専業主婦でも借りられるカードローン。銀行と消費者金融のどっちがいいの?

家族の中でお金のやりくりをしている人は誰ですか?

旦那さんがしているところもあるかもしれませんが、ほとんどの場合は主婦の方がされているのではないでしょうか。

生活していくためには、本当にたくさんお金が必要になりますよね。
どれほどやりくりをしても、お金のことで困ってしまうことも時にはあると思います。

どうしてもお金が足りない時、どうすればいいのでしょうか。

TVCMなどでよく見かけるカードローンを利用したいと考えている専業主婦の方に、注意点などを説明していきます。

専業主婦でもカードローンでお金を借りられる?

消費者金融のカードローンは専業主婦はNG

アコムやプロミスなど、よく広告などで見かける有名カードローン。

これらは消費者金融のカードローンですので、収入のない専業主婦は利用することができません。

無収入の専業主婦でも借りられるのは、総量規制の対象外になっている銀行カードローンのごく一部となります。

総量規制って何?

総量規制は、貸金業者からの個人の借入合計金額が、年収の3分の1を超えてはならないと定めた規則です。

多重債務や自己破産を防ぎ、借りすぎや貸しすぎにならないように制定されたものです。

総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード・信販会社など貸金業者で、銀行はこの対象になりません。

専業主婦は収入が無いため、この総量規制の関係で消費者金融のカードローンではお金を借りることはできませんが、銀行カードローンならご主人に安定収入があれば申込が可能になります。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンなら、専業主婦でも借りられるとご説明しましたが、どの銀行でもOKという訳ではありません。

特にメガバンクと呼ばれる大手の銀行では、審査に通るのが非常に難しいでしょう。

ネット銀行なら専業主婦OK

実店舗を持たないネットバンクでは、「専業主婦の利用OK」と公式に発表しているところもあります。

例えば、ジャパンネット銀行やイオン銀行のカードローンなどは専業主婦でも申込が可能です。

専業主婦は即日融資が難しい!?

お金を借りたい時というのは、急な出費で金策に走る場合が多いかと思いますが、専業主婦はカードローンでの即日融資はむずかしくなっています。

銀行カードローンは即日融資に対応していない

銀行カードローンは消費者金融のカードローンと違い、現在は即日融資の対応をしていません。

審査結果は、最短でも申し込んだ翌日以降に出ることがほとんどです。

それだけ慎重に審査を行っているという事ですね。

普通口座を作る必要があることも

銀行カードローンの場合はその銀行に普通口座を持っていないと利用できないところもあり、新規に銀行口座を作るのに数日~数週間かかってしまう事もあります。


お金が必要な時、申し込んですぐに借り入れできないことがほとんどなので、困りそうだな。と思ったら早めに行動することをおすすめします。

専業主婦はカードローンでいくらくらい借りられるの?

ご主人の収入や審査の結果によって金額は変わりますが、初回は10万円~50万円くらいと考えておくといいでしょう。

なお申し込む際に、あまり高額で希望額を申請すると、審査に通らなくなることもありますので、注意が必要です。

必要最低限の金額を、希望限度額として申込むのが良いでしょう。

また、カードローンは審査で決まった限度額内であれば、少額での借入も可能です。

ちょっと生活費の補填にと、数千円~1万円程度を借りることもできます。

契約が完了しローン用のカードが入手できれば、近所のコンビニや提携銀行ATMを利用して、何度でも借り入れや返済ができるようになります。

専業主婦がカードローンに申込む際の注意点

提出書類は本人確認書類+配偶者の収入証明が必要

通常、銀行カードローンの申込には本人確認のために、免許証などの身分証明書を提出するだけでいいのですが、専業主婦の場合はご主人の収入をベースに融資する金額が決まりますので、ご主人の収入を証明する書類が必要になります。

専業主婦の本人確認書類

本人確認書類は、顔写真付きのものを提出します。

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどがそれにあたります。

顔写真が入っていない健康保険証しかない場合は、住民票などと一緒に提出する必要があります。

配偶者の収入証明書って?

■ご主人がサラリーマンの場合

いずれか1点必要
・源泉徴収票
・住民税課税決定通知書
・住民税課税証明書
・給与明細

■ご主人が自営業の場合

いずれか1点必要
・確定申告書
(税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがあるもの)
・納税証明書(その1、その2)
・住民税納税通知書
・住民税課税証明書

なお、各カードローンによって提出書類の種類や内容が変わってくるので、申し込む予定のカードローンの公式サイトでしっかりと確認をしておきましょう。

書類の提出はスマートフォンなどで撮影した画像を送るだけなので、郵送などの手間がなく便利です。

専業主婦でも保証人は必要なし

収入証明書の提出は必要ですが、専業主婦だからといって保証人を立てる必要はありません。

申し込みの際にも、ご主人の会社に電話をかけることはありませんので、安心して良いでしょう。

家族やご主人に内緒で借り入れすることができますよ。

申込はスマホからが便利で安心

専業主婦の方がカードローンの申し込みをする際は、スマホからのWEB申込がおすすめです。

家事や育児で時間がなかなか取れず、店頭へ行くのが難しいでしょうし、近所の人に見られる心配もありません。

また、スマホでの申し込みの場合だと、提出書類なども画像を送信するだけで済みますので郵送などの手続きもなく便利です。

基本的なWEB申込の流れ

スマホやPCでの一般的な申し込みの流れは、次のとおりです。

1.公式サイトの申込み画面から必要情報を入力
2.本人確認書類アップロード/審査
3.インターネット上で契約確認/振込依頼
4.指定口座に振込キャッシング

銀行カードローンの場合は、ここに普通口座の申込などが入ることもあります。

また、ローンカードを発行すれば提携しているATMから現金で借り入れすることもできます。


専業主婦がカードローンを利用する際の注意点などをご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

子供の入学金がどうしても足りない。
急な冠婚葬祭でまとまったお金が必要だ。
今月はちょっと生活が苦しいから少しだけでも補填したい。

お金を借りたい理由はいろいろあると思います。

専業主婦が借入できるカードローンはあまり多くありませんが、うまく利用してピンチを乗り切ってくださいね。

関連記事

免許証だけでお金借りれる!給料明細なしでOKの即日カードローン

2016年11月18日

初めての消費者金融の借り方・申し込みの注意点

2017年11月21日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター