行なし)なので、書類やカードなどの形に残る「物」が発生しません。
つまり、プロミスのweb完結は、他人にバレにくい利用方法なんですね。

【プロミスのメリット】
2.WEB完結に使える銀行の数が多いので今すぐ利用できる

「プロミス以外でもweb完結のサービスはあるんでしょ?」と思う人もいるでしょう。
実際、ほかにもweb完結のカードローンはありますが、特定の銀行口座を持っていないと使えなかったり、正社員しか使えなかったりと条件が多いのが一般的です。

一方、プロミスのweb完結の強みは、そのような制約がなく、利用できる銀行口座が幅広いところなんです。
都市銀行4行はもちろんのこと、全国の地方銀行・第二地方銀行・ネット銀行など含める90行以上と234の信用金庫で利用できます。

【プロミスのメリット】
3.電話連絡なしにすれば土日祝など勤務先が休みでも審査OK

何かとわずらわしい電話連絡ですが、これを「なし」にしてもらうと、いっきに物事が前に進みます。
審査の一部になっている在籍確認も”電話連絡なし”にしてもらえれば、会社が休みの土・日・祝日などの曜日に関係なく審査を進めることができます。

いつでも審査してもらえればスムーズに処理が進みますので、少しでも早くお金を手にすることにつながります。
さらに、会社に電話がかかってくることがないので、他人に「何の電話か」と尋ねられる心配もありません。

ただし、電話連絡をなしにしてもらえるかどうかは、申込後、プロミスに電話相談する必要があります。
事情が認められて「電話連絡なし」になった場合は、健康保険証(社会保険)、直近の給与明細、源泉徴収票などを用意しましょう。
くわしくは、のちほど説明しますね。

プロミスweb完結の流れを知っておこう

さて、web完結を利用するにはその流れを知っておくと、もっと手続きがスムーズに進むので、簡単に流れをお伝えしましょう。

【web完結の流れ】

  1. プロミスHPの申し込み画面から必要事項を入力
    ※申込みは24時間365日いつでもOKです。
  2. 申し込みの時、契約手続き方法に「WEB」を選択
  3. 申し込み後、審査結果の連絡を待つ
    ※最短30分で結果がでます。
  4. 審査通過の連絡後、WEB上で契約書を確認
  5. 指定の口座に振り込まれるのを待つ
    ※三井住友銀行/ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土日祝日を含む24時間いつでも即時(10秒)で振込まれる瞬フリが利用できます。

プロミスweb完結を利用するための条件

プロミスweb完結について、大まかな手続きの流れをお伝えしましたが、WEB完結を利用するには、気をつけたい条件がふたつあります。

【WEB完結を成功させる条件】

  1. 返済方法を「口座振替」にする
  2. 「カード不要」とする

それぞれの条件について、カンタンに説明しますね。

【WEB完結の条件】
1.返済方法を「口座振替」にする

web完結の手続きでは、「4.審査通過の連絡後、WEB上で契約書を確認」のタイミングで、返済方法を選択をしないといけません。
WEB完結にしたい場合は、返済方法に「口座振替による返済」を選択しましょう。

同時に、口座振替用の銀行口座も登録しますが、金融機関で本人確認が完了しているところ、つまり「自分名義の銀行口座」を申告してください。

【WEB完結の条件】
2.カード不要とする

さらに、「4.審査通過の連絡後、WEB上で契約書を確認」のタイミングでは、「カード発行の有無」について選択しないといけません。
カードを発行しないWEB完結を望む場合、「カード郵送希望なし」を選択しましょう。
これで、郵送物が届かないため、家族にカードローンの使用がバレにくくなります。


ここまで、Web完結の流れや利用条件について説明しましたが、利用についてのイメージはできましたか?
つづいては、もっとも気になる「Web完結で電話連絡なしにする方法」について、くわしく説明しますね。

職場へのプロミスからの電話連絡をなしにする方法

さて、もうひとつの注目ポイント、「電話連絡なし」について見ていきましょう。
なぜ在籍確認が必要なのか、どうすれば電話連絡を回避できるのか、順をおって説明します。

そもそも、なぜプロミスは在籍確認を行うの?

カードローンでお金を借りるには、かならず審査があります。
その審査のひとつが、在籍確認です。

プロミスをはじめとするカードローン会社は、貸したお金は何としても返してもらわないといけないので、申し込み者の返済能力を見極めようとします。
返済能力の要因のひとつが「収入があるかどうか」です。

そこで、申し込んだ人が仕事で収入を得ているかを確認するために、勤務先に連絡をいれるんですね。

プロミスの在籍確認の方法

じつは、プロミスでの在籍確認の手段は、原則「電話」です。

プロミスの在籍確認では、コールセンターのオペレーターが個人名で勤務先に電話をかけてきます。
本人がその場にいてもいなくても、在籍していることがわかればOKとなります。

しかし、個人名でも会社に電話をかけられるのが「どうしても困る」という場合は、WEB申し込み後にプロミスコールセンターに相談してみましょう。
理由によっては、書類で在籍確認してくれます。

この時に必要な書類とは、会社名と本人名が同じ紙に記されているものです。
実際にオペレーターに確認したところ、以下のどちらかがあれば在籍確認ができるとのことでした。(2017年7月時点)

  • 直近の給与明細書
  • 健康保険者証

では、どんな理由であれば、電話での在籍確認が避けられるのでしょうか。
一概にコレとはいえませんが、電話以外での在籍確認を認めてもらえる可能性がある例としては、以下のようなものがあります。

  • 個人名でかかってきた場合、私用と判断され取り次いでもらえない
  • アルバイトや派遣社員で、自分の存在を知らない人が電話に出ることがある

もし、あなたの職場状況がこれらに当てはまりそうであれば、申込後スグにプロミスまで相談の電話をしてみてくださいね。

電話連絡なしの書類による在籍確認に変更してもらうためのポイント

書類で在籍確認してもらうためには、プロミスに信用してもらうことが大切です。
信用を得るためには、次のことに気をつけましょう。

希望限度額は必要最低限でなるべく少なくすること

多額の借り入れをお願いすると、「本当に返済できるのか?」と不信感につながりかねません。
「確実に返済してくれる」と思ってもらうためには、できるだけ低い額を希望することがポイントです。

在籍確認に使う書類は、指定されたものをキチンと用意すること

書類での在籍確認は電話連絡をしない分、しっかりと内容をチェックします。
必ず指定された書類を用意しましょう。
書類が時間内に用意できないからといって、偽造などは絶対にしないでくださいね。

書類の画像は鮮明にとること

指定された書類をWEBにアップロードする場合は、書類全体を写真に撮りましょう。
そして鮮明な画像のものをアップしましょう。


今回は、プロミスのweb完結を利用して、電話連絡なしで在籍確認をしてもらう方法について紹介しました。
プロミスのweb完結なら、時間や場所に関係なくカンタンに申し込みできます。
さらに、電話連絡なしにすれば、誰にもバレずにお金を借りることができるでしょう。

プロミスは消費者金融といっても、三井住友銀行グループなので、安心・安全な会社です。
カードローン利用がバレたくない人は、ぜひ利用してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人