すかいらーくの株主優待券の使い方!ガストをお得に利用しよう

ファミリーレストランのガストをはじめとして、すかいらーく系列の飲食店は多いです。
特に小さなお子さんのいるご家庭では、よく利用されるというかたも多いのではないでしょうか。
設定価格が安くて使いやすいガストですが、株主優待券を使えばもっとお得に利用できるんです。

すかいらーくグループの株主優待について、詳しい内容をご紹介していきましょう。

すかいらーくという企業について。株主優待はどういった内容?

株式会社すかいらーくは、1962年に創業され、ファミリーレストランのガスト、バーミヤン、ジョナサン、グラッチェガーデンズをはじめ、しゃぶしゃぶバイキングのしゃぶ葉、ビュッフェのフェスタガーデンなどを手がける外食産業系の企業です。
1984年に東証一部上場し、現在は個人でも株の売買ができるようになっています。

すかいらーくの株主優待内容

一般的に企業の株主優待には、大きく分けて3つの種類があります。

  1. 配当を受け取るもの
  2. 株主優待があるもの
  3. 配当と株主優待の2つがあるもの

すかいらーくの株主優待内容は、③の配当と株主優待のどちらもあるものです。

配当というのは、会社の利益の一部を株主に支払ってくれるものです。
配当の金額は会社ごと、またタイミングで違います。

わかりやすい例でいうと金融商品の利子のようなもので、銀行に定期預金として預けていると、一定期間を過ぎると利子がつきますよね。
配当は「会社の利益を分配」するわけなのでその年によって違いますが、前年度の配当金額などを目安にして、どのくらいの配当がもらえるか予想してみましょう。

何株買ったらどれだけ配当があるのか。またいつもらえるのか。

すかいらーくのホームページ(参考:https://ir.skylark.co.jp/individual/point06.html)に、配当金のシミュレーションがあります。

2018年2月28日の価格でシミュレーションしてあり、1,470円の株価で100株購入した場合の計算です。

配当金が6月末に1,600円、12月末に2,200円、年間で3,800円受け取ることができ、年間利回りは2.6%。配当金は税金などが引かれて約80%がもらえるので、お金では3,000円ほどがもらえます。

これ以外に、すかいらーくグループの飲食店で使える株主優待の金券が、100株だと6月末に3,000円分、12月末には3,000円分もらえます。
権利確定は12月末日、6月末日で、この2回の時点で株主になっていれば配当がもらえます。
保有期間ではなく、権利確定期日に株を保有している事が条件なので、ここが銀行の定期預金商品と違うところですね。

(例)
11月に取得して……12月末日も株主 → 配当金、株主優待も取得できる
5月に取得して……6月末日も株主 → 配当金、株主優待も取得できる

また、配当金や株主優待が改悪にならない限り、指定内容のものがずっともらえます。

配当金、株主優待、どちらももらえると計算すると利回りは年間約6%。税金が引かれると考えても5%ほどはもらえる計算になるでしょうか。

もちろん、株を売買して利益を出してもいいのですが、長期保有でずっと配当金、株主優待を「もらい続ける」選択肢もできます。

なお、株主優待券の発送は権利確定期日から3か月後くらいの発送となります。期日後すぐに送ってくるわけではないので、気長に待ちましょう。

旅行先ですかいらーくの株主優待券を使ってみる

すかいらーくグループは豊富なブランド数を誇り、グループ総店舗数は3100店舗以上あります。

ですので国内旅行に出かけた際、住んでいる地域には無いすかいらーくグループの店舗を見つけることもあるでしょう。

旅先では何かと出費が多くなりますが、株主優待券を利用すると食費を1食分浮かせることができるかもしれません。
普段行ったことのないレストランを探して、利用してみてはいかがでしょうか。

例えば、すかいらーく系列の「トマトアンドオニオン」は、東海や関東、九州地方には店舗数が少なく、逆に近畿地方ではよく見かけるハンバーグがメインのファミリーレストランです。

トマトアンドオニオンには、メイン料理と一緒に注文するとサラダやドリンク、カレー、スープ、アイスクリームまで食べ放題のデラックスセットというメニューがあったりします。
食べ盛りの子供がいるご家庭には、とてもうれしいサービスですよね。

すかいらーくの株を保有していることで、旅先でこんな楽しい発見をすることもあります。

すかいらーくの株主優待は買い増しでお得になる?

すかいらーくでは100株を保有していると株主優待が受けられるわけですが、保有している株を増やすとさらにお得になるのでしょうか?

買い増しをするとどうなるのか、通常の株は少ない方がお得?

他の銘柄の株は買い増しをすると株主優待が「少なく」なってしまうケースがあります。
例えば、200株300株と保有している株を増やしても、優待内容が2倍3倍とはならない企業が多いのです。

株主優待の内容は企業が設定しているので、買い増しすべきかどうかは各自で判断しなくてはいけません。

すかいらーくは買い増しすることで配当内容がお得になります。(※2018年3月時点)

株主優待贈呈額の推移

6月末 12月末
100株以上保有 3,000円 3,000円
300株以上保有 9,000円 11,000円
500株以上保有 15,000円 18,000円
1000株以上保有 33,000円 36,000円

まずは100株購入だと、年間では6,000円分の自社金券がもらえます。
それが300株になると、年間20,000円の自社金券がもらえます。

200株だと100株以上保有の場合の内容になるので、どうせならがんばって300株まで到達したいですね。
100株×3の内容よりも多い金券が300株保有でもらえるわけです。

金券は500円1枚で、関連企業であるすかいらーくレストランツ、ニラックス、トマトアンドアソシエイツの店舗で利用できます。

足りない分は支払わなくてはいけませんが、大人数の家族、何度も利用している人にとってはありがたい優待ですよね。

株の値下がりもあるので、リスクに関しては自己責任になりますが、安いと思った時にちょっとずつ買いまししていくこともできます。

すかいらーく株の買い方、お得なのは1口座での追加買い!

他社の株では、100株や10株の「最低単元」保有の株主優待が一番お得にもらえる企業もあるため、自分の口座以外に家族名義の口座でも同じ銘柄の株を買い、最低単元で複数保有する人もいます。

ですが前項でお話した通り、すかいらーく株は1人の人が追加買いをしていき、300株、500株、1000株にした方が、家族の名義で権利を複数取得するよりも優待内容がお得になります。

すかいらーく株の購入金額の目安は、100株で15万円、300株は45万円、500株は75万円程度となります。

最初は100株を購入して、追加買いをちょっとずつしていくといいのではないでしょうか。

株主優待券とTポイントを併用して更にお得に!

株主優待でもらえる金券を利用するだけでなく、それにプラスしてさらにお得にすかいらーくグループ店舗で食事ができる裏技もあるんです。
詳しくご説明していきましょう。

ガストでTポイントが貯められる!使える!

ガストなどのすかいらーく系列の店舗を利用した時に、Tポイントが利用できるのはご存知でしょうか?(参考:http://tsite.jp/pc/r/al/gusto.pl)
Tポイントが利用できる主なブランドは、ガスト、バーミヤン、ジョナサンなどです。

店舗ではTカードは発行していないので、あくまでも「Tカードを保有している人」が対象となります。
食事の会計の時にレジでTカードを提示することで、ポイントを使ったり貯めたりすることができるのです。

値引き後の金額が対象となるので優待の金券分にはポイントがつきませんが、株主優待券と現金を合わせて支払うことで、現金の分のポイントを貯めることができます。

店員さんが「Tポイントカードをお持ちですか?」と聞いてくれる場合もありますが、お店によってはカードの提示について何も言ってくれないこともあります。事後申請ではポイントはつきませんのでご注意ください。

また、Tポイントはすかいらーくグループ以外にも、ファミリーマートやTSUTAYAなどよく利用する店舗でもポイントが貯めることができますよね。

Tポイントは200円につき1ポイントつき、1ポイント1円で利用できますので、すでにある程度ポイントが溜まっていたら、現金分をTポイントで払えば無料で食事をすることもできるのです。

普段からTポイントを貯めておいて、上手く利用してみてください。

まとめ

株はリスクもある商品です。ですが上手に付き合うことで、定期預金などよりもお得になることもあります。

すかいらーくの株主優待券は、1名義で買い増しをしていくことでお得な内容になります。Tポイントを合わせて利用する事で更にお得になりますので、近くにガストなどのすかいらーくグループの店舗があってよく利用しているのなら、取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

株式投資は危険って本当?株のリスクと安全に運用するコツ

2017.11.21

初めてお金を借りるならおすすめのカードローンと知っておきたい予備知識まとめ

2017.05.02

ABOUTこの記事をかいた人