カードローン審査に通るのに必要な会社の勤続年数は?

「カードローンでお金を借りたいけど、会社に入社したばかりだと審査に通らないのかな?」と不安ではないですか?

確かに、カードローンの審査は働いている年数が長ければ長いほうが有利です。
会社に入って間もない場合は、利用ができないんじゃないかと不安になりますよね。

でも大丈夫です。
勤続期間が短くても、審査に通過する方法はあります。

ここでは、勤続期間が審査に与える影響とその他に重視されるポイント、審査に通過するための対策について詳しく解説していきます。

勤続年数が短くてもカードローンの審査は通る!

最初に結論から言うと、勤続年数が短い人でもカードローンの審査に通過することは可能です。

入社してすぐの場合は、通過できないというネットの書き込みなどもありますが、実際に審査に通り借入をしている人は多くいます。
どうしても不安だという人は、入社から半年~1年ほど経ってからカードローンの申し込みをすると安心でしょう。

勤続年数が短くてもカードローンの申し込みは可能ですし、審査に不利とはいえ、絶対に長くなければいけないものでもありません。

勤続年数は長いほうが有利だが、必須条件ではない

審査においては、勤続年数は長ければ長いほうが有利です。
なぜなら、すぐに会社を辞めて収入が途絶える可能性がある人より、1つの会社に長く勤めている人のほうが、貸付けたお金を回収できる可能性が高いからです。

ただし、勤続年数は数多くある審査基準の1つです。
重要な審査基準ではありますが、審査で見られるのはそこだけではありません。
他の審査基準が問題なければ、審査に通過できる可能性は十分にありますよ。

高額な借入を希望する場合は、ある程度の勤続年数が必要

まず、カードローンの利用条件を見ていきましょう。
ほとんどのカードローンでは次の2つが申込の条件となっています。

  • 年齢の条件を満たしていること
  • 安定した収入があること

年齢制限ははっきりした基準なのでわかりやすいですが、「安定した収入」という部分が気になりますよね。
これは、毎月収入を得られる状況にあるかどうかがポイントとなっています。

無職や不定期に働いている人の場合は、毎月コンスタントに収入を得ることができませんが、会社に勤めて毎月給料がもらえる人は安定した収入があると言えます。

勤務形態がアルバイトや契約社員、派遣社員であっても問題ありませんし、入社したばかりであっても申込することは可能です。

高額の借入だと収入証明書が必要になる

ただし入社して日が浅い場合は、高額の借入ができない場合があります。

  • 希望限度額が50万円を超える場合
  • 他社からの借入残高と、今回の希望限度額の合計が100万円を超える場合
これらのどちらかに当てはまる人は、収入証明書の提出が求められます。

会社に勤めている人の場合は、

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近2か月分+賞与がある場合は1年分の賞与明細)
これらのどちらかを提出することになります。

会社に勤めて間もない場合はこれらの提出ができないため、希望限度額を少なくせざるを得ません。
高額の借入を希望する場合は、上記の書類が準備できる状態になってから、カードローンに申込む必要があるという事になります。

カードローンの審査で重視される7つのポイント

では、勤続年数以外で見られる審査基準について見ていきましょう。
カードローンの審査では、申込をする際に記入する内容や、個人の信用情報を元に貸付けできるかどうかを判断しています。

次に紹介するポイントで有利な点が多ければ、勤続年数が少なくても審査に通る可能性は十分あります。
実際にあなたの今の状況はどうなっているか、一つずつチェックしていきましょう。

【カードローンの審査ポイント】
1.年齢

カードローンには年齢制限があり、20歳以上の人でなければ申込をすることができません。
また、カードローン会社によって異なりますが、上限の年齢も設定されており、65歳未満とか70歳未満の人までというような基準があります。

申込条件を満たしていれば申込をすること自体は可能ですが、この年齢制限の上限にギリギリ達しそうな人の場合は、審査でマイナスの評価をされる可能性があります。

万が一借入をした直後に定年退職をして、収入が途絶えてしまったら、返済ができなくなるリスクが高くなるので、高額の借入は難しいでしょう。

審査に有利なポイント
年齢制限の上限までにまだ余裕がある

【カードローンの審査ポイント】
2.家族構成

あなたの家の家族構成も、審査で見られるポイントです。
何を見ているかというと、可処分所得(固定費を抜いた自由に使えるお金)の割合です。

独身で自分のお金の多くを自由に使える人の方が可処分所得が多く、反対に家族がいて養わないといけない人数が多いほど、可処分所得は少なくなると考えられます。

可処分所得が多い人のほうが、審査で有利になる傾向があります。

審査に有利なポイント
独身、または扶養している家族が少ない

【カードローンの審査ポイント】
3.住居形態

あなたが今住んでいる家の形態も、審査の際にチェックされています。

持ち家に住んでいる場合は、万が一支払ができなくなった際に、家を手放すことでお金を作る手立てがあるので有利です。
また社宅に住んでいる人も、「社宅を与えられるような優良企業に勤めている」という判断になり、有利な傾向があります。

反対に公団住宅に住んでいる場合は、入居するために所得の上限があるため、マイナスに判断される可能性があります。

審査に有利なポイント
持ち家(戸建て、分譲マンション)や社宅に住んでいる

【カードローンの審査ポイント】
4.勤務形態

カードローンの申込条件としては、安定した収入があれば勤務形態は何でも構わないのですが、審査の基準としては重視されます。

正社員の方が収入が高く、途中で退職する可能性も低いので評価は高いです。
アルバイトやパート、契約社員の場合は、短期間で退職する恐れがあるので、正社員と比べると評価は低いです。

また、新入社員の場合でも大手企業や公務員の場合は、勤め先の安定感が考慮され、審査に有利になる可能性が高くなります。
勤続年数が短くても、倒産の危険が少なく毎月の収入が安定している企業に勤めていることで、信用を得られるという事なのでしょう。

審査に有利なポイント
大手企業に勤めている、または公務員である

【カードローンの審査ポイント】
5.年収

高額な年収を得ている人は、もちろん審査に有利になりますが、安定した収入があれば申込は可能ですし、年収が低かったとしても審査も通る可能性は十分にあります。

ただし、年収によって借入できる金額に限度があるので注意しましょう。

消費者金融では法律で定められた総量規制により、年収の3分の1までの金額しか貸し付けができません。
例えば年収が300万円の場合は、その3分の1である100万円が、他社も含めた借入総額の上限となります。

年収が少ないのに、高額の限度額を希望するようなことがあると、返済能力がないと判断されてマイナスの評価がついてしまう可能性があります。

自分の年収と借入金額のバランスを考えて、希望限度額を申請するようにしてください。

審査に有利なポイント
高額な年収を得ている

【カードローンの審査ポイント】
6.他社からの借入状況

カードローンの申し込みが今回初めての人には関係ありませんが、すでに他社から借入がある人は、その点もしっかりチェックされているので注意しましょう。

何社から借りていて、合計の残高はいくら残っているのかが重要です。
先ほどお伝えした総量規制の仕組みにより、借入の限度額が上限をオーバーしていると、審査に通るのは難しくなります。

審査に有利なポイント
他社から借入をしていない

【カードローンの審査ポイント】
7.他社への支払い状況

現在すでに他社から借りている人や、今までに借入をしたことがある人は、その支払いに問題がなかったかどうかも、審査のポイントとなっています。

なお、これはカードローンの借入だけでなく、クレジットカードなどの支払い遅延や延滞についても含まれます。

返済が長期間滞ったことがあったり、債務整理をした経験がある人は大幅なマイナス評価がつけられます。

申込の際に記入する欄はありませんが、個人の信用情報を見られればすぐにわかってしまいますよ。
俗にいう金融ブラックの状態になっています。

なお上記のような金融事故情報は、5年間(自己破産の場合は最長10年)は残ってしまいます。
問題ないかどうか気になる方は、自分の信用情報の開示請求をして確認してみましょう。
(参考:スマートフォンによる開示申込手続き|株式会社 日本信用情報機構

審査に有利なポイント
今まで、クレジットカードなどで支払いの遅延や延滞をしたことがない

携帯料金の未払いでもブラックになる可能性あり

カードローンやクレジットカードの支払いは問題なかったとしても、ブラックになっている場合もあるので注意しましょう。

例えば、携帯電話の料金の支払遅延で、信用情報にその履歴が載ってしまう場合があります。
厳密にいうと月々の利用料ではなく、端末を分割で購入している場合に注意が必要です。
本来、分割で支払わなければいけない料金を滞納したことになります。

電話が止められるだけでは済まず、信用情報にも悪影響を与えている可能性があるので要注意です。

カードローンの審査に通りやすくするために今からできる対策

ここまで、カードローンの審査で重視されるポイントを説明してきました。
勤続年数も含め、今さらどうしようもないものも多いですよね。

しかし、まだあきらめることはありません。
カードローンの審査に通過するために、今からでもできる対策があります。

可能な限りの対策をして、審査に挑みましょう。

消費者金融へ申込む

まずはカードローン会社を選ぶポイントですが、銀行カードローンは避け、消費者金融を選ぶようにしましょう。
金利が低く、普段から馴染みのある銀行から借入をしたいと思っている人も多いでしょうが、審査への通過を考えると消費者金融のほうが有利です。

公表はされていませんが、銀行カードローンの通過率は20~30%と言われています。
3~5人に1人しか通過できないということなので、かなり厳しいですよね。

それに対して多くの消費者金融が審査通過率(新規貸付率)を公表しており、審査が通りやすいことがわかります。

アコム プロミス アイフル
新規貸付率 45.2% 44.4% 45.0%

※2019年2月度 各社IR情報マンスリーデータより

金利を比較すると銀行カードローンより高い傾向がありますが、無利息期間があるなど、お得に利用することも可能です。
なにより、審査に通過することを第一にカードローンを選びましょう。

希望限度額はできる限り少なくする

審査で年収がチェックされるということを説明しましたが、少ない年収でも審査に通過するためには、希望限度額をできる限り少なくした方が良いでしょう。

今の時点で必要な最低限の金額で申請し、万が一後で足りなくなったらその時に増額申請を出した方が、審査に通過できる可能性は高くなります。

多めに希望を出したくなる気持ちを抑えて、現状必要な金額で申し込みを行うようにしてください。

他社の借入件数を減らす

今の時点で他社からも借入がある人は、残高を減らすことは難しいかもしれませんが、借入件数を減らすことができないか検討してみましょう。
可能な限り借入先をまとめて、整理できるところは解約するようにしてください。

また、すでに完済していても契約が残っているままだと、借入件数の1つとしてカウントされてしまいます。
過去の契約が残っていないかも再度確認して、利用していないところは解約しておくようにしましょう。

一度に何社も申し込まない

万が一審査に落ちた時のために、滑り止めとして何社も審査を受ける人もいますが、これは絶対にやめておきましょう。

信用情報には、カードローンへの申し込み履歴も残ります。
同時期に何社も申し込んでいるのを見られたら、相当お金に困っているのだろうという推測をされて、審査で不利に働いてしまう可能性があります。

1社に決めたら、少なくともその審査結果が出るまでは、他社に申し込まないようにしましょう。

1~3か月の間に3社以上の申し込みを行うことで、審査に通りにくくなってしまうことを、多重申込みが原因の申し込みブラックといいます。
もし申込みブラックの状態になれば、記録された申込み履歴が消えるまで、最低でも半年以上待つ必要があります。

カードローンの審査は会社の勤続年数も重視されますが、他にも様々な基準があります。
入社したばかりで勤続期間が短い人でも、審査に通過することは可能ですよ。
不安な人は、事前にしっかり対策をしてから申込をしてくださいね。

関連記事

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017年11月21日

今すぐお金を借りれるところは?緊急でお金が借りたい時に

2017年12月19日

ABOUTこの記事をかいた人