世界のスポーツ選手の年収は?競技別年収ランキング一覧(2019年版)

毎年アメリカの経済紙Forbes(フォーブス)によって発表される、世界のスポーツ選手の年収ランキングトップ100。

2019年6月にForbes(フォーブス)で発表された、スポーツ競技ごとで最も年収の高かった世界のスポーツ選手トップ3をご紹介します。

なお、ここでの年収とは2018年6月1日~2019年6月1日に競技活動で得られる年俸や賞金とスポンサー契約料の合計となります。

サッカー

サッカー

1位 リオネル・メッシ(総合1位)

年収1億2700万ドル(約138億円)

2019年世界で最も稼いだスポーツ選手がサッカー選手のリオネル・メッシです。

リオネル・メッシはアルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身。

リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属し、アルゼンチン代表です。

3季連続6度目の欧州得点王に輝き、多くのサッカー関係者や選手にサッカー史上最高の選手と呼ばれています。

また、アディダスやマスターカード、ペプシコなどとの契約もあり、リオネル・メッシの人気は万国共通のようです。

2位 クリスティアーノ・ロナウド(総合2位)

年収1億900万ドル(約118億円)

クリスティアーノ・ロナウドはポルトガル出身の選手でセリエA・ユヴェントスFC所属し、ポルトガル代表です。

欧州3大リーグ全てを制覇した史上初の男として、世界最高のサッカー選手と言われるほどの実力と人気があります。

3位 ネイマール(総合3位)

年収1億500万ドル(約113億円)

ネイマールはブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身で、リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属するブラジル代表の選手です。

32歳のリオネル・メッシや34歳のクリスティアーノ・ロナウドよりも若い27歳ながら数々の賞を獲得する、世界中が注目しているサッカー選手の一人です。

バスケットボール

バスケットボール

1位 レブロン・ジェームズ(総合8位)

年収8900万ドル(約96億円)

バスケットボールで最も年収が高かったのはキングの愛称で親しまれているアメリカ合衆国・オハイオ州アクロン出身のレブロン・ジェームズ。

現在はNBAのロサンゼルス・レイカーズに所属しており、背番号は憧れだったマイケル・ジョーダンと同じ「23」を背負い、NBAチャンピオン3回、シーズンMVP4回等、数々の最年少記録と歴代記録を更新し、ハイレベルのプレーでファンや関係者を驚かせているそうです。

現役最高のオールラウンドプレイヤーとも評されるレブロン・ジェームズは、ナイキと生涯契約を結んでおり、2019年10月1日にはナイキとのコラボとして「ナイキ レブロン17(税別2万円)」というスニーカーを販売しました。

2位 ステフィン・カリー(総合9位)

年収7980万ドル(約86億円)

ステフィン・カリーはアメリカ合衆国・オハイオ州アクロン生まれ、ノースカロライナ州シャーロット出身で、NBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属している選手です。

2019年の夏にキャリア10年目を終えたカリーは3度の優勝や2度のシーズンMVPなど数多くの勲章を手にしており、NBA最高のスーパースターと呼ばれています。

3位 ケビン・デュラント(総合10位)

年収6540万ドル(約71億円)

ケビン・デュラントはアメリカ合衆国ワシントンD.C.出身でNBAのブルックリン・ネッツに所属する選手です。

ほとんどブロック不可能と言っていいほどのジャンプ力と高さを誇っていることに加えて、9割を超えるショット成功率を残し、指揮官が「今までにいなかったタイプだ」と脱帽するほどの圧倒的なパフォーマンスを持っています。

また、身体能力も優れている他、いくつものテクニックを兼備している為、別格な存在として白旗を上げてしまう選手が多くいるだそうです。

テニス

テニス

ロジャー・フェデラー(総合5位)

年収9340万ドル(約101億円)

ロジャー・フェデラーはスイス出身の選手で、最終戦初出場時は21歳で世界6位という結果を残し、最も完成度の高いテニスプレーヤーといわれています。

世界ランキング1位になっていた期間は歴代最長

2004年から2008年まで4年間も世界ランキング1位だった選手です。

2016年シーズンはケガで長期間ツアーを離れていましたが、グランドスラム男子シングルス最多優勝など様々な記録を塗り替えてきたテニス界を代表する選手として期待され、2018年には世界ランク1位の史上最年長記録を更新しました。

ノバク・ジョコビッチ(総合17位)

年収5060万ドル(約54億円)

ノバク・ジョコビッチはセルビア出身の選手です。

全豪オープンでは最多優勝・連続優勝の記録を持っていて、2019年夏には男子シングル世界ランク1位でロジャー・フェデラーを破り、2年連続5度目の優勝を手に入れました。

錦織圭(総合35位)

年収3730万ドル(約40億円)

ここでテニスの世界ランク13位の錦織圭が登場。

日本人で最も年収の高かったスポーツ選手です。

2014年に男子シングルスとしては日本人初の世界ランキングトップ10に入ると、翌年には自己最高の世界ランキング4位になり、2016年に行われたリオ五輪では男子シングルス銅メダルを獲得。

テニスにおける日本人選手としては96年ぶりの快挙となりました。

2019年5月の全仏オープン後から右ひじが腫れ、全米オープン以降は大会に出場せず、10月に右肘の手術を行い一ヶ月後に術後初めてラケットを握りました。

2019年12月初めには来季に向けたトレーニングを入る予定とのことなので、今後の活躍も期待です。

アメリカンフットボール

アメリカンフットボール

ラッセル・ウィルソン(総合6位)

年収8950万ドル(約97億円)
ラッセル・ウィルソンはオハイオ州シンシナティで生まれバージニア州リッチモンドで育ち、NFLのシアトル・シーホークスに所属しています。

当時ノースカロライナ州立大学1年生であったウィルソンは2016年にアトランティック・コースト・カンファレンスのファーストチームに選ばれる等、1年生QBがファーストチームに選ばれたのは史上初のことでした。

アーロン・ロジャース(総合7位)

年収8930万ドル(約97億円)
アーロン・ロジャースはアメリカ合衆国カルフォルニア州チコ出身でNFLのグリーンベイ・パッカーズに所属する選手です。

強肩で正確性のあるパスを投げるとして、NFLの古豪パッカーズのエースと言われています。

2017年にはミネソタ・バイキングス戦でアンソニー・バーのタックルを受け、右鎖骨を骨折し長期離脱となりましたが、2019年10月に行われた19NFL第7週の試合で5本のタッチダウンパスを成功させるなど大きく活躍し、相手チームに勝利しました。

ベン・ロスリスバーガー(総合12位)

年収5550万ドル(約60億円)

ベン・ロスリスバーガーはアメリカ合衆国オハイオ州ライマ出身でNFLのピッツバーグ・スティーラーズに所属する選手です。

これまでに2度、チームをスーパーボウル制覇に導いてるNFLを代表する1人で、2019年9月には第2週の試合中に右肘を痛めシーズン絶望となりましたが、2020年には復帰する目標を立てているそうです。

ゴルフ

ゴルフ

タイガー・ウッズ (総合11位)

年収6390万ドル(約69億円)

テニスで年収ランキング3位に入ったのは、有名なゴルフプレイヤーであるアメリカ合衆国出身の選手タイガー・ウッズ。

メジャー選手権(マスターズトーナメント・全米オープン選手権・全英オープン選手権・PGA選手権)での優勝回数14回、さらに全てのメジャー選手権で3勝以上あげる「トリプルグランドスラム」を達成した偉大な選手です。

また、「世界のスポーツ選手年収ランキング」で歴代最多となる11回1位という記録を持っています。

フィル・ミケルソン (総合19位)

年収4840万ドル(約52億円)
フィル・ミケルソンはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロゴルファーです。

2004年に「マスターズ」で優勝し、2005年には「全米プロ」で完全優勝を飾りメジャー2冠目を奪取し、さらに2006年には2度、2010年には3度目の「マスターズ」を制覇する等、絶大な存在感と人気を誇っている選手です。

ローリー・マキロイ(総合32位)

年収3900万ドル(約42億円)
イギリスの北アイルランドダウン州ハリウッド出身の選手ローリー・マキロイ。

4度のメジャー制覇と2016年フェデックスカップ年間王者の座を手にしており、身長175センチ・体重73キロの体格からドライバーの飛距離は313.5ヤード(約286メートル)を飛ばすズバ抜けた能力を持っています。

2019年の全米オープンを予選落ちしてしまいましたが、総合力はツアーNo.1と言われているので、今後の活躍にまだまだ期待できます。

レーシングドライバー

F1

ルイス・ハミルトン(総合13位)

年収5500万ドル(約59億円)

ルイス・ハミルトンはイギリス出身の選手。

マクラーレンでF1デビューした翌年の2008年、当時の史上最年少(23歳300日)でF1ワールドチャンピオンになりました。

2013年以降はメルセデスに所属しており、2015年には幼少期から尊敬していたレーシングドライバーのアイルトン・セナに並ぶ3度目の選手権制覇を果たし、直近5年間で4度のワールドチャンピオンを獲得しています。

セバスチャン・ベッテル(総合30位)

年収4030万ドル(約43億円)
セバスチャン・ベッテルはドイツのヘッペンハイム出身の選手です。

2010年にルイス・ハミルトンが持つF1ワールドチャンピオン史上最年少記録を塗り替えました。

さらに初優勝の年から数えて4年連続でF1ワールドチャンピオンと、史上最年少優勝をはじめF1において数々の記録を残しました。

ボクシング

ボクシング

サウル・アルバレス(総合4位)

年収9400万ドル(約102億円)
サウル・アルバレスはメキシコ出身の選手で、スーパーウェルター級とミドル級の世界4階級制覇を達成しており、ミドル級最強の男とも呼ばれる王者です。

今やメキシコだけでなく、世界中のボクシングファンがアルバレスに注目している等、絶大な人気を誇るボクサーで、ニックネームは赤毛にちなんで「カネロ(シナモン)」と呼ばれています。

アンソニー・ジョシュア(総合13位)

年収5500万ドル(約59億円)
アンソニー・ジョシュアはイングランド・ワトフォード出身でイギリスのプロボクサーとして活躍する選手です。

元WBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級統一王者で身体能力の高さや圧倒的な戦績から、史上最強のボクサーと言われており、超ハードなトレーニングで鍛えられた身体はファンは魅力を感じるほど。

ただし、2019年6月に行われたボクシングのIBF、WBAスーパー&WBO世界ヘビー級タイトル戦(米ニューヨーク)で挑戦者アンディ・ルイスに7回TKO負けという残念な結果となり、ぽっちゃり体系のアンディ・ルイスに負けたとして、世界中が衝撃を受けました。

デオンテイ・ワイルダー(総合56位)

年収3050万ドル(約33億円)
デオンテイ・ワイルダーはアラバマ州タスカルーサ出身でアメリカ合衆国のプロボクサーです。

KO率は驚異の95%と高いスペックを持ち、現WBC世界ヘビー級王者です。

2019年11月に行われたWBC世界ヘビー級タイトルマッチでは、対戦相手ルイス・オルティスにKO勝ちしました。

野球

野球

ブライス・ハーパー(総合23位)

年収4450万ドル(約48億円)

ブライス・ハーパーはアメリカ合衆国ネバタ州ラスベガス出身で、現在はMLBのフィラデルフィア・フィリーズに所属する選手です。

デビューした2012年から2018年までの7年間で通算922安打、184本塁打、635打点、打率.279、OPS(出塁率+長打率).900をマークする等、MLBを背負って立つ選手として、ナショナルズで大活躍していきましたが、2019年2月にフィラデルフィア・フィリーズからの13年総額3億3000万ドル(約368億7750万円)の大型契約に合意し、移籍することになりました。

マニー・マチャド(総合38位)

年収3480万ドル(約37億円)
マニー・マチャドはアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身でMLBのサンディエゴ・パドレスに所属する選手です。

圧巻の回転スローをかけファンを驚愕させたり、難しい体勢からの送球もできる等、輝かしい実績や美技を持つ一人ですが、悪質なラフプレーを連発したり、相手チームの選手に対して足を引っかける等、そういった行動や言動で話題になり、ブーイングを受けることも多々。

すっかり「悪役」の扱いを受けています。

しかし、さずか美技の持ち主、マニー・マチャド選手。

マチャドの美技を欲しがる球団は多く、あのニューヨーク・ヤンキースも争奪戦で候補として上げていました。

デビッド・プライス(総合50位)

年収3170万ドル(約34億円)

デビッド・プライスはアメリカ合衆国テネシー州マーフリーズボロ出身でMLBのボストン・レッドソックスに所属する選手です。

タイガース、ブルージェイズ等で数々の業績を残し、2015年ボストン・レッドソックスは投手として史上最高額7年総額2億1700万ドル(約237億円)で、デビッド・プライスと契約を交わしました。

しかし、2017年2月末に利き腕である左肘に違和感を感じ故障者リスト入り、同年7月にも左肘に炎症を発症する等、何度か故障者リスト入りとなってしまい、2019年9月復帰するも追加治療の為、残念ながらシーズンを終了することになりました。

総合格闘家

総合格闘技

コナー・マクレガー(総合21位)

年収4700万ドル(約51億円)

総合格闘家として唯一ランクインしたのがアイルランドのダブリン州ダブリン出身でSBGアイルランドに所属するコナー・マクレガーです。

パンチでの攻撃を主軸にアグレッシブにKOを狙う選手で、UFC史上初の二階級同時王者を達成し、人気が高い選手となっています。

人気度は格闘技界に収まらず、2007年のTIME誌では「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、2013年のGoogle検索ランキングでは「アイルランドで最も検索されたアスリート」に選ばれる他、派手なライフスタイルでも有名で、フェラーリ、ランボルギーニ、ロールス・ロイスを運転している写真がInstagramに投稿されており、Instagramの投稿を楽しみに待つファンも多いです。

2019年3月には自身のTwitterで急な引退を表明しましたが、9日後に引退を撤回。

実は彼、引退撤回は初めてではなく、2016年4月にもSNSで引退を発表するも2日後に引退を撤回しています。

このように世界一のお騒がせ男は私生活でも様々なトラブルを起こしていますが、これからの試合も楽しみに待つファンも多いです。

まとめ

2019年におけるスポーツ競技ごとで年収の高かったスポーツ選手トップ3を紹介しました。

今回のランキングではトップ100人に10競技25カ国の選手らが入り、総合ランキングの1位と2位になったのはサッカー選手でしたが、トップ100にランクインした中で最も多かったのはバスケットボールの35人。

また、最も多かった国籍は米国の62人で、日本はテニスの錦織圭が年収3730万ドル(約40億円)で35位にランクインしています。

これからもっと日本人が増えていけば面白いですね。

トップ100にランクインした選手を全て知りたい方は、Forbes(フォーブス)の公式サイトの『メッシ、世界で最も稼ぐスポーツ選手に 年収138億円 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)』のページに載っているので、ご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター