プロミスで50万円借りた場合の金利・返済金額

「プロミスで50万円くらいお金を借りたいんだけど、利息の返済って大変なのかな」と不安に思っていませんか?

利息がかかるというのは理解しているけれど、最終的にどれくらいの金額を払うかわからないと心配ですよね。

しかし、あらかじめ利息がどれだけかかるかを確認し、返済の計画を立てておけば怖くはありませんよ。

ここでは、プロミスへ申込をする前に知っておきたい注意点や、できるだけ返済総額を少なく済ませる方法、申込から返済までの流れについて説明します。

プロミスで50万円借りる申込前に確認しておくこと

まず、申込を始める前にプロミスの特徴について知っておく必要があります。

  • 金利はどれくらいなのか
  • 特典はあるのか
  • 毎月の返済金額はいくらなのか

これらの疑問を解消しておきましょう。

金利は17.8%が適用される

プロミスの金利は年4.5〜17.8%です。
かなり幅がありますが、借入限度額が50万円の場合、通常は一番高い17.8%が適用されます。
多くの消費者金融の上限金利が年18%であるのに比べると、若干安い設定ですね。

では、年17.8%の金利で50万円借入した場合、実際にいくら利息が発生するかわかりますか?
50万円借入した場合の年間の利息は次の計算でわかります。

50万円 × 17.8% = 89,000円

また、利息は日割りで計算され毎日加算されます。
年89,000円の利息を1日に換算すると次の通りです。

89,000円 ÷ 365日 = 243.8円

返済が進めば1日あたりの利息は減っていきますが、借入残高が50万円の場合は毎日243.8円かかるということですね。

30日間は無利息で借入できる

毎日243.8円かかるのは高いように感じる人もいますよね。
しかし、プロミスには初回借入後の30日間は無利息で借入ができるという特典があります。

もし1ヶ月以内に返済ができるのであれば、一切の利息を支払わなくて良いということです。

当月の完済は無理だとしても、できるだけ早めに返済する意識を持っておくことをお勧めします。

1ヶ月の返済金額は最低13,000円

毎月の返済は、いくら払えば良いかも気になりますよね。
プロミスの月々の返済金額は、最後に借入をした後の残高によって変動します。

借入残高 返済金額
30万円以下 借入後残高 × 3.61%
30万円超100万円以下 借入残高 × 2.53%
100万円超 借入残高 × 1.99%

※1,000円未満切り上げ

つまり、50万円を借りた場合は、

50万円 × 2.53% = 12,650円

さらに、1,000円未満は切り上げになるので、50万円を借りた後の毎月の最低支払い金額は13,000円です。

この計算は、最後に借入をした残高に対して適用されます。
返済が進んでからもう一度借入をすると、月々の最低返済額が変わることもあるので注意しましょう。

返済期間はできるだけ短い方がお得!毎月の返済金額でこれだけ違う

ここまで、金利の計算の仕方や毎月の支払いについて説明しました。
少しでも早く返済をした方が良いのですが、毎月の返済金額で、最終的な総額にどれくらい差が出るかを見てい
きましょう。
次の表は、50万円を借りた際に、毎月の返済額による返済期間と支払い総額の違いを一覧にしたものです。

月々返済額 支払月数 支払総額
13,000円 58ヶ月 746,160円
15,000円 47ヶ月 694,862円
20,000円 32ヶ月 629,392円
30,000円 20ヶ月 578,635円
50,000円 11ヶ月 545,245円
100,000円 6ヶ月 523,485円

※上記はプロミス公式サイトの「ご返済シミュレーション」で算出した結果です。
※30日間無利息の特典は適用させていません。

毎月最低限の13,000円だけ返済し続けたとしたら、完済までに58ヶ月もかかり、返済総額も約1.5倍になってしまいます。

月々の返済額を増やせば増やすほど総額が減っていくのがわかりますね。
毎月13,000円と15,000円のたった2,000円の差でも、返済期間が11ヶ月も早くなりますし、支払総額も5万円以上減っているのがわかります。

毎月の返済はできるだけ多くして、少しでも早く返済することを意識しましょう。

支払総額を最小限に抑える方法

では、返済をできるだけ早く終わらせ、支払い総額を少なく抑えるにはどのような方法があるでしょうか。
ここからは、早くお得に返済をするためのコツを説明していきます。

借入する前に返済計画を立てておく

まずは返済のシミュレーションをしておきましょう。
上の表を参考に、毎月いくらまでなら返済ができるか考えて、その計画通りに着実に返済するようにしましょう。

毎月無理のない範囲で最低返済額よりも多く返済して、できるだけ早くお得に返済できる方法を考えましょう。

臨時収入があったら返済に回す

ボーナスなどの臨時収入が入ると、気が大きくなって贅沢をしてしまいがちです。
ですが、もし返済に回せるお金が入ったら、全額返済に回すのがおすすめです。

「でも、ちょっとぐらい贅沢するのに使いたいな」という気持ちもありますよね。

そんな時は、1万円でも多く返済したら、その価値が後々いくらになるか考えてみてください。
1万円に対して年17.8%の利息を適用させると、1年間で1780円ですよね。

ちょっと贅沢を我慢すれば今の1万円が1年後には11,780円の価値になると考えると、無駄遣いをしたい衝動を抑えられるのではないでしょうか。

追加で借入をしない

プロミスで一度借入をすると、お金を借りることへのハードルが一気に下がります。
借入限度額が50万円の人が50万円を借入すると、最初はそれ以上の借入ができませんよね。
しかし、返済が進むと追加で借入ができるようになります。

すると、再び追加で借入する時に抵抗がなくなって、なかなか返済が進まないということになり兼ねません。

ローンカードは常に財布の中には入れず、返済の時だけ持ち出すようにするなど、追加の借入ができにくい工夫をしましょう。

プロミスでお得に50万円借りるための申込から返済までの流れ

ここまでで、返済のシミュレーションはできましたか?
最終的な返済総額の把握ができたら、申込を進めていきましょう。
ここでも、支払い総額を低く抑えるための申込→契約→借入→返済の流れを解説しますね。

申込はプロミスのサイトの入力フォームから

スピーディーに申込をしたいなら、インターネットでの申込がおすすめです。
スマホを使えば、空いた時間を使っていつでも入力ができますよね。

プロミスのサイトを開いて、申込フォームを入力していきましょう。

入力項目が少ないカンタン入力と、必要事項を全て入力するフル入力があります。
カンタン入力は入力項目は少ないですが、後でオペレーターと電話をして手続きを進めなければいけません。

入力する手間は大してかわらないので、フル入力での申込の方がスムーズです。
あなたの基本情報や、職場の情報、他社からの借入状況などを入力していきます。

審査が行われ、電話かメールで連絡が入る

申込が完了すると審査に入ります。
審査は、あなたの入力内容や信用情報を確認しながら行われます。

また、会社に所属していることを確認するための在籍確認として、会社に電話が入ります。
「プロミス」とは名乗らず担当者の個人名でかかってきますし、カードローンについての話は一切しないので安心してくださいね。

審査が完了したら、あなたが指定した電話かメールのどちらかに結果の連絡が入ります。

契約手続きをして借入

無事審査に通過していれば、契約手続きに移ります。
契約方法はインターネットか自動契約機・店舗への来店の2種類がありますが、どちらにするかは希望する借入方法で選びましょう。

どちらの契約方法を選ぶ場合でも、必要書類の提出が求められます。
借入限度額が50万円までであれば、本人確認書類があればOKです。

本人確認書類として認められるのは、運転免許証、パスポート、健康保険証+住民票のいずれかです。

【プロミスの契約手続きと借入】
1.ネット契約なら振込ですぐに借入可能

振込で借入をしたい人は、インターネットで契約をしましょう。
必要書類の提出は写真をアップロードすることで行います。

契約の過程で、ローンカード発行の有無を聞かれます。
追加で借入をしないためにも、カード発行なしにしておいた方が衝動的に借入してしまうことを防ぐことができるのでおすすめです。

契約が完了したら、会員ページにログインして、すぐに振込の手続きができますよ。

【プロミスの契約手続きと借入】
2.自動契約機・店舗で契約なら、カードを受け取りATMで借入可能

カードを使ってATMで借入をしたい人は、動契約機や店舗で契約をしましょう。
出発する前に必要書類を持っていくのを忘れないようにしてくださいね。

自動契約機の場合、ブースに入ってガイダンスに従って操作をしてください。
店舗の場合は窓口で丁寧に説明をしてくれます。

カードはその場で発行されるので、その場で借入することができます。
自動契約機や店舗にはプロミスのATMが併設されているので活用しましょう。
コンビニATMの利用時と違い手数料無料で借入ができるので、ムダなお金を払わなくて済みます。

計画に基づいて返済をして、臨時収入が入ったら随時返済

借入をした後は、追加で借入をしないように注意しましょう。
あらかじめ立てておいた計画に基づいて、毎月返済をしていきます。

返済方法を口座振替に設定しているひとは、50万円借入した後は毎月13,000円だけ引き落とされます。

早く返済するためには、他の方法でも返済をする必要があるのですが、手数料がかからない次の方法で返済しましょう。

  • インターネットバンキング
  • 店舗窓口
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニメディア端末
    (ローソンとミニストップのロッピー、ファミリーマートのfamiポート)

カードローンの利用は、利息の仕組みを理解して、あらかじめ返済の計画を立てておけば、怖いことはありません。

できるだけ早く返済を済ませて、支払い総額を少なくする工夫をしてみてくださいね。

関連記事

プロミス審査とカードローンの借り方を解説!申込の流れと特徴まとめ

2017.03.07

初めてお金を借りるならおすすめのカードローンと知っておきたい予備知識まとめ

2017.05.02

ABOUTこの記事をかいた人