スピード審査できるキャッシング

「早いに越したことはない」とよく言いますがその通りで、早いうちに物事を終わらせたほうが何かにつけて利点が大きいものです。
早めに仕事を終わらせる、支払いをサッサと済ませておく、と気持ちに余裕もできるでしょう。

お金を借りるときも同じじゃないですか?
必要な時に少しでも早くお金が借りられれば、どんな状態でも切り抜けられるはずです。

そこで「スピード審査できるキャッシング」と題して、スピード審査で即日融資しているところや、お金を早く借りられるポイントなどをご紹介していきます。

ズバリ!スピード審査でキャッシングできるところ

スピード審査に定評があるのは、大手の消費者金融カードローンです。
「アイフル」「アコム」「プロミス」「SMBCモビット」は、HPでハッキリとスピード審査できる、とアピールしています。
表にまとめると次のようになります。

カードローン名 本審査のスピード 融資スピード
アイフル 最短30分 最短即日
アコム 最短30分 最短即日
プロミス 最短30分 最短即日
WEBなら最短1時間
SMBCモビット 最短30分
※仮審査は10秒
最短即日

審査時間が最短30分なんてアッという間ですよね。これなら即日でお金が借りれます。

ちなみに、銀行カードローンでもキャッシングはできるので、メガバンクを調べてみましたが、審査の連絡は早くて翌日になるところがほとんどでした。

なので、早くキャッシングしたい場合は消費者金融を利用するのをおススメします。

スピード審査って本当に大丈夫なの?

「お金の事なのに、スピード審査って大丈夫?あとで大変なことにならない?」と心配される方もいることでしょう。
でも安心してください。
大手消費者金融の利用であれば大丈夫です。

スピード審査できる理由としては、ITシステムをフル活用しているからです。
これまでの審査は、人海戦術でやっていたため時間がかかりました。

でも今はインターネットやITシステムで、物ごとを瞬時に判断したり照合をかけることができるので、作業の時間短縮につながっているんです。

それに大手消費者金融のほとんどが銀行の傘下に入っていて、法律に従って営業をしています。
決して怪しい闇金などではないので、安心して利用してくださいね。

即日でお金を借りる手順は

次は大手消費者金融でお金を借りるまでの流れをお伝えします。
具体的な手順は次の通りです。

キャッシング会社によって多少順序は異なりますが、ザックリとこの流れで理解しておいてください。

なお、この流れでお金を借りるためのポイントはインターネットからの申し込みです。
早ければ即日でお金が借りられるでしょう。

ただし、入力する情報を間違えたり、見栄をはってウソの入力をすると審査が通らなくなりますので、気をつけてくださいね。

スピード審査は通過した!でもキャッシングできない?

先ほどもお伝えしましたが、スピード審査を受けるためにはインターネットからの申し込みがポイントです。
24時間受け付けているので、スマホやPCからいつでも申し込みができます。

つまり深夜でも手続きはとれますが、営業時間外の申し込みだと、残念ながら審査はできませんのでその点は理解しておいてください。

でも、日中に申し込んでスピード審査も通過したにも関わらずキャッシングができない!という場合もあります。
そのケースをご紹介しましょう。

審査を通過したのに当日借り入れができなかったケース

Mさんは急ぎの物入りで14時過ぎにキャッシングの申し込みをしました。
Mさんは住宅ローンの支払いや、光熱費の支払いは遅延したことは一切なかったのでスピード審査で1時間後には「通過」の連絡を受けました。

その後、契約手続きや銀行振込み手続きを済ませたものの、お金が振り込まれたのは翌日でした。

なぜ、こんなことになったのでしょう。
ポイントは「振込み手続き」です。
実はキャッシングには2つの方法があります。

  1. 融資金を銀行振込み
  2. 専用カード利用

① の銀行振込みなら、持っているキャッシュカードでお金を引き出せるので便利なんです
が、振込みをしてもらうには銀行の営業時間内に契約を済ませる必要があるんです。

通常、銀行の窓口業務は平日15:00までなので、遅くとも14:30にはすべての手続き処理を済ませておくのがベストでしょう。
※会社によってタイムリミット時間も異なりますので確認して下さい。

このケースの場合、Mさんが申し込んだ時間が14時過ぎ、審査通過がその1時間後、つまり15時になってしまっていたため、振込みが翌日になったんですね。

振込み可能な時間に間に合わない時は、専用カードの利用を考えてください。
具体的な内容については次の「即日でキャッシングするためには。3つのポイント」でお伝えします。

スピード審査でキャッシングするためには。3つのポイント

キャッシングできなかったケースをご紹介しましたが、そんなことにならないようにスピード審査を活かしてキャッシングするためのポイントをお伝えします。

【スピード審査でキャッシング】
1.インターネットから申し込み営業時間内に契約を済ませる

インターネットから申し込みをした時、何時なら審査を受けられるのかを意識しておきましょう。
先ほどもお伝えしましたが、深夜では審査は受けられません。
あくまでも審査が実施されるのは営業時間内です。

契約も同様です。
審査通過しても契約が完了しないとお金は借りれませんので、営業時間内、それも早い時間に申し込みを済ませておきましょう。

【スピード審査でキャッシング】
2.無人契約機を活用する

無人契約機で専用カードを発行してもらう方法になりますが、申し込みはもちろんインターネットからです。
そうしないとスピード審査にはなりませんからね。
手順としては先ほどご紹介した流れとほぼ同じです。

なお専用カードを発行してもらう場合はカード発行を選択し、時間短縮も兼ねて審査中に無人契約機に移動しておきましょう。

契約機で専用カードが手に入れば、近くのATMでいつでもすぐにキャッシング可能です。
カードを取りに行く手間は増えますが、その後の安心につながるでしょう。

ちなみに契約についてはインターネット上でする場合と契約機でする場合とキャッシング会社によって異なりますので、必ず確認してください。
また時間的に在籍確認が無理な場合は、オペレーターに相談しましょう。

【スピード審査でキャッシング】
3.書類の準備

審査を受けるためには書類の提出が必要です。
基本的には運転免許証などの本人確認書類があれば大丈夫ですが、50万円以上借りるときや、収入面で自信がないときは収入証明書類等も必要になります。
あらかじめ、必要な書類は準備しておく方が効率的ですよ。

消費者金融を利用するその他のメリット

先ほど、スピード審査できるキャッシング先として「アイフル」「アコム」「プロミス」「SMBCモビット」をご紹介しました。

これらのキャッシング会社は、スピード審査や即日融資の他にも利用しやすいサービスがありますので簡単にそちらもご紹介しますね。

無利息サービス

「アイフル」「アコム」「プロミス」では30日間は金利が「0」の無利息サービスを実施しています。
初回利用の方に限られますが、利用期間中は利息が発生しないお得なサービスです。
まとめましたので参考にしてください。

サービス期間 利用条件
アイフル 契約日の翌日から30日間
アコム 契約日の翌日から30日間 返済日を「35日ごと」に設定
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 メールアドレスの登録
「Web明細」を利用

電話なし、郵送物なし

SMBCモビットは「WEB完結」のサービスで「電話連絡なし!」「郵送物なし!」を打ち出しています。

「電話連絡なし!」なので勤め先確認などの電話は一切ありません。
その代わり書類での在籍確認が必要となるため、通常よりも提出する書類の数は増えます。
しかし、人に知られるリスクがかなり低いので、コッソリ借りたい人には持って来いでしょうね。


スピード審査できるキャッシングについて説明してきました。

現代のネット社会ではスピードは必須条件となってきています。
それに合わせた「スピード審査」「即日融資」は利用者にとっても必要なものとなるでしょう。
これからの自分の生活にも役立てていただければと思います。

関連記事

即日キャッシングをするときに知っておきたいこと

2016.11.18

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017.11.21

ABOUTこの記事をかいた人