即日振込可能なカードローンでおすすめはどこ?

「今日中にお金を借りたいけど、外に出ることができない!」とお困りではないですか?

「即日融資」と書いてあるカードローンの広告はよく見かけますが、インターネットのやりとりだけで完結する「即日振込」はどこで受けられるのかは、わかりにくいですよね。

また、家族や職場の人に知られたくなかったり、遅い時間に借り入れがしたかったり、人によってはいろいろな希望があるはずです。

ここでは、まず即日融資が可能なカードローン会社と、会社ごとのオススメポイントをお伝えします。
また、具体的に今日中に融資を受けるための注意点や借り入れまでの流れも順を追って解説しますね。

即日振込が可能なカードローン会社はどこ?

まずは即日振込が可能なカードローン会社について説明します。
最近では、カードローン会社ならほとんどの会社が振込で融資が可能です。

しかし今日中に融資を受けたいなら、銀行のカードローンではなく、消費者金融のカードローンを選ばなくてはいけません。

銀行カードローンは審査に時間がかかる

銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利が安い会社が多く、高額の借入れをしたり、返済に長い期間かかる場合の借り入れに向いています。

しかし、急いで借り入れをしたいという人には不向きです。

2018年から、審査を厳格化するために、銀行カードローンで即日融資をすることはできなくなってしまったのです。
そのため、どんなに早くても翌日以降の振込となってしまいます

また、銀行カードローンを利用する場合は、その銀行の普通預金口座を持っていないと利用できないというケースもあります。

もしその銀行の口座を持っていないなら、さらに口座を作成する時間も加味しなくてはいけません。

即日振込で融資を受けるなら消費者金融のカードローン

今日中に借り入れをしたいなら、消費者金融のカードローンを利用しましょう。
消費者金融とは、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットのような貸金業者です。

消費者金融の1番の売りは、申込から融資までのスピードが早いということです。
さらに、各社で独自のサービスを打ち出しており、借り入れをする人の様々なニーズに応えています。

金利だけで比較すると、銀行カードローンよりも高金利で、お得感があまりないように感じられますが、1ヶ月間無利息の特典をつけている会社もあります。
最終的な支払金額を比較しても、銀行に引けを取りません。

即日振込に対応している消費者金融のカードローン4選

即日振込可能な消費者金融の代表的な会社には、以下の4社があります。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット

これらのカードローン会社は、どこを選んでも大手で信用できる会社です。
申込から借り入れまで、外出せずにインターネット上で取引が完結する「WEB完結」に対応しています。

しかし、どこを選ぶのがベストかは、今のあなたの状況に応じて変わります。
それぞれの特徴を確認し、ベストなカードローンを選んでくださいね。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っているならプロミス

■プロミスの特徴

即日振込申込タイムリミット 14:00
三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら21:00
カードなし
金利 4.5~17.8%
最高借入限度額 500万円
無利息期間 30日間
年齢制限 満20歳~満69歳

即日振込が可能なカードローン会社でも、銀行の営業時間を過ぎてしまったら、その日のうちに口座に反映されないですよね。

その点プロミスなら、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を利用する場合は、21:00までに申込を完了させれば、夜でも借り入れが可能です。
土日でも関係ないので、休日しか申込をする時間がないという人でも安心です。

また、プロミスにはもう一つメリットがあります。
それはカード発行をしなくてもOKということです。

家族に内緒で借入をしたいという人は、郵送でカードが自宅に届くのは避けたいですよね。
カード発行自体がなければ、郵送物を確認されたり、財布の中を見られたりしてもバレる心配はありません。

楽天銀行ユーザーはアコムがオススメ

■アコムの特徴

即日振込申込タイムリミット 13:00
楽天銀行なら18:30
カードなし 不可
金利 3.0~18.0%%
最高借入限度額 500万円
無利息期間 30日間
年齢制限 満20歳~満69歳

金融機関の営業時間外に振込で借入をしたいという人で、もし楽天銀行の口座を持っていれば、アコムがオススメです。

アコムなら18:30前までに申し込みをすれば、土日でも、15:00を過ぎていたとしても当日の借入が可能です。

ただしWEB完結取引後の、自宅へのカードの郵送は避けることができませんので、郵送物での家族バレが心配な人は避けたほうが良いでしょう。
30日間無利息期間はありますので、家族バレが問題ないという人にはオススメです。

急ぎの時の優先審査やカードお届け時間帯指定が魅力なアイフル

■アイフルの特徴

即日振込申込タイムリミット 14:00までに振込依頼
カードなし 不可
金利 3.0~18.0%%
最高借入限度額 800万円
無利息期間 30日間
年齢制限 満20歳~満70歳

ここで紹介しているカードローンは、いずれも即日振込に対応していますが、少しでも早く借りたいという人は、アイフルがオススメです。

通常カードローンの審査は、申し込みをした順番に行われます。
しかしアイフルの場合、インターネットで申し込みをした直後にフリーダイヤルへ連絡をすれば、優先して審査をしてもらうことができます。

もう一つのアイフルの特徴は、カード配達時間が選べるという点です。
カードは必ず自宅に配達されるのですが、配達の日時を2時間刻みで指定をすることができるので、家族にバレるリスクを最小限に抑えることができます。

細かいところへの配慮をしてくれるのが嬉しいですね。

在籍確認なし、カード発行なしが可能なSMBCモビット

■SMBCモビットの特徴

即日振込申込タイムリミット 14:50までに振込依頼
カードなし
金利 3.0~18.0%%
最高借入限度額 800万円
無利息期間 なし
年齢制限 満20歳~満69歳

SMBCモビットは、絶対に家族や職場の人にカードローンの利用を知られたくないという人にオススメです。

他社のWEB完結の場合、電話で本人確認や在籍確認があったり、カードを郵送で届けたりと、本当の意味でWEB上で全て完結するわけではありません。

SMBCモビットのWEB完結は、電話連絡も郵送物もなしにできるので、完全にWEB上で全てが完結する取引が可能です。

ただし、SMBCモビットのWEB完結へ申込をする場合、条件が2つあります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証か組合保険証を持っている

また、SMBCモビットには無利息期間がありません。
お得感はあまりないですが、家族や職場に知られないために万全を尽くしたいという人にはオススメです。

消費者金融で即日振込を受ける際の注意点

利用したいカードローン会社が決まったら、すぐにでも申し込みをしたいところですが、きちんと注意点を確認しておきましょう。
万が一見落としがあったら、今日中に借入ができなくなってしまう可能性もあります。

  1. タイムリミットに注意
  2. 申込条件を満たしているか確認
  3. 提出書類がそろっているか確認

【即日振込の注意点】
1.タイムリミットに注意

まずは、即日振込のタイムリミットに注意が必要です。
通常の自動契約機でカード受け取りをする借入と比較すると、金融機関の営業時間を考慮しないといけないので、できるだけ早めに申し込みをし、契約が完了したらすぐに振込手続きをしましょう。

ここで紹介している4社の「即日振込申込のタイムリミット」は、2018年4月時点で各社に確認を取ったタイムリミットです。
混雑していることを想定し、午前中に申し込みを済ませておくのがベストですね。

【即日振込の注意点】
2.申込条件を満たしているか確認

カードローンでの借入は、誰でもできるというわけではありません。
即日振込ができるかという以前に、申込条件を満たしていることを確認してくださいね。
申し込み条件は、以下の2つです。

  • 年齢制限をクリアしていること
  • 安定した収入があること

年齢制限は明確な各社での取り決めがあるので特に迷うところはないですよね。

安定した収入というのは、毎月コンスタントに収入を得ている状態があればOKです。
パート、アルバイト、派遣社員、契約社員の人でも大丈夫ですよ。

単発のバイトを不定期でしていたり、親からのお小遣いだけという人はNGですので注意してください。

【即日振込の注意点】
3.提出書類がそろっているか確認

即日振込を希望する場合、必要書類は後日郵送ではなく、その日のうちにWEBで提出しなければいけません。申込を開始する前に、手元にあるようにしておきましょう。

申込をする全員が提出しなければいけないのが、本人確認書類です。
一番好ましいのは、運転免許証です。

もし運転免許証を持っていないのであれば、パスポートや健康保険証でもOKです。
ただ、顔写真が入っていない健康保険証を提出する場合は、住民票の写しや公共料金の領収書の提出が必要なことがあります。

また、希望する借入限度額によっては、収入証明書類の提出を求められることもあります。
給与明細、源泉徴収票、確定申告書などがそれにあたります。

本人確認書類は常に携帯している人がほとんどですが、収入証明書は会社のデスクに保管してあるという人も多いですよね。
高額の借入を希望する人は、あらかじめ手元に用意しておきましょう。

消費者金融に申し込みをして、当日振込を受けるための流れ

目当てのカードローン会社を選んで注意点の確認ができたら、いよいよ申込を進めていきます。
ここからは申込から振込で借入をするまでの流れを、簡単に説明していきますね。

【即日振込の流れ】
1.公式サイトで申し込みフォームに必要事項を入力

まずは申込をするカードローン会社のWEBサイトにアクセスして、申込フォームを開いてください。

あなたの基本的な情報をフォームに入力していきます。
入力内容は、あなた自身の基本的なことばかりなので、入力で戸惑う部分は少ないでしょう。

ただ、あなたの勤め先の情報(会社名、住所、電話番号、従業員数)等を入力する箇所もあるので、予め調べておくと入力がスムーズです。

現在の借入状況や、年収などを入力する欄もありますが、審査に関わる重要なポイントです。
間違いがないように正確に入力してくださいね。

入力が全て終わったら申込を確定させます。

【即日振込の流れ】
2.確認メールが届き、審査が行われる

申込が完了すると、入力内容の確認メールが届きます。
その後審査に入るのですが、審査の途中で2本電話がかかって来る場合があります。

本人確認の電話があなたの携帯にかかってくる

かかって来る電話の1つ目が、本人確認の電話です。

ローンの申し込みをしたのが、本当にあなた自身なのかを確認するため、あなたの携帯に確認の電話がかかってきます。
また、入力内容に間違いがないかも確認される場合があります。

在籍確認の電話が職場にかかってくる

もう一つの電話が、在籍確認の電話です。
これは、入力した勤め先にあなたが本当に在籍しているかを確認するため、職場に直接電話がかかってきます。

でも「会社の人に知られたくないんだけど・・・」という人もいますよね。
大丈夫です。
消費者金融からの在籍確認の電話は、電話をしてくる担当者個人名前でかかってきます。

「○○と申しますが、□□様はいらっしゃいますか?」と聞かれ、例えあなたが席を外していたとしても、「□□は席を外しております」と、会社の人が答えてくれればOKです。

あくまで、その会社に在籍していることが確認できれば良いので、それ以上のことを話されることはありません。

【即日振込の流れ】
3.審査結果がメールで届き、WEB上で契約手続きを行う

審査が完了すると、メールで結果の連絡があります。
無事審査に通っていれば、メールに記載されているリンクから、契約手続きに進むことができます。

契約時に本人確認書類を提出

契約時には、本人確認書類等の必要書類を提出を求められます。
手元に用意してある書類をカメラで撮影し、アップロードしましょう。

撮影からアップロードまでの流れをスムーズに行うために、契約手続きはスマホでするのがオススメです。

【即日振込の流れ】
4.契約が完了したら会員ページにログインして振込依頼

契約が完了したら、ようやく借入ができるようになります。
振込での借入は、会員専用ページから操作を行います。
あなた専用の会員ページにログインし、振込の手続きを行いましょう。

振込の手続きを行ってから、すぐに口座に反映されない場合があるので、できるだけ時間に余裕をもって手続きしてくださいね。

【即日振込の流れ】5.自宅にカードが届く

申込から借入までの流れは以上ですが、カードありの申し込みをしている場合、後日自宅にカードが届きます。

家族に内緒で利用したい人は不安でしょうが、封筒にはカードローン会社の名前が露骨に書かれていることはありません。
ぱっと見ただけではローンカードだとはわからないようになっていますので、封を開けて中を見られなければ、バレにくいようになっています。

ローンカードを使えば、全国のATMで利用ができるので、より便利に借入ができるようになりますよ。

インターネットを使えば、一歩も外に出ずに当日中にお金を借りることができます。
忙しくて、なかなか外出できない人でも安心して利用できますので、ぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

おすすめの消費者金融と銀行カードローン会社一覧

2017.01.13

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017.11.21

ABOUTこの記事をかいた人